Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/04/29
Update

フランス映画『スザンヌ、16歳』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ヴァンサンランドンの娘が監督主演で思春期を描く

  • Writer :
  • 大塚まき

2000年生まれの新星スザンヌ・ランドンの鮮烈なるデビュー作。

2020年カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクションに認定されたフランス映画『16 Printemps』。

この度映画の邦題が『スザンヌ、16歳』とし、2021年8月21日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開することが決定しました。

また、本作の舞台、パリ・モンマルトルの街中の様子がわかる場面写真2点も併せて解禁となります。

スポンサーリンク

映画『スザンヌ、16歳』について


本作の脚本、監督、主演を務めたのは20歳の超新鋭スザンヌ・ランドン

彼女は、15歳で本作を執筆。誰にも打ち明けられず、自身の内側に抱えていた思春期ならではの憂うつや恋愛への憧れを脚本に昇華させ、16歳の少女が年の離れた大人の男性に恋をする、ひと夏の物語を完成させました。

高校卒業後、フランスで最も権威のある芸術学校の一つ、国立高等装飾美術学校に入学した彼女は、この脚本を元に映画制作に着手。

主演として複雑で不安定な思春期の少女の内面を体現し、監督としてその繊細さを飛び抜けた瑞々しさでスクリーンに映し出しました。

本作は、2020年カンヌ国際映画祭でオフィシャルセレクションに認定された後、世界各地の主要な映画祭で上映。

各国の評論家や観客は普遍的なテーマでありながらオリジナリティ溢れる本作に熱狂し、この若すぎる才能に驚嘆しました。

スザンヌ・ランドンについて

スザンヌ・ランドンは、フランスの名優ヴァンサン・ランドンとサンドリーヌ・キベルランの長女として2000年に生まれました。

スザンヌ・ランドンは映画の枠を超えて、セリーヌ(CELINE)のクリエイティブディレクター、エディ・スリマンによる“PORTRAIT”プロジェクトにモデルとして参加。

さらにシャネル(CHANEL)のアーティスティックディレクター、ヴィルジニー・ヴィアールに新しいミューズとして抜擢されるなど、フランス国内のカルチャー&アートシーンで注目される存在となっています。

スポンサーリンク

映画『スザンヌ、16歳』の作品情報

【日本公開】
2021年(フランス映画)

【原題】
16 Printemps

【監督・脚本】
スザンヌ・ランドン 

【キャスト】
スザンヌ・ランドン、アルノー・ヴァロワ、フレデリク・ピエロ、フロランス・ヴィアラ、レベッカ・マルデール

映画『スザンヌ、16歳』のあらすじ

スザンヌは16歳。多感な年ごろの彼女は最近、同年代の友人たちに退屈しています。

恋に憧れてはいるが、学校の男子たちにもあまり魅力を感じません。

ある日彼女は、通学途中にある劇場の前で、年の離れた舞台俳優ラファエルと出会い、彼に夢中になります。

ラファエルもまた繰り返される舞台や仲間たちとの付き合いに退屈さを感じていました。

互いの中に共通点を見つけた2人は、年の差があるにもかかわらず恋に落ちます。

しかしスザンヌは、彼に夢中になればなるほど、自分が人生を見失っているのではないかと恐れはじめます。

あれほど苦労して同級生と同じように楽しもうとしていた16歳のときを…。

スポンサーリンク

まとめ

フランス映画界にかつてないほどの若さで登場した新鋭スザンヌ・ランドン監督が描く、儚くヒリヒリとした思春期の物語が遂に日本上陸します。

映画『スザンヌ、16歳』は、2021年8月21日(土)よりユーロスペースほか全国順次ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

映画『メモリーズ・オブ・サマー』あらすじキャストと特報映像解禁。日本公開は6月に決定

第32回ワルシャワ映画祭インターナショナル・コンペティション部門正式出品 © 2016 Opus Film, Telewizja Polska S.A., Instytucja Filmowa SIL …

新作映画ニュース

【中国映画祭電影2019】柳島克己トークイベントリポート。『駐在巡査 宝音(ボヤン)』の撮影秘話を語る

百花繚乱の魅力を放つ最新中国映画、厳選6本を一挙上映する中国映画祭「電影2019」が2019年3月6日(水)に開幕。 そして3月7日(木)には、ヤン・ジン監督の映画『駐在巡査 宝音(ボヤン)』がジャパ …

新作映画ニュース

映画『クシナ』キャストの郁美カデール。女優プロフィールと演技力評価

秘密の共同体の崩れていく日常と、試される母娘の愛を描いた映画『クシナ』キャスト紹介 女だけが暮らす男子禁制の山奥の集落を舞台に、速水萌巴(もえ)監督自身の過去の体験に根ざした母と娘の物語を描いた映画『 …

新作映画ニュース

未体験ゾーンの映画たち2019で公開決定!韓国映画『マリオネット 私が殺された日』あらすじとキャストの見どころは⁈

「未体験ゾーンの映画たち2019」情報! ヒューマントラストシネマ渋谷にて開催中の「未体験ゾーンの映画たち2019」で、韓国映画『マリオネット 私が殺された日』が3月15日 (金)より公開することが決 …

新作映画ニュース

映画『タロウのバカ』あらすじとキャスト。大森立嗣監督が15年温め続けた集大成的な作品のビジュアル解禁!

大ヒットロングラン上映中の『日日是好日』や、2月22日に公開を控える次作『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』の大森立嗣監督の最新作『タロウのバカ』は、今秋、テアトル新宿ほかにて公開! (c …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学