Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/03/29
Update

映画『ビリーブ 未来への大逆転』あらすじネタバレと感想。尊敬される女性の半生を描く

  • Writer :
  • 松平光冬

世紀の「男女平等」裁判に挑んだ女性弁護士の実話

2019年3月22日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかでロードショーの映画、『ビリーブ 未来への大逆転』。

86歳の今もなお、現役のアメリカ最高裁判事として活躍する女性、ルース・ベイダー・ギンズバーグの、若かりし弁護士時代を描く感動の実話です。

スポンサーリンク

映画『ビリーブ 未来への大逆転』の作品情報

© 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
ON THE BASIS OF SEX

【監督】
ミミ・レダー

【キャスト】
フェリシティ・ジョーンズ、アーミー・ハマー、キャシー・ベイツ、ジャスティン・セロー、 サム・ウォーターストン、ジャック・レイナー

【作品概要】

現役のアメリカ最高裁判事として活躍する女性、ルース・ベイダー・ギンズバーグの若かりし頃を描く伝記映画。

ルースを演じるのは、『博士と彼女のセオリー』(2015)や『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)のフェリシティ・ジョーンズ。

彼女を支える夫マーティンを、『ソーシャル・ネットワーク』(2010)、『君の名前で僕を呼んで』(2018)のアーミー・ハマーが演じます。

ほかに、オスカー女優のキャシー・ベイツや、ジャスティン・セロー、サム・ウォーターストンといった面々が脇を固めます。

監督は、『ディープ・インパクト』(1998)のミミ・レダーが担当しました。

映画『ビリーブ 未来への大逆転』のあらすじとネタバレ


© 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.

1956年のアメリカ。

貧しいユダヤ人家庭に生まれたルース・ベイダー・ギンズバーグは、名門ハーバード法科大学院に入学します。

大学院に入学した500人の生徒のうち女性はわずか9人で、しかも女子トイレすらない状況でした。

入学式を終えた夜、ルースたち女子大生は、学部長のグリスウォルドによる歓迎会に呼ばれます。

女性も法学科に入学できる制度を設けたと自慢げに語るグリスウォルドは、ルースたちを「男性の席を奪ってまで入学してきた者たち」と平然と言ってのけます。

そんなグリスウォルドに、ルースは学生結婚した夫と良好な関係を築くため弁護士を目指したと語りますが、同席者に一笑されることに。

ルースは恥をかかされたとして、帰宅するとすぐに憤りますが、同じくハーバード法科大学院生の夫マーティンに慰められるのでした。

苦手な家事・育児全般をマーティンがしてくれたおかげで学業に専念できていたルースでしたが、ある日彼に精巣ガンが発覚。

ルースは、床に伏すマーティンの代わりに大学の授業に出てノートを取りつつ、自身の勉強も並行します。

なんとか回復したマーティンは、ニューヨークの法律事務所に就職が決まります。

それにより、ルースはハーバードからニューヨークのコロンビア大への移籍をグリスウォルドに願い出ますが、彼はハーバードの名に傷が付くから認められないと言います。

それでもルースは、何よりも病身の夫が心配だとしてニューヨーク行きを決意。

努力の甲斐あって、ルースは見事コロンビア大を首席で卒業しますが、女性だという理由でルースを雇う法律事務所はニューヨークにありません。

夢破れた彼女は、ラトガーズ大学教授の道を選びます。


© 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.

時は過ぎて1970年代。

ルースは大学で男女平等の講義をするも、家では反抗するようになった高校生の娘ジェーンに手を焼いていました。

そんなある日、マーティンが務める法律事務所主催のパーティで不当な扱いを受けたルースは、溜まっていた鬱屈した気持ちが爆発。

弁護士を目指す生徒を教えるのではなく、自分が弁護士になりたかったとマーティンに本音をぶつけます。

そんなルースにマーティンは、チャールズという人物による実母の介護控除が、男性だからという理由で認められなかったという判例を見せます。

差別を受けているのは女性だけでなく男性も同様だと知ったルースは、早速チャールズ本人を訪ねます。

彼が不正に控除を受けようとする人物ではないと確信したルースは、マーティンと共に憲法違反として法廷で訴えることに。

ルースは、アメリカ国内の個人の権利に関する訴訟・立法活動を行う「アメリカ自由人権協会(ACLU)」に所属する旧友のメル・ウルフや、かつて女性の権利拡張を訴えてきた女性弁護士のドロシー・ケニオンに協力を仰ぎます。

しかし両者から協力を拒まれ、特にドロシーからは「憲法上は男女平等を謳うも、実情は男女不平等である今のアメリカ社会では時期尚早だ」と諭されてしまいます。

それでも、付き添っていた娘のジェーンが近くにいた男性からの暴言をサラリといなす様を見て、近い将来、女性の立場も変わっていけるはずと認識するのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ビリーブ 未来への大逆転』ネタバレ・結末の記載がございます。本作をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ルースに協力するようドロシーに言われ、渋々ながら応じたメルは、ルースに模擬裁判をさせ、少しでも場馴れするよう提案。

模擬裁判なのに、どうしても感情的な弁論をしてしまうルースを見かねて助言するマーティンを見たメルは、2人で共同弁論に臨む策を思いつきます。

一方、上訴された政府側は、グリスウォルド協力の元、若手弁護士のブラウンを立たせることに。

ルースの優秀さを知るグリスウォルドは、ブラウンが集めた過去の膨大な男女差別裁判の判例をルースに送り、今さら裁判を行っても無意味だとして、1ドルでの和解を申し入れます。

しかし、ルースは法廷で会いましょうと、それを拒むのでした。

© 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.

迎えた裁判当日。

双方の言い分を30分ずつ話し、判事による質疑を経たのち、4分間の相手側の反論を経て判決を下すことに。

予定通り、2人での共同弁論に臨むルースとマーティンでしたが、判事の的確な質問に焦るルースは、つい感情的な答弁をしてしまい意気消沈。

一方、相手側のブラウンは、男女の権利は過去の数限りない判例が表している以上、今のアメリカは現行の法律のままであるべきと主張。

これを受け、ルースの反論は無理だと、マーティンが代わりに席を立ちかけますが、彼女はそれを止めます。

ルースは、これまでの男女差別判例は負の歴史だとし、次の世代のために女性のみならず男性への性差も必要だと主張。

さらに、自分に合った生き方を自ら選べることによって未来が開かれていく以上、法律もそれに大きく遅れをとってはならないと述べるのでした。

結果、100%負けると言われていた裁判は、原告側の勝訴。

チャールズに礼を言われたルースはマーティンやジェーンと抱き合って、勝利を分かち合うのでした。

その後ジェーンは弁護士、息子ジェームズは音楽プロデューサーになり、マーティンは2010年に亡くなるまで大学ロースクール教授を務めます。

そしてアメリカ連邦最高裁判事となったルース本人が姿を見せ、映画は終わります――

スポンサーリンク

主人公のルース・ベイダー・ギンズバーグとは?

本作の主人公ルース・ベイダー・ギンズバーグは、アメリカでは“RBG”の愛称で知られる、現役の連邦最高裁判事です。

本作で描かれる男性の「専業主夫」化を筆頭に、男女平等問題をライフワークとしてきた彼女は、アメリカで最も尊敬される女性の1人として、絵本の題材やグッズ化されるほどの人気となっています。

なお、ルース本人に密着し、その半生を振り返ったドキュメンタリー映画『RBG 最強の85才』も、2019年5月10日から日本公開されます。

参考映像:『RBG 最強の85才』予告

映画『ビリーブ 未来への大逆転』の感想と評価


© 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.

今よりも女性への差別が激しかったアメリカを舞台にした本作。

そんな逆境ばかりな状況において、マーティンという最大のパートナーと共に立ち向かうルースの姿は、間違いなく共感と感動を覚えることでしょう。

ただ、残念なのは邦題でしょうか。

確かに、原題の『ON THE BASIS OF SEX(性別に基づく)』だと意味が分かりにくいゆえ、独自の邦題を付けるのは当然とも言えますが、『ビリーブ 未来への大逆転』では抽象的すぎて、主旨がぼやけている感は否めません。

「映画自体は良かったが、邦題で損をしている」という感想はあちこちで見られました。

『未来を花束にして』(2017)も同様に、「未来」という言葉を安易に使うのは禁物かもしれません。

スポンサーリンク

まとめ


© 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.

本作が製作された背景として、昨今のLGBTへの認識や理解度が上がっていることも多分にあるとみられます。

劇中での、「自分に合った生き方を自ら選べることで未来が開かれる」というルースの言葉からして、今の多種多様な生き方にも通じるものがあります。

そうした意味でも、本作『ビリーブ 未来への大逆転』は、万人が観ても損をしない作品となっています。

『ビリーブ 未来への大逆転』は、2019年3月22日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかでロードショーです。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ある人質 生還までの398日』感想解説と考察評価。写真家ダニエル・リューの救出劇の実話を描く

映画『ある人質 生還までの398日』は2021年2月19日(金)より全国順次ロードショー! 2013年に実際にシリアで起きた人質の拉致事件を描いた原作書籍を、映像化した映画『ある人質 生還までの398 …

ヒューマンドラマ映画

映画『二階堂家物語』あらすじと感想レビュー。河瀬直美がイラン人女性監督アイダ・パナハンデと描いたものとは

映画『二階堂家物語』は、2019年1月25日(金)より新宿ピカデリーほかにて全国順次公開。 3世代の家族の愛と葛藤を見つめる人間ドラマ『二階堂家物語』。 一人息子を亡くし、代々続く名家が途絶える危機に …

ヒューマンドラマ映画

映画『約束の宇宙』あらすじ感想評価と内容解説。宇宙飛行士とその開発の裏にある“人間の心理”をシングルマザーを通して鮮明に描く

映画『約束の宇宙』は2021年4月16日(金)より全国順次ロードショー! 夫と別れ7歳の娘と二人で暮らす宇宙飛行士候補の母。彼女はある日突然課せられた願ってもないチャンスと、子供への愛情のはざまに置か …

ヒューマンドラマ映画

ろんぐ・ぐっどばい(森岡龍主演)あらすじ!元ネタ映画ネタバレも

森岡龍は俳優として、NHK朝ドラ『あまちゃん』や『ごちそうさま』に出演をきっかけに一躍人気者になりました! また、森岡龍は2017年5月20日に公開される『ろんぐ・ぐっどばい 探偵 古井栗之助』で主演 …

ヒューマンドラマ映画

ポエトリーエンジェルあらすじとキャスト!上映劇場情報も

和歌山県で開催されている第10回を迎える、「田辺・弁慶映画祭」を記念して製作された、飯塚俊光監督の『ポエトリーエンジェル』。 モデルとしても活躍する武田玲奈と、若手俳優として注目される岡山天音のダブル …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学