Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/02/23
Update

映画『ひとくず』木下ほうかキャスト陣と監督 上西雄大が舞台挨拶。上映館は大阪なんばパークスシネマなどさらに拡大!

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

映画『ひとくず』は2021年も全国にて劇場公開を拡大中!

「劇団テンアンツ」を主宰する俳優・上西雄大が監督・脚本・主演などを務め、児童虐待や育児放棄の本質と人々の哀しみを描いた映画『ひとくず』。

2020年3月の東京公開時にはコロナウィルス感染拡大と第1回の緊急事態宣言により上映を中断。京阪神地域での公開も10月に大幅にずれ込んでしまったものの、「追いくず」という熱烈なリピーターまで生まれるなど、本作は2021年2月時点でも劇場公開地域を拡大し続け、まさしくロングランヒットへと至りつつあります。

この度は映画『ひとくず』の劇場公開拡大を記念し、大阪なんばパークスシネマにて本作の公開初日、2021年2月19日に舞台挨拶イベントが行われました。

イベントには上西雄大監督をはじめ、キャストの木下ほうか、徳竹未夏、古川愛が登壇。本記事では、その舞台挨拶イベントの模様をご紹介させていただきます。

映画『ひとくず』の最新公開劇場情報はコチラ→

スポンサーリンク

映画『ひとくず』なんばパークスシネマ・初日舞台挨拶


(C)上西雄大

巨大なスクリーンで映画『ひとくず』を

コロナウィルス感染拡大防止のための座席制限が実施しつつも、最大スクリーンでの上映を決定し、リピート13回の「追いくず」ファンなども含め200人を越える満席という熱気溢れるスタートとなった大阪・なんばパークスシネマでの映画『ひとくず』公開。

同館での公開初日である2021年2月19日に行われた舞台挨拶では、主人公の母親・佳代役の徳竹未夏と鞠の母親・凛役の古川藍がゲスト兼司会役を務める中、主人公・金田を自ら演じた上西雄大監督、そして寺田役の木下ほうかが登壇。

満席の客席と今までにない巨大なスクリーンを目にし感極まり涙を浮かべながらも、来場者に向けてお礼を挨拶をする上西監督に対し、木下は「1シーンしか出ていません」「気まずい、なんで呼んだん(笑)』と会場の笑いを誘い場を和ませました。

映画の原動力となった木下ほうかの言葉


(C)上西雄大

かつての映画『ひとくず』への木下の出演交渉について、上西監督は「僕がこの映画を作ろうとなった時に、僕が劇団員の前で“木下ほうかさんに出てもらいたい”と言った時に、夢のような話だと思って、誰も信じなかった」と当時の状況を説明。

そして「僕が脚本を読んでもらって、ほうかさんが最後に握手してくれて“がんばろう”って」「この映画がここまでこれたのは木下ほうかさんのおかげ」と、木下の本作への出演決定が、映画完成と公開実現の大きな力となったことを明かしました。

一方で木下は「小さい小規模の映画で3月から上映が開始されて、1年以上上映が続いていて、こんなにでっかいスクリーンで!というか画質大丈夫?(笑)」「ものすごい低予算で作られて、こういう場所でかけられるのは信じられへん」となんばパークスシネマでの上映、そして作品のロングランヒットを改めて喜びました


(C)上西雄大

また映画『ひとくず』出演の決め手について尋ねられると、「(元々)知り合いじゃなくて、最初は人伝えで紹介された」「(上西監督が)シナリオを送ってきて、なかなかおもしろい。(ただ彼自身を深く)知らんから、“1回会いたい”って」「大阪のロイホで、二人で夜中に会ったんです」と本作への出演経緯を言及。

その上で木下は「次もどんどん新作撮れる」「それはもっと目立つ役で!」と上西監督の次回作への期待、そして同作への自身の出演の意を表明。その言葉に上西監督も「次はラスボス役でがっつり!」と答えました。

「上映中断」から「ロングランヒット」へ


(C)上西雄大

舞台挨拶の終盤、監督&主演作となった映画『ひとくず』の更なる公開拡大について、上西監督は「コロナで劇場がロックダウンされて、半年止まっていたが、10月から大阪で上映が再開」「こういう状況なので、劇場で舞台挨拶出来るのは、こういう状況の中で観ていただけるのは本当にありがたい」とコメント。

虐待について知って心が壊れまして、救いを求めて書いた脚本ですが、非常にたくさんの方が受け取っていただいて、映画が終わればいろんなお言葉をいただけて、その人の人生のそばに置いていただける……僕は役者として意義を持てました」と映画の監督として、主演を務めた役者としての本作への想いを語りました。

また舞台挨拶の最後には、映画『ひとくず』サポーターの方々からの花束の贈呈とフォトセッションを実施。その際には「これちょっと泣きそう……ちょっとかっこ悪い」と、イベント冒頭で涙を浮かべた上西監督に代わって今度は木下が感極まるという状況が生じるなど、来場者の多くの方々の“記憶”に残るであろうイベントとして舞台挨拶は幕を閉じました。

映画『ひとくず』の作品情報

【公開】
2020年(日本映画)

【監督・脚本・編集】
上西雄大

【キャスト】
上西雄大、小南希良梨、古川藍、徳竹未夏、城明男、税所篤彦、川合敏之、椿鮒子、空田浩志、中里ひろみ、谷しげる、星川桂、美咲、西川莉子、中谷昌代、上村ゆきえ、工藤俊作、堀田眞三、飯島大介、田中要次、木下ほうか

【作品概要】
劇団「10ANTS(テンアンツ)」代表の上西雄大監督が、30年以上児童相談所に勤務している児童精神科医師の楠部知子先生から「虐待をしてしまう大人もまた傷ついている」という実態を耳にし、傷ついた子どもだけでなく、虐待をしてしまう大人にも眼を向けてあげてほしいという思いから制作した作品。

国際的女優・映画監督の桃井かおりやイギリス人プロデューサーのアダム・トレルらが審査員を務めた熱海国際映画祭で、最優秀監督賞、育児放棄される子ども役の小南希良梨が最優秀俳優賞の2冠達成をはじめ、数々の映画祭で賞を受賞。

監督・脚本とともに主演をも務めた俳優・上西雄大の存在感と、脇を固めたベテラン俳優の堀田眞三、飯島大介、田中要次、木下ほうからの共演者が紡ぎだす物語から目が離せない一作です。

映画『ひとくず』のあらすじ


(C)上西雄大

生まれてからずっと虐待の日々が続く少女・鞠。食べる物もなく、電気もガスも止められている家に置き去りにされた鞠のもとへ、犯罪を重ねる破綻者の男・金田が空巣に入る。

幼い頃に虐待を受けていた金田は、鞠の姿に自分を重ね、社会からは外れた方法で彼女を救おうと動き出す。そして、鞠の母である凜の恋人から鞠が虐待を受けていることを知る。

虐待されつつも母親を愛する鞠。

鞠が虐待されていると確信した担任教諭は、児童相談所職員を連れてやって来るが、鞠は母の元を離れようとせず、保護することができずにいた。

ある時、金田は鞠を救うために、虐待をする凜の恋人を殺してしまう。凜に力ずくで、母親にさせようとする金田。しかし凜もまた、虐待されていた過去を持ち、子供の愛し方が分からないでいた。

そんな3人が不器用ながらも共に暮らし始め、「家族」の温かさを感じ、本物の「家族」へと近づいていくが……。

スポンサーリンク

まとめ

上西雄大監督の公式Twitterより

「追いくず」という熱きリピーター層にも後押しされ、2021年2月時点でも劇場公開地域を拡大し続け、まさしくロングランヒットへと至りつつある映画『ひとくず』

なんばパークスシネマでの公開初日である2021年2月19日、コロナウィルス感染拡大防止としての座席制限が設けられながらも200人越えの満席という好調なスタートを切り、同日の舞台挨拶イベントも大盛況に終わりました。

舞台挨拶内での上西監督の言葉通り、「コロナの波が終わる後まで走りきる力を持っている映画」として今後も多くの人々に観られることでしょう。

映画『ひとくず』は2021年も全国にて劇場公開を拡大中!

映画『ひとくず』の最新公開劇場情報はコチラ→



関連記事

新作映画ニュース

映画『名もなき歌』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。実話事件を基に衝撃のドラマを描く!

カンヌ国際映画祭2019の監督週間で注⽬を集め、 アカデミー賞2020では国際映画賞・ペルー代表に選出。 ペルーの新鋭メリーナ・レオン監督が実際に起きた事件を基にした衝撃のドラマを描き出しました。 ( …

新作映画ニュース

特集上映【奇跡の映画 カール・テオドア・ドライヤー セレクション】裁かるゝジャンヌなど4作がデジタルリマスターで蘇る

「二十世紀の至宝」カール・テオドア・ドライヤー監督作品 『裁かるゝジャンヌ』『怒りの日』『奇跡』『ゲアトルーズ』を上映! 「二十世紀の至宝」と謳われ、世界映画史が誇る孤高の映画作家カール・テオドア・ド …

新作映画ニュース

映画『空白』キャスト田畑智子は主人公の元妻・松本翔子役!演技力の評価とプロフィール解説

映画『空白』は2021年9月23日よりロードショー 『ヒメアノ~ル』の吉田恵輔監督による、主演・古田新太、共演・松坂桃李の映画『空白』が、2021年9月23日(木・祝)より公開されます。 『ヒメアノ~ …

新作映画ニュース

【シッチェス映画祭2019】上映作品とイベント情報。10月より全国順次公開の祭典予告編が解禁!

震えて、怯えて、泣き叫べ! 1968年に創設された「シッチェス映画祭」は、スペイン・バルセロナ近郊の海辺のリゾート地シッチェスで毎年10月に開催されている映画祭。 SF、ホラー、サスペンスなどのジャン …

新作映画ニュース

しんゆり映画祭2019開催情報!10月27日から上映する第25回作品プログラムの内容紹介

全プログラム発表! キャッチフレーズは「Across the border~のり越える想い~」。 25回目となるKAWASAKIしんゆり映画祭が、川崎市麻生区の新百合ヶ丘にある川崎市アートセンターにて …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学