Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/05/13
Update

映画『おろかもの』キャスト。女優・村田唯は兄の愛人である深津美沙役を熱演【演技評価とプロフィール】

  • Writer :
  • YUMIKO

2020年公開予定の映画『おろかもの』キャスト紹介

若手監督の登竜門として知られる田辺・弁慶映画祭の2019年(第13回)のコンペティション部門でグランプリを受賞した長編『おろかもの』が、「田辺・弁慶映画祭セレクション2020」で上映予定です。

盟友である芳賀俊監督と『ボーダー』の鈴木祥監督が共同で手がけて製作されました。

この記事では、深津美沙役を演じる村田唯について詳しくお伝えしていきます。

映画『おろかもの』の作品情報


(C)2019「おろかもの」制作チーム/(C)2019 SKIP CITY NTERNATIONAL D-Cinema FESTIVAL Committee.All right reserved.

【上映】
2020年(日本映画)

【監督】
芳賀俊、鈴木祥

【脚本】
沼田真隆

【キャスト】
笠松七海、村田唯、イワゴウサトシ、猫目はち、葉媚、広木健太、南久松真奈

【作品概要】
形は違えど、これまでいくつもの作品をともに制作してきた芳賀俊監督と鈴木祥監督が満を持して挑んだ、二人にとって初の長編監督作。結婚を控えている兄の浮気相手と対峙した妹が、やがてその浮気相手、そして兄の婚約者と接してゆくうちに他者や自身にとっての“つながり”について見つめ直してゆく物語です。

主人公・洋子を演じたのは、『空の味』(2016)『サイモン&タダタカシ』(2017)の笠松七海。女子高生特有のアンビバレントな感情を完璧に捉えた快演を劇中で見せます。

兄の浮気相手・美沙を魅惑的に演じたのは、『密かな吐息』(2014)『デゾレ』(2017)など自身も監督として活動している村田唯。また兄の婚約者・果歩を演じた猫目はちも、『つま先だけが恋をした』(2018)で監督デビューを果たしています。

本作は、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019での上映がワールド・プレミアとなりました。そして国内コンペティション長編部門にて見事観客賞を獲得。2019年(第13回)田辺・弁慶映画祭のコンペティション部門でもグランプリを受賞したほか、主演の笠松七海と村田唯も俳優賞を受賞し、観客賞など5冠に輝きました。また「横濱インディペンデント・フィルム・フェスティバル2019」でも長編部門最優秀作品賞受賞し、笠松七海が俳優賞を受賞しています。

映画『おろかもの』公式HPはこちらから→

映画『おろかもの』のあらすじ


(C)2019「おろかもの」制作チーム/(C)2019 SKIP CITY NTERNATIONAL D-Cinema FESTIVAL Committee.All right reserved.

高校生の洋子は結婚を目前に控えた兄・健治が、美沙という女性と浮気をしている現場を目撃してしまいます。

ある日、衝動と好奇心に突き動かされて美沙と対峙した洋子は、美沙の独特の柔らかさと強さ、そして脆さに惹かれていきます。

そして、洋子が何気なく言葉にした“ある提案”に乗ってしまったことで、美沙は彼女と行動をともにするようになり、次第に奇妙な関係を結んでゆきます…。

映画『おろかもの』深津美沙役は村田唯

参考映像:『青いソラ白い雲』(2012)

映画『おろかもの』で深津美沙役を演じる村田唯は1988年7月12日生まれの女優。北海道出身。2018年よりキャットパワー所属。

幼い頃から女優を目指しており、高校時代には芸能活動に専念。放課後片道3時間かけて札幌のアクターズスクールに通い、アイドルユニットpinkとして活動。

日本大学芸術学部映画学科入学後、在学中にスカウトされてファッションショーに出演。

学生時代には、自主制作映画に没頭。そのほか、ダンスイベントや歌のソロライブも積極的に行っていました。

2009年に映画『ロボゲイシャ』オーディションでロボゲイシャ・グランプリを獲得。ロボゲイシャガールとして出演し、スピンオフ作品で主演も務めました。

2011年フロム・ファーストプロダクション1CARATに所属。映画『電人ザボーガー』や舞台『昆虫美学』などに出演します。

2012年映画『青いソラ白い雲』、テレビドラマ『リッチマン、プアウーマン』、舞台『仮想家族』などに出演。

2013年映画『デッド寿司』、ドラマ『みんな!エスパーだよ!』などに出演。同年、自身初の監督・脚本・主演を務めて、学生時代の仲間と自主映画を制作しました。

2014年よりフリーランスで活動。2016年に映画『密かな吐息』で初監督を務めました。

そのほか映画『退屈な日々にさようならを』『魔女の宅急便』、ドラマ『山田孝之の東京と北区赤羽』など多数出演。

映画『おろかもの』深津美沙はどんな役?


(C)2019「おろかもの」制作チーム/(C)2019 SKIP CITY NTERNATIONAL D-Cinema FESTIVAL Committee.All right reserved.

村田唯演じる深津美沙は、主人公・洋子の兄・健治の浮気相手。

強さと脆さをあわせ持つ女性。健治のことを真剣に想っています。

好奇心を抑えきれず接触してきた洋子と、奇妙な友情を育んでいき…。

村田唯の演技力の評価は

参考映像:『退屈な日々にさようならを』(2016)

監督としての顔もあわせ持つ演技派女優・村田唯。

幼い頃から人前で表現することが大好きだったことが、女優への道に繋がったと語っています。

北海道から上京後、人から認められたいという欲望とうまく付き合いきれず、芝居の楽しみ方もわからなくなっていった中で、25歳で自分に最期のチャンスを与えるために、映画制作を決行。「今この映画を作らなければ、私の人生は終わる」と本気で思い、処女作『密かな吐息』を生み出しました。

井口昇監督からは、「女性ならではのエロチシズムが満ちていて、谷崎潤一郎のエロ文学チックな作品で新鮮な驚きを感じた。今、日本で一番いやらしい映画」と、入江悠監督からは「欲望と情念みたいなものが、グジュグジュと滲み出ている」と称賛されました。

村田自身も、制作によって幸せをみつけ、映画制作も芝居もやはり楽しいと実感し、自分自身を常にみつめることを大切にしたいと思えるようになったそうです。

本作『おろかもの』では、主人公の洋子の兄・健治の浮気相手で、どこかあどけなさを残す独特の魅力を持つ女性・美沙を演じています。

婚約者に正面から挑む強さと、すぐにでも壊れてしまいそうな脆さを見事に表現し、主人公を演じた笠松七海と共に、田辺・弁慶映画祭で俳優賞をダブル受賞しました。

村田唯の公式SNSの紹介

村田唯の公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ


(C)2019「おろかもの」制作チーム/(C)2019 SKIP CITY NTERNATIONAL D-Cinema FESTIVAL Committee.All right reserved.

若手監督の登竜門「田辺・弁慶映画祭」の2019年(第13回)のコンペティション部門でグランプリを受賞した『おろかもの』。

盟友である芳賀俊監督と鈴木祥監督が初の長編監督作として共同で手掛け、多数の映画祭で高い評価を受けた一作です。

愛を信じ続ける限り、“おろかもの”であり続ける人々を、温かな目で描いています。

主人公の兄の浮気相手・美沙を演じるのは、監督としても活躍中の村田唯。本作での熱演を評価され、「田辺・弁慶映画祭」俳優賞を受賞しています。

映画『おろかもの』は、「田辺・弁慶映画祭セレクション2020」にて、東京・テアトル新宿、大阪・シネ・リーブル梅田にて公開予定です。

新型コロナウイルスの拡大の影響で、現在、6月公開は順延となっております



関連記事

新作映画ニュース

映画『ライダーズ・オブ・ジャスティス』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。マッツ・ミケルセンのアクションムービーが日本上陸

マッツ・ミケルセン×アナス・トマス・イェンセン 北欧最強タッグが贈るリベンジ・アクション・エンターテインメント。 デンマーク・アカデミー賞最多15部門ノミネート4冠を達成した映画『RETFÆRDIGH …

新作映画ニュース

映画『ピーターラビット2』あらすじ/キャスト/公開日。実写続編「バーナバスの誘惑」は都会で暴れまわる⁉︎

今度のピーターは“悪”に染まる!? 湖水地方を飛び出したピーターが都会で出会ったのは…。 イギリスで最も美しいと称えられる湖水地方を舞台に、世界で一番愛されるウサギを主人公にした、ビアトリクス・ポター …

新作映画ニュース

【ちば映画祭2020年情報】いつ・どこの場所で開催されるか?東京での遠征上映会が決定《アテネフランセ文化センター》

祝・東京初上陸!新年一発!ちば映画祭2020 千葉県初上映の若手映画監督の作品上映をメインの作品を上映しているちば映画祭。 ちば映画祭が、2020年1月18日(土)に、千葉県外初となる上映会を開催しま …

新作映画ニュース

瀬川浩志映画『たまゆらのマリ子』あらすじとキャスト。牛尾千聖プロフィール紹介も

第25回レインダンス映画祭作品賞、脚本賞ノミネートされた、新鋭の瀬川浩志監督、牛尾千聖主演の映画『たまゆらのマリ子』。 現代人の赤裸々な実態をスリリングに描いた衝撃の人間ドラマです。 映画『たまゆらの …

新作映画ニュース

映画『ブルー・マインド』あらすじと上映劇場情報。予告編とポスタービジュアル解禁

スイス・アカデミー賞7部門ノミネート、作品賞ほか3部門受賞。恐ろしくも美しく、狂おしく淫らな、カミング・オブ・エイジ・ホラー。 映画『ブルー・マインド』は、10月13日(土)よりヒューマントラストシネ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学