Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/04/27
Update

【映画公開記念プレゼント】バイオレンス・ボイジャー特製トートバック&宇治茶監督サイン入りプレスシート。抽選10名様にガクブル((((;゚Д゚))))贈答

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

映画『バイオレンス・ボイジャー』は2019年5月24日(金)より全国ロードショー!

劇画とアニメーションを融合した表現技法「ゲキメーション」によって宇治茶監督が描く、バイオレンスそしてグロテスクに満ちた異形の長編アニメーション映画『バイオレンス・ボイジャー』

主演にして人気声優の悠木碧をはじめ、数多の豪華キャストが起用されたことでも大きな話題となっています。

この度、5月24日(金)からの公開を記念致しまして、劇中に登場する多くのキャラクターが描かれた特製トートバッグと、宇治茶監督の直筆サイン入りの本作マスコミ用プレスシートをセットに致しまして10名様にプレゼント致します!

スポンサーリンク

映画『バイオレンス・ボイジャー』とは


(C)吉本興業

山奥にひっそりと佇む寂れた娯楽施設「バイオレンス・ボイジャー」を舞台に、暴力・血肉・狂気・復讐が飛び交う物語が繰り広げられるバイオレンス&グロテスクな異形の長編アニメーション映画

長編デビュー作『燃える仏像人間』にてその独自の世界観が国内外にて高く評価された宇治茶監督が、監督・脚本・編集・キャラクターデザイン・作画・撮影を1人で担当し、全編をアニメーションと劇画を融合させた表現技法「ゲキメーション」によって描き切りました。

キャストには『魔法少女まどか☆マギカ』『幼女戦記』で知られる人気声優の悠木碧をはじめ、人気お笑いコンビ「ココリコ」の田中直樹と「サバンナ」の高橋茂雄、俳優の田口トモロヲ、悠木と同じく人気声優の藤田咲小野大輔らが声優として参加。また本作のナレーションは、自身も映画監督として活躍する松本人志が務めました。

宇治茶監督のプロフィール


(C)吉本興業

1986年生まれ、京都府宇治市出身。2009年京都嵯峨芸術大学観光デザイン学科卒業。

大学の卒業制作展にて、自身初となるゲキメーション作品『RETNEPRAC 2』を発表。2010年にはゲキメーション作品の第二作『宇宙妖怪戦争』を制作し、京都一条妖怪ストリートにて公開しました。

上記のゲキメーション作品二作をきっかけに、2011年より『燃える仏像人間』の制作を開始。2013年にはゆうばり国際ファンタスティック映画祭をはじめ、ドイツ・韓国・オランダなど、国内外の数々の映画祭に招待されたのちに全国公開されました。さらに2013年度第17回文化庁メディア芸術祭では、エンターテインメント部門にて優秀賞を受賞を獲得しました。

そして、2019年に公開される『バイオレンス・ボイジャー』は、監督にとって初めて全編ゲキメーションのみによって制作された長編アニメーション映画にあたります。

『バイオレンス・ボイジャー』の宇治茶監督展


(C)吉本興業

またそれに併せて、吉本アートエンタテインメントが大阪なんばにて開いたアートギャラリー「LAUGH & PEACE ART GALLERY」にて、本作の撮影に用いられたペープサート(紙人形)や原画を見ることができる「宇治茶監督展」が2019年4月26日から5月19日にかけて開催されることが決定しています。

「LAUGH & PEACE ART GALLERY」公式サイトはこちら!

スポンサーリンク

オリジナルトートバッグ&宇治茶監督サイン付プレスプレゼントの詳細

この度、映画『バイオレンス・ボイシャー』の公開を記念致しまして、劇中に登場する様々なキャラクターが描かれた特製トートバッグと、宇治茶監督の直筆サイン入りのマスコミ用プレスシートセットを10名様にプレゼント致します。

プレゼント内容の情報

【プレゼントグッズ】

特製トートバッグ


(C)吉本興業

*上記の『バイオレンス・ボイジャー』公開記念の特製トートバックに、宇治茶監督直筆のサイン入りマスコミ用プレスシートセットにして抽選で10名様にプレゼントいさせていただきます。

プレゼントの応募受付


(C)吉本興業

【応募方法】
たくさんのご応募ありがとうございました。当選は発送をもって代えさせていただきます。

【応募締切】
2019年5月17日(金)の23時59分まで有効

【当選者数】
10名様

【抽選・当選発表】
厳正なる抽選のうえ、当選者を決定致します。また当選者の発表は個人情報の保護のため、当選者ご本人への発送をもって代えさせていただきます。

応募はお1人様1回に限り有効です。複数回の応募は無効となる場合がございますのでご注意ください。

映画『バイオレンス・ボイジャー』の作品情報


(C)吉本興業

【公開】
2019年5月24日(金)(日本映画)

【監督・脚本・作画・撮影・編集・キャラクターデザイン】
宇治茶

【キャスト(声の出演)】
悠木碧、田中直樹(ココリコ)、藤田咲、高橋茂雄(サバンナ)、小野大輔、田口トモロヲ、松本人志

スポンサーリンク

映画『バイオレンス・ボイジャー』のあらすじ


(C)吉本興業

日本の山奥の村で両親と共に暮らしているアメリカ人の少年ボビー(悠木碧)は、山向こうの土地へ引っ越したかつての友人に会いに行くために、親友のあっくん(高橋茂雄)や猫のデレクと共に出かけました。

その道中で、二人は寂れた娯楽施設「バイオレンス・ボイジャー」を見つけ、興味本位で中へと入ることにします。手持ちのお金は足りなかったものの、施設の運営者である古池(田口トモロヲ)の厚意によって無料で遊ばせてもらえることになりました。

手作り感満載のアトラクションに最初はガッカリする二人でしたが、次第に夢中になってゆきます。しかし、アトラクション内に倒れている少女を発見したことで、事態は急変します…。

まとめ


(C)吉本興業

全編がゲキメーションによって構成された、バイオレンス&グロテスクな異形の長編アニメ映画『バイオレンス・ボイジャー』。

宇治茶監督が描く強烈な世界観に、劇場に訪れた人々は誰もが圧倒されてしまうでしょう。

そんな監督が生み出した、一度見てしまったら決して忘れられないキャラクターたち。彼らが描かれた特製トートバッグと、監督の直筆サイン入りのマスコミ用プレスシートをセットとして、抽選で10名様にプレゼント致します。

たくさんのご応募をお待ちしております*\(^o^)/*

映画『バイオレンス・ボイジャー』は2019年5月24日(金)より全国ロードショー!



関連記事

新作映画ニュース

映画『ジェノサイド・ホテル』あらすじと上映劇場情報。予告編やポスター解禁に

豪華五つ星ホテルが惨劇の舞台となり、甚大な被害と多数の死傷者を出した凄惨な事件を元に描く、リアリティック・アクション・スリラー! 映画『ジェノサイド・ホテル』は、10月13日(土) ヒューマントラスト …

新作映画ニュース

【映画試写会プレゼント】ドキュメンタリー『フリーソロ』5組10名様ご招待!8月27日(火)渋谷ユーロライブにて

魂を揺さぶるクライマックスが待っている! 稀代のクライマー、アレックス・オノルドが、カリフォルニア州のヨセミテ国立公園にそびえる巨岩エル・キャピタンにフリーソロで挑む一部始終を臨場感溢れるカメラワーク …

新作映画ニュース

映画『マダムのおかしな晩餐会』あらすじとキャスト。トークイベント報告紹介

映画『マダムのおかしな晩餐会』は、2018年11月30日 TOHO シネマズ シャンテ ほか全国公開。 マダムが開く豪華ディナーに正体を隠したメイドが出席し、客の紳士が彼女に一目惚れしたことから巻き起 …

新作映画ニュース

【大阪アジアン映画祭2020情報】上映はスケジュール通り実施!舞台挨拶とQ&Aのみ中止のお知らせ

2020年の大阪アジアン映画祭は、すべての舞台挨拶を中止へ。 2020年3月6日から15日に開催の第15回大阪アジアン映画祭。 本映画祭は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を巡る昨今の状況 …

新作映画ニュース

映画『MOTHER マザー』キャスト長澤まさみは母親役シングルマザーの三隅秋子役を熱演【演技評価とプロフィール】

2020年7月3日公開の長澤まさみ主演映画『MOTHER マザー』キャスト紹介 母と息子。ひとつの殺害事件。実話をベースに描く感動の衝撃作『MOTHER マザー』が2020年7月3日(金)よりTOHO …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP