Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

まとめ記事

ハロウィン映画おすすめ5選!ガチ怖いホラーを動画配信U-NEXTから厳選紹介【糸魚川悟セレクション】

  • Writer :
  • 糸魚川悟

ハロウィンの夜は映画を観て過ごそう!
動画配信で視聴できるハロウィンにオススメ映画5選!

2019年もやってきました、ハロウィンの季節。

近年では日本でも街は仮装で賑わい、イベントの1つとして盛り上がりを見せるようになりました。

しかし、当のハロウィンの日は木曜日。

学校や仕事の日にも、イベントや街に出なくともハロウィンらしさを感じることが出来るのはやはり映画鑑賞

そんな訳で今回はハロウィンの夜の鑑賞にぴったりな作品を5作紹介させていただきます。

おすすめのハロウィン映画①『ハロウィン』


(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS

映画『ハロウィン』の作品情報

【原題】
Halloween

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【監督】
デヴィッド・ゴードン・グリーン

【キャスト】
ジェイミー・リー・カーティス、ジュディ・グリア、アンディ・マティチャック、ニック・キャッスル

【作品概要】
ジョン・カーペンターが製作したスラッシャー映画の金字塔『ハロウィン』(1978)の続編として製作されたシリーズ最新作。

初代となる1978年版でブギーマンに襲われる高校生の少女ローリー・ストロードを演じたジェイミー・リー・カーティスと、殺人鬼ブギーマンを演じたニック・キャッスルが同役で続投したことでも話題となりました。

映画『ハロウィン』のあらすじ

40年前のハロウィンの夜の惨劇に怯え、家族とも溝が出来たローリー(ジェイミー・リー・カーティス)のもとにかつての事件を調べる記者が訪れます。

まもなく、大量殺戮を行ったブギーマンことマイケル・マイヤーズ(ニック・キャッスル)が乗る護送車が移送中に事故を起こしたことで再びハロウィンの夜に惨劇が訪れることとなり…。

家族を守るために戦う名作続編


(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS

殺人鬼が登場し次々と人が殺されていく映画を総称した「スラッシャー」と言う映画ジャンルの起源となった「ハロウィン」シリーズ。

今までの続編作品やリメイク作品を白紙に戻し、1978年版『ハロウィン』の続編として製作された本作は起源となった初代の意思を引き継いだ作品となっており、主人公のローリーと殺人鬼ブギーマンの40年の時を跨いだ宿命の戦いが描かれています。

両者ともに初代の俳優が続投していると言うだけでもファンにとっては嬉しい要素ではあるのですが、本作は家族を守るため不屈の闘志でブギーマンに立ち向かうローリーの姿にとにかく熱くなれます。

もちろんブギーマンの「静かで残虐な殺戮」は戸締りの徹底を促したくなるほど恐ろしく、ホラー映画としても秀逸な出来。

すでに続編2作の製作も決定している新生「ハロウィン」シリーズ。

本作から足を踏み入れることも充分に可能な作品ですので、今年のハロウィンのお供にいかがでしょうか。

おすすめのハロウィン映画②『パージ』


(C)Univesal Pictures

映画『パージ』の作品情報

【原題】
The Purge

【日本公開】
2015年(アメリカ映画)

【監督】
ジェームズ・デモナコ

【キャスト】
イーサン・ホーク、レナ・ヘディ、アデレイド・ケイン、リース・ウェイクフィールド、エドウィン・ホッジ

【作品概要】
数多くの映画に出演し『トレーニング デイ』(2001)や『6才のボクが、大人になるまで。』(2014)などの演技でアカデミー賞にノミネートした経歴を持つイーサン・ホークが出演したホラー映画。

シリーズの監督と脚本を務めたのは『交渉人』(1999)の脚本で高い評価を受けたジェームズ・デモナコ。

映画『パージ』のあらすじ

1年に1夜、殺人を含むすべての犯罪が合法となる時間「パージ」。

社会的な成功を収めた富裕層の集まる地区に住むジェームズ・サンディン(イーサン・ホーク)とその家族は、最新のセキュリティに守られた家で安全な夜を過ごすはずでしたが、そこに隠れ損ねたホームレスの男が現れ…。

圧倒的ビジュアルが人気のシリーズ始動作!


(C)Univesal Pictures

破壊衝動を解き放った人間と政府の裏の工作が入り乱れ地獄と化す1夜の物語と、鮮烈すぎる被り物や狂乱者「パージャー」のビジュアルが大人気となった「パージ」シリーズ。

現在までで計4作が製作されているこのシリーズはアメリカではハロウィンの定番作品にもなっており、ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドのハロウィンイベントでは「パージ」を題材としたイベントが行われるなど、その人気はとどまることを知りません。

1作目となる本作では、完璧なセキュリティで守られている主人公が追われるホームレスを助けたことで命を狙われることになる「富裕層」目線の「パージ」が描かれ、本能を剥き出しにした人間の恐怖が露になります。

2作目では「貧困層」、3作目では「政治家」、4作目では「パージャー」と異なる目線からの「パージ」を描くことでシリーズ全体でジリジリと全容に迫る面白さも魅力な本作。

ハロウィンと言えば仮装。

しかし、その仮装に隠された秘めたる本能の恐怖に迫る本作はハロウィンの夜にぴったりな作品と言えます。

おすすめのハロウィン映画③『ハロウィーン』


(C)2018 MIDLAND ENTERTAINMENT, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画『ハロウィーン』の作品情報

【原題】
BOO!

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【監督】
ルーク・ジェイデン

【キャスト】
ジェイデン・ピナー、ロブ・ザブレッキー、オーロラ・ペリノー、チャーリー・パーマー・ロスウェル、ドワイト・ヘンリー、ジル・マリー・ジョーンズ

【作品概要】
アカデミー作品賞を受賞した『ムーンライト』(2017)で主人公シャロンの友人ケヴィンの幼少期を演じたジェイデン・ピナーを主演に描いたアメリカ産ホラー映画。

日本では新宿シネマカリテにより開催された「カリコレ2019/カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2019」にて上映されました。

映画『ハロウィーン』のあらすじ

敬虔なクリスチャンである父と、アルコールに依存する母、そんな家族を嫌う姉を家族に持つケイレブ(ジェイデン・ピナー)の家に怪文書が届きます。

他人に回さなければ悲惨な結末を迎えるとされるその手紙を父が焼いて以降、ケイレブの家族を怪異が襲い始め…。

バラバラな家族を襲う恐怖の連続


(C)2018 MIDLAND ENTERTAINMENT, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

シンプルかつ独特な邦題の響きから、ハロウィンに鑑賞する映画を探している際に目に入りがちな本作。

映画全体が不穏な空気に包まれ、序盤は家族同士の不和やじわじわとした恐怖で鑑賞者の心を揺さぶります。

しかし、本作の本領発揮と言えるのは物語の終盤。

溜めに溜めたじわじわとした恐怖を吹き飛ばすかのように、次から次へと怪異が畳み掛ける終盤は心の準備が出来ていないこともありジェットコースターのように特大な恐怖の高低差を感じること間違いなし。

湿度の高い独特な雰囲気を楽しみたい方にオススメの作品です。

おすすめのハロウィン映画④『ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄』


(C)2015 PTG NEVADA, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画『ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄』の作品情報

【原題】
Pay the Ghost

【日本公開】
2016年(アメリカ映画)

【監督】
ウーリ・エーデル

【キャスト】
ニコラス・ケイジ、サラ・ウェイン・キャリーズ、リリク・ベント、ヴェロニカ・フェレ、リリク・ベント

【作品概要】
ハリウッド映画を代表する大物俳優ニコラス・ケイジが主演を務めたホラー映画。

主人公の妻クリスティンを演じたのは大人気ホラードラマシリーズ「ウォーキング・デッド」で主人公リックの妻ローリを演じたことでも有名なサラ・ウェイン・キャリーズ。

映画『ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄』のあらすじ

大学で臨時講師を務めるマイク(ニコラス・ケイジ)は、安定した収入を得るために家族を顧みず仕事に没頭していました。

ハロウィンの夜、家族との溝を埋めるため息子のチャーリー(リリク・ベント)と祭りへと出かけたマイクでしたが、マイクが少し目を離した間にチャーリーは姿を消してしまい…。

全年齢層が楽しめるマイルドなホラー


(C)2015 PTG NEVADA, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

過去にあった悲惨な出来事と現在の失踪事件の謎が徐々に結びついていくオカルトミステリー要素が魅力的な本作。

主人公のマイクを演じるのは、様々な映画に手広く出演する有名俳優ニコラス・ケイジ。

息子の失踪に傷つき、仕事も手につかず、熱心な捜査を行う刑事にすら八つ当たりしてしまうという身を裂かれるような見事な演技を見せる彼の演技は物語を引き立たせており、特殊能力を持たない1人の父親の奮闘から目を離せなくなります。

ホラーとしての描写はしっかりとあるものの残虐表現などは控え目であり、物語もスッキリと納得する形で終わるため、全年齢層の方にオススメできるマイルドなホラー映画でした。

おすすめのハロウィン映画⑤『シークレット・オブ・ハロウィン』


(C) 2016 Boys In The Trees Pty Ltd, South Australia Film Corporation, White Hot Productions Pty Ltd, Michael Gudinski Promotions Pty Ltd, Kojo Productions Pty Ltd, Tulla Capital Management Pty Ltd, Romco Blue Pty Ltd, John Molloy, Mark Morrissey and Jaga Securities Pty Ltd

映画『シークレット・オブ・ハロウィン』の作品情報

【原題】
Boys in the Trees

【日本公開】
2016年(オーストラリア映画)

【監督】
ニコラス・ベルソ

【キャスト】
トビー・ウォレス、ガリバー・マクグラス、ミッチ・リュールマン、ジャスティン・ホルボロウ、トム・ラッセル

【作品概要】
日本では新宿シネマカリテで開催された「カリコレ2017/カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017」で上映されたヒューマンドラマ映画。

主人公の親友ジョナを演じたのは『ダーク・シャドウ』(2012)でデビッドを演じたガリバー・マクグラス。

映画『シークレット・オブ・ハロウィン』のあらすじ

高校の卒業を機に田舎町から出ることを望むコーリー(トビー・ウォレス)は地元の不良グループに所属しながらも、心は上の空でした。

ハロウィンの夜、不良グループからいじめられるかつての友人ジョナ(ガリバー・マクグラス)をひょんなことから家まで送ることになったコーリーは、徐々に自身の抱えるものと向き合うことになり…。

心揺さぶられる1夜の物語


(C) 2016 Boys In The Trees Pty Ltd, South Australia Film Corporation, White Hot Productions Pty Ltd, Michael Gudinski Promotions Pty Ltd, Kojo Productions Pty Ltd, Tulla Capital Management Pty Ltd, Romco Blue Pty Ltd, John Molloy, Mark Morrissey and Jaga Securities Pty Ltd

幼少期に仲の良かった友人でも、年を重ねるごとに疎遠になり次第に会話もしなくなってしまうと言う経験、誰にでも心当たりがあるのではないでしょうか。

かつての親友ジョナが目の前でいじめられても見て見ぬふりを続けてきた主人公のコーリーは、人生の岐路に立ったことで数多くの悩みを抱えています。

窮屈な田舎町への嫌悪、過干渉な父親への反発、都会に行くことに反対する不良グループのリーダーとの確執など年相応の葛藤から全てに対するモヤモヤを溜め込み苛立ちながらハロウィンの夜を迎えたコーリーは、ジョナを家に送ることになります。

幼く滑稽に見える童心や好奇心を捨てないジョナを軽蔑していたコーリーでしたが、彼と向き合ううちに自身の悩みの全てと向き合い始めます。

絶望することがあっても、自身に嫌悪する過去を思い出しても、決して後ろに引きずられず前を向く勇気を貰える、ハロウィンの夜に少し成長したい人にオススメのハートフルムービーです。

まとめ

いかがでしたか。

今回ご紹介させていただいた作品はすべて配信サービス「U-NEXT」で配信中。

今年はハロウィンの夜を「映画鑑賞」と言う形で楽しんでみてはいかがでしょうか。





関連記事

まとめ記事

【ホラー映画2020】おすすめ洋画最新作まとめ。ハロウィーンキルや死霊館3など厳選6選

ホラー映画(洋画)の2020年おすすめ最新作をピックアップ! 2019年はインディペンデントも含め良質な映画が多く公開されました。 2020年は、『ワンダーウーマン』(2017)や『ヴェノム』(201 …

まとめ記事

西島秀俊映画おすすめ5選!ストイックな役作りと演技力で魅了

(C)2015劇場版「MOZU」製作委員会 (C)逢坂剛/集英社 映画やドラマ、CMに大活躍中の人気俳優、西島秀俊。 クールな雰囲気、細マッチョな体型、年齢を重ねる毎に増している男の色気が魅力的で、世 …

まとめ記事

【2019年映画ランキング洋画邦画ベスト10】おすすめ監督や俳優もシネマダイバーが選んだ結果発表!

Cinemarcheが選ぶ、2019年映画ランキングベスト1は? 2019年も多くの映画が全国で公開されました。 その締めくくりとして、Cinemarcheのシネマダイバー(映画ライター)が、2019 …

まとめ記事

スピルバーグ映画おすすめ5選!天才監督の代表作ベストランキング!【黒井猫シネマセレクション】

天才と呼ばれる映画監督スティーブン・スピルバーグのベストランキング5選。 いくつものヒット作を生み出し、どの世代にも愛されてきた映画監督スティーブン・スピルバーグ。 そんなスピルバーグ監督品の作品中か …

まとめ記事

岩井俊二監督映画おすすめ5選!最新作を見る前に是非チェックを

岩井俊二監督と言えば、美しい映像、そして音楽ですよね。 青春や恋愛を描いた作品が多いですが、残酷さや優美さが融合し、その独特の世界観に衝撃を受けた方も多いはずです。 岩井俊二監督は、91年TVドラマ「 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学