Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/08/26
Update

映画『私たちの青春、台湾』日本公開日/上映館。ひまわり運動のリーダーらをドキュメンタリーで追う!

  • Writer :
  • 大塚まき

台湾、香港、中国の社会運動を通して見つけた“私たち”の青春と挫折、未来への記録。

ひまわり運動のリーダー陳為廷(チェン・ウェイティン)、中国人留学生で台湾の社会運動に参加する蔡博芸(ツァイ・ボーイー)。

この魅力的な二人の大学生との出会いによって誕生したドキュメンタリー映画『私たちの青春、台湾』


(c)7th Day Film All rights reserved 2017

台湾アカデミー賞こと金馬奨最優秀ドキュメンタリー賞受賞した、ドキュメンタリー映画『私たちの青春、台湾』が、2020年10月31日(土)よりポレポレ東中野ほか全国順次公開することが決定しました。

スポンサーリンク

ひまわり運動とは


(c)7th Day Film All rights reserved 2017

2014年3月17日、国民党がサービス貿易協定をわずか30秒で強行採決しました。

翌18日、これに反対した学生たちが立法院(国会)に突入し、23日間にわたって占拠。

占拠直後から多くの台湾世論の支持を集め、与党側は審議のやり直しと、中台交渉を外部から監督する条例を制定する要求を受け入れました。

議場に飾られたひまわりの花がシンボルとなり、この一連の抗議活動を「ひまわり運動」と呼ばれています。

ひまわり運動は一定の成果を残し、同年11月の統一地方選挙での国民党大敗を導き、台湾政治の地殻変動を引き起こしました。

翌年にはひまわり運動を起こした若者らが中心となり、政党・時代力量が設立されました。

ひまわり運動は、近年の台湾アイデンティティの興隆を象徴する出来事となりました。

映画『私たちの青春、台湾』について


(c)7th Day Film All rights reserved 2017

アジア初の同姓婚法制化、蔡英文総統の歴史的再選、女性議員がアジアトップ水準の4割を占め、世界も注目した新型コロナ対策などで関心を集める台湾。

金馬奨授賞式で傅楡(フー・ユー)監督が涙を流しながら、「いつか台湾が“真の独立した存在”として認められることが、台湾人として最大の願いだ」とスピーチをしたことは大きなニュースとなりました。

ひまわり運動は、23日間の及ぶ立法院占拠、統率の取れた組織力、全世界に向けたメディア戦略と、まれにみる“成功”をおさめたといわれています。

しかし立法院内では、一部の指導者たちによる決議に対する不満など、理想の“民主主義”の困難さに直面し、多くの課題を残していました。

香港特別行政区政府に抗議をするデモ活動をした雨傘運動前の黄之鋒(ジョシュア・ウォン)、周庭(アグネス・チョウ)との交流など、カメラは台湾、香港、中国の直面する問題、海を越えた相互理解の困難さ、民主主義の持つ一種の残酷さを映し出していきます。

台湾という息吹の中で、ともに未来を描き、迷い、空っぽになり、ともに理想を求めもがく、“私たちの青春”の物語は、何を問いかけてくるのでしょうか…。

スポンサーリンク

映画『私たちの青春、台湾』の作品情報


(c)7th Day Film All rights reserved 2017

【日本公開】
2020年(台湾映画)

【原題】
我們的青春,在台灣(Our Youth In Taiwan)

【監督】
傅楡(フー・ユー)

【キャスト】
陳為廷(チェン・ウェイティン)、蔡博芸(ツァイ・ボーイー)

映画『私たちの青春、台湾』のあらすじ


(c)7th Day Film All rights reserved 2017

台湾学生運動の中心人物・陳為廷(チェン・ウェイティン)、台湾の社会運動に参加する人気ブロガーの中国人留学生・蔡博芸(ツァイ・ボーイー)。

やがて為廷は林飛帆(リン・フェイファン)と共に立法院に突入し、ひまわり運動のリーダーになりました。

“民主”が台湾でどのように行われているのか伝えたいと博芸が書いたブログは、書籍化され大陸でも刊行される人気ぶりです。

彼らが最前線に突き進むのを見ながら、「社会運動が世界を変えるかもしれない」という期待が、「私」の胸いっぱいに広がっていました。

しかし彼らが参加するひまわり運動は、次第に失速していきます。

ひまわり運動を経て、立法院補欠選挙に出馬した為廷は過去のスキャンダルで撤退を表明。

大学自治会選に出馬した博芸は、国籍を理由に不当な扱いを受け、正当な選挙すら出来ずに敗北します。

それは監督である「私」が求めていた未来ではありませんでしたが、その失意は私自身が自己と向き合うきっかけとなっていきます…。

スポンサーリンク

まとめ


(c)7th Day Film All rights reserved 2017

映画公開にあわせて、傅楡監督の人生と台湾の民主化の歩みを書いた「わたしの青春、台湾」(五月書房新社)邦訳版が、2020年10月23日に発売が決定しました。

また、台湾出身の直木賞受賞作家の東山彰良氏からは、以下のようなコメントが寄せらています。

突き進む者と、それを記録する者。その裏側にある個人的な憂鬱と後悔。
それでもなにかを正したいと願う若者たちの想いは、こんなにも純真でまぶしい。

社会運動に参加する若者二人と傅楡監督が台湾、香港、中国で見つけた“私たち”の未来の記録を是非ともスクリーンでご覧ください。

ドキュメンタリー映画『私たちの青春、台湾』は、2020年10月31日(土)よりポレポレ東中野ほか全国順次ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

映画『Sin Clock』公開日“33日前”に窪塚洋介/坂口涼太郎/葵揚の本編映像解禁!第3弾は“3”に集った者の決戦前を映す

映画『Sin Clock』は2023年2月10日(金)より新宿ピカデリーほかにて全国公開! 『GO』(2001)、『ピンポン』(2002)などで知られる俳優・窪塚洋介の18年ぶりとなる邦画長編映画の単 …

新作映画ニュース

韓国映画『ザ・バッド・ガイズ』あらすじ/公開日/上映館。マ・ドンソク最新作はクライムアクション・エンターテインメント!

マ・ドンソクの原点にして最強進化系!韓国大ヒット作が日本上陸。 『新感染 ファイナル・エクスプレス』で強烈なインパクトを与え、その後も『犯罪都市』、『無双の鉄拳』、『悪人伝』、夏に日本公開を控えるイ・ …

新作映画ニュース

【映画公開記念プレゼント】バイオレンス・ボイジャー特製トートバック&宇治茶監督サイン入りプレスシート。抽選10名様にガクブル((((;゚Д゚))))贈答

映画『バイオレンス・ボイジャー』は2019年5月24日(金)より全国ロードショー! 劇画とアニメーションを融合した表現技法「ゲキメーション」によって宇治茶監督が描く、バイオレンスそしてグロテスクに満ち …

新作映画ニュース

チョウ・ユンファ映画『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』あらすじとキャスト。公開日は2月7日!

ラスト15分、衝撃の真実を解き明かせるか。 “亜州影帝(アジア映画界の帝王)”チョウ・ユンファが完全復活を果たしました。 © 2018 Bona Entertainment Company Limit …

新作映画ニュース

『夜、鳥たちが啼く』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。映画監督・城定秀夫が描く“傷心の男女の希望”の物語が映画化決定!

『夜、鳥たちが啼く』が12月9日(金)新宿ピカデリー他全国ロードショー! 『そこのみにて光輝く』(2014)『オーバー・フェンス』(2016)などで知られる作家・佐藤泰志が描いた短編小説『夜、鳥たちが …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学