Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『愛国者に気をつけろ!鈴木邦男』劇場公開日は2020年2月。異色の政治活動家の素顔に迫る

  • Writer :
  • 松平光冬

異色の政治活動家、鈴木邦男の知られざる顔とは――

©️オンファロスピクチャーズ

型破りの右翼活動家・鈴木邦男に密着したドキュメンタリー映画『愛国者に気をつけろ!鈴木邦男』が、ポレポレ東中野にて2020年2月上旬より公開されます。

映画公開に先駆け、ポスタービジュアルと予告編が解禁され、加えて鈴木邦男本人、中村真夕監督からのメッセージも到着しました。

スポンサーリンク

右翼活動家・鈴木邦男とは

©️オンファロスピクチャーズ

1943年に福島県の生長の家の信者の家に生まれた鈴木邦男は、17歳の時に同い年の愛国党党員・山口二矢が社会党党首を刺殺する映像に衝撃を受け、愛国心に目覚めます。

早稲田大学在学時は、右翼活動家として民族派学生運動に参加し、全共闘運動と激しく対立。

今の日本会議の前身となる「全国学協」の初代委員長に就任するも、その後、組織の内紛で運動を離れ、産経新聞社に勤務します。

1972年に政治団体「一水会」を結成し、新右翼の旗手として注目されることに。

1999年に代表を辞任後は顧問となり、執筆活動に加えてプロレス評論家や予備校講師を務めるなど、多方面で活躍中です。

映画『愛国者に気をつけろ!鈴木邦男』のティザービジュアル

©️オンファロスピクチャーズ

このほど解禁となったティザービジュアルは、メイン被写体である鈴木邦男を全面にフィーチャーしたデザインで構成。

また、「不自由な自主憲法より、自由な押し付け憲法」、「愛と正義に気をつけろ!」といった刺激的なキャッチコピーとともに、三島由紀夫や森田必勝、木村三浩や足立正生など、鈴木の思想に影響を与えた人物たちの写真も添えられています。

スポンサーリンク

映画『愛国者に気をつけろ!鈴木邦男』の予告編

ティザービジュアルとともに、予告編も同時公開されました。

冒頭では、パンクロックバンドの頭脳警察が1972年に発表した「ふざけるんじゃねえよ」を挿入曲に、街頭演説を行ったり、自身の人生を変えたという三島由紀夫や森田必勝の墓に手を合わせる鈴木の映像が映し出されます。

さらに、鈴木について語る上祐史浩や松本麗華、雨宮処凛のインタビュー映像も挟みつつ、神妙な面持ちで靖国神社に足を運ぶ様子や、病床に伏せながらも自身の強い信念を語る彼の姿を捉えます。

映画『愛国者に気をつけろ!鈴木邦男』の作品情報


©️オンファロスピクチャーズ

【日本公開】
2020年(日本映画)

【製作・監督・撮影・編集】
中村真夕

【キャスト】
鈴木邦男、雨宮処凛、蓮池透、足立正生、木村三浩、松本麗華、上祐史浩

スポンサーリンク

映画『愛国者に気をつけろ!鈴木邦男』のあらすじ

©️オンファロスピクチャーズ

長年、右翼活動家として活動しながらも、元赤軍関係者や元オウム真理教信者、元警察官からグラビアアイドルなど、様々な人たちと交流を持ち続ける政治活動家・鈴木邦男。

本作監督の中村真夕は、2015年発表のドキュメンタリー映画『ナオトひとりっきり』のトークゲストとして鈴木を招いたことを機に、彼に2年間密着。

その思想遍歴をたどる中で、どのようにして彼が政治や宗教の境界を超えた交流をするようになったのかを追っていきます。

併せて、麻原彰晃の三女・松本麗華、元オウム真理教の幹部だった上祐史浩、元日本赤軍で映画監督の足立正生、右翼活動家から左派系論者に転向した作家の雨宮処凛、拉致被害者家族会の元副代表・蓮池透など、鈴木と交流を持った人たちの証言も収録。

多角的視点から、鈴木の素顔をひも解きます。

©️オンファロスピクチャーズ

まとめ


©️オンファロスピクチャーズ

本作公開にあたり、鈴木邦男と本作監督の中村真夕は、以下のようなメッセージを発表しています。

「ここに私のすべてが映っている。いや、私の知らなかった私がここにいる」
鈴木邦男

「若松孝二監督が突然、亡くなった時、誰も監督についてのドキュメンタリー映画を作っていなかったことをとても残念に思いました。60年代、70年代という激動の時代を知っている人たちもすでに70代、80代になっています。今、この時代を生きた人たちを記録しなければ、この時代は忘れられてしまうという強い焦燥感を感じ、この作品の制作にとりかかりました。鈴木邦男さんの人生を見ていくと、日本の戦後の政治の流れが見えてきました。鈴木さんの人生を記録に残すことは、戦後の日本を検証し、そしてこれからの日本の行き先を考える上で、とても重要だと思います」
中村真夕

これまで多くの本を出版し、テレビや講演会にも数多く出演してきた鈴木ですが、意外にも、彼に密着したドキュメンタリー映画は一本も製作されてきませんでした

「自主規制の傾向が強い最近のテレビでは決して取り上げることのできない鈴木の存在と生き方を、ドキュメンタリー映画で残したい」という意向から、本作製作に着手したという中村監督。

2019年時点で76歳という鈴木の年齢を考慮すると、本作が彼の最初で最後のドキュメンタリー映画になるかもしれません。

数奇な運命を生き抜いてきた鈴木邦男の知られざる一面を、ぜひとも目に焼き付けてください。

映画『愛国者に気をつけろ!鈴木邦男』は、2020年2月上旬より、ポレポレ東中野にて公開

関連記事

新作映画ニュース

D.O.映画『スウィング・キッズ』の公開日は2月21日に決定し予告編も解禁!華麗なタップダンスで舞う

ビートルズやデヴィッド・ボウイの楽曲が華やかに彩る アジア全土で絶大な人気を誇るK-POPグループ“EXO”のメインボーカルを務め、また韓国で大ヒットを記録した「神と共に」二部作をはじめ、俳優としても …

新作映画ニュース

映画『ブレス あの波の向こうへ』あらすじとキャスト。サイモン・ベイカーが美少年サーファーを撮る

オーストラリアで5週連続TOP10入りの大ヒットを記録! ティム・ウィントンが描いた伝説のサーフ文学『ブレス:呼吸』を、人気俳優サイモン・ベイカーが初監督と主演を務め、邦題『ブレス あの波の向こうへ』 …

新作映画ニュース

映画『完全なる飼育 étude』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。月船さらら×市川知宏が体当たりの演技で挑む!

数々の衝撃作を送りだしてきた『完全なる飼育』シリーズ待望の 新作は、かつてない斬新な試み 1999年の第1作目以来、劇映画として数々の衝撃作を送りだしてきた「完全なる飼育」シリーズが、いよいよ9作目と …

新作映画ニュース

映画『東京リベンジャーズ』キャストのキヨマサ役は鈴木伸之。演技力の評価とプロフィール!

映画『東京リベンジャーズ』は2021年7月9日よりロードショー 北村匠海が主演を務め、山田裕貴、杉野遥亮、今田美桜、間宮祥太朗、吉沢亮ら豪華若手俳優が共演する青春サスペンス『東京リベンジャーズ』が公開 …

新作映画ニュース

【トロント映画祭2019】『ジョーカー』や『ジョジョラビット』の評価や評判は?おすすめの日本公開が決まった話題作の紹介も

TIFFトロント国際映画祭2019の現地リポート トロント国際映画祭(Toronto International Film Festival:TIFF)とは、カナダの都市であるトロントで毎年9月に行わ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学