Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/12/04
Update

映画『一度も撃ってません』あらすじ。キャストの石橋蓮司18年ぶりの主演作は2020年7月3日公開!

  • Writer :
  • 石井夏子

昼は妻にタジタジ、ハードボイルド気取りな小説家。
だけど夜は伝説のヒットマン!?でもやっぱりこの人、撃ったことない…かも。

1989年の『どついたるねん』デビューから、『新・仁義なき戦い。』『KT』『半世界』『エルネスト』『団地』など、様々な世界の中に潜む“人間の本質”や“男”を描く事に定評を得てきた阪本順治監督の最新作がこのたび発表となりました。


(C)2019「一度も撃ってません」フィルムパートナーズ

阪本順治監督のハードボイルドコメディ『一度も撃ってません』は2020年7月3日(金)にTOHOシネマズシャンテほかにて全国ロードショーと決定。

伝説のヒットマン役として、18年ぶりの主演作に挑むのは石橋蓮司共演には大楠道代、岸部一徳、桃井かおりなど豪華面々が集結しました。

スポンサーリンク

映画『一度も撃ってません』について

参考映像:『行きずりの街』(2010)

阪本監督が本作で新たに描いた“男”は、昼間は妻にタジタジ、ハードボイルド気取りばかりでなんだか頼りない小説家

しかもここ数年原稿は採用されず発行してもらえないまま。しかし、夜になると、チマタで噂の伝説の殺し屋なのでは…と囁かれる御年74歳の主人公です。

また、脚本は、ドラマ「探偵物語」シリーズや『野獣死すべし』の脚本など、常に同時代に生きる若者達の心を鷲づかみにし、アウトローでハードボイルドな男を描かせたら右に出る者はいない丸山昇一(まるやましょういち)が担当しました。

丸山昇一が「50年続く青春映画」「笑えるノワール」といったイメージで書き出したという本作。

阪本監督とは『行きずりの街』(2010)以来、9年ぶりのタッグとなります。

制作のきっかけは原田芳雄邸に多くの監督・俳優陣が集まった時の事。

阪本監督に向けて、「原田さん主演の次は石橋さん主演で映画を作ろうじゃないか」と盛り上がったのだといいます。

並行して脚本の丸山が「一度も引き金を引いたことのないヒットマン」の構想を監督と練っていた事も本作制作の第一歩につながりました。

映画『一度も撃ってません』のキャスト

参考:キャストの桃井かおりインスタグラム

昼と夜の顔を持ち合わせるそんなキャラ濃いめの市川進(いちかわすすむ)/御前零児(おまえれいじ/ペンネーム)役に抜擢されたのは、コメディ、ヒューマンドラマ、サスペンスと、ジャンル問わずに多くの作品に起用され続け、18年ぶりの映画主演作となる石橋蓮司(いしばしれんじ)です。

主人公・市川の妻役には大楠道代(おおくすみちよ)。夫の夜の顔を知らずまっすぐに生きてきたしっかり者の妻・ 弥生として好演しています。

また、阪本組には数多くの出演をしている岸部一徳(きしべいっとく)が、市川の学生時 代からの旧友・石田和行として共演。セキュリティ会社の裏仕事として市川に殺しを依頼していますが、ついに自身の命を狙われる危機に見舞われます。

そして、実は本作で阪本組デビューを果たすのが、市川、石田の旧友であり、かつてはミュージカル主演女優として活躍をしていた玉淀ひかる役の桃井かおり(ももいかおり)。市川の妻・弥生に浮気相手と疑われてしまいますが、頼りない男達の中で気丈に振る舞い、女優としての色気と力強さを兼ねた女性を演じています。

他にも石橋蓮司主演ならば!と、自ら手を挙げ出演を望んだキャストも数多く、豪華名優達の出演が実現しました。

スポンサーリンク

映画『一度も撃ってません』の作品情報

(C)2019「一度も撃ってません」フィルムパートナーズ

【日本公開】
2020年(日本映画)

