Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/02/08
Update

五十嵐大介原作『 リトル・フォレスト 春夏秋冬』映画のあらすじキャスト。公開日決定!

  • Writer :
  • 石井夏子

2014年に橋本愛主演で映画化され、大自然に囲まれた小さな集落で暮らす一人の女性の姿を描いた、“読んで美味しい”と話題の五十嵐大介の大人気コミック『リトル・フォレスト』がついに海を越え韓国で映画化


© 2018 Daisuke Igarashi /Kodansha All Rights Reserved.

韓国映画『リトル・フォレスト 春夏秋冬』が、2019年5月17日(金)よりシネマート新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国公開が決定しました。

そして、本作の予告編メインビジュアルが一挙解禁!

あわせて原作者五十嵐大介から、原作との“ちょっとした縁”についてのコメントもご紹介します。

スポンサーリンク

映画『リトル・フォレスト 春夏秋冬』の予告

口から白い息が出るほど寒い冬。

帰ってきた 故郷へ」と心の声を語る主人公ヘウォンは、手際よく新緑の野菜とチーズにエディブルフラワー(食用花)を添えた爽やかなパスタを作って思いっきり頬張ります。

幼なじみのトマトハウスでこっそりトマトを食べたり、小川ではしゃいだり、親戚の田植えをお手伝いしたり、近所のおじさんから生きている鶏を差し入れされたり…。

都会の忙しい暮らしから抜け出し、悩みながらも田舎ならではの日々を丁寧に暮らしながら、生き生きと過ごしている姿が映し出されます。

予告の最後、自転車で走り出すヘウォンの心の声「私は前とは少し違う春を準備しているところだ」というメッセージから、忙しく生きている現代人であれば、誰もが共感できるヒーリングムービーであることが伝わってきます。

映画『リトル・フォレスト 春夏秋冬』のメインビジュアル


© 2018 Daisuke Igarashi /Kodansha All Rights Reserved.

笑顔のヘウォンと幼なじみのふたりが仲良く並んでいるメインビジュアル。

その3人を桜が舞い降りる道を自転車で走る“春”、爽快な風と緑いっぱいの“夏”、紅葉している道を犬と一緒に散歩する“秋”、雪に囲まれた“冬”と、ヘウォンが過ごした故郷の四季と季節の食べ物が華やかに囲みます。

「あなたはどんな季節を生きていますか?」というキャッチコピーのような質問を投げかけられる、自分の“今”を振り返ることができる本作の魅力を表現しています。

スポンサーリンク

映画『リトル・フォレスト 春夏秋冬』原作者・五十嵐大介のコメント

本作の『リトル・フォレスト 春夏秋冬』の原作者、五十嵐大介が、原作との“ちょっとした縁”についてコメントをよせました。

今回、私が描いた『リトル・フォレスト』が、海を渡った韓国を舞台に映画として⽣まれ変わる事となり、とても嬉しいです。そして、ちょっとした縁も感じています。執筆中の当時、漫画のモデルとなった⾐川村の友⼈たちが、エゴマの栽培と料理の研修のためにソウルと堤川市を訪れていたのです。帰ってきた友⼈たちから、研修中に⾷べた料理がいかに美味しかったかを延々と聞かされました。うらやましかった!漫画では地域に根ざした⾷べ物がテーマになっており、映画では韓国の⾷について描かれる事になります。とてもとても興味深く、楽しみにしています。

執筆中に漫画のモデルが韓国を訪れていたとは、不思議なつながりを感じますね。

また、映画『リトル・フォレスト 春夏秋冬』では、韓国の食べ物をテーマに描かれるとのこと。

原作コミックを読んだ方も、橋本愛が主演した日本映画「リトル・フォレスト」を観た方も、また違った楽しさを発見できるはず!

映画『リトル・フォレスト 春夏秋冬』の作品情報

【公開】
2019年(韓国映画)

【原作】
五十嵐大介『リトル・フォレスト』(講談社「アフタヌーン」所載)

【原題】
리틀 포레스트

【監督】
イム・スルレ

【キャスト】
キム・テリ、リュ・ジュンヨル、 チン・ギジュ

【作品概要】
主演は、パク・チャヌク監督『お嬢さん』(2017)のオーディションで1500分の1の競争率を勝ち抜き、センセーションを巻き起こしたキム・テリ。

本作では、都会の生活に疲れ、故郷に戻るヒロインを瑞々しく演じており、 『お嬢さん』や『1987、ある闘いの真実』(2018)では見られなかった20代の明るく初々しい姿を捉えています。

また共演には日本でもロングラン大ヒット『タクシー運転手 ~約束は海を越えて~』(2018)他、韓国映画界に欠かせない若手俳優No.1のリュ・ジュンヨル。

そんな韓国映画の注目若手俳優を指揮するのは『提報者〜ES細胞捏造事件〜』(2015)など、社会の中心からはみ出された人間の弱さも抱擁するような演出で話題のイム・スルレ監督。

田舎で過ごす特別な四季を優しく映し出し、心を和ませる感動で包み込みます。

スポンサーリンク

映画『リトル・フォレスト 春夏秋冬』のあらすじ

恋愛、就職と何一つ思いどおりにいかない日常から抜け出し故郷に戻ってきたヘウォン(キム・テリ)は、旧友であるジェハ(リュ・ジュンヨル)とウンスク(チン・ギジュ)に再会します。

他人とは違う自分だけの人生を生きるために故郷に戻ってきたジェハ、平凡な日常からの逸脱を夢見るウンスクと共に自ら育てた農作物で一食一食を作っては食べ冬から春、そして夏、秋を経て再び冬を迎えることになったヘウォン。

こうして特別な四季を送りながら、故郷に戻ってきた真の理由を悟ったヘウォンは新たな春を迎えるための第一歩を踏み出しますが…。

まとめ

本作は、恋愛、就職と何一つ思い通りにいかない主人公が、何もかもを後にして故郷に帰り、幼馴染と共に、春夏秋冬・特別な四季を送り、新たな自分の生き方を探していくストーリー。

厳しい現実に疲れ、イライラする都会の生活をしばらく離れて故郷に戻り、幼馴染と再会し、四季の美しい風景の中で旬の食材を使って料理を作り、農業をするなど丁寧な暮らしを心から楽しむ主人公の姿は、同じく日常に疲れているであろう観客たちにとって活力と癒やしを与えてくれます。

ちょっと休んでも、他と違っても、不器用でも大丈夫。

自然の恵みと豊かな暮らしが教えてくれる、本当の幸せ、そして生きることとは?

人生に迷えるすべての人へ贈る、癒やしと休息の特別な四季に是非ご期待ください。

映画『リトル・フォレスト 春夏秋冬』は2019年5月17日(金)シネマート新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

映画『ドロステのはてで僕ら』あらすじ。キャストは劇団ヨーロッパ企画で6月より全国順次公開!

人気劇団・ヨーロッパ企画初のオリジナル長編映画いよいよクランクイン。 京都を拠点に活動を続け、毎年の本公演では1万5千人を動員する人気劇団ヨーロッパ企画。 劇団として取り組む初のオリジナル長編映画『ド …

新作映画ニュース

映画『凪待ち』劇場公開用ポスター解禁!香取慎吾その顔に色濃く浮かぶ闇

映画『凪待ち』は2019年6月28日(金)より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー! 『人類資金』『クソ野郎 と美しき世界』で知られる俳優にして、第一線のアーティストとしても活動する香取慎吾。 …

新作映画ニュース

アンタルヤ映画祭にて『ある船頭の話』が最優秀作品賞受賞!オダギリジョー監督のコメントも紹介

オダギリジョー監督、日本映画初の快挙。 アンタルヤ国際映画祭で最高賞【最優秀作品賞】受賞! 公開から2ヶ月目を迎えた2019年11月現在も新宿武蔵野館ほかで大ヒット中のオダギリジョー長編初監督作品『あ …

新作映画ニュース

ベトナム映画最新の2作品で現在と歴史を知る!『漂うがごとく』『ベトナムを懐(おも)う』が3月公開へ

日越国交樹立45周年記念のイベント「ベトナム映画祭2018」で上映された『漂うがごとく』と『ベトナムを懐(おも)う』が、3月23日(土)より新宿K’s Cinema にて公開することが決定しました! …

新作映画ニュース

映画『マシュー・ボーンIN CINEMA/ロミオとジュリエット』あらすじ/キャスト/公開日。バレエでシェイクスピアの古典を新たに描く!

英国バレエ界の鬼才マシュー・ボーン×シェイクスピア ミレニアル世代の『ロミオとジュリエット』誕生。 スワン役を全て男性が躍る新解釈版『白鳥の湖』でバレエ興行記録を塗り替え、ローレンス・オリヴィエ賞、ト …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP