Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

まとめ記事

Entry 2018/10/16
Update

女優永夏子(旧芸名:小林夏子)の出演映画歴詳細とあらすじ。スティルライフオブメモリーズの紹介も

  • Writer :
  • 石井夏子

俳優・小池徹平との結婚が発表された女優・永夏子(はるなつこ・旧芸名小林夏子)。

舞台・テレビ・映画と様々な場所で活躍されています。

また、心理カウンセリングスペシャリストの資格を持ち、女優業と並行してカウンセリングも行っているという彼女。

輝かしい経歴を持つ永夏子にスポットを当て、プロフィールと主な映画出演作を御紹介します。

スポンサーリンク

永夏子プロフィール

1983年8月3日生まれ。出身地は東京。

慶應義塾幼稚舎、慶應義塾中等部、慶應義塾女子高等学校、慶應義塾大学文学部人間科学専攻卒業を卒業。

大学在学時には、2003年のミス慶應最終候補者に残っています。

2006年から2012年までの6年間、芸能プロダクションLDHに所属。

その後は映像制作会社BABEL LABELの俳優部所属を経て、フリーランスとなります。

2017年8月3日、芸名を「小林夏子」から「永夏子」に改名。

2018年3月、Office GENEを設立し代表取締役に就任。女優業の傍ら心理カウンセラー業もこなしています。

永夏子出演映画『SHORT MOVIE CRASH 2013 1st Crash』(2013)

永夏子出演映画『SHORT MOVIE CRASH 2013 1st Crash』の作品情報


(C)SMC製作委員会
映像クリエイターと音楽アーティストがお互いの感性や個性をぶつけあい、1つのショートフィルムを作り上げていくプロジェクト「SHORT MOVIE CRASH」の第1弾。

伊坂幸太郎原作『オー!ファーザー』も手がけた藤井直人監督と人気ヒップホップ歌手のCOMA-CHIがコラボレーションしています。

永は政治家秘書役で主演。

【キャスト】
永夏子(小林夏子名義)、駿河太郎、しいたけを、植松愛、COMA-CHI、内海亜海、野川慧、近藤愛澄、篠原ゆり、坂功樹、山本由夏、栗原英雄。

映画『SHORT MOVIE CRASH 2013 1st Crash』のあらすじ

仕事も恋愛もうまくいかずに悩む政治家秘書の女性が、COMA-CHIのライブを見て大切な何かを取り戻す姿を描きます。

スポンサーリンク

永夏子出演映画『眠れる美女の限界』(2014)

永夏子出演映画『眠れる美女の限界』の作品情報


(C) BULLDOGFILM
映画祭やYouTubeで多数の作品を発表している大阪芸術大学映像学科在学の新鋭・二宮健監督が、売れない女優が現実と妄想、生と死を往来し続ける姿を描きました。

二宮監督の初の劇場公開作品として、『大童貞の大冒険 ADVENTURE of a CHERRYBOY』(2012)と2本立てで上映されました。

【キャスト】
永夏子(小林夏子名義)、吉本想一郎、アベラヒデノブ、清水克彦、高見綾、碧、月元映里、金子賢太郎、平井雄大、吉木遼、牛山裕樹

永夏子出演映画『眠れる美女の限界』のあらすじ

29歳の女優アキ(小林夏子)は、30歳を目前にして一向に芽の出ない女優。マジシャンの助手をして生計を立てていました。

女優として大成できない現実や先の見えない未来に絶望したアキは、毎日マジシャンの催眠術にかかったふりをするうちに、次第に現実と妄想の区別がつかなくなり…。

永夏子出演映画『7s セブンス』(2015)

永夏子出演映画『7s セブンス』の作品情報


(C)7s セブンス製作委員会
『オー!ファーザー』『幻肢』などを手がけた新鋭・藤井道人監督が、自身の経験をもとに夢を追う若者たちの姿を描いた青春ストーリー。

永は前述の『SHORT MOVIE CRASH 2013 1st Crash』に続き、藤井監督に起用されています。

【キャスト】
深水元基、淵上泰史、アベラヒデノブ、須賀貴匡、佐々木卓馬、永夏子(小林夏子名義)、サンガ、竹井洋介、網川凛、麻亜里、木村啓介、池田嘩百哩、坂井裕美、須田暁、瀬下尚人、あべなぎさ、海東健、斎藤工

永夏子出演映画『7s セブンス』のあらすじ

売れない映画監督のサワダは、自主映画でインディーズ映画祭のグランプリを受賞し、その賞金をもとにさらに大きな映画を撮ろうと決意。

居酒屋で意気投合した小劇団のメンバーとともに、7人の天才詐欺師集団が主人公の映画「7s」の制作を開始します。

ところが、俳優の遅刻やスタッフ同士のケンカ、制作部の失踪、突然のキャスト降板など、次々と問題に直面し、ついには制作資金が底をつき、「7s」は未完のまま撮影が中断。

それから3年、バラバラになったスタッフ、キャストは誰も「7s」の話をすることはなくなっていましたが…。

スポンサーリンク

永夏子出演映画『光と血』(2017)

永夏子出演映画『光と血』の作品情報


(C)2017 BABEL LABEL
『オー!ファーザー』『7s セブンス』の藤井道人監督が、現代の日本を舞台に被害者になった者、加害者になった者の喪失と再生を描きます。

藤井監督は自身が長年撮りたかったテーマを監督するにあたり、完全自主映画体制で制作にあたりました。

【キャスト】
世良佑樹、打越梨子、永夏子(小林夏子名義)、裕樹、出原美佳、南部映次、しいたけを、野沢ハモン、坂井裕美、前林恒平、風間晋之介

永夏子出演映画『光と血』のあらすじ

いじめられっ子を守る心やさしい女子高生、3年の交際期間を経て恋人と婚約した青年、被災地にボランティアへ通う青年とその姉。

彼らのなにげない幸福な日常はいつまでも続くと誰もが思っていました。

しかし、何者かによるレイプ、無差別連続殺人事件、交通事故と、予期せぬ悲劇が彼らを襲い、その人生は一変。

そして、大切なものを失った彼らの運命が交差していきます。

永夏子出演映画『スティルライフオブメモリーズ』(2018)

永夏子出演映画『スティルライフオブメモリーズ』の作品情報


(C)2018 Plaisir/Film Bandit

永夏子出演映画『スティルライフオブメモリーズ』作品概要

『無伴奏』『三月のライオン』の矢崎仁司監督が『GONIN サーガ』『キッズ・リターン』の安藤政信を主演、永夏子をヒロインに迎えた作品。

女性の肉体の美しさや神々しさを撮り続けたフランスの写真家アンリ・マッケローニとその被写体となった愛人の実話に着想を得て描いたドラマ。

【キャスト】
安藤政信、永夏子、松田リマ、伊藤清美、ヴィヴィアン佐藤、有馬美里、和田光沙、清川葵、瑞乃サリー、大塚玲央奈、四方田犬彦

永夏子出演映画『スティルライフオブメモリーズ』のあらすじ

山梨県立写真美術館のキュレーターをつとめる怜は、偶然訪れた東京のフォトギャラリーで、新進気鋭の写真家・春馬の写真に心を奪われます。

翌日、怜は春馬に連絡を取り、彼女自身を被写体にした写真を撮影して欲しいと依頼。

春馬は突然のことに戸惑いながらも怜の写真を撮りはじめ、2人は撮影を通して次第に惹かれ合っていきます。

そんな中、妊娠中の春馬の恋人・夏生が怜の存在を知り…。

まとめ

小池徹平との結婚報告でますます注目を浴びている永夏子。

その美しさと、舞台で鍛えられた演技力。藤井道人監督から連続して起用されていることからも、その実力は確かなものと分かります。

また女優以外にも、心理カウンセラー、自らの芸能プロダクションの代表取締役としての顔も持つ永。

努力と人としての懐の深さを感じます。

様々な場所でこれからも輝き続ける永夏子から目が離せません

スポンサーリンク

関連記事

まとめ記事

門脇麦映画おすすめ5選!二重生活や愛の渦など名作ぞろい!

(C)2015「二重生活」フィルムパートナーズ 可愛らしい印象がある一方で、どこかミステリアスで不思議なオーラが漂う女優、門脇麦。 今もっとも旬の若手演技派女優のひとりです。 門脇麦は、2011年にド …

まとめ記事

今週おすすめ最新映画!上映する邦画洋画の人気ランキングは?【2018/06/22より公開】

今週6月22日(金)より、劇場公開されるオススメの新作映画を、恒例の映画ライターさんイチオシまとめ! 「映画鑑賞をゼッタイ失敗したくない!」 「動画配信サイトで何を見たらいいの?」などといった問題をズ …

まとめ記事

香港映画アクションおすすめ監督ダンテ・ラム5選!感想と評価は

オペレーション・メコン(2017年) 2017年5月27日に『オペレーション・メコン』が公開された後…。 これまでU-NEXTにて特集が(ひっそりと)組まれていた、香港の監督ダンテ・ラム。 常に登場人 …

まとめ記事

是枝裕和監督映画おすすめ5選!最新作を見る前にチェック!

『そして父になる』や『海街diary』など多くの作品が海外でも高い評価を受ける是枝裕和監督。 まるで日常の風景を切り取ったような、半ドキュメンタリー的な作品作りをすることで知られています。 是枝監督は …

まとめ記事

【シネマルシェ編集部からのお知らせ】映画とあなたの縁結びに精進いたします。

いつも映画情報サイトCInemarcheを閲覧していただく、リピーター読者の皆さん! 誠にありがとうございます!! 編集部スタッフならびに、ライター一同、心から感謝とお礼を申し上げます。 昨日6月8日 …

最新映画を観るならU-NEXT
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
【Cinemarche独占】映画『キラキラ眼鏡』主演・池脇千鶴インタビュー|役作りや撮影現場での思い出を語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
東京国際映画祭|Tokyo International Film Festival
国内ドラマ情報サイトDRAMAP