Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

『スネーク・アウタ・コンプトン』あらすじネタバレと感想。映画パロディ連発のコメディは巨大ヘビ〜級ラッパー⁈|未体験ゾーンの映画たち2019見破録26

  • Writer :
  • 映画屋のジョン

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第26回

今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。様々な58本の映画が公開中ですが、今回は映画ファン必見のパロディ映画が登場です。

伝説的ヒップホップ・グループ・N.W.Aの姿を描き、大ヒットした伝記映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』。

その大ヒットラッパー映画をオマージュしつつ、何故か巨大スネークが大暴れする作品です。

悪ノリが全編にみなぎる、掟破りのラップ&モンスター・パニック映画が登場します。

第26回はラップと映画のパロディに溢れたコメディ映画『スネーク・アウタ・コンプトン』を紹介いたします。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2019見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『スネーク・アウタ・コンプトン』の作品情報


(C)2018 SOC MOVIE, LLC

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Snake Outta Compton

【監督】
ハンク・ブラクスタン

【キャスト】
リッキー・フラワーズ・Jr.、モータウン・モーリス、ドンテ・エシエン、タルカン・ドスピル、アウレリア・マイケル、エリック・エリクソン

【作品概要】
カリフォルニアの犯罪多発地帯、コンプトン。あの大ヒットラップ映画の舞台のなった街で、キャムと仲間たちとラッパーとして成功し、街を抜け出すことを夢見ています。

ある日彼らに人生最大のチャンスが舞い込みます。大手レコード会社のスカウトの目にとまり、オーデションを受けることになりました。

ところがオーディションを目指すキャムの前に様々な障害が現れます。借金を取り立てるワルに暴力悪徳刑事、しかもラップに反応する、巨大スネークまでが襲いかかってきます。

大物ラッパーがまさかの出演!音楽(ビート)と言葉(ラップ)を武器に戦う、モンスターパニック・コメディ映画です。

ヒューマントラストシネマ渋谷とシネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2019」上映作品。

映画『スネーク・アウタ・コンプトン』のあらすじとネタバレ


(C)2018 SOC MOVIE, LLC

カルフォルニアのコンプトン上空を飛ぶジェット旅客機。『スネーク・フライト』でお馴染みの、Fワードを含む言葉が叫ばれる中、機体からヘビが落ちてきます。

コンプトンの街を走る覆面パトカーの中で、黒人悪徳刑事のデンズは新米白人刑事イーサンに、ゲキを飛ばし指導しています。

『トレーニング デイ』みたいと語るイーサンに、俺は絶対ビビらない!と言うデンズ。そんなやりとりをしているパトカーにヘビが直撃、さすがのデンズもビビってパトカーは右往左往。

パトカーの去った路上に、ヘビの死骸が残されます。それに気付いたバーケル(ドンテ・エシエン)は子持ちヘビだと興奮して、死骸から卵を取り出します。

卵からさっそく子ヘビがかえって大喜びするバーケル。そこにイケてる美女、ネオン(アウレリア・マイケル)が現れます。彼女が自分に気があると、バーケルは大喜びです。

実のところ彼女はヒップホップ・グループの仲間ピンボール(モータウン・モーリス)に、エミネムを意識した姿のビーズニーズ(タルカン・ドスピル)に会いに来ただけでした。

それでもネオンに、ヘビの幹細胞を刺激すれば巨大化すると説明するバーケルですが、ピンボールとビーズニーズに科学オタクと馬鹿にされます。

そこにグループのリーダー、キャム(リッキー・フラワーズ・Jr.)が、街のホームレスやブラザー連中にリスペクトされながら登場。彼こそネオンの恋人です。

キャムと仲間は友人を集め、ガンガン音楽を鳴らしパーティーを始めます。ネオンに脈の無かったバーケルは、連中を見返そうと、手に入れたヘビを使って巨大化実験を開始します。

バーケルは自室に成長ビームを放つ実験装置、効果音は『宇宙戦争』のビームと同じ…を持っていました。ヘビの次に大きくするのは、と股間に目をやるバーケル。頭は良くても品はありません。

キャムには将来の計画がありました。レコード会社のスカウトの女、レルが彼らの才能を評価しファンになったのです。

キャムがデモテープを作ってレルに売り込んだ結果、レコード会社のオーディションを受けることになったのです。

デモテープを作る金は、ピンボールがコンプトンでクラブを経営する悪党、アリ・ジョーズ(エリック・エリクソン)に借りていました。

パーティーでラップを披露するキャムたち。ラップ嫌いのバーケルは、嘘とセックスばかり歌いやがって、と激怒し成長ビームをヘビに照射し続けます。

ラップに合わせて動くヘビは徐々に大きくなり、日本の有名な怪獣の様に巨大化とバーケルは興奮しますが、いきなり実験装置がシステムダウンします。

突然銃撃されて皆が伏せます。危険な男、アリ・ジョーズが趣味の悪い金ピカのカラシニコフ銃を乱射したのです。

様々な人種の女を引き連れたアリ・ジョーズが、借金の取り立てに現れました。パーティーを開く金があるるなら利子を返せと、ピンボールに迫ります。

この騒ぎでケースが壊れ、ヘビは外へと逃げ出しバーケルは慌てます。

キャムは成功したら金は必ず返す、将来の投資と思って待ってくれとアリ・ジョーズを説得しますが、どうも頭の悪いアリとは話がかみ合いません。

一色触発の危機ですが、キャムは逃げ出したヘビを投げつけ、隣家のおばさんミス・ジョーンズの加勢もあって、アリ・ジョーズは銃を捨てて引き上げます。

キャムたちは頼りになるミス・ジョーンズに礼を述べますが、実のところ彼女はクスリ目当てに手助けしただけでした。

バーケルがヘビを探しに現れますが、ヘビはどこにもいません。その頃、家を後にしたミス・ジョーンズが、実験で凶暴化したヘビに襲われていました。

デンズとイーサンは、悪徳刑事らしく路上の売人(アイス売り)から、商品(ただのアイス)を巻き上げていました。そしてキャムたちの姿を目にします。

ヘビは成長ビームのせいで不安定と慌てるバーケルに皆は、ヘビ探しを手伝おうとします。

白人女のレルが銃を持っても何とも思わないデンズ。しかし黒人のキャムが銃を手にするや、いかにも悪徳警官らしく彼を逮捕します。

仲間が事情を説明しても、デンズは耳をかしません。バーケルが突然変異のヘビを逃がしたと騒ぐと、問答無用で彼も逮捕し2人を連行します。

キャムが拘留されてはオーディションが受けられません。保釈金を用意するためにピンボールとビーズニーズは、強盗を計画します。

プロレスの覆面を着け、オモチャの銃でコンビニを襲うピンボールとビーズニーズ。店主の反撃され大慌てですが、店主は妙に協力的です。

店主は強盗してくれれば、保険金が手に入ると大歓迎。レジの金を差し出し、ATMを壊せと指示しますが、不器用な2人に呆れて自らATMを破壊する始末です。

キャムとバーケルを連行中のデンズとイーサンは、車を止め点数稼ぎにホームレスをいじめようとします。

しかしホームレスはヘビに襲われ、体の一部を残すだけ。それを発見したイーサンは戸惑いますが、デンズはとりあわずパトカーに乗り込み引き上げます。

そのパトカーの後部に噛みつき、引きずられてゆくヘビ。とんでもないサイズに巨大化しています。

コンビニのピンボールとビーズニーズは引き上げようとしますが、覆面姿を通りがかったデンズに目撃されます。慌てて2人は逃げ出し、店主は被害者を装い倒れます。

裏口から出た2人は、人を丸のみできるサイズに成長したヘビと遭遇し、悲鳴を上げて店内に戻ります。デンズとイーサンに巨大ヘビが出た、と言っても信用される訳がありません。

覆面パトカーの車内に残されたキャムとバーケルの前に、『ジュラシック・パーク』の恐竜のごとく巨大ヘビが現れます。ヘビはどうやらバーケルが何者か判る様子です。

ボクのかわいい巨大ヘビちゃん、と近寄るバーケル。しかしあっさりヘビが丸呑みにします。異常な事態に刑事たちも気付きました。

キャルと刑事の目前で、ヘビはバーケルを吐き出します。コンビニに入ったヘビは店主を丸呑み、デンズは恐れ知らずの悪徳刑事らしく、巨大なヘビに殴りかかります。

巨大ヘビは店の奥に姿を消します。デンズはこれは俺たちの秘密だぞと、イーサンにヘビの件を口止めします。

一方バーケルは何かを拾い、これは使えるとつぶやきます。

巨大ヘビは店の奥の、トイレの下にある下水道に姿を消しました。デンズはイーサンに命じて下水を手探りさせますが、イーサンは指と腕時計を失う始末です。

バーケルは自室に戻り、ヘビを倒す解毒剤を作ります。一方キャムとピンボールとビーズニーズは、ネオンの働くクラブへと向かいます。

そのクラブの経営者はアリ・ジョーズ。ピンボールは彼に金を返し、ネオンを連れて皆で引き上げようとしますが、怒ったアリがラップバトルを仕掛けてきます。

頭の悪そうな歌詞のアリのラップに、続いて歌うキャムは楽勝と思えましたが、アリの部下のDJ演奏はでたらめビートでまともに歌えず、負かされそうになります。

ピンボールとビーズニーズが一計を図り、DJを色仕掛けで去らせて自らミキサーを操作、こうしてキャムのノリのいいラップが披露されます。

ラップバトルに勝利しましたが、そのビートを聞きつけた巨大ヘビがクラブへと向かってきます。

突然クラブに巨大ヘビが現れ客は逃げまどい、ヴィン・ディーゼルみたいな用心棒も倒されます。アリ・ジョーズは、とりまきの女を囮にして逃げ去ります。

クラブはパニックとなりますが、ネオンがヘビを感電させて追い払います。しかしヘビにはね飛ばされたキャムは倒れ、意識を失います。

キャムの目の前に、伝説のラッパー2PACや、ビギー・スモールズこと、ノトーリアス・B.I.G.が走馬燈の如く現れます。

俺は死んだ、とキャムは自覚しますが、大物ラッパーに夢を見てるだけ、とツっこまれます。19代米大統領ラザフォードまで現れる、いい加減な内容ですから間違いなく夢でしょう。

キャムは今見た夢のメッセージでヘビ退治を決意し、意識を取り戻します。

ヘビを退治すべく解毒剤を手に現れたバーゲルですが、ラッパー嫌いの彼はピンボールらと争いになります。

ところがバーケルの解毒剤を、悪徳刑事のデンズが狙っていました。自分が巨大ヘビを退治して、ヒーローになろうと企んでいました。

取り調べ室でバーケルから解毒剤を取り上げ、今更ながら『スネーク・アウタ・コンプトン』!と叫ぶデンズ。

邪魔な黒人は射殺、事実は簡単に隠ぺい出来ると、バーゲルに向けて発砲します。イーサンもしれを止めずに警官って最高!と叫ぶ始末。2人は巨大ヘビ退治に向かいます。

ところがバーケル死んではおらず、奇声を発して警察署から走り去ります。

ネオンの元へと帰ったバーケル、家を中を窓から伺うと、そこにはネオンとキャムが愛し合う姿がありました。傷心のバーケル、月に向かって咆えます。その口にはキバが生えていました。

どうやらバーケルの体にはヘビの毒が回った模様です。

バーケルの前に巨大ヘビが登場、1人と1匹に何があったのか、種を越えてよからぬ行為におよびます。目撃したキャムたち、さすがにドン引きです。

もはや巨大ヘビの仲間?になったバーケル。解毒剤は悪徳刑事の手に。そして今日はオーディション当日です。

彼らとコンプトンに、いかなる運命が待ち受けているのか!?

以下、『スネーク・アウタ・コンプトン』ネタバレ・結末の記載がございます。『スネーク・アウタ・コンプトン』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2018 SOC MOVIE, LLC

悪徳刑事のデンズは、巨大ヘビはビートに乗ってやって来るはずと、ラップのオーディション会場となるビルの屋上へ、イーサンと共に向かいます。

一方キャムとネオン、ピンボールとビーズニーズはバスに乗り込んで会場へと向かいますが、そのバスをバーケルを乗せた巨大ヘビが追ってきます。

とんだ事態にバスの運転手は職場放棄、ハンドルは『スピード』のサンドラ・ブロックのごとく、ネオンが握ります。

巨大ヘビを屋根に乗せ、バスは工事中の道路を大ジャンプ。中の4人は、無駄に長いビーズニーズのベルトのお蔭で脱出に成功します。

バスは爆発し、巨大ヘビと共に炎に包まれますが、その中からバーケルの手が現れます。

その頃デンズはオーデション会場に乗り込んで、抗議する社長とレルを黙らせて会場を乗っ取ります。デンズはイーサンにミキサーを操作させ、大音量でビートを流させます。

炎の中から、巨大ヘビにまたがったバーケルが現れます。4人の運命も尽きたかと思われましたが、意外に上手いイーサンのビートに、ヘビは会場へと向かいます。

さっきバスの上に乗っていたと思えぬサイズに巨大化したヘビが、コンプトンの街を進んで周囲は大パニックです。

怪獣サイズになったヘビは、ビルに巻きつき這い上ります。現れた戦闘機はビルに人が居ようがお構いなしでミサイル発射、しかしヘビは倒せません。

逆に戦闘機がヘビに叩き落される始末。どれだけ巨大化したのやら。

ビルの前に到着したキャムたち4人。そこにアリ・ジョーズが待ち伏せしていました。

キャムたちを阻止しようとしたアリですが、ヘビに襲われた時、女を見殺しにした件をピンボールに指摘されます。

彼女たちはお前を愛していた、と言われ泣き崩れるアリ・ジョーズ。この悪党、この件をもの凄く気にしていた様で、心がスッキリしたのかキャムに協力して騒ぎを起こします。

ビル周囲を規制していた警官たちがアリに向かった隙に、キャムたちはビルに入ります。

ビルの中では警備員が襲われ倒れていました。ところがその警備員がキバをむいて襲ってきます。キャムたちは慌てて階段を駆け上がります。

バーケルに襲われた者は、彼と同じくキバ人間?になって迫ってきます。

屋上では解毒剤の注射器を手にしたデンズが、ヘビと向き合っていました。ゴジラにだって負けねぇとタフな刑事らしく凄みますが、あっさりヘビに飲まれます。

階段を登る4人の前に、遂に全身ヘビ化したバーケルが現れます。セリフで「低予算のミュータント」と言ってますが、そんな姿での登場です。

上にバーケル、下にキバ人間、と追い詰められた4人ですが、ネオンがバーケルを優しく説得します。

ネオンが不気味なバーケルとキスする姿に、一同吐き気をもよおしますが、お約束で人間の心を取り戻したバーケルは4人を屋上に向かわせ、キバ人間と対決します。

4人が屋上に出ると入れ違いにイーサンが階段から逃れようとしますが、バーケルとキバ人間の争いに巻き込まれます。

解毒剤の注射器を持ったレルは、屋上のアンテナの上に追い詰められていました。巨大ヘビを引きつけるべく、4人はビート(音楽)とラップ(言葉)を武器に挑みます。

キャムらのラップにヘビは目を回しダウンします。レルから解毒剤の注射を受け取り、勇敢に立ち向かうキャムですが、ヘビに呑まれてしまいます。

しかしキャムは諦めず、ヘビの体内で心臓に注射器を突き立てます。

レルはピンボールとビーズニーズに助け出され、巨大ヘビはキャルを吐き出して大爆発、下にいるアリ・ジョーズや警官、見物人たちに汚いヘビ汁が降り注ぎます。

レコード会社の社長は最高のオーディションだと褒めたたえ、キャムとの契約を願い出ます。彼らの代理人にレルが名乗り出ました。

キャムはヘビ汁まみれでしたが、ネオンは構わず彼と抱き合います。

物語は終わりましたが、映画は後日談も紹介しています。

夜の街に現れた、なぜかニンジャ装束の強盗団を“ミュータント・スネーク”とでも呼ぶべき2人組が倒します。ヘビ化したバーケルとイーサンは、正義の味方として活躍しています。

デンズも巨大ヘビの体内から『シャークネード』のラストの如く、無事に生還していました。実にタフな悪徳刑事です…。

スポンサーリンク

映画『スネーク・アウタ・コンプトン』の感想と評価


(C)2018 SOC MOVIE, LLC

正統派のパロディ映画の系譜に巨大ヘビ映画

いい加減なサイズ感に巨大化するヘビが登場の映画。アサイラム製作の『メガ・シャーク』シリーズなど、低予算巨大CGモンスター映画を思い浮かべた方も多いでしょう。

確かにヘビの描写に関してはその通り。しかしご紹介した通り、この映画はアメリカのコメディ映画の系譜である、映画の“パロディ映画”のスタイルで作られた作品です。

映画の“パロディ映画”は、有名なところではウディ・アレンの『007 カジノロワイヤル』、メル・ブルックスの『ブレージングサドル』までさかのぼれます。

しかし本格的な、映画の“パロディ映画”といえば、デヴィッドとジェリーのザッカー兄弟とジム・エイブラハムズの映画製作チーム“ZAZ”が製作した『フライングハイ』です。

参考映像:『フライングハイ』(1980)

『フライングハイ』はレスリー・ニールセンをコメディ演技に目覚めさせ、“ZAZ”の『裸の銃を持つ男』シリーズが当たり役となりますが、本作以降多くの映画の“パロディ映画”が作られました。

“ZAZ”の映画製作が下火になると、2000年にウェイアンズ兄弟が製作した『最終絶叫計画』が登場し、新たな映画の“パロディ映画”のブームが始まります。

参考映像:『最終絶叫計画』(2000)

『最終絶叫計画』もアンナ・ファリスというコメディエンヌを生み、次々続編が製作されました。

ウェイアンズ兄弟がこのジャンルから離れた後、『最終絶叫計画』の脚本に参加したジェイソン・フリードバーグとアーロン・セルツァーが『鉄板英雄伝説』を製作します。

彼らは引き続きこのジャンルの映画を製作しますが、その作品はラズベリー賞ノミネートの常連となりましたが、コメディ映画としては勲章ものでしょう。

しかしジェイソン・フリードバーグとアーロン・セルツァーの活躍を最後に、映画の“パロディ映画”の製作は徐々に下火となっています。

そのような環境に登場した『スネーク・アウタ・コンプトン』。新たな映画の“パロディ映画”製作の流れが産まれるでしょうか。

芸能パロディに寛容なアメリカン・カルチャー


(C)2018 SOC MOVIE, LLC

時に巨額の金が動くアメリカ映画界。製作された映画が盗作だ、盗用だと裁判沙汰になったと報道されることも多数あります。

一方本作の様なパロディ作品の製作には、実に寛容です。強面なイメージ重視の有名ラッパーたちも、下ネタありなこの映画に、多数賛同して出演しています。

アメリカには、社会には多様な視点・意見が提示されるべきという、表現の自由に重きを置く価値観が根付いています。

パロディはオリジナルを茶化し、時に批判も行いますが、それはオリジナルに無い新しい情報や視点であり、社会に有益な表現かもしれない、という考え方が根底にあります。

故にパロディに参加することは、オリジナル作者や著名人にとっても、決して恥ずべきもので無い、ユーモアを交えた創造への参加となります。

参考映像:『俺たちポップスター』(2017)

2017年に公開された、ジャド・アパトー製作の映画『俺たちポップスター』。

「サタデー・ナイト・ライブ」などで活躍する、アンディ・サムバーグを中心とするコメディグループ“ザ・ロンリー・アイランド”が監督・脚本・出演を務めた作品です。

この映画には、洋楽に詳しくない方もご存知の、著名な大物音楽アーティストが、『スネーク・アウタ・コンプトン』以上に多数出演しています。

モキュメンタリー形式で作られた『俺たちポップスター』は、大いに笑えるコメディですが音楽業界や特定の人物・楽曲を皮肉った内容になっています。

それでも多くのアーティストが喜んで参加したパロディ映画。アメリカ芸能界の奥深さが感じられます。

現在、日本のテレビ番組・映画においてパロディ表現は、表現の自由より対象へ忖度・自己規制が働くのか実に低調。パロディで元気があるのは、アニメ番組だけでしょう。

まとめ


(C)2018 SOC MOVIE, LLC

映画の“パロディ映画”である『スネーク・アウタ・コンプトン』。

しかし登場するパロディシーンは、“ZAZ”やウェイアンズ兄弟の作品の様に、元ネタを判りやすくパロディにしたシーンは控え目です。

映画そのものが『ストレイト・アウタ・コンプトン』、そして『トレーニング デイ』のパロディとなった構成は、ウディ・アレンやメル・ブルックスのパロディ映画に近いと言えます。

もっともラッパーたち登場人物の小ネタに下ネタは豊富、全編笑える内容になっています。

気楽に笑える映画、でも映画ファンには元ネタ探しを楽しめる作品です。

ヒップホップ・ラップ音楽ファンには、クレジットされた以外のラッパー探しを試みて下さい。

あんな大騒ぎになったのに、登場する主要人物が1人も死なない、実にお気楽な映画です。もっとも主要でない人物は、軽く扱われて多数お亡くなりですよ。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」は…


(C)Corridor Productions, LLC.

次回の第27回は宇宙空間で時空のループに囚われた宇宙船と、そのクルーの運命を描くSF映画『グラビティ 繰り返される宇宙』を紹介いたします。

お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2019見破録』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

第91回米国アカデミー賞リポート【2019年アカデミー賞…見事だが味気なかった】FILMINK-vol.3

FILMINK-vol.3「The 2019 Oscars…Admirably Worthy But Undeniably Dull」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツ …

連載コラム

映画『ヘレディタリー/継承』ネタバレ解説と評価。家族に潜む“恐怖の意味”と何か⁉︎|サスペンスの神様の鼓動6

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回ピックアップする作品は、『へレディタリー/継承』です …

連載コラム

【大窪晶インタビュー動画】シアターモーメンツ新作『#マクベス』バンクォー役への意気込みを語る| THEATRE MOMENTS2019④

連載コラム『THEATRE MOMENTS2019』第4回 ©︎Cinemarche 「日本発のワールドスタンダード演劇」をモットーに、これまで精力的な取り組みを展開してきた劇団シアターモーメンツ。 …

連載コラム

映画『テリファイド』あらすじネタバレと感想。世界を驚愕させた新感覚ホラーの恐怖演出とは|未体験ゾーンの映画たち2019見破録11

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第11回 ヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」にて、ジャンルと国籍を問わない貴重な映画、計58本 …

連載コラム

韓国版映画『いま、会いにゆきます』感想と解説。ジャンフン監督と市川拓司(原作者)の共通点とは|シニンは映画に生かされて4

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第4回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第4回でご紹介する作品は、死者との再会を通じて夫婦と家 …

映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
【Cinemarche独占】映画『メモリーズ・オブ・サマー』映画監督アダム・グジンスキへのインタビュー【私のお手本となった巨匠たちと作家主義について】
【真宮葉月インタビュー】映画『最果てリストランテ』の女優デビューへの心がまえと学び続ける好奇心
【Cinemarche独占】映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』公開記念・小林聖太郎監督インタビュー|倍賞千恵子と藤竜也が夫婦を演じた映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の魅力を語る
【Cinemarche独占】映画『岬の兄妹』公開記念・片山慎三監督インタビュー|映画『岬の兄妹』での複雑な人間関係を上質なエンタメに仕上げた映像作家に迫る
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP