Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/02/05
Update

映画『ドロステのはてで僕ら』あらすじ。キャストは劇団ヨーロッパ企画で6月より全国順次公開!

  • Writer :
  • 石井夏子

人気劇団・ヨーロッパ企画初のオリジナル長編映画いよいよクランクイン。

京都を拠点に活動を続け、毎年の本公演では1万5千人を動員する人気劇団ヨーロッパ企画

劇団として取り組む初のオリジナル長編映画『ドロステのはてで僕ら』の公開日が、2020年6月5日より全国順次公開と決定しました。

第1弾ビジュアルと上田誠(原案・脚本)、山口淳太(監督)のコメントが到着いたしました。

スポンサーリンク

ヨーロッパ企画とは

参考:ヨーロッパ企画スタッフのツイート

劇団の本公演以外にも、イベントやバラエティ番組制作、ラジオ、携帯アプリ開発など、演劇の枠に捉われず多方面にわたってコンテンツ制作を展開してきたヨーロッパ企画

そして、劇団員がそれぞれショートフィルムの監督を手がけているのもヨーロッパ企画の特徴です。

舞台でも2001年初演の『サマータイムマシン・ブルース』以降、たびたびSF、時間、タイムマシンをテーマにしてきた彼らですが、映像作品でもそのこだわりは炸裂。

劇団代表の上田誠は『ゴ』『タイムマシン』『ハウリング』『恋の小フーガ』『タイムブック』と、一貫して“時間”がテーマのショートフィルムを手がけてきました。

CG全盛期の時代に、合成を一切使わず全てアナログ撮影、しかも長回しによってタイムトラベルを映像化する手法に話題が集中しています。

映画『ドロステのはてで僕ら』について

参考動画:ヨーロッパ企画20周年ツアーCM

映画『ドロステのはてで僕ら』は、ヨーロッパ企画代表の上田誠が模索してきた“時間映画”の長編映画化となります。

原案、脚本は、上田誠(『サマータイムマシン・ブルース』『曲がれ!スプーン』『『ペンギン・ハイウェイ』『前田建設ファンタジー営業部』)。

監督を務めるのはヨーロッパ企画の映像ディレクター、山口淳太(「警視庁捜査資料管理室」)。

そして出演は、ヨーロッパ企画メンバーと藤谷理子です。

スポンサーリンク

映画『ドロステのはてで僕ら』第1弾ビジュアル


映画『ドロステのはてで僕ら』

公開日決定の一報とあわせ、第1弾ビジュアルが発表されました。

ビジュアルで使われている写真は、メンバーの諏訪雅が撮影

中央に佇んだ男性が抱えたテレビには、合わせ鏡にように映された同じ画像が並び、「時間のパズルに殴られろ」というコピーとともに、本作が描く“時間”を象徴的に描き出します。

コメント紹介

上田誠(原案・脚本)、山口淳太(監督)によるクランクイン前の意気込みコメントが到着しました。 

脚本・上田誠のコメント

初のオリジナル長編映画、しかもちょっと普通じゃやらないような撮影方法にみんなで挑んでみるというのは、久しぶりのときめきです。劇団の感じすごいあります。劇団じゃないとやれない映画だと思うから。つまりはちょっとムリめなことをするということ。そのために劇団はあります。多分うまくいかなかったり、おしたり、揉めもするでしょう。相当なピンチもあるかも。誰かがミスしたらやりなおしで、それが重なると朝まで、みたいな撮影です。クランクインしたくないです。

監督・山口淳太のコメント

今日からリハーサルが始まります。準備期間もあっという間に過ぎ去りました。動きが早いプロジェクトです。映画のストーリー自体もとてつもないスピードで進む話になりました。このすべての勢いがドロステのはてまで届けばいいなと思います。ヨーロッパ企画メンバーはほぼ全編にわたり出演しています。体力・精神力ともにすり減らされそうです。上田さんの本当の恐ろしさを知れるクレイジーなお話ですので、ぜひぜひご期待くださいませ。 

スポンサーリンク

映画『ドロステのはてで僕ら』の作品情報

映画『ドロステのはてで僕ら』

【日本公開】
2020年(日本映画)

【原案・脚本】
上田誠

【監督】
山口淳太

【キャスト】
ヨーロッパ企画メンバー、藤谷理子

映画『ドロステのはてで僕ら』のあらすじ

とある雑居ビルのカフェで起こった、SFめいた事象。

テレビとテレビが「時間的ハウリング」を引き起こし、2分前と2分後がつながったんです。

絡まる思惑、襲う整合性。ドロステのはてで、僕らは…。

まとめ


映画『ドロステのはてで僕ら』

ヨーロッパ企画代表の上田誠が模索してきた“時間映画”の長編映画化した本作。

さらに、ヨーロッパ企画と初タッグとなるヒロイン役の女優も決定したとのことで、続報が待たれますね。

映画『ドロステのはてで僕ら』は下北沢トリウッド、京都シネマほかにて2020年6月5日より全国順次公開です。

関連記事

新作映画ニュース

【2019年9月20日〜21日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 すこしだけツウ好みな映画WEBマガジン「Cinemarche」 (C)Cinemarche 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマルシェ)」で掲載 …

新作映画ニュース

映画『イップ・マン4 完結篇』あらすじとキャスト。ドニーイェンが華麗な中国武術で魅せる予告編解禁

ドニー・イェン主演「イップ・マン」シリーズ最新作 (c)Mandarin Motion Pictures Limited, All rights reserved. 『イップ・マン 序章』(2008) …

新作映画ニュース

のん映画『星屑の町』あらすじとキャスト。公開日は2020年3月6日の舞台を映像化した音楽娯楽作品

令和の世に響き渡る昭和歌謡の名曲たち。 ベテラン俳優陣とのん、人生を謳う! 1994年から25年に亘って愛され続けた舞台「星屑の町」シリーズ(全7作)が、メインメンバー変わらず、ヒロインにのんを迎えて …

新作映画ニュース

映画『元カレとツイラクだけは絶対に避けたい件』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。上空を舞台にしたサバイバルスリラー

『ロスト・バケーション』の制作陣が放つ、脅威の体験! 海を舞台に人喰いサメとの死闘を描き話題を呼んだ大ヒットサバイバル映画『ロスト・バケーション』(2016)の制作陣が、今度は空を舞台に再びスリリング …

新作映画ニュース

ティモシー・シャラメ映画『シークレット・チルドレン 禁じられた力』あらすじとキャスト。幻の主演作が日本緊急公開へ

『君の名前で僕を呼んで』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされ大ブレイクを果たしたティモシー・シャラメの主演作『ONE & TWO』(原題)が、邦題を『シークレット・チルドレン 禁じられた力 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学