Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画監督タル・ベーラの『サタンタンゴ』あらすじ。伝説の7時間18分が4Kデジタル・レストア版で初劇場公開!

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『サタンタンゴ』は、2019年9月より、シアター・イメージフォーラム、ヒューマントラストシネマ有楽町にて伝説のロードショー!

2011年公開の映画『ニーチェの馬』を最後に、56歳という若さで映画監督からの引退を表明したタル・ベーラ監督。

監督が足かけ4年という歳月をかけて完成させた伝説の傑作『サタンタンゴ』(1994)が、制作から25年を経て、初めて劇場公開されることが決定しました。

映画『サタンタンゴ』の作品情報

【公開】
2019年日本公開(ハンガリー・ドイツ・スイス合作映画)

【原題】
Sátántangó

【原作】
クラスナホルカイ・ラースロー

【脚本】
クラスナホルカイ・ラースロー

【脚本・監督】
タル・ベーラ

【キャスト】
ヴィーグ・ミハーイ、ホルヴァート・プチ、ルゴシ・ラースロー、デルジ・ヤーノシュ

【音楽】
ヴィーグ・ミハーイ

映画『サタンタンゴ』のあらすじ

ハンガリーのある村。

降り続く雨と泥に覆われ、活気のないこの村に死んだはずの男イルミアーシュが帰ってきます。

彼の帰還に惑わされ、さまよう村人たち。

イルミアーシュは果たして救世主なのか、それとも…。 

映画『サタンタンゴ』の感想と評価

日本では映画祭上映のみであった本作『サタンタンゴ』。

35ミリフィルムにこだわり続けてきたタル・ベーラが初めて許可した、4Kデジタル・レストア版で劇場公開となります。

4Kデジタル・レストア版は、2月7日より開催の第69回ベルリン国際映画祭フォーラム部門にて、お披露目となります。

1994年フォーラム部門でワールドプレミア上映されてから、25年振りのベルリン国際映画祭凱旋となりました。

2015年に世界的権威のある英文学賞ブッカー国際賞を受賞したクラスナホルカイ・ラースローの同名小説が原作

ジム・ジャームッシュやガス・ヴァン・サントといった映画監督たちに大きな影響を与えた作品で、スーザン・ソンタグが「7時間すべての瞬間が圧倒的で心を奪われる。残りの人生で毎年観たい傑作」と激賞した7時間18分の作品です。

まとめ

全編約150カットという驚異的な長回しで描かれる本作『サタンタンゴ』。

演出を務めたタル・ベーラ監督は、2000年の作品『ヴェルクマイスター・ハーモニー』が、カンヌ国際映画祭監督週間で上映され、また2007年には『倫敦から来た男』を公開しました。

2011年に監督としての最後の作品だと表明した『ニーチェの馬』で、第61回ベルリン国際映画祭銀熊賞と国際批評家連盟賞を受賞。

1994年の作品である『サタンタンゴ』は、製作から25年経った現在でも、ロッテントマトで批評家からの100%評価を維持し続けている映画史に残る傑作です。

4Kデジタル・レストア版として蘇った『サタンタンゴ』は、2019年9月より、シアター・イメージフォーラム、ヒューマントラストシネマ有楽町にて伝説のロードショー!

関連記事

新作映画ニュース

【大林宣彦監督の訃報】最新作の映画公開を前に逝去『海辺の映画館-キネマの玉手箱』

昨年(2019年)11月、文化功労者に選ばれた映画作家・大林宣彦氏が、2020年4月10日に82歳で死去。 肺がんのため東京都世田谷区の自宅で4月10日(金)19時23分に、息を引き取りました。 葬儀 …

新作映画ニュース

映画『グッドバイ』キャストの占いの易者役は戸田恵子【演技評価とプロフィール】

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇』は2020年2月14日より全国公開! 『走れメロス』、『人間失格』などの代表作を発表し、2019年に生誕110年を迎えた昭和の文豪・太宰治。 太宰治の未完の遺 …

新作映画ニュース

サイモン・ベイカーが監督映画『ブレス あの波の向こうへ』で笑顔を見せた!メイキング&オフショット写真解禁

こだわりと愛情が随所に溢れる 俳優サイモン・ベイカー渾身の初監督作品に注目! サーフィンを通して自分と向き合っていく美しき少年たちの姿を描いた映画『ブレス あの波の向こうへ』が2019年7月27日(土 …

新作映画ニュース

【映画(2020)の予告動画】最新ゾンビ感染洋画『CURED キュアード』をデヴィド・フレイン監督が描く!

ゾンビパニック終焉後の世界。 元感染者たちの苦悩と、再び人間として生き抜くための戦いがはじまる 人間を凶暴化させる新種の病原体、メイズ・ウイルスのパンデミックによって大混乱に陥ったアイルランドを舞台に …

新作映画ニュース

【午前十時の映画祭14】全27作品あらすじ解説と公開日。『マッドマックス2』他のオススメの傑作映画とは⁈

「午前十時の映画祭14」ラインナップ解禁!! 2024年も「午前十時の映画祭14」(主催:川喜多記念映画文化財団、映画演劇文化協会)開催。 4月5日(金)より、新たな上映作品19本、再上映作品8本の全 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学