Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/08/15
Update

【2019年8月16日〜17日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

あなたと映画の結び目。すこしだけツウ好みな映画webマガジン「Cinemarche」


(C)すしぱく

映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマルシェ)」で掲載している最新情報をまとめてご紹介!

⑴今週末8月16日(金)・17日(土)公開に劇場公開される新作映画のオススメ情報

また、 ⑵「試写会プレゼント」応募のお知らせでは、注目のベトナムのファッション映画と、ドキュメンタリー映画を。

そして、 ⑶オダギリジョー初監督作品『ある船頭の話』で主演を務めた名優・柄本明のインタビューと、今後の掲載告知をお伝えいたします。

スポンサーリンク

今週末【8月16日(金)公開】のおすすめ映画

若手俳優ティモシー・シャラメ最新作!
『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』(ハピネット)


(C)2017 IMPERATIVE DISTRIBUTION, LLC. All rights reserved.

アメリカでは、2018年7月27日に公開された映画『Hot Summer Nights(原題)』。

制作したのは、2015年に『エクス・マキナ』、2016年には『ムーンライト』など優れた作品を輩出し続ける「A24」です。

『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』は、まさに夏にぴったりなアメリカの青春映画。

演出は本作が監督デビューとなるイライジャ・バイナム。

主人公ダニエル・ミドルトン役は、2017年の映画『君の名前で僕を呼んで』で第90回アカデミー主演男優賞にノミネートされたティモシー・シャラメが務めています

また、Netflixオリジナル映画『TAU/タウ』(2018)でジュリア役を演じたマイカ・モンローがマッケイラ・ストロベリー役を、『ザ・プレデター』(2018)のバクスリー役を演じたトーマス・ジェーンがフランク・カルフーン役を務めています。

映画ライターのMoeka Kotakiがイチ推し解説!

アルゼンチン犯罪史上、最も有名な美しき凶悪犯!
『永遠に僕のもの』(キノフィルムズ)


(C)2018 CAPITAL INTELECTUAL S.A / UNDERGROUND PRODUCCIONES / EL DESEO

アルゼンチン犯罪史上最も有名な、わずか20歳で終身刑を言い渡された、実在の凶悪犯罪者

世界中を震撼させた彼は、「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称される程の美少年。そして、彼の美と暴力に彩られた鮮烈な青春を基に制作されたのが、青春クライム映画『永遠に僕のもの』です。

第71回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門への正式出品、第91回アカデミー賞外国語映画賞のアルゼンチン代表作品への選出。

『トーク・トゥ・ハー』(2002)で知られるアルゼンチン映画界の巨匠ペドロ・アルモドバルが製作に参加。また、凶悪犯罪を繰り返す奔放な美少年カルリートスを演じたのは、本作が初の本格的な俳優への挑戦となったロレンソ・フェロです。

映画ライターの村松健太郎がイチ推し解説!

今週末【8月17日(土)公開】のおすすめ映画

滑稽でささやかな、愛すべき人生の傑作!
『鉄道運転士の花束』(オンリー・ハーツ)   


©ZILLION FILM ©INTERFILM

映画『鉄道運転士の花束』は、モスクワ国際映画祭ほかでの4つの観客賞、マンハイム‐ハイデルベルグ国際映画祭における映画館主賞を含む13の国際映画祭にて受賞し、アカデミー賞外国語映画部門セルビア代表になった作品です。

脚本・監督は、カンヌ映画祭短編部門で審査員賞受賞経験もあるミロシュ・ラドヴィッチ

キャストには、カンヌ映画祭パルムドールを2度受賞したエミール・クストリッツア監督作品への出演でも知られるバルカン地域の2大スター、ラザル・リストフスキーとミリャナ・カラノヴィッチが名を連ねています。

鉄道運転士は現役時代に、故意でなくとも何人もの人を殺してしまうといいます。実際、電車は少なくとも数百メートルなければ停止することはできません。

だから鉄道運転士は運転時に人を殺してしまってもどのような責任も負わずにすむ。そうした「無実の殺人者」たちの悲哀と誇りを、深い愛情を持ってユーモラスに描いた珠玉の逸品です。

映画ライターの石井夏子がイチ推し解説!

亡き名女優・樹木希林最後の出演作
『命みじかし、恋せよ乙女』(ギャガ)


(C)2019 OLGA FILM GMBH, ROLIZE GMBH & CO. KG

2019年秋に惜しまれつつもこの世を去った名女優・樹木希林最後の出演作『命みじかし、恋せよ乙女』。

『フクシマ・モナムール』(2016)で知られるドイツ出身の監督であるドーリス・ドリエが日本を舞台に描く、男と女の幽玄の物語です。

桃井かおりが出演した『フクシマ・モナムール』をはじめ、これまでに多くの日本を舞台とした映画を制作・発表し続けてきたドーリス・デリエ監督が新たに制作したストーリー。

主人公にして孤独なドイツ人男性と、彼のもとに現れた謎多き日本人女性の人生を再生するための旅と、次第に明かされていく悲しい真実を描いています。

映画ライターの村松健太郎がイチ推し解説!

スポンサーリンク

注目の映画人【名俳優・柄本明インタビュー】

映画『ある船頭の話』に主演した柄本明は、役柄にいかに臨んだのか⁈


(c)Cinemarche

9月13日(金)より全国ロードショーされる、オダギリジョーが初監督を務めた映画『ある船頭の話』。俳優ではなく、監督として自ら脚本を手がけ、制作に挑んだオダギリジョー。

本作は第76回ヴェネチア国際映画祭“ヴェニス・デイズ”部門への正式出品が決定し、長編の日本映画としては史上初の快挙となります。

撮影監督にクリストファー・ドイルを迎えることで、近代化の波に揺れ動く人間たちの姿が美しい映像として切り取られました。

主人公の船頭「トイチ」を演じるのは、『うなぎ』や『カンゾー先生』などで世界にも知られた名俳優の柄本明

このインタビューでは、過酷な撮影現場の舞台裏や共演者についてのお話から、「役者」というもの、「映画」の持っている魅力など、貴重なお話を伺っています。

8月劇場公開作の近日掲載予定のインタビュー

名脚本家にして映画監督・荒井晴彦の4年ぶり最新作『火口のふたり』


(C)2019「火口のふたり」製作委員会

8月23日(金)より劇場公開『VAMP』の小中和哉監督、同上作品主演の中丸シオン×高橋真悠の2ショットインタビュー

8月23日(金)より劇場公開『火口のふたり』の荒井晴彦監督

8月23〜9月12日開催「第6回夏のホラー秘宝まつり2019」田野辺尚人(別冊映画秘宝:編集長)×山口幸彦(キングレコード)

8月24日(土)より劇場公開『米軍が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯』の佐古忠彦監督

9月以降掲載予定のインタビュー

あの俳優からイタリアの映画監督まで!


(C)2017 INDIANA PRODUCTION S.P.A., 3 MARYS ENTERTAINMENT S.R.L.

9月13日(金)より劇場公開『みとりし』の企画・主演俳優の榎木孝明

9月13日(金)より劇場公開『王様になれ』のオクイシュージ監督・主演俳優の岡山天音

9月20日(金)より劇場公開『帰ってきたムッソリーニ』のルカ・ミニエーロ監督

9月20日(金)より劇場公開『アイネクライネナハトムジーク』の今泉力哉監督

9月28日(土)より劇場公開『お嬢ちゃん』の二ノ宮隆太郎監督

ピックアップ!日本若手監督のインタビュー

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019「国内コンペティション」
観客賞(長編部門)『おろかもの』の芳賀俊監督

長編部門エントリー『ミドリムシの夢』の真田幹也監督

ほか、順次当サイトにて掲載予定。

8月おすすめ新着動画配信

暑い夏は、お出かけせずに、おうちで涼しくまったりとシネマライフ。

(C)2018 PinehouseFilm Co., Ltd. All Rights Reserved

外に出かけず「おうち映画」を楽しむには【U-NEXT】がおすすめです。

無料トライアル期間が31日間設定されており、この期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

また、U-NEXTをおすすめする最大の理由として、無料登録時に600ポイントをもらえることが挙げられます。

U-NEXTにラインナップされている作品は、「見放題作品」と「ポイントレンタル作品」の2パターンが存在します。

さらに、U-NEXTは映画だけではありません

海外ドラマ、韓流ドラマ、国内アニメ、さらには漫画や雑誌も提供されており、31日間は無料で使い放題なので、使い心地を試してみて、あなたのライフスタイルに合えば継続、合わなければ解約しちゃいましょう

なお、U-NEXTの場合はアカウントページの【解約】ボタンを押せば解約可能と非常に分かりやすい作りとなっているので、その点も安心ですね!

U-NEXTの8月おすすめ配信作品(一部)

村上春樹原作に韓国映画の巨匠が挑んだ作品を楽しむ!

劇場上映中の『天気の子』とともに、『君の名は。』を見直したい!

トランスジェンダー役をエル・ファニングが演じた『アバウトレイ16歳の決断』を見る!

大泉洋が俳優として実在の人物を演じた感動ドラマを味わう

斎藤工&白石和彌監督が挑んだギャンブルムービーに惚れる!

スポンサーリンク

映画プレゼント情報

①【女性限定のCinemarche単独試写会プレゼント】
映画『サイゴン・クチュール』(アルゴ・ピクチャーズ)


映画『サイゴン・クチュール』

2019年12月に劇場公開される映画『サイゴン・クチュール』をいち早く鑑賞できるチャンス。今回は参加モニター試写会に女性の読者さんを限定でご招待いたします。

本国ベトナムでレトロなアオザイブームを巻き起こした、ちょっぴり不思議でユニークなファッション・エンターテイメント

ポップな色彩と、愛らしい登場人物たちの魅力に溢れ、観終わったあとの爽快感は格別です。ヒロインとともに、キラキラ輝く冒険の旅に出かけてみませんか。

試写会後は、映画内に出てきたアオザイや伝統文化、そしてファッションについて、きっと語り合いたくなるはず。

また、この試写会はモニターアンケート収集を目的とした試写会でもあります

ご鑑賞後の貴重なご意見、ご感想をお聞かせください。ぜひ、ご参加をお待ちしております。

参考映像:大阪アジアン映画祭上映時の予告編

②【一般試写会プレゼント】ドキュメンタリー映画
『フリーソロ』(アルバトロス・フィルム)


© 2018 National Geographic Partners, LLC. All rights reserved.

ロープや安全装置を使わずに山や絶壁を登る「フリーソロ」。このクライミングスタイルで世界的に知られるクライマーのアレックス・オノルド。

彼の緊迫感に迫ったクライミング映像を収めたに密着ドキュメンタリーが本作。

ナショナル・ジオグラフィック誌の表紙を飾るなど、世界で著名なクライマーのアレックス・オノルドには夢があった!

それは世界屈指の断崖絶壁であり、危険すぎて誰もフリーソロで登りきった者はいない巨岩エル・キャピタンに挑むことでした。

『フリーソロ』は2019年9月6日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開されます。

劇場公開に先立ち、東京渋谷のユーロライブにて8月27日(火)に開催される一般試写会へ5組10名様をご招待いたします。

Cinemarcheユーザーさんの声

読者コーナー「つぶやき」への、ご意見、ご感想をお寄せください

*記事スペースの都合上、一部のみのご掲載となりますこと、ご理解いただければと思います。【編集部一同】

関連記事

新作映画ニュース

原作者ドナート・カリシが映画化!『霧の中の少女』予告編とキャラクター場面写真紹介

迷宮入りする少女失踪事件。 カリスマ警部が辿り着く、想像を絶する結末とは―。 イタリアのミステリー作家ドナート・カリシの同名ベストセラー小説をカリシ自身が映画化した映画『霧の中の少女』。 (c)THE …

新作映画ニュース

『海辺の映画館-キネマの玉手箱』あらすじ/キャスト/公開日。予告編で見る尾道でのタイムリープとは!?

20年振りに故郷「尾道」で撮影。 大林宣彦監督が圧倒的な映像世界で贈る最新作! 大林宣彦監督が、20年振りに「尾道」へ還ってきました。 (C)2020「海辺の映画館—キネマの玉手箱」製作委員会/PSC …

新作映画ニュース

【ピッチ・パーフェクト ラストステージ映画グッズプレゼント】特製クリアファイル!限定3名様に当たる

クールなダンスと美しすぎるハーモニーで多くの人の心をつかんできた「ピッチ・パーフェクト」シリーズがついに完結! 映画『ピッチ・パーフェクト ラストステージ』は10月19日(金)TOHOシネマズ日比谷ほ …

新作映画ニュース

映画『ラストレター』キャストの鮎美と未咲役は広瀬すず【演技評価とプロフィール】

映画『ラストレター』は2020年1月17日より全国公開! 2020年1月17日(金)より全国公開されるラブストーリー『ラストレター』。 監督を務めるのは『Love Letter』『スワロウテイル』『花 …

新作映画ニュース

ジャ・ジャンクー監督来日記者会見レポート。映画最新作『帰れない二人』の製作秘話と市山プロデューサーの受賞について

複雑に絡み合うロマンチックな悲劇『帰れない二人』。 中国の名匠ジャ・ジャンクー監督最新作『帰れない二人』が、2019年9月6日(金)Bunkamuraル・シネマ、新宿武蔵野館にて公開されます。 一組の …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP