Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/08/26
Update

映画『私たちの青春、台湾』日本公開日/上映館。ひまわり運動のリーダーらをドキュメンタリーで追う!

  • Writer :
  • 大塚まき

台湾、香港、中国の社会運動を通して見つけた“私たち”の青春と挫折、未来への記録。

ひまわり運動のリーダー陳為廷(チェン・ウェイティン)、中国人留学生で台湾の社会運動に参加する蔡博芸(ツァイ・ボーイー)。

この魅力的な二人の大学生との出会いによって誕生したドキュメンタリー映画『私たちの青春、台湾』


(c)7th Day Film All rights reserved 2017

台湾アカデミー賞こと金馬奨最優秀ドキュメンタリー賞受賞した、ドキュメンタリー映画『私たちの青春、台湾』が、2020年10月31日(土)よりポレポレ東中野ほか全国順次公開することが決定しました。

ひまわり運動とは


(c)7th Day Film All rights reserved 2017

2014年3月17日、国民党がサービス貿易協定をわずか30秒で強行採決しました。

翌18日、これに反対した学生たちが立法院(国会)に突入し、23日間にわたって占拠。

占拠直後から多くの台湾世論の支持を集め、与党側は審議のやり直しと、中台交渉を外部から監督する条例を制定する要求を受け入れました。

議場に飾られたひまわりの花がシンボルとなり、この一連の抗議活動を「ひまわり運動」と呼ばれています。

ひまわり運動は一定の成果を残し、同年11月の統一地方選挙での国民党大敗を導き、台湾政治の地殻変動を引き起こしました。

翌年にはひまわり運動を起こした若者らが中心となり、政党・時代力量が設立されました。

ひまわり運動は、近年の台湾アイデンティティの興隆を象徴する出来事となりました。

映画『私たちの青春、台湾』について


(c)7th Day Film All rights reserved 2017

アジア初の同姓婚法制化、蔡英文総統の歴史的再選、女性議員がアジアトップ水準の4割を占め、世界も注目した新型コロナ対策などで関心を集める台湾。

金馬奨授賞式で傅楡(フー・ユー)監督が涙を流しながら、「いつか台湾が“真の独立した存在”として認められることが、台湾人として最大の願いだ」とスピーチをしたことは大きなニュースとなりました。

ひまわり運動は、23日間の及ぶ立法院占拠、統率の取れた組織力、全世界に向けたメディア戦略と、まれにみる“成功”をおさめたといわれています。

しかし立法院内では、一部の指導者たちによる決議に対する不満など、理想の“民主主義”の困難さに直面し、多くの課題を残していました。

香港特別行政区政府に抗議をするデモ活動をした雨傘運動前の黄之鋒(ジョシュア・ウォン)、周庭(アグネス・チョウ)との交流など、カメラは台湾、香港、中国の直面する問題、海を越えた相互理解の困難さ、民主主義の持つ一種の残酷さを映し出していきます。

台湾という息吹の中で、ともに未来を描き、迷い、空っぽになり、ともに理想を求めもがく、“私たちの青春”の物語は、何を問いかけてくるのでしょうか…。

映画『私たちの青春、台湾』の作品情報


(c)7th Day Film All rights reserved 2017

【日本公開】
2020年(台湾映画)

【原題】
我們的青春,在台灣(Our Youth In Taiwan)

【監督】
傅楡(フー・ユー)

【キャスト】
陳為廷(チェン・ウェイティン)、蔡博芸(ツァイ・ボーイー)

映画『私たちの青春、台湾』のあらすじ


(c)7th Day Film All rights reserved 2017

台湾学生運動の中心人物・陳為廷(チェン・ウェイティン)、台湾の社会運動に参加する人気ブロガーの中国人留学生・蔡博芸(ツァイ・ボーイー)。

やがて為廷は林飛帆(リン・フェイファン)と共に立法院に突入し、ひまわり運動のリーダーになりました。

“民主”が台湾でどのように行われているのか伝えたいと博芸が書いたブログは、書籍化され大陸でも刊行される人気ぶりです。

彼らが最前線に突き進むのを見ながら、「社会運動が世界を変えるかもしれない」という期待が、「私」の胸いっぱいに広がっていました。

しかし彼らが参加するひまわり運動は、次第に失速していきます。

ひまわり運動を経て、立法院補欠選挙に出馬した為廷は過去のスキャンダルで撤退を表明。

大学自治会選に出馬した博芸は、国籍を理由に不当な扱いを受け、正当な選挙すら出来ずに敗北します。

それは監督である「私」が求めていた未来ではありませんでしたが、その失意は私自身が自己と向き合うきっかけとなっていきます…。

まとめ


(c)7th Day Film All rights reserved 2017

映画公開にあわせて、傅楡監督の人生と台湾の民主化の歩みを書いた「わたしの青春、台湾」(五月書房新社)邦訳版が、2020年10月23日に発売が決定しました。

また、台湾出身の直木賞受賞作家の東山彰良氏からは、以下のようなコメントが寄せらています。

突き進む者と、それを記録する者。その裏側にある個人的な憂鬱と後悔。
それでもなにかを正したいと願う若者たちの想いは、こんなにも純真でまぶしい。

社会運動に参加する若者二人と傅楡監督が台湾、香港、中国で見つけた“私たち”の未来の記録を是非ともスクリーンでご覧ください。

ドキュメンタリー映画『私たちの青春、台湾』は、2020年10月31日(土)よりポレポレ東中野ほか全国順次ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

ミミ・レダー監督が映画への想いを語る。『ビリーブ 未来への大逆転』インタビュー映像解禁

ミミ・レダーが監督オファーに身震い 2019年3月22日(金)にOHOシネマズ日比谷ほか全国公開される映画『ビリーブ 未来への大逆転』。 本作で描かれるのは、85歳の今なお、現役の米最高裁判事として活 …

新作映画ニュース

映画『アイネクライネナハトムジーク』キャストの織田由美役は森絵梨佳【演技力の評価とプロフィール】

映画『アイネクライネナハトムジーク』が2019年9月20日より全国ロードショー! 『アヒルと鴨のコインロッカー』『重力ピエロ』など数多くの作品が映像化されている大人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎。 伊 …

新作映画ニュース

韓国映画『はちどり』あらすじ/キャスト/公開日。実話を基に女性監督が少女の成長を描く!

ベルリン映画祭を始め、世界各国で45以上の賞を受賞。 韓国の単館公開としては異例、公開1か月で観客動員数12万人超の大ヒットを記録した映画『はちどり』。 (C) 2018 EPIPHANY FILMS …

新作映画ニュース

映画『仮面病棟』キャストの東野良子役は江口のりこ【演技評価とプロフィール】

映画『仮面病棟』は2020年3月6日より全国公開! 『屍人荘の殺人』の木村ひさしが監督をつとめ、現役医師でもある作家・知念実希人のミステリー小説を実写映画化した『仮面病棟』が2020年3月6日より全国 …

新作映画ニュース

US版の映画予告編解禁!『ドクター・スリープ』のストーリーに迫った映像に双子の姿も

『IT/イット』スティーヴン・キングが仕掛ける、最大の謎とは。 『IT/イット』の巨匠スティーヴン・キングが、2013年に発表した小説を基に、ユアン・マクレガーが、幼い頃壮絶な惨劇を生き延び、大人にな …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学