Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画「パージ」シリーズの評価と考察。スリラーにおさまらないSF映画としての社会風刺とは|SF恐怖映画という名の観覧車15

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile015

“SF”映画では社会に対する風刺を強く描いた作品が多く、技術の進歩に対し技術を使う社会や人間への疑心が浮き彫りになるジャンルと言えます。

一方で、“ホラー”映画は、物語のきっかけともなる”恐怖の対象”の誕生にこそ社会風刺画が隠れていたりはするものの、”SF”映画に比べ政治的、思想的な面では少し物足りない部分が多いジャンルです。

しかし、そんな”ホラー”と言うジャンルの中でも、特に社会風刺の薄めである”スラッシャー”に近い作品でありながら、”SF”要素や”社会風刺”を多く取り入れ、奇異な世界観と独特な美術で人気を集めるシリーズがあります。

今回はシリーズを重ねるごとに人気が広がり、本国では4作目も公開された人気シリーズ「パージ」について、その魅力を語らさせていただきたいと思います。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

「パージ」シリーズの歩み


(C)Univesal Pictures

そもそも「パージ」って?

アカデミー助演男優賞に2度もノミネートした経験を持つイーサン・ホークが2013年に出演した『パージ』(2013)。

1年に1回、12時間だけ殺人を含むすべての罪が撤回される”パージ”の時間を題材に、平和を求め完全なセキュリティを導入した一家を襲う悲劇を描いた今作は、想像力を駆り立てる秀逸な設定のホラー映画としてカルト的人気を得ました。

しかし、奇異な設定により興行的には大成功は収めたものの、壮大な設定とは裏腹に1つの家での攻防しか描かれないワン・シチュエーションな展開が災いし、鑑賞者からは厳しい批評を受けることになりました。

シリーズ的人気を確かなものにした2作目


(C)Univesal Pictures

翌年、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014)などで注目された俳優フランク・グリロを主演に起用し公開された続編『パージ:アナーキー』(2015)。

主人公が”パージ”の時間に飲酒運転で息子を死なせた男へ復讐するため、ロサンゼルスを駆けながら、トラブルにより避難できなかった非武装の人間たちと合流していく2作目は、”パージ”の時間中の街全体の様子が映されていたり、様々な思想を持った狂人の存在がスリルと面白味を増幅させ、前作より興行収入は下がるものの固定ファンを定着させることに成功します。


(C)2016 Universal Studios.

2016年には、再びフランク・グリロを主演に『パージ:大統領令』(2017)が制作され前2作の興行収入を越えるなどその人気はとどまることを知らず、仮面やボディペイントを利用した不気味なテイストも人気で、アメリカのユニバーサル・スタジオではハロウィンイベントにも採用されるなど、本国では1つのブームとなりました。

「パージ」の描く深い社会風刺


(C)Univesal Pictures

「パージ」シリーズは、ジャンル分けされる際に”ホラー”に振り分けられることの多い映画です。

仮面をかぶった人間による殺人行為が、ドッキリ演出を使い描写されているため”ホラー”の成分が強いことは間違いないのですが、それと同時に”SF”的な要素も多く含まれています。

“SF”要素と血の通った舞台設定


(C)Univesal Pictures

人の目を引く独特な設定を作り出すために、”SF”的な世界観を取り入れることはそう珍しいことではありません。

例えば、映画化もされ日本のみならず世界で話題となった高見広春の小説『バトル・ロワイアル』では、”中学生同士の殺し合い”と言う設定を実現化するために、”仮想敵国との戦闘シミュレーション”と言う舞台設定を用意しています。

ですが、あくまでもこの舞台設定は前述の設定を違和感なく実現させるための”演出”でしかなく、舞台設定を深く描きすぎると”スリラー”としての面白味が薄れてしまうデメリットがあります。

「パージ」シリーズでは、1作目こそ舞台設定よりも”パージ”そのものの恐怖を描いた”スリラー”よりの展開が目立つ作品ではありますが、2作目以降は”スリラー”をメインに置きつつも、”舞台設定”にも力を入れた”SF”とも言える作品になっています。

「富裕層への不平不満を減らすため、敢えて平等な時間を作る」と言う名目で施行された”パージ”。

しかし、蓋を開けてみれば、”武装も防備も出来ない貧困層が襲われる”だけの法律であることが分かります。

平等を語り制定された法律が、ただ貧富の格差を広げるだけのものに過ぎなかったと言う社会風刺が強烈なパンチを決めてくる今作。

シリーズを重ねるにつれ、更にこの”パージ”と言う制度が”上位層による上位層のための制度”であることが露出し始め、完結に向けて怒涛の展開を迎えます。

このように、今シリーズでは”演出”のための舞台設定が登場するのではなく、社会風刺にふんだんに使用された、血の通った舞台設定が用意されている”SFスリラー”映画であるのです。

『The First Purge』

“パージ”の実態を描いた1作目、”パージ”の裏側が垣間見れる2作目、”パージ”を止めるため奮闘する3作目と”SFスリラー”として見事な完成度と締めくくりを見せた「パージ」シリーズは3部作として完結。

と、思われていましたが、”パージ”の制定をめぐる騒動と、初の”パージ”が行われた様子を描いた4作目『The First Purge』が今年2018年に本国で公開されました。

日本での公開時期は未定ですが、シリーズの世界観を更に深めてくれる最新作として期待が膨らみます。

スポンサーリンク

次回の「SF恐怖映画という名の観覧車」は…

いかがでしたか。

次回のprofile016では、『スキャナー・ダークリー』(2006)を中心に”SF”映画から考える”完全監視の未来”について考えていこうと思います。

9月26日(水)の掲載をお楽しみに!

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画「血を吸う」シリーズ3部作の考察解説。吸血鬼岸田森誕生秘話と恐怖の原点を紐解く|邦画特撮大全74

連載コラム「邦画特撮大全」第74章 今回の邦画特撮大全は「血を吸う」シリーズを紹介します。 「血を吸う」シリーズは1970年代に東宝が製作した怪奇映画シリーズで、『幽霊屋敷の恐怖 血を吸う人形』(19 …

連載コラム

SF映画おすすめのディストピア作品を「隔離」をテーマに読み解く。現実でも動く問題とは|SF恐怖映画という名の観覧車31

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile031 「SF」と言うジャンルの中で、比較的取り上げられることの多い「ディストピア」と言う世界観があります。 ある一方の見方では人々は幸福で何の …

連載コラム

映画『昨夜、あなたが微笑んでいた』あらすじと感想レビュー。カンボジアの歴史的建築物を描いた作品がダブル受賞|フィルメックス2019の映画たち3

第20回東京フィルメックス「コンペティション」スペシャル・メンション、学生審査員賞『昨夜、あなたが微笑んでいた』 2019年にて記念すべき20回目を迎える東京フィルメックス。令和初となる本映画祭が開催 …

連載コラム

【ネタバレ】カンフースタントマン|感想解説とラストあらすじ評価。香港アクション映画を支えたレジェンド“龍虎武師”の真髄【すべての映画はアクションから始まる36】

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第36回 日本公開を控える新作から、カルト的に評価された知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を時おり網羅してピックアップする連載コラム『すべての映画は …

連載コラム

社会派映画『金環蝕』『新聞記者』考察と比較解説。日本政治が腐敗する正体と産物を紐解く|おすすめ新作・名作見比べてみた7

連載コラム「おすすめ新作・名作見比べてみた」第7回 公開中の新作映画から過去の名作まで、様々な映画を2本取り上げ見比べて行く連載コラム“おすすめ新作・名作を見比べてみた”。 第7回のテーマは「政治の闇 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学