【監督】
阪本順治

【脚本】
丸山昇一

【キャスト】
石橋蓮司、大楠道代、岸部一徳、桃井かおり

映画『一度も撃ってません』のあらすじ

(C)2019「一度も撃ってません」フィルムパートナーズ

市川進(石橋蓮司)はハードボイルドを気取っていますが、今や全く原稿が採用されない時代遅れの作家。

そんな彼には旧友・石田和行(岸部一徳)から依頼を請け負う、伝説の殺し屋・サイレントキラーというもう一つの顔がありました。

彼自身はもっぱら狙う標的の行動をリサーチするだけで、実際の殺しは今西友也が行っていたんです。

ある日、石田が中国系のヒットマンから命を狙われ、市川にも身の危険が迫ります。

そんな市川の行動に不信を抱いた妻の弥生(大楠道代) は、夫の浮気を疑って市川の立ち回り先を調べ始めるように。

一方、市川はヒットマンを返り討ちにするため今西を探しますが、見つけた今西は酔って仕事ができない状態でした。

市川行きつけのバー『Y』に現れた弥生は、市川と旧知の女性・玉淀ひかる(桃井かおり)に夫との仲を問い詰めます。

そこにやってきたヒットマン。そして一度も人を撃ったことがない殺し屋・市川が『Y』に入ってきて…。

スポンサーリンク

まとめ

(C)2019「一度も撃ってません」フィルムパートナーズ
 
主演の石橋蓮司は本作の撮影現場について「昔僕たちが若い時代に作っていた映画のように、アイデアを出し合ってやれた」と語っています。

また、昭和時代の厳しい映画作りの現場を「一番のロマンを作ってきた時代だった」と振り返りました。

そんな昭和を生き抜き、令和に紡がれる不器用で滑稽な人間模様を描いた映画『一度も撃ってません』は、TOHOシネマズシャンテほかにて2020年7月3日(金)全国ロードショー

今後の情報解禁が待ち遠しいですね。

関連記事

新作映画ニュース

映画『イメージの本』日本公開版のポスター解禁。ジャン=リュック・ゴダールの最新作の内容は

2018年12月3日(月)に88歳の誕生日を迎えたジャン=リュック・ゴダール監督。 世界の最先端でエネルギッシュに映画を作り続けるゴダールの最新作が2019年GWに日本で公開決定! 『勝⼿にしやがれ』 …

新作映画ニュース

伊藤寧々&佐藤乃莉映画『ウーマンウーマンウーマン』あらすじとキャスト。水石亜飛夢ら出演の男編も加えてパワーアップ!

映画『ウーマンウーマンウーマン』は、2019年7月9日よりテアトル新宿4日限定レイトショー 2016年に『食べられる男』でドイツニッポンコネクション審査員特別賞を受賞した、近藤啓介新作長編映画『ウーマ …

新作映画ニュース

映画あらすじ動画解説『横須賀綺譚』の感想紹介。見どころと内容をシネマダイバー糸魚川悟が紹介!

映画『横須賀綺譚』は、いよいよ、2020年8月29日(土)より、大阪・シアターセブン、兵庫・元町映画館での公開スタート! 大塚信一監督の劇場デビュー作品となる映画『横須賀綺譚』は、7月に東京・新宿K’ …

新作映画ニュース

第91回アカデミー賞ノミネート2019『バイス』あらすじとキャスト。クリスチャン・ベールのなりきり遍歴!

またもクリスチャン・ベールがやってくれました! これまでも数々の作品で肉体改造を行ってきたクリスチャン・ベールが、映画『バイス』でも体重を20キロ増やして髪を剃り、アメリカ史上最も権力を持った副大統領 …

新作映画ニュース

映画『五億円のじんせい』キャストのバンドマン透役は兵頭功海(ひょうどうかつみ)【演技力の評価とプロフィール】

ちょっとだけボクの話を聞いてくれませんか! 映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにて公開! オリジナル企画、出演者、ミュージシャンをオーディションで選出しながら …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP