Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/04/17
Update

映画『タッチ・ミー・ノット ローラと秘密のカウンセリング』あらすじ/キャスト/公開日/予告動画。女性監督がマイノリティの性にカメラを向けた衝撃作

  • Writer :
  • 石井夏子

第68回ベルリン国際映画祭金熊賞(最高賞)受賞作品。

カンヌ、ベネチアと並ぶ世界三大映画祭のひとつ、ベルリン国際映画祭2018 無名の女性監督が脚光を浴びました。

ルーマニア出身のアディナ・ピンティリエ監督の初長編映画『タッチ・ミー・ノット~ローラと秘密のカウンセリング~』 (原題:TOUCH ME NOT)が、金熊賞(最高賞)と 最優秀新人作品賞の2冠に輝いたんです。

話題作がひしめくコンペティション部門での名もなき新人監督の快挙は、世界で賛否を巻き起こす事件となりました。

映画『タッチ・ミー・ノット~ローラと秘密のカウンセリング~』は2020年7月4日(土)より渋谷の映画館シアター・イメージフォーラムにて公開予定、‟仮設の映画館(オンライン配信)”でも6月6日(土)に先行公開されます。

あわせて予告編も解禁されました。

スポンサーリンク

映画『タッチ・ミー・ノット~ローラと秘密のカウンセリング~』について

(C)Touch Me Not – Adina Pintilie

本作は、欧州で実在する障がい者やトランスジェンダーなど、“マイノリティ”と呼ばれる人たちの “性”にもカメラを向けた衝撃作です。

強迫性障害をもつ孤独な主人公・ローラに、フランスの女優ローラ・ベンソンを迎え、ローラが好意をよせる無毛症のトーマスには、『ブレードランナー2049』などハリウッド超大作にも出演するアイスランドのトーマス・レマルキスが選ばれました。

(C)Touch Me Not – Adina Pintilie

そのトーマスとカウンセリングで交流をする車椅子の身体障がい者には、脊髄性筋萎縮症(SMA)を抱えるクリスチャン・バイエルラインがドイツから参加し、赤裸々なセックスシーンにも挑戦。また、ローラがインターネット上で発見するセックスワーカーのハンナ・ホフマンも、50代で性転換をした実在のトランスジェンダーです。

そんな〈現実〉と〈虚構〉が入り交じりながら描かれる、彼らの自由な生き方は、見る者の倫理観を揺さぶり続けるでしょう。

アディナ・ピンティリエ監督のプロフィール

(C)Touch Me Not – Adina Pintilie

本作で監督・脚本・編集を務めたアディナ・ピンティリエは、2008年にルーマニアの国立演劇大学ブカレスト大学を卒業

映画監督やビジュアルアーティストとして、世界の映画祭で多数受賞しています。

本作は初長編映画作品ながら、第68回ベルリン国際映画祭(2018)金熊賞と最優秀新人作品賞の2冠に輝きました。

フィクション、ドキュメンタリー、ビジュアルアートの垣根を超えて、個性的かつ実験的な映像で、人間の「心」についてを妥協なく探求し続けている新時代の映像作家です。

スポンサーリンク

映画『タッチ・ミー・ノット~ローラと秘密のカウンセリング~』の作品情報

(C)Touch Me Not – Adina Pintilie

【日本公開】
2020年(ルーマニア・ドイツ・チェコ・ブルガリア・フランス合作映画)

【原題】
TOUCH ME NOT

【監督・脚本・編集】
アディナ・ピンティリエ

【キャスト】
ローラ・ベンソン、トーマス・レマルキス、クリスチャン・バイエルライン、グリット・ウーレマン、ハンナ・ホフマン、シーニー・ラブ、イルメナ・チチコワ、アディナ・ピンティリエ

映画『タッチ・ミー・ノット~ローラと秘密のカウンセリング~』のあらすじ

(C)Touch Me Not – Adina Pintilie

ローラは父親の介護で通院する日々を送っていますが、 彼女自身も人に触れられることに拒否反応をおこす精神的な障がいを抱えていました。

ある日、病院で患者同士がカウンセリングする不思議な療養を目撃するローラ。病により全身の毛がないトーマス、自由に四肢を動かせない車椅子のクリスチャンなど、様々な症状を抱える人たちが、互いの身体に触れ合うことで自分を見つめていたんです。

ローラは彼らを興味深く観察する中で、自分と同じような孤独感を持つトーマスに惹かれていきます。街でトーマスに導かれるように秘密のナイトク ラブへ入ったローラは、そこで欲望のままに癒し合う群衆を目の当たりにし…。

スポンサーリンク

まとめ

(C)Touch Me Not – Adina Pintilie

主人公・ローラのメンタルヘルス、トランスジェンダーや身体障がいの方など多様な生き方や性、カウンセリングがテーマの本作。

ローラの心と体が解放されるとき、観客自身もカウンセリングを体験したかのように、世界との見えない壁が取り除かれていくことでしょう。

ベルリン金熊賞史上、最も議論を呼んだ問題作が、ついに日本上陸です。

映画『タッチ・ミー・ノット~ローラと秘密のカウンセリング~』は2020年7月4日(土)より渋谷の映画館シアター・イメージフォーラムにて公開予定。

‟仮設の映画館(オンライン配信)”でも6月6日(土)に先行公開


関連記事

新作映画ニュース

《動画で見る坂口拓インタビュー》映画『狂武蔵』400人を斬ったアクションは“自分自身のドキュメンタリー”でもある

77分ワンショット・ワンシーンの衝撃映画『狂武蔵』は、2020年8月21日より公開! アクション映画『RE:BORN』で主演を果たし、常に日本のアクション・シーンを牽引し続ける坂口拓しっていますか。 …

新作映画ニュース

映画『マイ・ブックショップ』あらすじと感想レビュー。イザベル・コイシェ監督の最新作の見どころ

本を通して得られるものは、知識だけではないのです。 (C)2017 Green Films AIE, Diagonal Televisio SLU, A Contracorriente Films S …

新作映画ニュース

篠崎こころが映画『Noise』で最優秀主演俳優賞受賞!富士湖畔の映画祭にて

2019年にテアトル新宿にて公開が決定している松本優作の初監督作品『Noise』。 7月末に開催された第4回富士湖畔の映画祭2018にて本作が上映され、篠崎こころが最優秀主演俳優賞を受賞! 受賞を受け …

新作映画ニュース

『クシナ』『横須賀綺譚』配信決定!ビー・ガン監督作もリビングルームシアターにて再上映

ビー・ガン監督作『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』『凱里ブルース』 2020年11月20日よりリビングルームシアターで再び配信! 今年、2020年5月より開設された、映画館との共存を提案する …

新作映画ニュース

映画『パリの家族たち』あらすじキャスト。マリー=カスティーユ・マンシオン=シャール監督が贈る女性賛歌

観ればきっと家族に会いたくなる幸せの映画  © WILLOW FILMS – UGC IMAGES – ORANGE STUDIO – FRANCE 2 CINÉMA 『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学