Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

『テル・ミー・ライズ』ピーター・ブルック幻の反戦映画のあらすじと冒頭映像解禁!

  • Writer :
  • かりごめあき

フィクション? それともノンフィクション??

巨匠ピーター・ブルックが手掛けた“究極の反戦映画”『テル・ミー・ライズ』は、8月25日(土)よりシアター・イメージフォーラムにてロードショー、ほか順次公開です。

この度、ピーター・ブルックの世界観に引き込まれる冒頭映像が解禁されました。

あわせて到着した本作に寄せられた著名人のコメントもご紹介します。


© Brook Productions 2012

スポンサーリンク

映画『テル・ミー・ライズ』とは


© Brook Productions 2012

1968年に激化したベトナム戦争を痛烈に批判した本作は、その年のカンヌ映画祭に選出されるも、その後突然の取り下げにより、上映中止となりました。

しかし同年のヴェネツィア映画祭に選出され、審査員特別賞次点とルイス・ブニュエル審査員賞の2部門受賞します。

ところが本作は、アメリカやイギリスの一部の劇場でしか公開されず、さらに様々な妨害を受け、短期間しか上映されませんでした。

その後、本編も紛失し長年幻の作品とされてきましたが、2011年に本編が発見されます。

50年の時を超えて、ついに日本でも劇場公開決定されました。

歌、証言、大衆デモを通して、ピーター・ブルックは彼の作品の中でも最も重要な作品の1本を監督しました。

戦争の不条理に対する破壊的なアイロニーを含んだ風刺映画、それが『テル・ミー・ライズ』です。

映画『テル・ミー・ライズ』の冒頭映像解禁

解禁された冒頭映像は、包帯で全身を覆われたベトナム戦争で被害にあった赤ん坊の写真から始まります。

軽快なリズムでありながら“ベトナム戦争についての嘘を聞かせるがいい”という痛烈な歌詞が印象的な歌を聴く事が出来ます。

そして映像の最後には、戦争被害者の写真を見た男性が“これを見ても同じことを続けるってどういう神経だ?”というピーター・ブルックのベトナム戦争への想いを代弁しているかの様なセリフも収めれています。


© Brook Productions 2012

スポンサーリンク

映画『テル・ミー・ライズ』著名人たちのコメント


© Brook Productions 2012

予告編のナレーションを担当したピーター・バラカン氏や、国際政治学研究者の三浦瑠麗氏ほか、著名人から本作へ寄せられたコメントをご紹介します。

最初は驚く低予算感とビミョーなミュージカル部分にもかかわらず、歴史的価値満載の映画です。

また詳細は違っても50年前に起きていたことはまさに今再び起きていて、それにどう向き合うべきかというヒントが特に最後の辺りに濃厚に出ています。

ピーター・バラカン(ブロードキャスター)

ベトナム戦争中の1967年に作られ、一旦消滅したと思われた映像の復刻版。

英国人のベトナム戦争に対する複雑で屈折した思いがミュージカル風に綴られる。

衝撃の焼身自殺や銃殺処刑シーンは実写だろう。

今でもショッキングだ。

鳥越 俊太郎

行動、暴力、国際政治、抗議の焼身自殺、徴兵拒否…あらゆる面からベトナム戦争とどう向き合うのかを問い詰め、「目的は手段を浄化するのか」「私たちの当事者性とは」という21世紀に通じる主題へとつながっていく。

この重いテーマをミュージカルと合体させ、エンタメとしても成立させているピーター・ブルックの手腕に戦慄。

この傑作が甦ったことに心底感動した。

佐々木俊尚(作家・ジャーナリスト)

西洋社会の戦争としてのベトナム戦争。知識人の煩悶と混乱。

この映画は過ぎ去ったあの時代を蘇らせる。

70年代とは、西洋の時代の終わりの始まりであったのかもしれない、とそんなことを、トランプ時代に生きる私はふと思わされた。

三浦瑠麗(国際政治学研究者)

この映画はピータ・ブルック哲学の原点を垣間見る思いがする貴重なメッセージフィルムだ。

そして、なにより真実と向き合う勇気をもたせてくれる。

首藤康之(バレエダンサー)

夢のように戦争は炸裂する。

そして、自分の中に眠る残虐性をゆり起す。

操上和美(写真家)

映画『テル・ミー・ライズ』の作品情報


© Brook Productions 2012

【公開】
2018年(イギリス映画)

【原題】
Tell Me Lies

【監督】
ピーター・ブルック

【キャスト】
マーク・ジョーンズほか

【作品概要】
演劇界の巨匠ピーター・ブルックの第3作にあたる長編映画作品。

1968年に激化したベトナム戦争を痛烈に批判した内容のため、同年のカンヌ国際映画祭では上映取り消しとなったが、ヴェネツィア映画祭にて審査員特別賞、ルイス・ブニュエル審査員賞、2部門受賞。

本編を紛失し、幻の作品とされてきたが、2011年に本編が発見され、50年の時を経て日本公開。

スポンサーリンク

映画『テル・ミー・ライズ』のあらすじ


© Brook Productions 2012

舞台は1968年のスウィンギング・ロンドン。

ギンズバーグのビート・ジェネレーションとブラックパンサー、カウンター・カルチャー・ポップが交差する時代です。

傷ついたベトナム人の子供の写真に慄いた3人のイギリス人の若者が、ベトナム戦争における暴力のスパイラルを理解し、自分たちの無力感を乗り越えようとします…。


© Brook Productions 2012

まとめ


© Brook Productions 2012

93歳、演劇界の“生きる伝説”ピーター・ブルック監督作品、映画『テル・ミー・ライズ』。

カンヌ国際映画祭で上映取り消しになったベトナム反戦映画が、50年の時を経て、ついに日本初公開されます。

8月25日(土)よりシアター・イメージフォーラムにてロードショー、ほか順次公開です。

関連記事

新作映画ニュース

映画『アマンダと僕』上映館は2019年6月公開シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次に決定

第75回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門でマジックランタン賞を受賞し、第31回東京国際映画祭東京グランプリ&最優秀脚本賞のW受賞に輝いた映画『AMANDA』(原題)。 日本公開に向けて邦題を『アマ …

新作映画ニュース

シアーシャ・ローナン映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』あらすじとキャスト。2020年初夏公開のグレタ・ガーウィグ監督作とは

アカデミー賞5部⾨にノミネートされた『レディ・バード』の監督とアカデミー賞受賞の豪華キャストが集結︕ 19世紀を代表する⼥性作家、ルイザ・メイ・オルコットの⾃伝的⼩説「若草物語」。 あのマーチ家四姉妹 …

新作映画ニュース

ネクストブレイク俳優のジョー・アルウィン!映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』インタビュー動画も

あのイケメンは誰? シアーシャ・ローナンとマーゴット・ロビーというアカデミー賞ノミネート女優ふたりが、激動の16世紀英国を生きるふたりの女王を演じる映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』が2019 …

新作映画ニュース

ビー・ガン監督の映画がNetflix独占配信!10月1日より『凱里ブルース』『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』が先行配信

『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』『凱里ブルース』 ビー・ガン監督の2作、10月1日よりNetflixで先行独占配信へ。 今年、2020年2月28日に公開され、その後Covid-19の影響を …

新作映画ニュース

【なら国際映画祭2020情報】 学生映画部門のコンペティション作品応募受付は5月15日まで延長!

NARA-wave2020/なら国際映画祭 ~学生映画・映像作品募集期間延長のお知らせ~ (c)なら国際映画祭 2020年9月18日(金)~22日(祝)に開催すべく準備中の「なら国際映画祭 2020」 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP