Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『まぼろしの市街戦』リバイバル上映劇場情報。4Kデジタル修復版の予告編解禁

  • Writer :
  • かりごめあき

フランスの名匠フィリップ・ド・ブロカ監督の代表作!

映画『まぼろしの市街戦』(4Kデジタル修復版)は10月27日(土)新宿K’s cinema他にて公開です。

他に類のない卓越したユーモアたっぷりに戦争の狂気を活写した映画史上に燦然と輝く傑作コメディ。

解禁された予告編と日本版メインビジュアル、そして上映劇場情報をお届けします。


© 1966 – Indivision Philippe de Broca

スポンサーリンク

映画『まぼろしの市街戦』の予告編とメインビジュアル解禁

1966年の初公開から約半世紀ぶりの正式リバイバル公開となるフランスの反戦コメディ『まぼろしの市街戦』(4Kデジタル修復版)の予告編と日本版メインビジュアルが解禁されました。

本作は『リオの男』(1963) 『カトマンズの男』(1965)等で知られる名匠フィリップ・ド・ブロカ監督の代表作で、時代も常識も超え、他に類のない卓越したユーモアたっぷりに戦争の狂気を活写した映画史上に燦然と輝く傑作コメディです。

初公開時本国フランスでは話題となりませんでしたが、数年後に米国で公開され何と5年間にわたる驚異的なロングランヒットを記録し、以後は世界的にカルト的人気を博し、唯一無二な作品として映画ファンに愛され続けている作品です。

この度、最新のマスターを使用したDCP。オリジナルのテクニスコープのネガから4Kで修復とカラーグレーディングを行ったテクニカラー社によるレストアは海外で高い評価を得ています。

常識が常識でなくなる不安を抱える現代(いま)こそ必見といえる、この歴史的傑作を是非スクリーンでお確かめください。

日本版メインビジュアルはこちら


© 1966 – Indivision Philippe de Broca

映画『まぼろしの市街戦』の作品情報

【公開】
1966年(フランス映画)

【原題】
Le roi de coeur(英題:KING OF HEARTS)

【監督】
フィリップ・ド・ブロカ

【キャスト】
アラン・ベイツ、ジャン=クロード・ブリアリ、ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド、ピエール・ブラッスール、フランソワーズ・クリストフ、ジュリアン・ギオマール、ミシュリーヌ・プレール、アドルフォ・チェリ

【作品概要】

巧みなストーリー展開に反戦のメッセージを込めた『カトマンズの男』(1964)『リオの男』(1965)などで知られる名匠フィリップ・ド・ブロカの代表作。

『恋する女たち』のアラン・ベイツ、『1000日のアン』や『愛のメモリー』のジュヌヴィエーヴ・ビジョルドが主役を務め、ジャン=クロード・ブリアリ、ピエール・ブラッスールなど、フランスの名優が脇を固めています。

映画史上に輝く、時代も常識も超えた類をみないユーモアたっぷりに戦争の狂気を活写した、カルト映画の歴史的傑作。

スポンサーリンク

映画『まぼろしの市街戦』のあらすじ


© 1966 – Indivision Philippe de Broca

第一次大戦末期、敗走中のドイツ軍は占拠したフランスの小さな街に大型時限爆弾を仕掛けて撤退。

イギリス軍の通信兵プランピック二等兵は、爆弾解除を命じられ街に潜入します。

しかし、住民が逃げ去った後の街では、精神科病院から解放された患者とサーカスの動物たちが解放の喜びに浸り、ユートピアが繰り広げられていました。

通信兵プランピックは爆弾発見を諦め、最後の数時間を彼らと共に過ごそうと死を決意するが…。


© 1966 – Indivision Philippe de Broca

まとめ


© 1966 – Indivision Philippe de Broca

フランスの名匠フィリップ・ド・ブロカ監督の代表作『まぼろしの市街戦』。

上映される本編は、海外で一コマづつ4Kにてデジタル修復が施された最新のデジタルマスター。若干エンディングが異なった日本公開版ではなく、オリジナル版でのDCP上映されるとあって、期待が高まりますね。

『まぼろしの市街戦』(4Kデジタル修復版)は10月27日(土)より新宿k’s cinemaほか全国ロードショー

本作を上映する劇場情報


© 1966 – Indivision Philippe de Broca

【関東地区】
東京 K’s cinema 10月27日(土)~

【中部地区】
愛知 名古屋 名演小劇場 公開予定

【近畿地区】
大阪 シネ・ヌーヴォ 公開予定
兵庫 元町映画館 公開予定

【中国地区】
広島 シネマ尾道 公開予定

【四国地区】
愛媛 松山 シネマルナティック 公開予定

*上記の情報は2018年9月24日現在のものです。作品の特性からセカンド上映や全国順次公開されることが予想されます。お近くの劇場をお探しの際は必ず公式ホームページを閲覧してください。

関連記事

新作映画ニュース

映画特集上映『ワールド・エクストリーム・シネマ2019』がヒューマントラスト渋谷にて10月25日から開催!

いよいよ今年で6周年。 ジャン=クロード・ヴァン・ダム主演作から南米のモンスターパニックまで上映。 この度、「世界中のガツン!とくる映画集めました。」をテーマに東京・ヒューマントラストシネマ渋谷にて2 …

新作映画ニュース

映画『アングリーバード2』あらすじ。声優キャストに竹達彩奈が挑む続編公開日は2020年1月31日に決定!

全世界40億ダウンロードのゲームアプリが映画化。 『アングリーバード』ムービー第2弾! 世界中で大人気ゲームアプリを映画化した『アングリーバード』第2弾『アングリーバード2』。 2016年に公開された …

新作映画ニュース

映画『15ミニッツ・ウォー』あらすじとキャスト。実話を描いたアクションの日本公開は10月11日!

前人未聞の人質救出作戦。 壮絶な実話を基に描く“極限の戦場”! 人質は21人の子どもと美人女性教師。5人のスナイパーVSテロリスト © 2019 EMPREINTE CINEMA – SND-GROU …

新作映画ニュース

【2019年12月6日〜7日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 チョッとだけツウ好みな映画WEBマガジン【Cinemarche:シネマルシェ】 (C)Cinemarche 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマ …

新作映画ニュース

映画『盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲』あらすじとキャスト。踊らないブラックコメディ!

予測不能な展開に全インドが喝采! 盲目を装ったピアニストが“目撃”した殺人事件をきっかけに、クセ者揃いの登場人物が大騒動を繰り広げる予測不能なインドのブラックコメディ「Andhadhun」。 踊らない …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP