Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

イーストウッド演じる実在の主人公アールに共感の声続出!映画『運び屋』は俳優・監督人生の集大成

  • Writer :
  • 石井夏子

ひとりの老人がイーストウッドの心を動かした

2019年3月8日(金)に全国ロードショーされ、大ヒットしているクリント・イーストウッド監督・主演の映画『運び屋』

俳優クリント・イーストウッドが自身の監督作としては『グラン・トリノ』(2009)以来、10年ぶりの主演作としてスクリーンに帰ってきました。

今のハリウッドには自分が演じられる作品がない」と宣言し、一時は俳優引退もほのめかしたこともある名優の心を動かしたのは、前代未聞の“アウトロー”の実話。

そんなイーストウッドを魅了し、観客の心も打つ、90歳の運び屋“アール・ストーン”の魅力を紐解いていきます。

スポンサーリンク

運び屋“アール・ストーン”の魅力

参考映像:映画『運び屋』クリント・イーストウッド&ダイアン・ウィーストインタビュー

クリント・イーストウッドが『グラン・トリノ』以来10年ぶりに自ら主演を決めたのは、犯罪史上最高齢90歳の“運び屋”でした。

本作『運び屋』は、ニューヨーク・タイムズ・マガジンに掲載された記事を元に、コカインの運び屋となった老人を描いています。

メキシコの壁をめぐるドラッグや高齢者社会など重いテーマを持ちながらも、我が道を行く主人公の姿にはユーモアが溢れ、「イーストウッドの最高傑作」との呼び声も高い本作。

待望の日本公開を迎えると、長年のイーストウッドファンだけではなく、若い世代からの熱い支持を集めて大ヒットとなりました。

特に10代~20代の若者たちから、イーストウッドが演じる運び屋の生き様に対する共感が続々と発信されています。

本作の主人公アール・ストーンは、仕事に打ち込むあまり家族をないがしろにし、妻や一人娘と疎遠になってしまった孤独な老人。

事業が傾き、家財を差し押さえられるほどに逼迫したところに「車を運転するだけで金になる」仕事を持ちかけられますが、それは巨大麻薬組織の運び屋でした。

参考映像:映画『運び屋』メイキング特別映像

安全運転に自信がある彼は、カーラジオから流れるカントリーソングを口ずさみながら、マイペースに仕事をこなしていきます。

90歳にしてこの自由な姿に、ファッション評論家のピーコさんも「運転しながら歌う姿は、抱きしめてあげたくなった!!」とコメント。

SNSでも「歌いながら食べながら飲みながら楽しそうに運転する姿には萌えが止まらなかったな〜おじいちゃん映画好きなら萌える事間違いない!」「ドライブする様は観てるこちらまで朗らかな気持ちになる」と 評判を呼んでいます。

イカついマフィアを前にしても物怖じせず飄々とジョークを飛ばす。路上で困った人を見つけると、車を停めて人助けをする。麻薬組織から送り込まれた監視役には、アメリカで一番のポークサンドを振る舞い、時には人生の助言までおくる。火事で閉店に追い込まれた退役軍人クラブには、運び屋で稼いだお金を気前よく差し出す。

アールの仕事は違法ですが、その姿はどこかロビン・フッドのような慈善家を感じさせます。

しかも、ひとまわりもふたまわりも年の離れた女性と遊ぶ“現役の男”なんです。

その自由奔放な生き様に、「イーストウッドの不良おじいちゃんが堪能できてステキだった」「チャーミングな頑固ジジィ役やらせたら右に出るものはいない」「イーストウッド史上最高に可愛いイーストウッド。 超チャーミングなジッちゃん映画」「『運び屋』のイーストウッド、ホント超かわいい」「愛されお爺ちゃん映画でした…最高」など、憧れと共感の声が続出。

『グラン・トリノ』のニック・シェンクがイーストウッドのために書き上げた脚本をもとに、自分の人生を重ねたかのようなユニークなキャラクターを創り上げたイーストウッド。

