Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『サイゴン・クチュール』あらすじとキャスト。公開日は12月21日のファッションエンタメ!

  • Writer :
  • 山寺澪

全ての女の子に捧ぐ、カワイイがつまったビタミン・ムービー。

全ての女子が元気になれる!女性トップクリエイターたちが送るパワフルでキュートなファッション・ファンタジー『サイゴン・クチュール』が遂に日本上陸します。

©STUDIO68  

2019年12月21日(土)より新宿K’sシネマほか全国順次公開されることが決定いたしました。

この度、ポスタービジュアルと場面写真が到着しましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『サイゴン・クチュール』について

©STUDIO68 

映画『サイゴン・クチュール』のストーリー

1969年のサイゴン(現・ホーチミン)。

伝統あるアオザイ仕立て屋の娘・ニュイは、ミス・サイゴンに選ばれるほど美しくスタイルもファッション・センスも抜群

しかし、アオザイを野暮ったいと嫌い、店を切り盛りする母と対立していました。

そんなニュイが何故か21世紀にタイムスリップ

ベトナムのトップデザイナーのもとで働くことになりますが、自身のファッション・センスを「ダサい!」と一蹴されてしまいます。

しかも仕事は失敗続き…。

ですが、青年トアンなど、周囲の助けを借りつつ、60’sライクなリバイバル・ファッションで徐々に頭角をあらわしていきます。

やがて彼女はアオザイに託された母の本当の想いに気づき、成長していき…。

監督とキャスト紹介

©STUDIO68

本作の監督はグエン・ケイ。アメリカ、イギリス、日本で実績を積み、プロデューサーとしても活躍するなど、ベトナム映画界きってのヒットメーカーです。

出演、そしてエグゼクティブ・プロデューサーを務めるのは『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のゴ・タイン・バン

ハリウッドで女優として成功する傍ら、「ELLE」など数々のファッション誌の表紙を飾る、まさに全てのベトナム人女性憧れのファッションリーダーです。

彼女ら新世代のトップクリエイターのガールズパワーが炸裂します。

ベトナムのトラディショナル・スタイルを現代のファッションにまで昇華させ、現代的でPOPなファッション・エンタテインメントを作り上げました。

映画『サイゴン・クチュール』のポスタービジュアル

©STUDIO68

この度解禁されたポスタービジュアルは、ビタミン・カラーを基調としたデザインに、「レトロモダン」なファッションを着こなすニュイの姿があります。

本作のスタイリッシュで、はつらつとした雰囲気を伺わせる仕上がりとなっています。

スポンサーリンク

映画『サイゴン・クチュール』の場面写真

©STUDIO68

ポスタービジュアルに合わせて公開された場面写真では、主人公と母が華やかな色使いのアオザイを着用し笑顔を見せる姿、ベトナムNo.1イケメンのS.T演じるトゥアンとバイクでタンデムする姿、アパレルメーカーで活き活きと働く姿など、彩りにあふれた場面写真が揃いパワーをもらえるガールズムービーを期待させます。

©STUDIO68

映画『サイゴン・クチュール』の作品情報

©STUDIO68

【日本公開】
2019年(ベトナム映画)

【原題】
Cô Ba Sài Gòn(英題:The Tailor)

【監督】
グエン・ケイ、チャン・ビュー・ロック

【脚本】
エー・タイプマシン

【キャスト】
ニン・ズーン・ラン・ゴック、ホン・ヴァン、ジエム・ミー、オアン・キエウ、S.T、ゴ・タイン・バン(ベロニカ・グゥ)

【作品概要】
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)や『ブライト』(2017)に出演した女優ゴ・タイン・ バン(ベロニカ・グゥ)がプロデューサーを務め、彼女の「スタジオ68」の製作により作られたファッション・エンタテーメント。

またゴ・タイン・ バン自身も本作ではヒロインの母親役を演じています。

主演のニュイ役を演じたニン・ズーン・ラン・ゴックは1990年生まれ、『フェアリー・オブ・キングダム』(2016)で妹カムを演じた女優です。

そしてニュイを助けるトゥアン役を演じるのは、人気ボーイズグループの365daband(バーサウナム)のメンバーだったS.T。

この作品のヒットにより、映画に登場するファッショナブルなアオザイが若者の間でも流行しました。

映画『サイゴン・クチュール』は、釜山国際映画祭をはじめ、多くの映画祭に招待され、日本では大阪アジアン映画祭などで『仕立て屋 サイゴンを生きる』のタイトルで上映されました。

スポンサーリンク

映画『サイゴン・クチュール』のあらすじ

©STUDIO68

1969年のサイゴン。9代続いたアオザイ仕立て屋の娘ニュイは、ミス・サイゴンに選ばれるほど美しくスタイルもファッション・センスも抜群。

しかし60年代のニューファッションに夢中で、”野暮ったい”アオザイを仕立てる母と対立していました。

そんなニュイがある日突然、現代にタイムスリップ!

変わり果てた自分と店の姿に対面してしまいます。なんと母が急逝した後、店が傾き倒産、生家も取り上げ寸前の状態でした。

そこでニュイは自分の“人生”を変えるべく、ベトナムのトップデザイナーのもとで働くことになりますが、仕事では失敗ばかり。

自身のファッション・センスも既に時代遅れと落ち込みます。

しかし青年・トアンの助けを借りつつ奮闘し、徐々に自信を取り戻していきます。

ニュイは果たして、成りたかった“本当の人生”を取り戻すことが出来るのでしょうか?

まとめ

©STUDIO68

本国ベトナムでアオザイブームを巻き起こした、ちょっぴり不思議でユニークなファッション・エンタテーメント『サイゴン・クチュール』。

8月に行いましたCinemarche初の女性限定試写会では、一足先にご覧になったお客様から好評の声を多数いただいています。

『サイゴン・クチュール』は2019年12月21日(土)より新宿K’sシネマほか全国順次ロードショーです。

本作はポップな色彩と、キュートな登場人物たちの魅力に溢れた本作に、ぜひご期待下さい。

関連記事

新作映画ニュース

セドリック・クラピッシュ最新作『おかえり、ブルゴーニュへ』予告編とポスター解禁

現代フランスを代表する人気監督セドリック・クラピッシュ、4年ぶりの新作映画『おかえり、ブルゴーニュへ』。 11月17日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEAほ …

新作映画ニュース

【新宿K’s cinema】ベトナム映画同時上映『漂うがごとく』『ベトナムを懐う』予告と場面写真解禁

2019年3月23日(土)よりロードショー ベトナム映画市場は近年アジアのなかでも目を見張る急成長を遂げており、国内産ジャンルムービーがどんどんクオリティを上げ、海外で研鑽を積んだクリエイターがベトナ …

新作映画ニュース

映画『護られなかった者たちへ』あらすじ/キャスト。佐藤健が連続殺人事件の容疑者役で阿部寛と共演!

映画『護られなかった者たちへ』は2020年内に全国公開。 中山七里のミステリー小説『護られなかった者たちへ』を瀬々敬久監督が実写映画化します。 (C)2020映画『護られなかった者たちへ』製作委員会 …

新作映画ニュース

映画『WALKING MAN』あらすじとキャスト。カリスマラッパー【ANARCHY】初監督作の見どころ

人気ラッパーANARCHY初監督作! 日本を代表するカリスマラッパーANARCHYの初監督映画『WALKING MAN』が、2019年10月11日(金)より、全国ロードショーされます。 不幸と極貧のど …

新作映画ニュース

ゴダール映画『イメージの本』公開記念。『さらば、愛の言葉よ』3D上映がシネスイッチ銀座にて決定

『さらば、愛の言葉よ<3D>』アンコール上映 2019年4月20日(土)よりシネスイッチ銀座ほか全国ロードショーされるジャン=リュック・ゴダール監督最新作『イメージの本』。 その公開を記念し、4月13 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP