Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2018/07/30
Update

映画『検察側の罪人』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『検察側の罪人』は、2018年8月24日より公開!

雫井脩介の同題ベストセラーを『関ケ原』『日本のいちばん長い日』など、スケールの大きな作品が続く原田眞人監督が映画化。

正義を巡ってやがてぶつかり合うことなる二人の検事に木村拓哉と二宮和也が演じます。

共演に吉高由里子、松重豊、平岳大、大倉孝二、八島智人、山崎努など豪華キャストが並びました。

原作とは違ったキャラクター設定やエンディングは必見です!

スポンサーリンク

映画『検察側の罪人』の作品情報

【公開】
2018年(日本映画)

【原作】
雫井脩介

【脚本・監督】
原田眞人

【キャスト】
木村拓哉、二宮和也、吉高由里子、平岳大、大倉孝二、八嶋智人、音尾琢真、大場泰正、谷田歩、酒向芳、矢島健一、キムラ緑子、芦名星、山崎紘菜、松重豊、山崎努

【作品概要】

犯罪心理や法律の矛盾など、日本の犯罪の裁き方にメスを入れ続けてきた雫井修介原作の「検察側」で巻き起こる葛藤・人間ドラマ。

ジャニーズの中でも演技派として評価されている木村拓哉と二宮和也の共演も話題の作品ですが、名脇役俳優として活躍している酒向芳の怪演も注目の作品です。

映画『検察側の罪人』の配役とキャスト

最上毅(木村拓哉)
エリート街道を進む検事。さまざまな過去を抱えている。祖父はインパール作戦の生き残りでその体験をもとにした小説で知られている。

沖野啓一郎(二宮和也)
最上と師弟関係に近い関係にある若手検事、ある事件から正義の在り方に悩む。

橘沙穂(吉高由里子)
沖野の事務官。最上の姿勢に疑問を持ち始める。一方である秘密を抱えて事務官の仕事をしている。

諏訪部利成(松重豊)
用意できないものは何もないと言い切る闇ブローカー。父親がインパール作戦で命を落としていることから最上に奇妙な縁を感じている。

丹野和樹(平岳大)
最上と大学の同期で法曹界から政界に転じた、収賄疑惑で東京地検に事情聴取を受ける予定。

松倉重生(酒向芳)
過去に複数の事件の犯人、重要参考人になったが法律の網の目を縫って、一般社会で生きている。

弓岡嗣郎(大倉孝二)
松倉有力説を覆す新たに浮上した事件関係者。

スポンサーリンク

映画『検察側の罪人』のあらすじとネタバレ

沖野啓一郎たち若手検事が研修を受けている、教官役は最上毅。

最上は己の正義に固執しすぎた検事は正義を汚し、悪の側の存在、犯罪者となっていくと語ります。

数年後、沖野は研修と地方での実務を経て東京地検に配置されました。そこには憧れていた最上もいました。

最上は沖野のことを買っていて、曲者の闇ブローカー諏訪部の取り調べを任せます。

諏訪部は沖野を最上のポチとからかってまともに相手にしません。

その様子を心配そうに沖野の事務官橘の沙穂が見つめています。

そんな中、蒲田で老夫婦が殺害される事件がおきました。

金庫も狙われていて強盗殺人事件の可能性が高い犯行でした。

さらに、個人的に金を貸している人間も多く、被疑者の名前が挙がり始めます。

沖野から報告を受けた最上は、そのリストの中にある男の名前があることを知ります。

男の名前は松倉重生。

かつて、最上が学生時代を過ごした荒川の学生寮“北豊寮”のアイドル的存在だった、管理人夫妻の一人娘の由季を殺害された事件の重要参考人の男でした。

以下、『検察側の罪人』ネタバレ・結末の記載がございます。『検察側の罪人』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

当時、法曹界を目指していた最上の同期には、目下東京地検からの取り調べを受ける可能性の高い政治家丹野もいました。

丹野と密会し、助言を与えていた最上は“正義の不在”を感じます。

警察側にも松倉の過去を知る人間がいて、捜査も松倉の犯行という流れで動き始めています。

沖野もそれに追随していきます。

しかし、橘は松倉の過去にとらわれるあまりに、捜査陣が自ら流れを作っているのではと危惧します。

最上は諏訪部を使い、松倉を別件逮捕の証拠をつかみ、松倉を逮捕・勾留します。

検察側の人間で取り調べを担当するのは沖野。本来の逮捕の案件ではなく、あくまでも老夫婦殺害の犯人として追及していきます。

松倉の過去の事件をネタに揺さぶる沖野に対して、可視化・録音を切ることを前提に荒川の事件は犯人だったと自供。

このやり取りを聞いていた最上は松倉への個人的な憎しみを募らせていきます。

松倉の時効が過ぎた荒川の事件の犯行を自供したことで最上、丹野ら由季をしる同期生は、時効という壁で下されなかった正義の鉄槌の存在を悔やみ続けます。

一方そのころ、事件の捜査では意外な動きがありました。

弓岡という一度は重要参考人に名前が挙がった男が、酔いの席で事件の自慢話をしていたと情報が入ります。

同じころ、自身の政党と政権の不正を暴こうとしたものの、逆に罠にはまり進退窮まった丹野は自ら命を絶ちます。

その丹野の決断を知った最上は無理にでも松倉に正義を執行するため、諏訪部を使って弓岡をかくまうと騙して連れ出し、箱根の別荘地で弓岡を殺害します。

かつて自身の正義に固執した検事は犯罪者になると語った最上が自らその道に進んでしまったのです。

その姿を見て沖野と橘は検察を離れます。

二人はひそかに松倉の国選弁護人にアドバイスを送り、結果的に松倉は釈放されます。

釈放パーティーの場で松倉に謝罪の意思を示しに来た沖野に対して、松倉は本性をあらわにして暴走し、橘が怪我をしてしまいます。

後を追った沖野の眼の前で暴走した車が松倉を跳ね飛ばします。

むろん偶然のことではなく、諏訪部の手によるものでした。

数日後、最上の祖父の別荘に招かれた沖野。

その眼の前に丹野から送られてきた汚職の証拠を見せる最上。

最上は自身への疑念を捨てて、改めて正義の執行者になろうと沖野を誘うが沖野はこれを断ります。

かつて師弟関係にも似た関係を持っていた二人が完全に決裂した時でした。

映画『検察側の罪人』の感想と評価

『HERO』からダーク“HERO”へ

木村拓哉の代表作といえば型破りな検事を久利生公平を演じた「HERO」シリーズ。

2シーズンの連続ドラマに、一本のスペシャルドラマ、そして映画版が二作品作られた大ヒットシリーズ。

ここでは名前通り公平な正義を追求し続ける検事を演じました。

一方の本作『検察側の罪人』では自己の正義を追及するダークヒーローともいうべき存在を演じています。

また、松重豊、八嶋智人、大倉孝二など、『HERO』にも出演していたキャストも出演しています。

強い信念を持ちダークサイドに自ら落ちていった男の心には、愛弟子の必死の訴えも届かず、その道を突き進み続けることを宣言します。

ラストの二宮和也演じる沖野の絶望的な叫びも、むなしく響くだけでした。

スポンサーリンク

まとめ

元スマップの木村拓哉と、嵐の二宮和也の初共演で、雫井脩介のミステリー小説を映画化した『検察側の罪人』。

演出を務めたのは『クライマーズ・ハイ』や『日本のいちばん長い日』、また『関ヶ原』といった話題作を多数手がける原田眞人監督が務めています。

ある殺人事件を巡った2人の検事の対立とは?

木村拓哉がエリート検事の最上毅を演じ、二宮が若手検事の沖野啓一郎を務めます。

映画『検察側の罪人』は、2018年8月24日より公開!


スポンサーリンク

関連記事

サスペンス映画

映画『去年の冬、きみと別れ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『去年の冬、きみと別れ』は、「教団X」「悪と仮面のルール」などで知られる芥川賞作家の中村文則によるサスペンス小説の映画化。 本作は映像にするのは不可能と言われた原作を、大胆な構成を持って映像化に挑 …

サスペンス映画

三度目の殺人の元ネタ事件はある?是枝監督が参考にした映画紹介も

是枝裕和監督はふたたび『そして父になる』に出演した福山雅治を主演に、9月9日(土)より映画『三度目の殺人』を劇場公開します。 また、『そして父になる』の撮影したカメラマンの瀧本幹也とも再タッグを組みま …

サスペンス映画

映画『スプリット』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

女子高生3人vs “23+1人”の攻防?! M・ナイト・シャマラン史上最も衝撃的なラストが待ち受ける『スプリット』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『スプリット』の作品情報映画『 …

サスペンス映画

映画MEGザ・モンスター|あらすじとキャスト。監督ジョン・タートルトーブのプロフィール紹介

映画『MEG ザ・モンスター』は9月7日(金)公開! ジョーズが可愛く思えるほどの圧倒的スケールで襲い掛かる、巨大ザメ・メガロドンに立ち向かうのは、アクション映画の常連俳優で元水泳選手でもあるジェイソ …

サスペンス映画

映画『午後8時の訪問者』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

「あの時、応えていたら、何が違ったのか」 巨匠ダルデンヌ兄弟が挑んだサスペンス映画『午後8時の訪問者』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『午後8時の訪問者』の作品情報映画『午後8 …

最新映画を観るならU-NEXT
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
【Cinemarche独占】映画『キラキラ眼鏡』主演・池脇千鶴インタビュー|役作りや撮影現場での思い出を語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
東京国際映画祭|Tokyo International Film Festival
国内ドラマ情報サイトDRAMAP