Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/05/23
Update

ソフィー・ターナーが映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』での役作りや女優ジェシカ・チャステインとの共演を語る!

  • Writer :
  • 石井夏子

ソフィー・ターナーが明かすX-MEN最終章秘話!

2019年6月21日(金)より日本公開の映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』

本作でタイトルロールである、ジーン・グレイ/ダーク・フェニックスを演じたソフィー・ターナーが、シリーズ愛や役作り、憧れの女優ジェシカ・チャステインとのエピソードを語りました。

パリのプロモーションツアーで見せたジェシカ・チャステインとの仲睦まじい2ショット写真とともにお届けいたします。

スポンサーリンク

ソフィー・ターナーの特別インタビュー

©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

ジーン・グレイ(ソフィ・ターナー)が巨⼤な脅威・アポカリプスへの壊滅的な⼀撃を与え、⼈類を救った戦いから10年。

宇宙ミッションでの事故によってジーンのダークサイドが増殖し、内に封じ込められていたもう一つの人格“ダーク・フェニックス”を解き放ってしまい、世界の危機が訪れます。

全宇宙の破滅を止めるため、X-MENがジーンの〈悪〉に⽴ち向かう…。

そんな物語の中心となるジーン・グレイ/ダーク・フェニックスを演じるのは、デビュー作「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011~)のサンサ・スターク役で人気を博したイギリス出身の若手女優ソフィー・ターナー

今最も注目される彼女が、パリで行われたインタビューに応じ、今回の役作りや憧れの女優との共演について語りました。

2つの顔を持つジーンの役作り

©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

ジーン役に選ばれたのはとてもラッキーだったと語るターナーは「わたしはずっとこのシリーズが好きで、つねに演じたいと思っていた」と自身もX-MENのファンであると明かしました。

そして、「X-MENはスーパーヒーローものでありながら、すごくアウトサイダーで、他と異なるものばかりだから。とても風変わりな者たちを描いている」とシリーズの魅力を考察。

参考映像:『X-MEN: ダーク・フェニックス』ソフィー・ターナーのコメント

本作の脚本については、「今回のストーリーはこれまでととても異なる。たとえば『ローガン』ぐらいに異なるかしら。キャラクターがたっていてエモーショナルで、すごく地に足のついたリアルな感情を扱っている。わたしたちは今回の映画を、すごくシリアスなものにしたかった。だからこれはスーパーヒーロー映画でありながら、ファミリー・ドラマのようでもあるの」と、ジーンに起こった異変がX-MENの家族のような絆に影響を及ぼすシリアスなドラマだと語ります。

続けて、「監督と相談して、ジーンの苦悩をできるだけリアルなものとして表現することを目指した。それで分裂症やアンデンティティの混乱について研究したの。そして超能力を人々にとってなにか感動的なものとして描こうとした。とにかくたくさんリサーチをして、とても興味深い経験だったわ。」と、監督のサイモン・キンバーグとともに二面性に苦悩するジーンの複雑な演技を作り上げたと述べました。

ジェシカ・チャステインとの共演について


©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

さらに、ジーンの前に現れる“謎の女”を演じたジェシカ・チャステインの大ファンだったというターナーは、「とても多くのことを学んだわ。女優としても。人間としても。一番勉強になったのは、臆することなく自分の意見をのべるということ。わたしはシャイだから、つねに目上の人に対しては臆してしまう。でもジェシカはそういった点でとても助けになってくれた。とても母性的で、ゴッドマザーのような人。人々に安心感を与えて、守られているように感じさせてくれる。とてもオープンで暖かくて、気遣いに溢れた人よ」とその人柄を大絶賛。

「わたしもいつか、彼女ぐらい自分の意見をはっきり言えるようになりたいと思う。彼女は自分よりももっと高い位置にいる人たちに対しても、主張することを恐れない。本当に素敵だわ」と、夢の共演を経てより憧れと信頼が深まった様子を見せました。

映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』の作品情報


©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
X-Men: Dark Phoenix

【監督・脚本】
サイモン・キンバーグ

【キャスト】
ソフィー・ターナー、ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、ニコラス・ホルト、タイ・シェリダン、ジェシカ・チャステイン

【作品概要】
原作コミックの中でも最重要作と言われ、その後のアメコミ界隆盛の礎となった『ダークフェニックスサーガ』に基づく、「X-MEN」シリーズの決定版。

テレビドラマ「ゲーム·オブ·スローンズ」のメインキャラクター、サンサ役でブレイクを果たしたソフィー・ターナーが前作『X-MEN:アポカリプス』(2016)からジーン役を続投。

2度のアカデミー賞ノミネートを誇るマイケル·ファスベンダー、『ミスター·ガラス』(2019)の怪演も記憶に新しいジェームズ·マカヴォイ、オスカー女優ジェニファー·ローレンスら、おな
じみの人気俳優陣にが人気キャラクターに扮します。

『ゼロ·ダーク·サーティ』(2012)の演技派女優ジェシカ·チャステインがジーンをダークサイドへ導く物語の鍵を握るキャラクターとして加わりました。

10年以上にわたりシリーズの脚本を手がけ、「X-MEN」を知り尽くしているサイモン·キンバーグが本作では監督も務めます。

スポンサーリンク

映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』のあらすじ


©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

⼈類を救う戦いから10年。

ジーン・グレイは、X-MENのリーダーであるプロフェッサーXの右腕として、メンバーからの信頼も厚い優等生でした。

ある宇宙ミッションでの事故をきっかけに、彼女の抑え込まれていたもうひとつの人格“ダーク・フェニックス”が解放されてしまいます。

ジーン自身にも制御不能な“ダーク・フェニックス”は暴走をはじめ、地上の生命体が全滅しかねない、かつてない危機が訪れ…。

まとめ


©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

シリーズ史上最もシリアスでエモーショナルな物語に、渾身の役作りで挑んだソフィー・ターナー

憧れのジェシカ・チャステインとの共演も叶えた彼女が披露するジーンの悪=ダーク・フェニックスの暴走をめぐるドラマはどんな展開を見せるのか、期待せずにはいられません。

また、本作の雰囲気とは打って変わって、とても仲睦まじく、楽しげな表情を見せてくれた彼女たちのキュートなオフショットに、目が釘付けになりますね。

X-MENの新たなる戦いを描く待望のシリーズ最新作『X-MEN: ダーク・フェニックス』は、2019年6月21日(金)日本公開です。





関連記事

新作映画ニュース

オゾン監督と池松壮亮の映画対談。NHKスイッチインタビューで作品を語る

NHK Eテレ『SWITCHインタビュー 達人達』より、フランソワ・オゾン監督と池松壮亮 2018年6月に『2重螺旋の恋人』の日本公開に合わせて来日した、フランスの⻤才フランソワ・オゾン監督。 また上 …

新作映画ニュース

しんゆり映画祭2018野外上映会の開催日時とアクセス。雨天の場合は?

2018年で第24回を迎えた、KAWASAKIしんゆり映画祭。 恒例となった夏のイベント「なつやすみ野外上映会」は19回目を数え、今回は親子で楽しめる映画『パディントン2』の上映が決まりました。 スポ …

新作映画ニュース

『ルパン・ゼロ』3話配信あらすじ/場面写真解禁!ルパン三世新作のしのぶ/洋子の新キャラクターPVも!

アニメ『LUPIN ZERO』は2022年12月16日(金)より「DMM TV」にて独占配信開始! 2022年12月16日(金)より「DMM TV」にて独占配信が開始された「ルパン三世」シリーズの新作 …

新作映画ニュース

【映画試写会プレゼント】ドキュメンタリー『フリーソロ』5組10名様ご招待!8月27日(火)渋谷ユーロライブにて

魂を揺さぶるクライマックスが待っている! 稀代のクライマー、アレックス・オノルドが、カリフォルニア州のヨセミテ国立公園にそびえる巨岩エル・キャピタンにフリーソロで挑む一部始終を臨場感溢れるカメラワーク …

新作映画ニュース

大沢たかお映画『AI崩壊』キャストとあらすじ。入江悠監督のプロフィールと代表作も紹介!

2020年に公開が予定されている、入江悠監督の最新映画『AI 崩壊』。 映画『AI崩壊』絶賛撮影中。1/14〜16は名古屋市内で大規模な撮影をします。エキストラさんご参加はこちらまで。https:// …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学