Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『サイゴン・クチュール』あらすじとキャスト。公開日は12月21日のファッションエンタメ!

  • Writer :
  • 山寺澪

全ての女の子に捧ぐ、カワイイがつまったビタミン・ムービー。

全ての女子が元気になれる!女性トップクリエイターたちが送るパワフルでキュートなファッション・ファンタジー『サイゴン・クチュール』が遂に日本上陸します。

©STUDIO68  

2019年12月21日(土)より新宿K’sシネマほか全国順次公開されることが決定いたしました。

この度、ポスタービジュアルと場面写真が到着しましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『サイゴン・クチュール』について

©STUDIO68 

映画『サイゴン・クチュール』のストーリー

1969年のサイゴン(現・ホーチミン)。

伝統あるアオザイ仕立て屋の娘・ニュイは、ミス・サイゴンに選ばれるほど美しくスタイルもファッション・センスも抜群

しかし、アオザイを野暮ったいと嫌い、店を切り盛りする母と対立していました。

そんなニュイが何故か21世紀にタイムスリップ

ベトナムのトップデザイナーのもとで働くことになりますが、自身のファッション・センスを「ダサい!」と一蹴されてしまいます。

しかも仕事は失敗続き…。

ですが、青年トアンなど、周囲の助けを借りつつ、60’sライクなリバイバル・ファッションで徐々に頭角をあらわしていきます。

やがて彼女はアオザイに託された母の本当の想いに気づき、成長していき…。

監督とキャスト紹介

©STUDIO68

本作の監督はグエン・ケイ。アメリカ、イギリス、日本で実績を積み、プロデューサーとしても活躍するなど、ベトナム映画界きってのヒットメーカーです。

出演、そしてエグゼクティブ・プロデューサーを務めるのは『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のゴ・タイン・バン

ハリウッドで女優として成功する傍ら、「ELLE」など数々のファッション誌の表紙を飾る、まさに全てのベトナム人女性憧れのファッションリーダーです。

彼女ら新世代のトップクリエイターのガールズパワーが炸裂します。

ベトナムのトラディショナル・スタイルを現代のファッションにまで昇華させ、現代的でPOPなファッション・エンタテインメントを作り上げました。

映画『サイゴン・クチュール』のポスタービジュアル

©STUDIO68

この度解禁されたポスタービジュアルは、ビタミン・カラーを基調としたデザインに、「レトロモダン」なファッションを着こなすニュイの姿があります。

本作のスタイリッシュで、はつらつとした雰囲気を伺わせる仕上がりとなっています。

スポンサーリンク

映画『サイゴン・クチュール』の場面写真

©STUDIO68

ポスタービジュアルに合わせて公開された場面写真では、主人公と母が華やかな色使いのアオザイを着用し笑顔を見せる姿、ベトナムNo.1イケメンのS.T演じるトゥアンとバイクでタンデムする姿、アパレルメーカーで活き活きと働く姿など、彩りにあふれた場面写真が揃いパワーをもらえるガールズムービーを期待させます。

©STUDIO68

映画『サイゴン・クチュール』の作品情報

©STUDIO68

【日本公開】
2019年(ベトナム映画)

【原題】
Cô Ba Sài Gòn(英題:The Tailor)

【監督】
グエン・ケイ、チャン・ビュー・ロック

【脚本】
エー・タイプマシン

【キャスト】
ニン・ズーン・ラン・ゴック、ホン・ヴァン、ジエム・ミー、オアン・キエウ、S.T、ゴ・タイン・バン(ベロニカ・グゥ)

【作品概要】
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)や『ブライト』(2017)に出演した女優ゴ・タイン・ バン(ベロニカ・グゥ)がプロデューサーを務め、彼女の「スタジオ68」の製作により作られたファッション・エンタテーメント。

またゴ・タイン・ バン自身も本作ではヒロインの母親役を演じています。

主演のニュイ役を演じたニン・ズーン・ラン・ゴックは1990年生まれ、『フェアリー・オブ・キングダム』(2016)で妹カムを演じた女優です。

そしてニュイを助けるトゥアン役を演じるのは、人気ボーイズグループの365daband(バーサウナム)のメンバーだったS.T。

この作品のヒットにより、映画に登場するファッショナブルなアオザイが若者の間でも流行しました。

映画『サイゴン・クチュール』は、釜山国際映画祭をはじめ、多くの映画祭に招待され、日本では大阪アジアン映画祭などで『仕立て屋 サイゴンを生きる』のタイトルで上映されました。

スポンサーリンク

映画『サイゴン・クチュール』のあらすじ

©STUDIO68

1969年のサイゴン。9代続いたアオザイ仕立て屋の娘ニュイは、ミス・サイゴンに選ばれるほど美しくスタイルもファッション・センスも抜群。

しかし60年代のニューファッションに夢中で、”野暮ったい”アオザイを仕立てる母と対立していました。

そんなニュイがある日突然、現代にタイムスリップ!

変わり果てた自分と店の姿に対面してしまいます。なんと母が急逝した後、店が傾き倒産、生家も取り上げ寸前の状態でした。

そこでニュイは自分の“人生”を変えるべく、ベトナムのトップデザイナーのもとで働くことになりますが、仕事では失敗ばかり。

自身のファッション・センスも既に時代遅れと落ち込みます。

しかし青年・トアンの助けを借りつつ奮闘し、徐々に自信を取り戻していきます。

ニュイは果たして、成りたかった“本当の人生”を取り戻すことが出来るのでしょうか?

まとめ

©STUDIO68

本国ベトナムでアオザイブームを巻き起こした、ちょっぴり不思議でユニークなファッション・エンタテーメント『サイゴン・クチュール』。

8月に行いましたCinemarche初の女性限定試写会では、一足先にご覧になったお客様から好評の声を多数いただいています。

『サイゴン・クチュール』は2019年12月21日(土)より新宿K’sシネマほか全国順次ロードショーです。

本作はポップな色彩と、キュートな登場人物たちの魅力に溢れた本作に、ぜひご期待下さい。

関連記事

新作映画ニュース

ジョエル・エドガートン監督の映画『ある少年の告白』日本公開日決定!ルーカス・ヘッジズ初主演の作品とは

俳優のジョエル・エドガートンが『ザ・ギフト』(2016)に続き監督し、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(2017)で一躍その名を世界に知らしめたルーカス・ヘッジズが初主演を飾る、映画『ある少年の告白 …

新作映画ニュース

TAKAHIROが板垣瑞生を指導!映画『僕に、会いたかった』本編映像で釣りの実力が明かされる

TAKAHIROの真実が暴かれる本編映像 日本の音楽シーンをリードするダンス&ボーカルグループ「EXILE」のヴォーカリストとして確固たる人気を誇り、俳優としても活躍するTAKAHIROが、満を持して …

新作映画ニュース

ヴァンダム映画『ザ・バウンサー』あらすじとキャスト。予告編と上映スケジュール情報も【WEC2019】

男は愛する娘を救うため、危険な犯罪組織へ潜入する。 ジャン=クロード・ヴァン・ダムが挑むリアリスティック・アクション! 闇社会で生きる漢ヴァンダムの拳が唸る! この度、ジャン=クロード・ヴァン・ダム主 …

新作映画ニュース

映画試写会プレゼント『あの頃、君を追いかけた』25組50名様ご招待【9/27よみうりホール】

台湾で200万人を動員する大ヒットを記録した青春映画『あの頃、君を追いかけた』が舞台を日本に移し、オリジナル作品の瑞々しさを受け継ぎつつ、新たに生まれ変わりました。 主演・山田裕貴×ヒロイン・齋藤飛鳥 …

新作映画ニュース

【TAAF2019】東京アニメアワードフェスティバルの受賞結果。グランプリはポーランドのアニメ作品『アナザー デイ オブ ライフ』

TAAF2019受賞作品紹介 2019年3月8日(金)から3月11日(月)まで開催された、国際アニメーション映画祭「東京アニメアワードフェスティバル2019(TAAF2019)」。 ©TAAFEC. …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP