Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/03/04
Update

映画『るろうに剣心 最終章』キャストの桂小五郎役は高橋一生!演技評価とプロフィール紹介

  • Writer :
  • YUMIKO

大ヒットシリーズ『るろうに剣心』の完結編第2弾『るろうに剣心 最終章 The Beginning』は2021年6月4日公開

< 和月伸宏の人気コミックを佐藤健主演&大友啓史監督で実写映画化した大ヒットシリーズ「るろうに剣心」の完結編2部作の第2弾『るろうに剣心 最終章 The Beginning』。

原作では緋村剣心が過去を語る形式で物語が進む「追憶編」をベースに、剣心が不殺の誓いを立てるまでの物語と、彼の頬に刻まれた十字傷の謎に迫ります。

主人公・緋村剣心を演じるのは、映画『バクマン』『世界から猫が消えたなら』で主演を務め、ドラマ『恋はつづくよどこまでも』で大ブレイクした人気実力派俳優・佐藤健。

監督は、「るろうに剣心」シリーズを全て手掛け、佐藤健はじめキャストと気心通じ合う大友啓史。

共演には武井咲、新田真剣佑、青木崇高、蒼井優、有村架純、江口洋介ら豪華俳優が揃います。

幕末志士役として新キャストで高橋一生、村上虹郎、安藤政信が参戦。

この記事では桂小五郎役の高橋一生について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』の作品情報


(C)和月伸宏/集英社 (C)2020映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会

【公開】
2021年(日本映画)

【原作】
和月伸宏「るろうに剣心 明治剣客浪漫譚」

【監督】
大友啓史

【キャスト】
佐藤健、武井咲、新田真剣佑、青木崇高、蒼井優、有村架純、江口洋介、高橋一生、村上虹郎、安藤政信

【作品情報】

和月伸宏の人気コミック『るろうに剣心 明治剣客浪漫譚』を、『バクマン』『世界から猫が消えたなら』の佐藤健主演、NHK大河ドラマ『龍馬伝』の大友啓史監督で実写映画化した大ヒットアクション時代劇の完結編2部作の第1弾。

明治維新以後に殺さずの誓いをたて、人を斬ることのできない「逆刃刀」を携え流浪する伝説の「人斬り抜刀斎」・緋村剣心の活躍を描きます。

2012年に公開の『るろうに剣心』から始まり、2014年の『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』へとつないだたすきを受け継ぐ待望の最終章第2部の本作『るろうに剣心 最終章 The Beginning』。

「剣心にとって最も大事なエピソード。これをやらずにるろうに剣心は終われない」と覚悟を決めた制作陣が挑む大作です。

今作では時は幕末へとさかのぼり、剣心が自ら斬殺してしまった妻・巴の存在と、頬の十字傷の謎が明かされます。

緋村剣心役の佐藤健、神谷薫役の武井咲、相楽左之助役の青木崇高、高荷恵役の蒼井優、斎藤一役の江口洋介らおなじみキャストが再結集。

新キャストとして、剣心に復讐を誓う敵・雪代縁役の新田真剣佑、剣心の亡き妻・雪代巴役で有村架純がシリーズ初参加。

また本作第2弾では新たに、幕末志士の桂小五郎役で『スパイの妻』の高橋一生、沖田総司役で『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の村上虹郎、高杉晋作役で『デイアンドナイト』の安藤政信が参戦します。

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』のあらすじ


(C)和月伸宏/集英社 (C)2020映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会

かつて人斬り抜刀斎と呼ばれ恐れられた緋村剣心は、新時代の幕開けとともに、斬れない刀である逆刃刀を持つようになります。

剣心に強烈な恨みを持つ上海の武器商人・縁と壮絶な戦いを繰り広げる剣心。

怨恨の理由は、維新に揺れ動いていた幕末に遡ります。

剣心が斬殺した妻・巴の存在と、剣心の頬に刻まれた十字傷の謎。

剣心がなぜ〈不殺の誓い〉を立てたのか、そしてなぜ妻を斬殺しなければならなかったのかが今明らかに…。

スポンサーリンク

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』桂小五郎役は高橋一生

参考映像:『億男』(2018)

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』で桂小五郎役を演じる高橋一生は1980年12月9日生まれの俳優。東京都出身。舞プロモーション所属。

児童劇団を経て、1990年『ほしをつぐもの』で映画初出演。

1995年にはジブリアニメ作品『耳をすませば』で主要キャラクター・聖司の声を演じます。

2001年に劇団扉座に入団し、舞台『フォーティンブラス』で準主役を務めました。

2004年ドラマ『怪奇大家族』で連続ドラマ初主演。

2015年のドラマ『民王』で好演し、数々のドラマ賞を受賞。

2017年ではドラマ『カルテット』でブレイク。ドラマ年間大賞を獲得するほど高い評価を受けています。

同年、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』、連続テレビ小説『わろてんか』で重要キャラクターとして出演

2018年には、映画『億男』で本作共演の佐藤健とダブル主演を果たしています。

2020年主演を務めた映画『スパイの妻』は第77回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門銀獅子賞を受賞する快挙となりました。

そのほか、映画『ロマンスドール』『九月の恋と出会うまで』、ドラマ『凪のお暇』『東京独身男子』『僕らは奇跡でできている』など多数作品に出演。

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』桂小五郎はどんな役?


(C)和月伸宏/集英社 (C)2020映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会

高橋一生演じる桂小五郎は幕末の長州藩志士。

佐藤健演じる主人公・剣心の剣の腕を見出して京都へと連れて行き、暗殺者へと仕立て上げます。

桂役を演じるにあたり、3度目の大友組で芝居ができることにありがたみと面白味を感じているという高橋一生。

剣心の心の動きを観察して演じるよう心がけている中、佐藤健が常に“剣心”として存在しているので安心して演技できたと語っています。

スポンサーリンク

高橋一生の演技力の評価は

参考映像:『スパイの妻』(2020)

高い演技力と大人の色香で観る者の心をとらえて離さない実力派俳優・高橋一生。

まるで憑依したかのように様々な役を魅力的に演じきることで知られ、映画・ドラマからオファーの絶えない大人気俳優です。

役作りに対するこだわりは有名で、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』では物語の展開に合わせ、1週間半ぐらいで4~5kgほど減量してクマを作ったり頬をコケさせたりしていたそうです。

大ブレイクした2017年のドラマ『カルテット』では、第7回コンフィデンスアワード・ドラマ賞の助演男優賞を受賞し、さらに同賞の年間大賞においても助演男優賞を受賞。理屈っぽく面倒くさい男性を魅力たっぷりに演じて、話題をさらいました。

2019年のドラマ『凪のお暇』では、第102回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演男優賞を受賞。モラハラだけれど実はヒロインに首ったけで純粋な青年を演じ、世の女性を虜にしました。

2020年放送のドラマ『岸辺露伴は動かない』では、学生時代から高橋自身ファンだったという主人公・露伴役に挑戦。

“ジョジョ立ち”といわれる独特のポーズにこだわり、いかに自然な動きのなかで形になっているのか、すごく気を使ったといいます。「自身が腑に落ちなければお芝居できないので、ポーズの連続みたいなものの間に、どういう動きを入れるのかっていうのをすごく意識していた」と語る高橋。ストイックな役作りの様子がよく伝わってくるコメントです。

2020年の主演映画『スパイの妻』は、見事第77回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞する快挙を成し遂げました。

髙橋はスリーピース姿で昭和の時代の空気をまとった大人の色香を醸し出し、妻にみせる愛情深くスマートな所作で観客を魅了しています。

本作『るろうに剣心 最終章 The Beginning』でも共演する蒼井優とは、『ロマンスドール』に続いての夫婦役。演技派同士の長ゼリフの応酬となるシーンは圧巻と、高く評価されました。

蒼井は高橋について、「本当に尊敬している先輩。一緒に何か作れることがありがたい。一緒に歩んでくださることにすごく感謝しており、また共演したい」と信頼感を明かしています。

2021年のTBS日曜劇場『天国と地獄~サイコな2人~』では、綾瀬はるかと男女で中身が入れ替わる役を圧倒的な演技力で魅せ大きな話題となっている高橋一生。目の表情やまばたきの違いだけで瞬間的に入れ替わったことがわかると絶賛されています。

高橋は外見は男性でも中身は女性という難役を1年かけて準備し、女性的なしぐさを身につけたといいます。女性らしい細くしなやかな体型を目指し、食事は1日1食で体を作り、体のラインも常に鏡でチェックするようにしていたそうです。

本作『るろうに剣心 最終章 The Beginning』の大友啓史監督は高橋に対し、「殺気を帯びた艶っぽさが似合う刹那の時代を、一生君は、それ以外ないという唯一無二の表現を、半端ない深度でしっかり探り当ててくれる。桂の一つ一つの立ち居振る舞いからは、剣心に対する細やかな思いが感じられ、間違いなく作品の強いアクセントになると思いました」と称えています。

高橋一生が魅せる艶のある桂小五郎の演技に期待が高まります。

高橋一生の公式SNSの紹介

残念ながら高橋一生の公式SNSはみつけられませんでした。

まとめ


(C)和月伸宏/集英社 (C)2020映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会

和月伸宏の人気コミック『るろうに剣心 明治剣客浪漫譚』を原作に、主演・佐藤健、監督・大友啓史が実写化した大ヒットアクション時代劇の完結編2部作の第2弾『るろうに剣心 最終章 The Beginning』。

2012年の第1シリーズから主人公・緋村剣心を演じてきた人気実力派俳優・佐藤健が、本作最終章で有終の美を飾ります。

佐藤と同じく、第1作目から演じている神谷薫役の武井咲、相楽左之助役の青木崇高、高荷恵役の蒼井優、斎藤一役の江口洋介らおなじみキャストも集結。

新キャストとして、剣心を暗殺者に作り上げた男・桂小五郎役で、ドラマ『天国と地獄~サイコな2人~』で話題沸騰中の人気実力派俳優・高橋一生が参戦しています。

そのほか、第1弾で新田真剣佑と有村架純、本作第2弾では村上虹郎と安藤政信が新キャストとして出演。

注目の映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』は、2021年6月4日よりロードショーです。





関連記事

新作映画ニュース

映画『五億円のじんせい』キャストのいじわるなホームレス役は水澤紳吾【演技力の評価とプロフィール】

ちょっとだけボクの話を聞いてくれませんか! 映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにて公開! オリジナル企画、出演者、ミュージシャンをオーディションで選出しながら …

新作映画ニュース

映画『きみの鳥はうたえる』キャスト。柄本佑×石橋静河×染谷将太の画像解禁!

映画『きみの鳥はうたえる』は、佐藤泰志の小説をもとに、三宅唱が監督を務め、若手実力派俳優の柄本佑、石橋静河、染谷将太が出演した青春映画。 2018年9月1日(土)より新宿武蔵野館、渋谷ユーロスペースほ …

新作映画ニュース

ダコタ・ファニング映画『500ページの夢の束』あらすじとキャスト。日本公開決定!

映画『500ページの夢の束』は、9月7日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー。 人気女優ダコタ・ファニングと、『JUNO/ジュノ』や『マイレージ、マイライフ』のプロデューサーが贈る、人生をあき …

新作映画ニュース

映画『ビル・エヴァンス タイム・リメンバード』日本公開決定!人生と音楽を捉えたドキュメンタリー

“ジャズピアノの詩人”ビル・エヴァンス生誕90周年記念 “ジャズピアノの詩人”ビル・エヴァンス生誕90周年を記念し、エヴァンスの「時間をかけた自殺」とも言われた51年の人生と音楽を捉えたドキュメンタリ …

新作映画ニュース

映画『おろかもの』キャスト。広木健太は会社の同僚・倉木宗介役を演じる【演技評価とプロフィール】

2020年公開予定の映画『おろかもの』キャスト紹介 若手監督の登竜門として知られる田辺・弁慶映画祭の2019年(第13回)のコンペティション部門でグランプリを受賞した長編『おろかもの』が、「田辺・弁慶 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学