Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『不倫ウイルス』上映に金子みひろ、しゅはまはるみ、馬渕恭子、依田啓嗣が登壇!池袋HUMAXシネマズでの公開初日舞台挨拶リポート

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

『不倫ウイルス』は2022年10月28日(金)より池袋HUMAXにて公開

愛していない人間とも肉体関係を持ってしまうウイルスに感染してしまった人と、彼らをとりまく人々の姿を描く群像ラブコメディ『不倫ウイルス』が2022年10月28日(金)より池袋HUMAXシネマズにて劇場公開されました。

本作のキャストには、映画初主演となる依田啓嗣、女性アイドルグループ「民族ハッピー組」の馬渕恭子によるダブル主演。また、お笑いコンビ「インパルス」の堤下敦、『カメラを止めるな!』のしゅはまはるみといった、豪華キャストが出演。

初日舞台挨拶に出演者である依田啓嗣、馬渕恭子、しゅはまはるみ、金子みひろ、長谷川徹監督が登壇しました。

スポンサーリンク

映画『不倫ウイルス』の初日舞台挨拶リポート

映画初出演とは思えぬ堂々たる演技

本作が演技初挑戦にして、映画初出演であった馬渕恭子

夫に不倫されてしまう妻・蓮を演じ、存在感と落ち着きのある芝居を司会から絶賛されると、「普段の民族ハッピー組でのアイドル活動の時も、撮影中は不倫された不幸なオーラを出していました」と役づくりエピソードを披露。

さらに役柄の勉強として、「ファンの方に不倫されたことある?って聞いて回っていた」ことを明かし、会場の笑いを誘いました

世相を反映した2020年らしい一作

夫を不倫へと追い込む教育ママ、宇和幸恵を演じたしゅはまはるみ。

コロナ禍での細心の注意を払った撮影では「アベノマスク」を持参し、映像化作品として「アベノマスク」の登場は本作が世界初なのではないかとコメント。

ウイルスパンデミックを風刺した本作を「久しぶりに観返してみてコロナ禍の現実生活の要素をここまで上手く掬い上げているとは思わなかった。」と脚本家出身である長谷川監督の手腕を称賛しました。

前作『失恋科』からの続投となった依田啓嗣と金子みひろ

「撮影自体が2年前のことなので、遠い記憶を振り返るよう」と公開までの長い時間の流れを語る依田啓嗣

また自身にとって映画初主演作となった本作『不倫ウイルス』を「今後の俳優人生においても重要な作品になった」とコメントし、夫婦を演じた馬渕同様、役者としての成長を感じさせる一作になったことを感慨深く感じたと振り返りました。

「大喜利」から実現したオファー

続編へのオファーに対して「前作『失恋科』の舞台挨拶で続編があったらという司会の方の大喜利に対して咄嗟に“不倫科はどうですかね?”と返したことがきっかけであったと語る金子みひろ

長谷川監督の「是非続編もやりましょう」という言葉には半信半疑だったものの、長編企画として『不倫ウイルス』を実現させたことには驚いたといいます。

今回も「続編企画のタイトルをTwitterで募集します」と宣言。

「#不倫ウイルスでエゴサーチするので、本作の感想と皆さんの大喜利投稿をお待ちしております」と舞台挨拶を締め括りました

映画『不倫ウイルス』の作品情報


(C)無限の猿定理

【公開】
2022年(日本映画)

【監督・脚本】
長谷川徹

【編集】
西川祐司

【出演】
依田啓嗣、馬渕恭子(民族ハッピー組)、堤下敦(インパルス)、しゅはまはるみ、川上なな実、金子みひろ

【作品概要】
感染すると愛していない人間と不倫してしまうウイルスに向き合う人々の混乱するさまを描いた群像ラブコメディ。

監督は、バラエティ番組の放送作家から脚本家に転向し、テレビドラマ「世にも奇妙な物語」「ひぐらしのなく頃に」などの脚本を手がけてきた長谷川徹。本作が長編映画監督デビュー作となります。

不倫ウイルスに感染してしまう主人公・輝男役を舞台作品を中心に活躍する俳優の依田啓嗣、妻の蓮役を女性アイドルグループ「民族ハッピー組」のメンバーで本作が映画初出演となる馬渕恭子が演じます。

お笑いコンビ「インパルス」の堤下敦、『カメラを止めるな!』(2018)のしゅはまはるみら豪華キャストが共演。

スポンサーリンク

映画『不倫ウイルス』のあらすじ


(C)無限の猿定理

専業主婦の小石蓮は、夫・小石輝男の不倫を疑っている。
ある日、輝男は休日出勤すると言って外出した。蓮は不倫現場に乗り込む覚悟で輝男を尾行。
だが輝男の行き先は会社でもホテルでもなく、病院だった。

輝男の謎行動を疑問に思う蓮に、主治医の桐島真理子は「輝男さんは《不倫ウイルス》に感染している」 と説明した。
日本には古来から「浮気の虫」という言葉があるが、不倫や浮気は不倫ウイルスに感染したことによる病気の症状だったことが最新の研究で明らかになったのだ。

不倫は人間が悪いわけではなく病気が悪い。突然そんなルールに従えと言われても納得がいかない蓮は、 輝男が本当に自分を愛しているのか疑心暗鬼に陥る。

一方で、 蓮への愛を証明しようと右往左往する輝男は、不倫ウイルスを次々と他人へと感染させてしまい……。

まとめ

人に不倫させてしまう架空の感染ウイルスをめぐる人間模様を描くラブコメディ『不倫ウイルス』。

ウイルスパンデミックによるロックダウンを経験した観客に突きつけるのは、厳しい現実を笑い飛ばすユーモアでした。ウイルスを風刺した不謹慎なブラックユーモアだけでなく、人との繋がりが希薄になった2020年を経験したからこそ実感する愛を求める気持ちや、家族のつながりの温かみを丁寧に描いたヒューマンドラマです。

池袋HUMAXシネマズでの劇場公開では、舞台挨拶後に劇場ロビーにて販売中のバッジ、パンフレット購入者に対するサイン対応も行なっています

群像ラブコメディ『不倫ウイルス』は2022年10月28日(金)より池袋HUMAXシネマズにて劇場公開です。



関連記事

新作映画ニュース

映画『黄龍の村』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ガチ怖でヤバイホラーを田舎を舞台にバイオレンス描写で阪元裕吾監督が魅せる!

日本暴力映画界の新星阪元裕吾監督作品。 数々の映画祭で受賞し、日本暴力映画界の新星と称される阪元裕吾が監督を務めた『黄龍の村』。 阪元裕吾監督の『黄龍の村』が、2021年9月24日(金)より池袋シネマ …

新作映画ニュース

映画『LETO-レト-』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。キリル・セレブレンニコフがロックの代表曲で綴る青春ムービー!

あの夏、ぼくらが追い求めたロックと自由と淡い恋。 公開決定&第一弾ポスタービジュアル解禁。 第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品され<カンヌ・サウンドトラック賞最優秀作曲家 …

新作映画ニュース

映画『スウィート・シング』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。アレクサンダー・ロックウェルが実子を主人公に描く切ないファンタジー

2020ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門最優秀作品賞 スティーヴ・ブシェミ、シーモア・カッセル主演の『イン・ザ・スープ』(1992)や、クエンティン・タランティーノ、ロバート・ロドリゲスらと共同 …

新作映画ニュース

映画『ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷』あらすじ/キャスト/上映館。イーライロスと話題のホラー監督の最恐タッグ!?

ようこそ、殺人鬼がつくったお化け屋敷へ― イーライ・ロスと『クワイエット・プレイス』脚本家が手掛けたホラー映画『HAUNT』。 この度、邦題を『ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷』としてTOHOシネマ …

新作映画ニュース

韓国映画『バーニング劇場版』日本公開を前にNHK地上波放送で「短縮版」が見られる!

世界中に“ハルキスト”と言われる熱狂的なファンを持つ、日本が誇る翻訳家でもある小説家・村上春樹。 彼の短編小説「納屋を焼く」を原作とした『バーニング劇場版』が、2019年2月1日にTOHOシネマズ シ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学