Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2019/07/15
Update

映画『永遠に僕のもの』あらすじネタバレと感想。実話と話題の美少年が辿った凶悪で儚い青春

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『永遠に僕のもの』は2019年8月16日(日)より、渋谷シネクイント、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー!

アルゼンチン犯罪史上最も有名な、実在の凶悪犯罪者

わずか20歳で終身刑を言い渡され、その存在によって世界を震撼させた彼は、「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称される程の美少年でもありました。

そして、彼の美と暴力に彩られた鮮烈な青春を基に制作されたのが、青春クライム映画『永遠に僕のもの』です。

第71回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門への正式出品第91回アカデミー賞外国語映画賞のアルゼンチン代表作品への選出を果たした本作。

今後もその評価が高まり続けるであろう注目のアルゼンチン映画です。

スポンサーリンク

映画『永遠に僕のもの』の作品情報


(C)2018 CAPITAL INTELECTUAL S.A / UNDERGROUND PRODUCCIONES / EL DESEO

【公開】
2018年(アルゼンチン・スペイン合作映画)

【原題】
El Angel

【監督】
ルイス・オルテガ

【脚本】
ルイス・オルテガ、ルドルフォ・バラシオス、セルヒオ・オルギン

【キャスト】
ロレンソ・フェロ、チノ・ダリン、ダニエル・ファネゴ、ルイス・ニェッコ、ピーター・ランサーニ、セシリア・ロス

【作品概要】
実在の殺人犯の記録を基に作られた物語で、2018年のアルゼンチンナンバーワンヒット作品。

『トーク・トゥ・ハー』で知られるアルゼンチン映画界の巨匠ペドロ・アルモドバルが製作に参加し、カンヌ映画祭「ある視点」部門にも出品されています。

また、凶悪犯罪を繰り返す奔放な美少年カルリートスを演じたのは、本作が初の本格的な俳優への挑戦となったロレンソ・フェロです。

映画『永遠に僕のもの』のあらすじとネタバレ


(C)2018 CAPITAL INTELECTUAL S.A / UNDERGROUND PRODUCCIONES / EL DESEO

17歳の少年カルリートスは「みんなどうかしている、もっと自由に生きられるのに」という思いの元、窃盗や強盗を重ねます。

主な獲物は貴金属や絵画。車やバイクを盗み、乗り捨てることもあります。そうして得たものは自分で使ったり、売ったり、ガールフレンドにプレゼントしたり、デートに使ったりと自由に振る舞います。

両親からは多少疑われることもありましたが、そこは何事もないように振る舞って軽くやり過ごします。

やがて新しい学校に入ったカルリートスは、そこでラモンという青年に出会います。一目見て彼の存在に惚れ込んだカルリートスはわざと喧嘩を仕掛けて、距離を詰め、友人となります。

ラモンは家族にカルリートスを紹介。ラモンの父ホセは、前科もある犯罪者でした。

カルリートスが今まで一度も捕まったことがない程の窃盗の才能を持っていることを知られると、ホセとラモン、そしてカルリートスは三人で窃盗団を組むことになりました。

最初の標的は銃砲店。大胆過ぎるカルリートスの振る舞いに、ラモンたちは感心すると同時に危うさも感じるようになりました。

その後、宝石店に忍び込んだカルリートスとラモン。ラモンの慌てるそぶりを見て、カルリートスは「楽しまなきゃ」と言います。

ある時、盗んだ絵画の処理のためフェデリカと知り合います。彼はゲイで、ラモンと特別な関係になっていきます。しかしそのことが、カルリートスを苛立たせます。

表の世界にも顔がきくフェデリカの後推しもあり、足を洗おうかと言い出すラモンに、カルリートスは彼に見捨てられるのではないかという不安と苛立ちを抱くようになります。

ある時、検問で捕まった二人。ラモンは身分証を持っていなかったことで警察に拘留されてしまいます。カルリートスは署長をうまく丸め込んで身分証を取りに帰ることに成功しますが、警察署の前まできて、罠だと感じたカルリートスは直前で引き返します。

後々、釈放されたラモンに事情を話し、一応の納得を得ることができましたが、ラモンはミゲルという新し仲間を見つけ、さらにフェデリカのおかげで釈放されたということもあって、カルリートスとの間に距離が生まれてしまいます。

以下、『永遠に僕のもの』ネタバレ・結末の記載がございます。『永遠に僕のもの』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2018 CAPITAL INTELECTUAL S.A / UNDERGROUND PRODUCCIONES / EL DESEO

ミゲルから、ラモンとフェデリカが足を洗ってパリに行くという話を聞いたカルリートス。

嫉妬心を燃え上がらせた彼は、ラモンと二人で同乗していた車でわざと衝突事故を起こします。その結果、ラモンは帰らぬ人となります。

ラモン一家と縁が切れたカルリートスはミゲルと共に強盗・窃盗を再開しますが、些細なことでぶつかり合い、ミゲルを殺してしまいます。

あまりにも無軌道な犯罪を繰り返してきたカルリートスに捜査の手が伸び、ついに彼は逮捕されます。

驚く程の美少年が凶悪な犯罪に手を染めていたことが明らかになると、社会に激震が走ります。

精神面での障害があったということにすれば刑が軽くなると言われたカルリートスですが、自分は全くおかしくないと言って相手にしません。それどころか、警備のスキをついて脱獄をします。

脱獄の果てに彼がたどり着いたのはラモンの家。しかし、そこはもぬけの殻でした。そして、そこからかけた母親への電話で居場所を知った警官隊は、カルリートスが潜むラモンの家を包囲します。

何重にも包囲されている中で、そのことを知ってか知らずか、カルリートスは音楽に合わせて踊り続けるのでした。

スポンサーリンク

映画『永遠に僕のもの』の感想と評価


(C)2018 CAPITAL INTELECTUAL S.A / UNDERGROUND PRODUCCIONES / EL DESEO

主人公カルリートスのモデルであるカルロス・ロブレド・プッチ(プフ)は1971年から72年の一年程の間に11人を殺害、さらに多くの強盗・窃盗を犯した人物です。最終的には終身刑を言い渡され、いまだに収監中です。

今では信じがたいことですが、当時の犯罪学には犯罪学の父と呼ばれたロンブローゾという学者が唱えた、その人物の外見などの生まれつき持っているものが犯罪に直結するという考えがあり、それが一般的だった時代でした。

そんな中で、誰もが認める美少年にして凶悪な犯罪者であるカルロス・ロブレド・ブッチの登場は世界に衝撃を与えました。


(C)2018 CAPITAL INTELECTUAL S.A / UNDERGROUND PRODUCCIONES / EL DESEO

このカルロス・ロブレド・ブッチことカルリートスを演じたのは、本作が本格的な演技初挑戦となるロレンソ・フェロです。

たった一人で当時の犯罪学の常識を覆す程の存在感を示さなくてはいけないというのは役者にとってかなりのプレッシャーであったと思いますが、ロレンソ・フェロはそのようなプレッシャーを感じさせることなく、飄々、軽やか、そして美しい犯罪者を演じています

端々の部分ではまだつたないところもありますが、若干20歳ということもあって、今後の成長が楽しみです。

すでに母国ではテレビシリーズや新作の出演もしているとのことですが、この映画自体がペドロ・アルモドバルのプロデュースによってカンヌに出品されるという対外的にとても強い“引き”があることから、同じスペイン語圏から国際的な映画スターになったアントニオ・バンデラスやハビエル・バルデム、ガエル・ガルシア・ベルナル、ディエゴ・ルナなどのように英語圏の作品にも登場してくるのではと楽しみです。

まとめ


(C)2018 CAPITAL INTELECTUAL S.A / UNDERGROUND PRODUCCIONES / EL DESEO

この『永遠に僕のもの』は、いわゆるピカレスクロマン物といっていいでしょう。

一貫して犯罪者である主人公・カルリートスの視点から物語が語られ、捜査関係者や家族、友人、果ては共犯者まで脇役でしかありません。彼が、いかに日常的に犯罪を犯していったかよくわかります。

また、監督は否定していますが、主人公のカルリートスはいわばサイコパス=反社会性パーソナリティ障害の人間であると思われます。

本人の中にはそれなりにしっかりしたロジックがあったりもしますが、常識的な視点から見れば到底理解しがたい動機や感情で様々な犯行を行います。そして、一種の危ういカリスマとも言えるキャラクターで物語全体を牽引していきます。

ただ、時折妙に人間臭い部分を見せたりする描写については賛否が分かれるかもしれません。

今後何かにつけて犯罪映画史に名前が挙がるようになるであろう、美少年犯罪者カルリートスですが、この人間臭さがあることで例えば『ダークナイト』のジョーカーのような突き抜けた異物感が薄まっています。

本当になんだかわからない得体のしれないモノとしてカルリートスを描くのであれば、もっと無軌道なキャラクター造形をした方が良かったのかもしれません。この点を考慮すれば、監督の「カルリートスはサイコパスではない」という考えが伺い見ることができます。

この映画は極端な犯罪者をどう描くかで見え方、捉え方、感情移入の仕方が多様に変化することを改めて感じさせてくれる作品です。

映画『永遠に僕のもの』は2019年8月16日(日)より、渋谷シネクイント、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー!

関連記事

サスペンス映画

『真夜中乙女戦争』映画原作のネタバレあらすじと結末の感想評価。ラストが究極の最後⁈恋愛は東京滅亡計画を邪魔するのか

若者に圧倒的支持がある作家Fの小説『真夜中乙女戦争』が 2022年2022年1月21日(金)実写映画に! 作家Fが、平凡な大学生の「私」が黒服という謎の男に出会って、「真夜中乙女戦争」と名付けられた犯 …

サスペンス映画

映画『ホテル・ムンバイ』ネタバレ感想と評価。実際のテロ事件を徹底した取材に基に描く

インドの最高級ホテルで起きた無差別テロ事件を映画化! 2008年にインドの国際都市・ムンバイで発生した、タージマハル・ホテル襲撃事件。 その衝撃のテロ事件に遭遇した宿泊客と、彼らを守り抜いた従業員の姿 …

サスペンス映画

映画『アングスト/不安』ストーリー解説。ガチ怖が評判なのは劇場で観客の目線を釘付けにする多彩なカメラワーク

異常すぎて長らく“封印”されていた実録スリラー、ついに解禁。 世界各国で上映禁止された常軌を逸した実話がいま、放たれます。ジェラルド・カーグル監督が、1980年にオーストリアで実際に起こった一家惨殺事 …

サスペンス映画

映画『15ミニッツ』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ロバート・デ・ニーロ演じる刑事が凶悪連続殺人犯に立ち向かう

サイコパスコンビvs有名刑事と若手放火調査官の戦いを描いたサスペンスアクション! ジョン・ハーツフェルドが脚本・製作・監督を務めた、2001年製作のアメリカのサスペンスアクション映画『15ミニッツ』。 …

サスペンス映画

フリーファイヤー感想とネタバレ!映画評価やラスト結末も

現在も日本各地で公開中の『フリー・ファイヤー』は、2017年に見るべき映画! GW映画として4月29日より公開されている今作品は、製作総指揮マーティン・スコセッシ&監督ベン・ウィートリーのタ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学