Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/08/17
Update

映画『痛くない死に方』あらすじ。キャストに柄本佑を迎え高橋伴明監督が在宅医療と向き合う

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『痛くない死に方』クランクイン!

現在宅医療のスペシャリストであり実際に尼崎市で在宅医として活躍をされている長尾和宏のベストセラー『痛くない死に方』『痛い在宅医』が、『禅 ZEN』(2008)『赤い玉、』(2015)などの問題作を発表し続ける高橋伴明監督(兼脚本)によって映画化されます。

画像:高橋伴明監督と俳優・柄本佑

©「痛くない死に方」製作委員会

『火口のふたり』『アルキメデスの大戦』(ともに2019)など話題作に出演する柄本佑が主人公の在宅医師の河田仁を演じることが決まりました。

2020年夏に公開予定の本作『痛くない死に方』は、このほど2019年8月8日にクランクインし、それに伴い、現場スチールと高橋伴明監督のコメントが届きましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『痛くない死に方』について

画像:高橋伴明監督と原作者・長尾和宏

©「痛くない死に方」製作委員会

映画『痛くない死に方』は、「病院」か「在宅」かを問う、患者と家族、そして医者の物語です。

命あるものには必ず死が訪れる。それを誰も止めることは出来ません。

少子高齢化と核家族化に歯止めが効かなくなっている現代日本。

高い経済成長を遂げ、あらゆる分野において世界トップクラスの裕福な国になった今も尚、意外にも人は自分の死に場所や死に方を自由に決めることは出来ないのではないでしょうか。

医学の進歩に伴い、「延命治療」が可能になりました。そこにはかつてあった自然な死は最早存在しません。

昔の日本は死に方を選べませんでした。もしかしたら生き方も同様、選べなかったのかもしれません。

しかし選択肢が広がったはずの今も、人は死に方を選べないジレンマ、アイロニーを抱えてはいないでしょうか。

一見矛盾するようなこのことに、本作は向き合っていきます。

映画『痛くない死に方』協賛金

また本作は協賛金を募集中

2020年2月末日まで1口10,000円~何口でも協賛でき、1口の方は、完成披露試写会へのご招待(1口につきお一人)、エンドロールにお名前を記載。

2口以上の方は、1口の方の特典+公式サイトとパンフレットにお名前を掲載。

10口以上の方は、2口の方の特典+劇場用ポスター・パンフレット・チラシ・撮影用台本をプレゼント。

詳しくは、公式サイトまで。

スポンサーリンク

高橋伴明監督のコメント

画像:高橋伴明監督

©「痛くない死に方」製作委員会

65歳を過ぎた頃から「死」というものを意識し始めました。自分はどのように死にたいのか…。そんな時「在宅医療」という言葉に出会い、心にヒットしました。
この映画は私の「死に方の提案」です。ローバジェットながら理想のスタッフ、キャストが集結してくれました。重いテーマですが、楽しく観て、深く考えていただければ幸いです。
この作品が遺作だと思って頑張ります。

映画『痛くない死に方』の作品情報

©「痛くない死に方」製作委員会

【日本公開】
2020年(日本映画)

【原作】
長尾和宏

【監督・脚本】
高橋伴明

【キャスト】
柄本佑

スポンサーリンク

映画『痛くない死に方』のあらすじ

在宅医師の河田仁(柄本佑)の新たな患者は、末期の肺がん患者・井上敏夫。

娘の智美の意向で、痛みを伴いながらも延命治療を続ける入院ではなく、「痛くない在宅医」を選択したとのこと。

しかし結局、敏夫は苦しみ続けてそのまま亡くなってしまいました。

智美は、「痛くない在宅医」を選んだはずなのに、結局「痛い在宅医」だった。それならあのまま病院にいさせた方が良かったのか、病院から自宅に連れ戻した自分が殺したことになるのかと、自分を責めます。

それは、河田には突き刺さる言葉でした。

在宅医の先輩である長野浩平に相談した河田が突きつけられた現実とは…。
  

まとめ

今だからこそ、人はどう死ぬべきなのか、当事者一人ひとりの判断に委ねられ、そこに自由があってもいいのかもしれません。

終期を意識せざるを得ない世代にも、それを見つめる人々にも必見の一作になると期待しています。

映画『痛くない死に方』は2020年夏公開予定です。

続報をお待ち下さい。

関連記事

新作映画ニュース

【MOOSIC LAB2019受賞結果】映画監督の金子由里奈『眠る⾍』で長編部門グランプリの快挙!

MOOSIC LAB2019の受賞作品紹介 2019年11月23日~12月21日にK’s cinemaとアップリンク吉祥寺で開催され、大盛況のうちに終わった音楽×映画の祭典「MOOSIC LAB201 …

新作映画ニュース

大林宣彦新作『海辺の映画館-キネマの玉手箱』が東京国際映画祭2019にて上映!代表的作品の特集イベントも

第32回東京国際映画祭の特集企画第1弾が決定!! 映像の魔術師、日本を代表する映画監督の偉大な軌跡。 ©PSC 2019年10月28日(月)~11月5日(火)の9日間にて開催される第32回東京国際映画 …

新作映画ニュース

シャーロット・ランプリングがベルリン国際映画祭にて名誉金熊賞授賞。『ともしび』の記者会見インタビュー情報

シャーロット・ランプリングが名誉金熊賞授賞! 年輪を重ねるにつれ、未踏の美しきオーラを放つシャーロット・ランプリング主演作、映画『ともしび』が、2019年2月2日より全国公開中! (C)Richard …

新作映画ニュース

シャリーズ・セロン映画『タリーと私の秘密の時間』育児あるある映像と画像解禁

映画『タリーと私の秘密の時間』は、8月17日(金)TOHOシネマズ シャンテほか、全国ロードショー。 本日8月7日(火)は主演を務めたシャーリーズ・セロンの誕生日! この日を記念して、育児あるある満載 …

新作映画ニュース

名作アクション映画『フレンチ・コネクション』『L.A.大捜査線/狼たちの街』2本緊急上映。ウィリアム・フリードキン作品を再びスクリーンで!

ウィリアム・フリードキン監督の映画『恐怖の報酬【オリジナル完全版】』は2018年11月24日(土)より、全国8劇場で日本初公開されました。 映画『恐怖の報酬【オリジナル完全版】』の初日・初回満員御礼企 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP