Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/05/06
Update

髙石あかり映画『ベイビーわるきゅーれ』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。特報動画でおすすめアクションを見る!

  • Writer :
  • 石井夏子

異色の青春映画が誕生。

大学在学中に圧倒的な暴力描写で自主映画界を席巻した阪元裕吾監督。

阪元裕吾監督の最新作『ベイビーわるきゅーれ』が、テアトル新宿(東京)ほかにて2021年7月30日(金)より公開となり、シネ・リーブル梅田(大阪)、なんばパークスシネマ(大阪)、名古屋センチュリーシネマ(愛知)などで順次公開されます。

この度、ポスタービジュアル、特報動画、場面写真が解禁となり、W主演の髙石あかりと伊澤彩織よりコメントが届きました。

スポンサーリンク

映画『ベイビーわるきゅーれ』について

(C)2021「ベイビーわるきゅーれ」製作委員会

本作『ベイビーわるきゅーれ』は、大学在学中から圧倒的な暴力描写で自主映画界を席巻してきた阪元裕吾監督の最新作です。

2016年、20歳で発表した『ベー。』で「残酷学生映画祭2016」のグランプリを受賞した阪元裕吾監督。その際に、白石晃士監督から「才能に嫉妬する」と言わしめました。

『ハングマンズ・ノット』では「カナザワ映画祭2017」で期待の新人監督賞と出演俳優賞のダブル受賞。続く『ぱん。』で「MOOSICLAB」で短編部門グランプリ、「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」で短編コンペティション部門グランプリを受賞、さらに海外映画祭初参加で挑んだ「プチョン国際ファンタスティック映画祭」では審査員特別賞受賞を果たしています。

本作『ベイビーわるきゅーれ』は、2人の女性殺し屋が主人公。本格的なアクションシーンと、今の時代ならではの、若い世代の考え方や価値観が散りばめられています。

主演は、舞台「鬼滅の刃」の竈門禰豆子役で最注目の髙石あかりと、女性スタントアクションの異端児・伊澤彩織

殺し屋としてのアクションシーンが見所なのはもちろんのこと、社会不適合者としての私生活部分では、オフビートのコメディセンスも発揮しています。

アクション監督は、「THE NEXT GENERATION パトレイバー」シリーズや、ジャパンアクションアワード2014でベストアクション作品賞他三部門を受賞した『BUSHIDO MAN』の園村健介。

主題歌はKYONOによる『STAY GLOW feat.TAKUMA (10-FEET)』。

そして挿入歌『らぐなろっく~ベイビーわるきゅーれ~』では、本作の主演を務める髙石あかりと伊澤彩織がオリジナルソングで歌声を披露しています。

そしてなんと、feat.として、YouTube総再生数426,023,107回視聴、チャンネル登録者数127万人と、ビートボックスで国内外で人気を博すDaichiが参加

この映画にふさわしい、等身大の女子たちの歌声と、本作の監督である阪元裕吾による作詞協力も話題になること必至ですね。

ちさと役:髙石あかりのコメント

参考:髙石あかりのツイッター

作品とちさと、どちらも二面性によるギャップと違和感をずっと大切にしていました。
ちさとの中には、“ものすごく素直な天真爛漫の彼女”と“どこか達観している彼女”がいて、台本を頂いた時からその対照ははっきり見せたいなと思っていました。
そういうところ含め、ちさとと重なる部分が多かったです。
作品に多く登場する銃。
私たちの普段の生活から凄くかけ離れた存在ですが、銃を持つ二人がどこかすごく自然だと、逆に、そんな彼女らに違和感を感じてもらえるよう、撮影外でも常に持っていました。
彼女たちの中では日常の一部に“殺し屋”があって、それを非日常としない二人にクスッと笑えたり、少しゾッとしたりと楽しんでいただけるのかなと思います!

スポンサーリンク

まひろ役:伊澤彩織のコメント

参考:伊澤彩織のツイッター

私とまひろの間には多くの共通点がありました。動くことしか取り柄がないところや、寝るのが好きなところ、ナイフや銃などの武器をカバンのなかに入れて仕事に向かうところも、私と一緒です。なので、まひろの感情は自然と考えていくことができました。
アクションは、園村健介さんにしか思いつかない唯一無二の立ち回り。スタントを生業とする私が全力で芝居と向き合い、暴れまくりました。史上最高に難しかったけれど、今までに見たことのないファイトシーンが生み出されたと思います。
くだらないことで笑って、すぐ愚痴って、おいしいものを食べて生きる彼女たちの何気ない暮らしのなかに、いろいろな戦いが起こります。不器用な人たちが成長していく様子を、のんびり楽しんで、愛おしく思ってもらえたら嬉しいです。

映画『ベイビーわるきゅーれ』の作品情報

(C)2021「ベイビーわるきゅーれ」製作委員会

【日本公開】
2021年(日本映画)

【監督・脚本】
阪元裕吾

【アクション監督】
園村健介

【キャスト】
髙石あかり、伊澤彩織、三元雅芸、秋谷百音、うえきやサトシ、福島雪菜、本宮泰風、水石亜飛夢、辻凪子、飛永翼(ラバーガール)、大水洋介(ラバーガール)、仁科貴

スポンサーリンク

映画『ベイビーわるきゅーれ』のあらすじ

女子高生殺し屋2人組のちさととまひろは、高校卒業を前に途方に暮れていました。

明日から“オモテの顔”としての“社会人”をしなければならなくなったんです。

組織に委託された人殺し以外、何もしてこなかった彼女たち。

突然社会に適合しなければならなくなり、公共料金の支払い、年金、税金、バイトなど社会の公的業務や人間関係や理不尽に日々を揉まれていきます。

さらに2人は組織からルームシェアを命じられ、コミュ障のまひろは、バイトもそつなくこなすちさとに嫉妬し、2人の仲も徐々に険悪に。

そんな中でも殺し屋の仕事は忙しく、さらにはヤクザから恨みを買って面倒なことに巻き込まれちゃってさあ大変。

そんな日々を送る2人が、「ああ大人になるって、こういうことなのかなあ」とか思ったり、思わなかったりする、成長したり、成長しなかったりする物語。

まとめ

「明るい殺し屋映画」があってもいいじゃないか!

社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る、異色の青春映画が誕生しました。

映画『ベイビーわるきゅーれ』は、テアトル新宿(東京)ほかにて2021年7月30日(金)より公開、シネ・リーブル梅田(大阪)、なんばパークスシネマ(大阪)、名古屋センチュリーシネマ(愛知)などで順次公開です。


関連記事

新作映画ニュース

『奇想天外映画祭2020』開催日/上映作品情報。新宿K’s cinemaにてウィッカーマンやトッド・ブラウニング傑作選を公開!

映画史にその名を刻んだ怪作、珍作、迷作、凡作、奇作が今年も目白押し。 映画評論家、滝本誠も太鼓判を押すカルト映画が大集合! 映画史にその名を刻む選りすぐりの怪作、珍作、迷作、凡作、奇作を集めた「奇想天 …

新作映画ニュース

韓国映画『リトル・フォレスト 春夏秋冬』劇場情報。特報とティザービジュアル解禁

『お嬢さん』のキム・テリと『タクシー運転手 約束は海を越えて』のリュ・ジュンヨルの共演で贈るヒューマンドラマ。 映画『リトル・フォレスト 春夏秋冬』の2019年初夏日本公開が決定しました。 五十嵐大介 …

新作映画ニュース

【尾道映画祭2020】新型コロナウィルス感染拡大で中止決定!一部上映及び企画を実施をシネマ尾道にて

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大防止に伴う対応について 2020年2月28日~3月1日にかけて開催予定となっていた第4回尾道映画祭が、24日に中止することが決定しました。 但し協議の結 …

新作映画ニュース

映画『シー・イズ・オーシャン』内容/公開日/上映館。ドキュメンタリーで女性たちの「海への深い愛」を捉える

海を深く愛する9人の女性たちのストーリー。 厳しくも優しい壮大な海を、深く愛する9人の女性たちが、海に魅せられ、人生をより豊かに生きようとする姿、そして雄大な母なる海を圧倒的な映像美でとらえたドキュメ …

新作映画ニュース

ヒロイン抜擢の川島鈴遥(りりか)とは。オダギリジョー映画『ある船頭の話』場面写真解禁

オダギリジョー初監督作のヒロインは川島鈴遥 オダギリジョー長編初監督作品『ある船頭の話』が2019年9月より新宿武蔵野館ほかにて全国公開となります。 © 2019「ある船頭の話」製作委員会 この度、ヒ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学