Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

まとめ記事

Entry 2019/08/01
Update

【映画のつぶやき】Cinemarcheユーザーさんの声(2019年8月)*随時更新

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche」のユーザーさんの声

Cinemarcheユーザーのみなさん、いつもご愛読いただき、誠にありがとうございます。

これまで編集部に寄せられた読者さんの声は、編集部とライターのグループチャット「ライティング道場」を経由して、執筆を行なっているライターたちと共有させていただきました。

数々の温かい応援の言葉を励みにライターは、日々、映画鑑賞後に独自の解説や考察レビューの記事にしております。

スポンサーリンク

【映画のつぶやき】について

このコーナーでは、映画を届けるライターと読者さんを結ぶ場として、ここに仮名で励ましの言葉や映画への思いを留め置くことにいたしました。多くの寄せられたメッセージの一部を掲載させていただきます

心の元気の源となる言葉をいただき、ライター共々、感謝でいっぱいです。

読者の皆さんには、この場をお借りして御礼と代えさせていただきます

8月の読者さんからのメッセージ

8月1日。Yさん

いつも楽しく拝読しております。
映画を見に行く時間が出来た時には、何にするか検討するのに参考にさせていただいています。

8月1日。Hさん

中国出身の友人ができたことで中国映画を含めアジア映画に興味を持ち始めました。まだまだ観始めて日が浅いので、監督や俳優の背景がわかる紹介記事はありがたいです。過去記事などにリンクで飛べると嬉しいですが、まずは自分で調べて楽しんでいます。巨匠の張芸謀監督の新作、予告編だけでもワクワクするかっこよさなので早く観たいです!

8月1日。Mさん

映画評は、その新作映画を観るかどうかを決める参考にとてもなっています。

8月3日。Kさん

素敵な映画情報 これからも楽しみに致しております 夏休み何を見に行こうかただいま計画中です

8月3日。Sさん

天気の子を鑑賞した記事が載っていたが、これから映画館で見ようと思っていたので、色々な映画の見方がある事でその見方が大変参考になった。

8月3日。Yさん

映画館で観て来た作品の記事を読むのが好きです。ストーリー(あらすじ)、ネタバレ、評価を読むとよりその作品がより深く理解できるからです。とことんネタバレの話を書いているサイトは他にないと思いますので私にとってはとても貴重な情報サイトです。

8月3日。Tさん

色彩ある映画ではないけれど、映像美とスケールに惹かれました。
また、緊迫感のありそうなストーリー展開が楽しみです。

8月3日。Nさん

いつもサイトをチェックして映画鑑賞の際の参考にしています。とてもわかりやすい解説が多く、自分で映画鑑賞後のチェックにも助かっています。これからもたくさんの情報を楽しみにしています!

8月3日。Sさん

毎回良質な記事と情報ありがとうございます。
これからもエッジの効いた記事を期待しています。

8月3日。Aさん

いつも良い情報をありがとうございます。今度は何を見ようかな…と思ったときは必ず参考にさせていただいています!

8月3日。Mさん

森田悠介氏の「『天気の子』ネタバレ考察。銃を撃つ意味からラスト水没した東京の姿を解説【正義の行使としての愛】」を大変興味深く読ませていただきました。
『天気の子』で何より賛否が分かれている部分は帆高の「反社会的行動」にあると感じています。未成年だけでラブホテルに泊まったり、警察署から脱走したり、線路を爆走したり、挙句の果てには記事の主題にもなっている拳銃をぶっ放す大立ち回りです。前作の『君の名は。』では、なまじ主人公の瀧くんのスペックが高く彼が真っ当に立ち回るだけでなんとかなっていました(代わりにテッシ?は爆弾テロリストみたいになってたのはご愛敬)。
しかし、今回の帆高は何かあるとすぐに「Yahoo知恵袋」に書き込んで答えが出ると信じ込むどうしようもなく無力な存在。反社会的な行動でもしなければ、世界を変えることはできないのでしょう。
記事内で引用されている『全正義の所在』が銃の変遷と、それぞれの立場の大人の正義によってめまぐるしく交錯するという考察は非常にわかりやすく、ますます帆高がなるべくして『反社会的全正義』となったことへの納得ができました。愛に出来ることは限られるかもしれないけど、愛の所在は全正義であり、そのためならばどこまでも我を通してゆけ。そんな応援を今一度帆高にしてやりたい気持ちです。

8月3日。Aさん

ドキュメンタリー映画が好きなので、ぜひ見てみたいです。

8月3日。Kさん

今度はぜひ木下忠司さんの音楽の魅力の特集をお願いします。

*面白い提案ですね!すぐに対応はできませんが、頭の片隅に入れておきます。(編集部)

8月3日。Aさん

試写会の際、携帯電話の電源オフ、エンドロールを最後まで観ることのアナウンスの徹底をよろしくお願い致します。

8月4日。Rさん

単にあらすじやレビューだけでなく、深い洞察によって書かれた考察が他のサイトにはなく、魅力的です。

8月4日。Aさん

いろいろな映画のクリエイターのインタビューが読めて有益です。

8月4日。シズクさん

8月4日。Rさん

ダン・チャオ、スン・リー夫妻のファンで、この映画『影武者』の日本公開を楽しみに待っていました。

8月5日。Kさん

ネタバレ考察とかおもしろいです

8月5日。Kさん

エリック・クー監督インタビュー記事、楽しく拝見しました。

8月5日。Kさん

ハイ・ライフのレビューを読んで、一人でじっくり向き合いたい映画だと思いました。

8月5日。Jさん

独占試写会を開いてください。

開催できるように準備しております、しばらくお待ちくださいね(編集部)

8月5日。Yさん

映画を観る上で凄く参考になります。

8月5日。Tさん

もっとプレゼントを増やしてほしい。

*がんばります!(編集部)

8月5日。Kさん

『天気の子』ネタバレ考察。
まだ見てないので大丈夫そうなとこだけ読みました。
早く観に行かなきゃ~と思いました。
観たら安心してゆっくり読みたいです。

8月6日。Mさん

ネタバレ読むのが好きです。

8月6日。Mさん

【田中征爾監督×皆川暢二インタビュー】映画『メランコリック』で目指したオリジナリティの記事を面白く読ませていただきました。
私もポスターのじとっとした雰囲気の映画を想像してたから、なんともあっけらかんとした殺人現場のお掃除シーンから予想外の映画だなって思いました。

8月6日。Tさん

『ゴーストランドの惨劇』のインタビュー記事が良かったです。
観にいこうか迷っていたので監督の製作話が知れて興味を持ちました。

8月8日。Sさん

メジャー映画も観ますが、ドキュメンタリーフィルムにも興味があります。観たいと思えば、日本中どこでも駆けつけます!

8月8日。Kさん

いつも映画を見る前にチェックさせて頂いています。今後もたくさんの映画を紹介してください。
楽しみにしています。

8月8日。Jさん

普段、なかなか、映画を見る機会がなく、見るとしても、同じようなジャンルの作品になってしまうので、映画に関するレビューがあると、とても、参考になるので、これからも、楽しみにしています。

8月8日。りん。さん

8月9日。まち*さん

8月10日。みうさん

8月10日。LOVE Angelさん

8月10日。Mさん

「何故登るのか?」という問いに対しては「そこに山があるからさ」というジョージ・マロリーの至言がございますが、この『フリーソロ』に関してはそんな答えじゃ満足できそうにないでしょう。
なんたって彼女が泣いて「やめろ」と言っても登り続ける。そしてその登る対象を見て唖然。ほとんど直角じゃないか……
そんな死地としか思えぬところに喜々として乗り込むチャレンジャーの姿には、それを撮影するスタッフですら「やめてほしい」と願わざるを得ない異常人物としてしか予告の段階では映りません。果たして「極限まで追い込まないと見えないモノ」とは何か、それは本当に極限まで追い込んで見るものなのか、全ての答えはこの映画の中に隠されている筈です。
少しでも銀幕の中の彼を理解するためにも是非いち早い本作の鑑賞を望みます。

8月12日。 Tさん

cinemarcheは、いつもチェックしているサイトなので、楽しく読んでいます。

8月15日。Nさん

最新の映画情報やインタビューが読めるのでシネマルシェを定期的に読んでいます。最近では「2019SKIPシティ映画祭」の連載コラムを楽しみにしています。特に韓国映画「未成年」はあらすじやキム・ユンソク監督のことが良く知れてがとても面白かったです。俳優としての活躍は良く知っていますが制作である彼の作品がとても気になります!これからも様々なジャンルの作品を紹介していただけると嬉しいです。

8月15日。Kさん

楽しい視点でこういう考えもあるんだと参考になります

スポンサーリンク

Cinemarcheユーザーのみなさんへ

勇気いただく言霊を耳の底にコロンと置いて、本日も映画鑑賞と記事作成に勤しみます

ユーザーさんの声は「心のフルーツ」であり、執筆の「ビタミン剤」です。

心より御礼申し上げます、ありがとうございました!(Cinemarche編集部&ライター)

Category : まとめ記事

Tags :

関連記事

まとめ記事

2018年1月おすすめ映画とドラマの動画無料配信。GYAO!のリスト紹介

2018年の新年を迎えるにあたり、お正月をのんびり自宅で過ごせるあなたにお得な情報です。 映像配信サービス「GYAO!」そご存知ですか。 まだ知らない方もいらっしゃると思うので、今回は「GYAO!」で …

まとめ記事

メリル・ストリープ映画おすすめ5選!アカデミー賞作品も

アカデミー賞の常連として知られているメリル・ストリープ。ハリウッドを代表する大女優。 これまでアカデミー主演女優賞・助演女優賞含めて合計20回ノミネートされており、俳優・女優として史上最多記録を樹立し …

まとめ記事

ジュリアン・ムーア映画おすすめ5選!アカデミー賞作品ほか

数々の映画賞を獲得してきた実力派女優、ジュリアン・ムーア。 歳を重ねても美しくて、多くの人々を魅了させる役柄を見事に演じるベテラン女優です。 2014年にジュリアン・ムーアは、『アリスのままで』で、ア …

まとめ記事

松田翔太映画おすすめ5選!シリアスもコメディもこなす演技力に注目

(C)2012 フジテレビジョン/集英社/東宝/FNS27社 クールな雰囲気を持ちながら、作品ごとにまったく違う雰囲気を醸し出している人気俳優、松田翔太。 お兄さんとはまた違った独特の雰囲気を放ってい …

まとめ記事

ゾンビ映画の開祖ロメロの発明と『カメラを止めるな!』の革新性と情熱とは

公開前から試写や各国の映画祭で話題沸騰、6月23日に公開されて以来は映画ファンの枠を超えて一大ムーブメントとなっている作品『カメラを止めるな!』。 本作はわずか300万円で作られた超低予算映画。本作の …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP