Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/08/12
Update

【映画試写会プレゼント】女性限定で参加モニター募集!アオザイ娯楽ムービー『サイゴン・クチュール』の鑑賞ご招待《8月26日(月)渋谷・映画美学校試写室》

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

誰よりもひと足先に話題の新作映画を鑑賞しましょう!

いつもCinemarcheをご愛読いただきまして、ありがとうございます。

2019年12月に劇場公開を予定している映画『サイゴン・クチュール』のモニター試写会を女性の読者さま限定で開催する運びとなりました。

上映される映画は、本国ベトナムでアオザイブームを巻き起こした、ちょっぴり不思議でユニークなファッション・エンタテーメントです。

本作はポップな色彩と、愛らしい登場人物たちの魅力に溢れ、観終わったあとの爽快感は格別!ヒロインとともに、キラキラ輝く冒険の旅に出かけてみませんか?


映画『サイゴン・クチュール』

この試写会は、上映作品の簡単なモニターアンケート収集を目的にしております。

上映作品をまっさらな視点でご覧いただき、新鮮なご意見をいただければ嬉しいです。

Cinemarche初の女性限定のモニター試写会に、ぜひ、皆さまご応募くださいませ。

スポンサーリンク

映画『サイゴン・クチュール』の作品情報

参考動画:大阪アジアン映画祭上映時の予告編

【日本公開】
2019年12月21日

【製作国】
ベトナム

【原題】
Co Ba Sai Gon

【監督】
チャン・ビュー・ロック、グエン・ケイ

【キャスト】
ニン・ズーン・ラン・ゴック、ゴー・タイン・ バン、S.T、ズィエム・ミー

【作品概要】
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)や『ブライト』(2017)に出演した女優ゴー・タイン・ バン(ベロニカ・グゥ)がプロデューサーを務め、彼女の「スタジオ68」の製作により作られたファッション・エンタテーメント。またゴー・タイン・ バン自身も本作ではヒロインの母親役を演じています。

主演のニュイ役を演じたニン・ズーン・ラン・ゴックは1990年生まれ、『フェアリー・オブ・キングダム』(2016)で妹カムを演じた女優です。

そしてニュイを助けるトゥアン役を演じるのは、人気ボーイズグループの365daband(バーサウナム)のメンバーだったS.T。

この作品のヒットにより、映画に登場するファッショナブルなアオザイが若者の間でも流行しました。

映画『サイゴン・クチュール』は、釜山国際映画祭をはじめ、多くの映画祭に招待され、日本では大阪アジアン映画祭などで『仕立て屋 サイゴンを生きる』のタイトルで上映されました。

映画『サイゴン・クチュール』のあらすじ

1969年のサイゴン。9代続いたアオザイの仕立て屋の娘ニュイは、60年代の新しいファッションに夢中。

伝統を重んじる母がつくるアオザイを古いと嫌い、激しく反発していました。

ニュイはひょんなことから48年後の未来、2017年にタイムスリップしてしまい、自殺を図ろうとしていた自分に対面。

落ちぶれた自分自身と、潰れてしまった母の店を立て直すべく奔走が始まり…。

映画『サイゴン・クチュール』試写会の情報


(c)Cinemarche

【実施日】
2019年8月26日(月)

【実施時間】
18:00開場/18:30開映(本編の上映は100分)

【会場】
映画美学校試写室

【住所】
東京都渋谷区円山町1−5 KINOHAUS地下1階

【募集人数】
女性限定60名(*抽選)

※ご当選された方には、Cinemarche編集部よりメールにてご連絡差し上げます

スポンサーリンク

女性限定モニター試写会の参加者様へのお願い


(c)つるたま モデル:にゃるる

(1)この試写会は、アンケート収集、感想を直接お伺いするなどマーケティングを目的に行います。

(2)上映前後に簡単なモニターアンケートにご協力いただきます。お時間に余裕を持ってお越しくださいませ。

(3)会場までの交通費は自己負担にてお願いいたします。

(4)当選権の譲渡、売買は厳禁です。

(5)当日、ご本人確認・ご年齢確認をさせていただきますので 身分証明書を忘れずにお持ちください。

(6)場内でのカメラ(スマホのカメラ含む)・ビデオによる撮影、録音等は固くお断りいたします。

(7)ご参加は女性限定となります。ご了承くださいませ。

映画『サイゴン・クチュール』試写会の応募方法

下記コンタクトフォームのメッセージ本文に、必要事項をご入力の上、お送りください
たくさんのご応募、ありがとうございました。当選のお知らせはメールにてお知らせいたします

スポンサーリンク

まとめ


映画『サイゴン・クチュール』

2019年12月に一般公開されるアオザイ娯楽ムービー『サイゴン・クチュール』をいち早く見られるチャンスです。

映画『サイゴン・クチュール』のモニター試写会では、女性の参加者様のみを募集いたします。

夏の終わりの話題作りに、母娘で、友達同士で、もちろんおひとりさまでも、奮ってご応募ください。

素敵なひと時をお約束致します!試写会後は、映画内に出てきたアオザイや伝統文化、そしてファッションについて、きっと語り合いたくなるはず。

また、この試写会はモニターアンケート収集を目的とした試写会でもあります。

ご鑑賞後のあなたの貴重なご意見、ご感想をお聞かせください。ぜひ、ご参加をお待ちしております!

関連記事

新作映画ニュース

『写真の女』公開日/予告動画。東京国際映画祭でのキャストと監督のコメントも紹介!

映画『写真の女』予告編解禁! 第33回東京国際映画祭での上映イベントも実施。 SKIPシティ国際Dシネマ映画祭での“SKIPシティアワード”受賞をはじめとする世界の映画祭でのアワード15冠を果たし、さ …

新作映画ニュース

【キミオイ】山田裕貴&齋藤飛鳥の初日舞台挨拶の劇場リポート。『あの頃、君を追いかけた』 in TOHOシネマズ日比谷

山田裕貴&齋藤飛鳥ほか、キミオイのキャストが“10年後、同窓会で再会”というコンセプトの衣装で登場! 10月5日(金)映画『あの頃、君を追いかけた』の初日舞台挨拶がTOHOシネマズ日比谷で開催されまし …

新作映画ニュース

映画祭「のむコレ2020」開催日/上映館/公開作品。韓国BL『後悔なんてしない』やソン・イェジン主演作も劇場公開!

今年も「のむコレ 2020」として開催決定。 上映する全21本を一挙解禁! ヒューマントラストシネマ渋谷とシネ・リーブル梅田の「未体験ゾーンの映画たち」や、新宿シネマカリテの「カリテ・ファンタスティッ …

新作映画ニュース

『ドラゴンボール超』劇場版最新作は2022年公開!映画化に向け鳥山明がコメント発表

原作者・鳥山明が描く渾身の一作! ドラゴンボール史を塗り替える最高密度・規格外の超大型企画、始動。 この度、「ドラゴンボール超」の劇場版最新作が製作、2022年に公開される事が決定しました。 (C)バ …

新作映画ニュース

動画で見る『横須賀綺譚』大塚信一監督インタビュー|インディーズ映画の制作現場と名作『地獄の黙示録』の意外な共通点

映画『横須賀綺譚』は、いよいよ、2020年8月29日(土)より、大阪・シアターセブン、兵庫・元町映画館での公開スタート! 大塚信一監督の劇場デビュー作品となる映画『横須賀綺譚』は、7月に東京・新宿K’ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学