90歳になってもブレることなく我が道を行く主人公アールは、運び屋という仕事を続ける過程で、人々と出会い、人生にとってかけがえのない、大切なことを見つけます。

「学ぶことに年齢は関係ない」と語るイーストウッドが、頑固に我が道を行く主人公を通して伝えようとしたメッセージは、日本でも大反響を巻き起こしています。

映画『運び屋』の作品情報


(C)2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
The Mule

【製作・監督】
クリント・イーストウッド

【脚本】
ニック・シェンク

【キャスト】
クリント・イーストウッド、ブラッドリー・クーパー、ローレンス・フィッシュバーン、マイケル・ペーニャ、ダイアン・ウィースト、アンディ・ガルシア、イグナシオ・セリッチオ、アリソン・イーストウッド、タイッサ・ファーミガ、ユージン・コルデロ、ローレン・ディーン、グラント・ロバーツ、ピート・バリス、ロバート・ラサード、ソウル・ウエソ、リー・コック、ノエル・G、クリフトン・コリンズ・Jr.、ダニエル・モンカダ、ポール・リンカーン・アラヨ

【作品概要】
クリント・イーストウッドが約10年ぶりに自身の監督作品に主演。

脚本は『グラン・トリノ』のニック・シェンクです。

共演にブラッドリー・クーパー、ローレンス・フィッシュバーン、マイケル・ペーニャ、ダイアン・ウィースト、タイッサ・ファーミガ、アンディ・ガルシア、そして実の娘であるアリソン・イーストウッドと、豪華キャストが名を連ねています。

初監督作品『アリー/スター誕生』(2018)でオスカーも賑わせたブラッドリー・クーパーは『アメリカン・スナイパー』(2015)で、ローレンス・フィッシュバーンは『ミスティック・リバー』(2004)でイーストウッド監督作品に出演済みですが、両作品ともイーストウッドは監督に専任していたため、本作で念願の共演を果たしたことになります。

スポンサーリンク

映画『運び屋』のあらすじ


(C)2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

家族をないがしろに仕事一筋で生きてきたアール・ストーン。

いまは金もなく、孤独な90歳の老人になっていました。

商売に失敗して自宅も差し押さえられて途方に暮れていたとき、車の運転さえすればいいという仕事を持ちかけられたアールは、簡単な仕事だと思って依頼を引き受けます。

実はその仕事は、メキシコの麻薬カルテルの「運び屋」で…。

まとめ


(C)2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

本作は現代社会を生きるすべての人に捧げられた、クリント・イーストウッドの集大成です。

イーストウッド自身の生き様が投影された、主人公に、本作を鑑賞した観客からは共感と憧れの声が挙がっています。

いくつになっても成長できるという、力強いメッセージに背中を押されます。

映画『運び屋』は2019年3月8日(金)全国ロードショー。


関連記事

新作映画ニュース

中国映画『芳華 Youth』純愛ラブストーリーと青春の苦味を閉じ込めた本編映像解禁。時代を生き抜いた若者の姿を逞しく描く

中国では公開から1ヶ月で約230億円突破の大ヒットを記録! 『唐山大地震』(2015)『戦場のレクイエム』(2009)など中国を代表する巨匠フォン・シャオガン監督。 2019年4月12日(金)より公開 …

新作映画ニュース

【フレディ・M・ムーラー特集】映画『山の焚火』など代表作が劇場上映!デジタルリマスターで蘇る

スイスの巨匠フレディ・M・ムーラーの伝説の傑作。 35年の歳月を経てデジタルマイスターでスクリーンに蘇る。 映画史に燦然と輝くフレディ・M・ムーラー監督の“山”映画の三部作「マウンテン・トリロジー」が …

新作映画ニュース

少年時代の終わりを描いた映画『メモリーズ・オブ・サマー』予告編解禁。子役のマックスは天才的演技で受賞した逸材!

少年の子ども時代が夏とともに終わりを告げる。 2019年6月1日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMA、アップリンク吉祥寺ほか全国順次ロードショーされる映画『メモリーズ・オブ・サマー』。 …

新作映画ニュース

【岩田剛典&杉咲花】映画の画像解禁!『パーフェクトワールド 君といる奇跡』

岩田剛典&杉咲花のダブル主演で贈る、この秋、最高のラブストーリー! 映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』は、2018年10月5日(金)より全国公開。 この度、本作の全貌が覗ける、場面画 …

新作映画ニュース

今週おすすめ映画!上映される最新の洋画邦画の人気ランキングは?【2018/07/13より公開】

今週7月13日(金)より、劇場公開されるオススメの新作映画を、恒例の映画ライターさんイチオシまとめ! 「映画鑑賞するのに失敗したくない!」 「おすすめの動画配信サイトで何を見たらいいの?」などのお悩み …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP