Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/12/20
Update

映画『ビリーブ 未来への大逆転』あらすじとキャスト。日本公開日と上映劇場決定

  • Writer :
  • かりごめあき

1970年代アメリカ、史上初の〈男女平等〉裁判に挑んだ女性弁護士ルース・ギンズバーグ

世界を変えた彼女の半生を描いた感動の実話『ON THE BASIS OF SEX(原題)』が邦題を『ビリーブ 未来への大逆転』として公開が決定し、あわせて日本版ポスタービジュアルが解禁されました。


© 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.

映画『ビリーブ 未来への大逆転』は2019年3月22日(金)よりTOHOシネマズ日比谷他全国ロードショーです。

若き女性弁護士が時代を動かした爽快な逆転劇とは…。

スポンサーリンク

映画『ビリーブ 未来への大逆転』とは


© 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.

今、私たちが当たり前のように手にしている自由のいくつかは、ある裁判での勝利がなければ、おそらく獲得できなかったものです。

その裁判とは、女性が職に就くのが難しく、自分の名前でクレジットカードさえ作れなかった1970年代のアメリカで、弁護士ルース・ギンズバーグが起こした、史上初の〈男女平等〉裁判です。

なぜ、彼女は法の専門家たちに〈100%負ける〉と断言された上訴に踏み切ったのか?

そして、どうやって〈大逆転〉を成し遂げたのか? 

貧しさと差別をバネに、弱い立場の人々と手を組んで、権力に立ち向かうルースの逆転劇に、心の拳を高く振り上げずにはいられない爽快な感動の実話がここに誕生しました!

映画『ビリーブ 未来への大逆転』の作品情報

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
ON THE BASIS OF SEX

【監督】
ミミ・レダー

【キャスト】
フェリシティ・ジョーンズ、アーミー・ハマー、キャシー・ベイツ

【主題歌】
KESHA『Here Comes The Change』(ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル)

【作品概要】
主人公ルース・ギンズバーグの若かりし弁護士時代を演じるのは、『博士と彼女のセオリー』(2015)でアカデミー賞主演女優賞ノミネート、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)で主演を務めた、フェリシティ・ジョーンズ。

ルースを信じ、支え続けた夫のマーティには『君の名前で僕を呼んで』(2018)のアーミー・ハマー。

さらに『ミザリー』(1991)のオスカー女優キャシー・ベイツが伝説の弁護士役で出演。

監督は『ディープ・インパクト』(1998)のミミ・レダー。

スポンサーリンク

映画『ビリーブ 未来への大逆転』のあらすじ

貧しいユダヤ人家庭に生まれたルース・ギンズバーグは、「すべてに疑問を持て」という亡き母の言葉を胸に努力を重ね、名門ハーバード法科大学院に入学します。

1956年当時、500人の生徒のうち女性は9人で、女子トイレすらありませんでした。

家事も育児も分担する夫のマーティの協力のもと首席で卒業しますが、女だからというだけで、どこの法律事務所も彼女を雇ってくれません。

やむなく大学教授になったルースは、70年代になってさらに男女平等の講義に力を入れます。

それでも弁護士の夢を捨てられないルースに、マーティがある訴訟の記録を見せました。

ルースはその訴訟が、歴史を変える裁判になることを信じ、自ら弁護を買って出ますが…。

まとめ

フェリシティ・ジョーンズ主演最新作『ON THE BASIS OF SEX(原題)』が、邦題を『ビリーブ 未来への大逆転』として公開が決定し、日本版ポスタービジュアルが解禁されました。

女性弁護士ルース・ギンズバーグが、1970年代のアメリカで起こした、史上初の〈男女平等〉裁判を描いた本作。

ルースは今なお、アメリカで最高裁判事を最高齢の85歳で勤め、スーパーヒーロー的存在となっています。

そんなルースが、半世紀近く前にどのように世界を変えたのか、そして彼女を信じ支え続けた夫、アーミー・ハマー演じるマーティにも注目です。

映画『ビリーブ 未来への大逆転』は、2019年3月22日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー

ご期待ください。

関連記事

新作映画ニュース

映画『スピリッツ・オブ・ジ・エア』あらすじ。公開日は2020年2月8日と決定のアレックス・プロヤスのデビュー作

“日本人の心に残り続けた”幻のファンタジー映画。 アレックス・プロヤス監督の“失われた傑作”が30年の時を越えてデジタル・リマスター版で日本に帰ってきます。 ©1988 COMPANY BIZARRE …

新作映画ニュース

りりりが出演者としてダンス!映画『踊ってミタ』予告編とメインビジュアル紹介

注目の若手実力派俳優・岡山天音主演 地方再生型ヒューマン・ダンスムービー。 主演:岡山天音×監督:飯塚俊光の3度目のタッグ作品は“町興し”と“踊ってみた”異色のテーマを融合した完全オリジナル新作! 岡 …

新作映画ニュース

【2019年8月2日〜3日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。すこしだけツウ好みな映画webマガジン「Cinemarche」 (C)しおしお 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマルシェ)」で掲載している最新情 …

新作映画ニュース

映画『ステップ』あらすじ/キャスト/公開日。山田孝之が重松清原作のシングルファーザーを演じる!

大切なものを失った人たちの“10年間”の足跡。 『とんび』『流星ワゴン』など、大切なものを失った家族が再生していく姿を描いてきた小説家・重松清。連載終了から約10年の時を経て、『ステップ』が待望の映画 …

新作映画ニュース

映画『朝が来る』キャストの永作博美は養子縁組の母親・佐都子役を熱演【演技評価とプロフィール】

辻村深月の原作を河瀬直美監督が映画化した『朝が来る』キャスト紹介 映画『朝が来る』は、2020年10月23日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。 世界で高い評価を受け、東京2020オリンピッ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学