Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/01/28
Update

佐藤浩市や江口洋介らが映画『一度も撃ってません』追加キャストに!公開日は2020年7月3日(金)と決定し予告編も解禁

  • Writer :
  • 石井夏子

笑ってぐっとくる!
おすすめ映画ナンバーワン!

石橋蓮司、大楠道代、岸部一徳、桃井かおり出演による阪本順治監督作映画『一度も撃ってません』


(C)2019「一度も撃ってません」フィルムパートナーズ

公開が発表され、「こんな映画を待っていた!」「円熟味があるすてきな俳優陣」など、公開を待ち望むコメントがネット、SNS上で挙がり話題となっています。

また、本作『一度も撃ってません』は2020年7月3日(金)公開と決定し、佐藤浩市、豊川悦司、江口洋介など、実力派俳優が追加キャストとして発表されました。

解禁された予告動画、ポスタービジュアルもあわせてご紹介します。

スポンサーリンク

映画『一度も撃ってません』とは?

画像:『一度も撃ってません』メイキング


(C)2019「一度も撃ってません」フィルムパートナーズ

本作は、74歳の主人公・市川進(石橋)が、ハードボイルドを極めすぎた小説執筆活動によって、妻も、友人も巻き込んで人生最大の騒動を起こしてしまうオトナのハードボイルドでハートフルなコメディ映画

登場人物誰もが、脚本・丸山昇一の描くハードボイルドの中に生きる人物としての空気をまとっています。

ですが、キャストが真面目に演じれば演じるほどに、人間の“おかしみ”と、“リアリティ”が笑いとなって連鎖。

その不思議な空気感がクセになること間違いなしです。

映画『一度も撃ってません』のキャスト


(C)2019「一度も撃ってません」フィルムパートナーズ

様々なジャンルの作品に出演、強い個性と演技力で異彩を放ってきた名優・石橋と、日本映画界の中で同じ時代を共にしてきた大楠、岸部、桃井らが共演を果たす本作には、世代を越えた次世代の豪華俳優陣の出演が実現しました。


(C)2019「一度も撃ってません」フィルムパートナーズ

沢山の「男」を描いてきた阪本順治映画と、丸山昇一(まるやましょういち)のバツグンにしゃれた脚本、そして俳優・石橋蓮司の妙技に魅せられ出演するのは、佐藤浩市(さとうこういち)、豊川悦司(とよかわえつし)、江口洋介(えぐちようすけ)など、主演級としていまや日本映画に欠かせない次世代の俳優陣たち。

加え、妻夫木聡(つまぶきさとし)、新崎人生(しんざきじんせい)、井上真央(いのうえまお)、柄本明(えもとあきら)、前田亜季(まえだあき)、渋川清彦(しぶかわきよひこ)、小野武彦(おのたけひこ)といった豪華でバラエティに飛んだ面々が華を添えています。


(C)2019「一度も撃ってません」フィルムパートナーズ

さらに今回、「令和」を担う世代として柄本佑(えもとたすく)や、最年少には、寛一郎(かんいちろう)が実父の佐藤浩市と初共演を果たす事も注目です。

昭和、平成、令和の世代を超えた豪華俳優陣の共演が作品にさらなる“広がりと深みをもたらします。

スポンサーリンク

映画『一度も撃ってません』の予告編

本作の予告編映像も解禁されました。

ハードボイルドマニアも唸るマニアックな一面の裏に、主人公:市川進の“一筋縄ではいかない”人間味たっぷりのおかしな顛末(てんまつ)に笑ってしまう二つの魅力と、豪華キャストたちの確かな芝居力に圧倒される事間違いなしです。

まるでフィルム・ノワールのような渋さで始まる予告編ですが、次第にその真面目さがおかしみに変わっていきます。

そしてそのおかしみの中に漂う、老いることや人生への哀愁

早く本編を鑑賞したいと思わされてしまいます。

映画『一度も撃ってません』の作品情報


(C)2019「一度も撃ってません」フィルムパートナーズ

【日本公開】
2020年(日本映画)

【監督】
阪本順治

【脚本】
丸山昇一

【キャスト】
石橋蓮司、大楠道代、岸部一徳、桃井かおり、佐藤浩市、豊川悦司、江口洋介、妻夫木聡、新崎人生、井上真央、柄本明、寛一郎、前田亜季、渋川清彦、小野武彦、柄本佑、濱田マリ、堀部圭亮、原田麻由

スポンサーリンク

映画『一度も撃ってません』のあらすじ


(C)2019「一度も撃ってません」フィルムパートナーズ

市川進(いちかわすすむ/石橋蓮司)、御年74歳。

タバコ、トレンチコートにブラックハット…大都会のバー「Y」で旧友のヤメ検エリート・石田(岸部一徳)や元ミュージカル界の歌姫・ひかる(桃井かおり)と共に夜な夜な酒を交わし、情報交換をしています。

そう、彼は巷で噂の“伝説のヒットマン”なんです。

今日も“殺し”の依頼がやってきました。

ですが、市川の本当の姿は、ただハードボイルド小説を書きたい作家、ペンネームは御前零児(オマエレイジ)。

ちなみに原稿は“時代遅れ”で全く売れていません。おまけに妻・弥生(大楠道代)の年金暮らしという、なんとも情けない始末。

担当編集者:児玉(佐藤浩市)も、市川の“伝説のヒットマン”という噂を信じればこそ長年付き合ってきましたが…。

実は、リアリティにこだわり過ぎた市川は“理想のハードボイルド小説”を極めるために、“殺し”の依頼を受けては、その暗殺の状況を取材していたんです。

エセ投資セミナーで金を巻き上げる守山(江口洋介)の暗殺など、過去多くの事件に関わったと噂される“なんちゃって”ヒットマン市川に、ついにツケが回ってきました。

本当は“一度も人を殺したことがない“市川は、敵のヒットマン(豊川悦司)に命を狙われ、妻には浮気まで疑われることになってしまい…。

まとめ


(C)2019「一度も撃ってません」フィルムパートナーズ

人生最大のピンチにばたつく“ハードボイルド気取りな小説家”の顛末を、世代を超えた豪華キャスト達で描き出す、かつてないオトナの良質エンターテイメントが誕生!

映画『一度も撃ってません』TOHOシネマズシャンテ、新宿武蔵野館ほか2020年7月3日(金)全国ロードショーです。

オトナたちが一番ぐっときて、共感して、そして何より可笑しな本作を、是非劇場で!



関連記事

新作映画ニュース

【平田満×井上加奈子プロデュース】アル☆カンパニー舞台公演『荒れ野』作・演出は映画『ひとよ』の桑原裕子!

演劇公演「アル☆カンパニー」舞台『荒れ野』 舞台『荒れ野』は、穂の国とよはし芸術劇場PLATアートスペースにて2019年12月13日(金)~12月15日(日)、下北沢 ザ・スズナリにて2019年12月 …

新作映画ニュース

映画『バトル・ドローン』あらすじとキャスト。未体験ゾーンの映画たち2019にて上映

映画『バトル・ドローン』は2019年3月29日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷で行われている「未体験ゾーンの映画たち2019」で公開します。 個性派揃いの傭兵部隊と殺人機械兵団が血で血を洗う激 …

新作映画ニュース

松本人志が恐怖を煽る予告編解禁!ゲキメーション映画『バイオレンス・ボイジャー』場面写真の紹介も

悪夢のような予告編 世界各国の映画祭から招待され、絶賛を受けた映画『バイオレンス・ボイジャー』が2019年5月24日(金)よりシネ・リーブル池袋ほかにてロードショーされます。 (C)吉本興業 本作は、 …

新作映画ニュース

香取慎吾主演『凪待ち』感想と評価。白石和彌作品からロケ地宮城に暮らす人々は何を感じとったのか?

映画『凪待ち』は2019年6月28日(金)より、TOHOシネマズ日比谷を皮切りに全国ロードショー公開! 監督・白石和彌。俳優・香取慎吾。両雄が初のタッグを組んだ映画にして、震災後の宮城県石巻市を舞台に …

新作映画ニュース

実際に起きた犯罪実話の事件が元ネタの映画『アングスト/不安』。web限定ビジュアルと新場面写真紹介!

話題沸騰のトラウマ級ビジュアルに続き、別ビジュアル解禁。 あまりにも異様で危険な実録スリラー映画『アングスト/不安』が2020年7月3日(金)よりシネマート新宿ほか全国にて順次公開されます。 (C)1 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP