Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/09/11
Update

映画『少女ムシェット』『バルタザールどこへ行く』4K劇場公開日/上映館。ロベールブレッソンおすすめ最高傑作のデジタルリマスター版!

  • Writer :
  • 石井夏子

巨匠ロベール・ブレッソンによる、映画史に輝く最高傑作。

巨匠ロベール・ブレッソンが遺した、映画史に輝く最高傑作『バルタザールどこへ行く』『少女ムシェット』。

『バルタザールどこへ行く』のポスター・ビジュアル(C)1966 Argos Films – Parc Films – Athos Films – Svensk Filmindustri

映画『バルタザールどこへ行く』と『少女ムシェット』の4Kリストア・デジタルリマスター版が、2020年10月30日(金)より、新宿シネマカリテほか全国順次公開することが決定しました。

あわせて、各作のポスター・ビジュアル、チラシ・ビジュアルが解禁となります。

スポンサーリンク

映画『バルタザールどこへ行く』について

(C)1966 Argos Films – Parc Films – Athos Films – Svensk Filmindustri

巨匠ロベール・ブレッソンが長年映画化を望んだ、聖なるロバ“バルタザール”をめぐる現代の寓話

ドストエフスキーの長編小説『白痴』の挿話から着想を受け、一匹のロバと、少女マリーとの数奇な運命を描きだします。

純粋さから悪の道へと堕ちていく少女マリーを演じるのは、当時17歳のアンヌ・ヴィアゼムスキー。その後『中国女』(1967)などゴダール作品に数々出演することになる彼女にとって、これが初の映画出演作となりました。

第27回ヴェネチア国際映画祭審査員特別表彰をはじめ数々の映画賞を受賞し、いまも多くの映画人を魅了しつづける、映画史に残る最高傑作です。

映画『バルタザールどこへ行く』の作品情報

(C)1966 Argos Films – Parc Films – Athos Films – Svensk Filmindustri

【製作】
1966年(フランス・スウェーデン映画)

【4K版日本公開】
2020年

【原題】
AU HASARD BALTHAZAR

【原作】
ドストエフスキー『白痴』より

【監督・脚本】
ロベール・ブレッソン

【撮影】
ギラン・クロケ

【美術】
ピエール・シャルボニエ

【音楽】
シューベルト、ジャン・ヴィーネル

【キャスト】
アンヌ・ヴィアゼムスキー、フランソワ・ラファルジュ、フィリップ・アスラン、ナタリー・ジョワイヨー、ヴァルター・グリーン、ジャン=クロード・ギルベール、ピエール・クロソフスキー、ロバのバルタザール

【4Kリマスター カラーグレーディング】
クリスティアン・ボスケ

映画『バルタザールどこへ行く』のあらすじ

(C)1966 Argos Films – Parc Films – Athos Films – Svensk Filmindustri

ピレネーの小さな村に住む幼い少女マリーは、生まれたばかりのロバにバルタザールと名付けてかわいがっていました。

10年後、バルタザールは鍛冶屋の苦役に使われていましたが、その苦しさに耐えかねて逃げ出し、マリーのもとへと向かいます。

成長したマリーは再会を喜び、バルタザールを連れて歩きますが、彼女に思いを寄せるジェラールは嫉妬し、バルタザールを痛めつけ…。

スポンサーリンク

映画『少女ムシェット』について

(C)1967 Argos Films – Parc Films

ベルイマン、タルコフスキー、ジャームッシュら多くの映画監督たちを魅了した、ブレッソンの問題作にして伝説の一作

ロベール・ブレッソンが傑作『バルタザールどこへ行く』の直後に手がけた長編8作目にあたる本作は、またも一人の少女の悲運な運命をまざまざと描きだします。

原作はカトリックの作家ジョルジュ・ベルナノスの小説。

ブレッソンは、これ以上ない厳格なフレーミングと、俳優たちの演技を最小限に抑制することにより、欺瞞に満ち、冷酷さを隠し持つ現実世界を映し出しました。

絶望の淵にたちながらも反抗心を秘めた少女ムシェットを演じたのは、この映画のために抜擢されたナディーヌ・ノルティエ。

鮮烈な印象を残すラストシーンは多くの監督たちを魅了し、映画史に残る名場面として今も語り継がれています。

映画『少女ムシェット』の作品情報

(C)1967 Argos Films – Parc Films

【製作】
1967年(フランス映画)

【4K版日本公開】
2020年

【原作】
ジョルジュ・ベルナノス『新ムシェット物語』

【原題】
MOUCHETTE

【監督・脚本】
ロベール・ブレッソン

【撮影】
ギラン・クロケ

【美術】
ピエール・ギュフロワ

【音楽】
クラウディオ・モンテヴェルディ、ジャン・ヴィーネル

【キャスト】
ナディーヌ・ノルティエ、ジャン=クロード・ギルベール、マリー・カルディナル、ポール・エベール、ジャン・ヴィムネ、マリー・ジュジーニ

【4Kリマスター カラーグレーディング】
クリスティアン・ボスケ

映画『少女ムシェット』のあらすじ

(C)1967 Argos Films – Parc Films

フランスの片田舎に暮らす14歳のムシェットは、アルコール中毒の父親と病気の母親に代わって家を切り盛りさせられている上に、学校では同級生や教師から酷い扱いを受けていました。

そんな薄幸の少女の運命は、ある雨の夜、森の中で密猟者と出会ったことをきっかけに、さらなる悲惨な破滅へと向かって転がり落ちていき…。

スポンサーリンク

まとめ

『バルタザールどこへ行く』(C)1966 Argos Films – Parc Films – Athos Films – Svensk Filmindustri

巨匠ロベール・ブレッソンによる、映画史に輝く至高の傑作『バルタザールどこへ行く』と、孤独で、惨めで、あまりに哀れな少女の受難劇『少女ムシェット』が4Kリストア・デジタルリマスター版として、スクリーンに蘇ります。

なお、一部の劇場を除き、上映は4Kリストア・デジタルリマスター版から変換された2K上映となりますので、上映される劇場にてご確認ください。

映画『バルタザールどこへ行く』と『少女ムシェット』は、2020年10月30日(金)より、新宿シネマカリテほか全国順次公開です。

関連記事

新作映画ニュース

映画『いちごの唄』キャストの天野千日役は石橋静河。演技力の評価とプロフィール

映画『いちごの唄』が2019年7月5日より全国で公開されます。 数々の名作映画やドラマを手掛けてきた脚本家の岡田惠和と「銀杏BOYZ」の峯田和伸が紡ぐ、青春と恋の物語『いちごの唄』。 主演は古舘佑太郎 …

新作映画ニュース

映画『東京裁判』4Kデジタル版。真実のドキュメンタリーで編集マン浦岡敬一の仕事が再び劇場で見られる

第35回ベルリン国際映画祭国際評論家連盟賞受のドキュメンタリー映画『東京裁判』 日本で唯一無二の編集マン・浦岡敬一の仕事が見られる (C)講談社2018 極東軍事裁判・通称「東京裁判」の記録フィルムを …

新作映画ニュース

映画『仮面病棟』の監督は木村ひさし【作品評価とプロフィール】

映画『仮面病棟』は2020年3月6日より全国公開! 『屍人荘の殺人』の木村ひさしが監督をつとめ、現役医師でもある作家・知念実希人のミステリー小説を実写映画化した『仮面病棟』が2020年3月6日より全国 …

新作映画ニュース

公開日が2020年1月31日に決定した映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』の海外版予告第2弾と場面写真が解禁!

殺したのは誰だ? この《騙し合い》に世界が熱狂。 ロングライド配給作品『KNIVES OUT』(原題)の邦題が、『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』に決定しました。 『ナイブズ・アウト/名探偵と …

新作映画ニュース

原一男映画『れいわ一揆』上映館/予告編/公開日。山本太郎の政党に迫った選挙ドキュメンタリーが完成!

ドキュメンタリー映画の鬼才、原一男監督待望の最新作。 令和に突如現れた話題の政党に、原一男が迫る――。 (C)風狂映画舎 『ゆきゆきて、神軍』(1987)の原一男監督の最新作ドキュメンタリー映画『れい …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学