Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/05/23
Update

映画『ラスト・ムービースター』あらすじ。キャストのバート・レイノルズ最後の主演作が9月6日公開!

  • Writer :
  • 石井夏子

バート・レイノルズ最後の主演作を劇場で!

映画・テレビで半世紀以上にわたって活躍し、2018年9月6日にこの世を去った、ハリウッド稀代の映画スター、バート・レイノルズ

ハリウッドの一時代を築き、『脱出』『トランザム7000』『ブギーナイツ』など多くの名作に出演してきたバート・レイノルズの最後の主演作『The Last Movie Star(原題)』が、『ラスト・ムービースター』として、彼の命日でもある2019年9月6日(金)より日本公開されることが決定いたしました!

スポンサーリンク

映画『ラスト・ムービースター』について

(C)2018 DOG YEARS PRODUCTIONS, LLC

2018年9月6日に、82歳でこの世を去ったハリウッドの名優、バート・レイノルズ。

最後の主演作となった本作でバートは、落ちぶれた映画スターという自虐的なセリフパロディーともいえる役どころを、ユーモアたっぷりに演じ切っています。

製作はアカデミー賞作品賞受賞作『ムーンライト』(2016)や『レディ・バード』(2017)など次々に話題作を送り出す映画製作スタジオA24

また、作中ではテレビ映画シリーズ「ガンスモーク」、『トランザム7000』(1977)『脱出』(1972)や、メディアをいろどり時代のアイコンとなった写真「コスモポリタン」誌など、レイノルズの出演作がさまざまな形で引用されています。

バート・レイノルズの魅力と映画愛に溢れた珠玉の1本をお見逃しなく!

映画『ラスト・ムービースター』メインビジュアル


(C)2018 DOG YEARS PRODUCTIONS, LLC
公開決定と併せて解禁されたメインビジュアルは、銀幕に生きたバート・レイノルズの最後の主演作を象徴すべく、彼の顔を大きくとらえたものになりました。

刻まれた皺、おでこに貼られた絆創膏。しかし彼の瞳は強い力を放ち、宙を見つめています。

人生のあらすじは、途中で変えられる。」という、彼の歩んできた波乱万丈な人生を感じさせるキャッチコピー。

彼の目線の先にあるものが希望であって欲しいと願ってしまう、そんなメインビジュアルとなっています。

スポンサーリンク

バート・レイノルズのプロフィール

(C)2018 DOG YEARS PRODUCTIONS, LLC

バート・レイノルズ(本名Burton Leon Reynolds Jr.)は、1936年2月11日にミシガン州ランシングで生まれました。

アイルランドとチェロキー族の血を引く父と、イギリス人の母を持ち、幼少期は陸軍勤務の父親の転勤で、数多くの引っ越しを経験したそう。

フロリダ州立大学時代はアメリカンフットボールの選手として活躍しましたが、ケガが原因で演劇に転向。

1959年にテレビの世界で俳優業をスタートし、1961年に映画デビューを果たしました。

1972年に『コスモポリタン』誌でフルヌードを披露したことでタフガイなセックスシンボルとして人気を博します。

映画『脱出』(1972)や『ロンゲスト・ヤード』(1974)、『トランザム7000』(1977)などでアクションスターとして活躍し、1976年には『ゲイター』で監督業にも進出。70年代後半~80年代前半のハリウッドを代表する人気スターとなりました。

参考映像:『ブギーナイツ』

その後低迷期を経て、TVシリーズ「シャドー・コップ」(1989~1990)で復活し、1997年には『ブギーナイツ』でアカデミー助演男優賞にノミネートされ、ゴールデングローブ賞では助演男優賞を受賞。演技派として大作の脇を固めるポジションを得ます。

クエンティン・タランティーノ監督作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019)に出演する予定でしたが、撮影前の2018年9月6日に心不全のため82歳で死去。代役は、彼の長年の友人であったブルース・ダーンが務めることになりました。

映画『ラスト・ムービースター』の作品情報

(C)2018 DOG YEARS PRODUCTIONS, LLC

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
The Last Movie Star

【脚本・監督】
アダム・リフキン

【キャスト】
バート・レイノルズ 、アリエル・ウィンター、クラーク・デューク、エラー・コルトレーン、ニッキー・ブロンスキー、チェヴィー・チェイス 

スポンサーリンク

映画『ラスト・ムービースター』のあらすじ

(C)2018 DOG YEARS PRODUCTIONS, LLC

かつて一世を風靡した映画界のスーパースター、ヴィック・エドワーズ(バート・レイノルズ)のもとに、ある映画祭から功労賞受賞の招待状が届きました。

しぶしぶ参加したものの、騙しに近い名もない映画祭だと知り憤慨するヴィックでしたが、そこは彼が生まれ育った街ノックスビルの近く。

育った家、大学のフットボールで活躍したスタジアムなど過去の思い出が甦り…。

まとめ

(C)2018 DOG YEARS PRODUCTIONS, LLC

ハリウッド稀代の映画スター、バート・レイノルズ。2018年9月6日、多くの映画ファンが彼の死を受けて悲嘆に暮れました。

彼の俳優人生は決して順風満帆ではなく、多くの挫折を乗り越えながら歩んできたものでした。

そんなバート・レイノルズが、自らの人生を振り返り、笑い飛ばすように演じきった本作は必見。

映画『ラスト・ムービースター』は2019年9月6日(金) 新宿シネマカリテほか全国順次公開です。

この世を去ってからちょうど一年後に日本で公開される本作で、いつまでも輝き続けるバート・レイノルズをぜひご覧ください。

関連記事

新作映画ニュース

韓国映画『声もなく』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ユ・アイン主演サスペンスはパラサイト/はちどりに続く珠玉の作品

韓国映画『声もなく』が2022年1月21日(金)より、シネマート新宿・シネマート心斎橋ほかにて公開決定! 『パラサイト 半地下の家族』(2019)、『はちどり』(2018)の系譜を継ぐ、韓国映画の新た …

新作映画ニュース

『ワンダーウォール』広島映画館舞台挨拶に渡辺あや登壇。成海璃子・須藤蓮らの魅力と今後の“希望”を語る!

映画『ワンダーウォール 劇場版』は2020年4月10日(金)より全国順次ロードショー中 京都の学生寮を舞台に、自分たちの居場所を奪われようとしている若者たちの揺れ動きながらも熱い胸の内を描いたドラマ『 …

新作映画ニュース

オゾン最新作『2重螺旋の恋人』web限定で映像解禁!監督が仕掛けた7つの罠とは

フランソワ・オゾン監督の『2重螺旋(らせん)の恋人』は、8月4日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開。 本作は、アメリカの女性作家ジョイス・キャロル・オーツの短編小説を大胆に翻案、4年 …

新作映画ニュース

『機動戦士ガンダムNT』独占見放題やGLAYライブ配信!U-NEXTの読み放題雑誌がさらに充実のラインナップに

日本発のエンタメ配信サイトU-NEXTが、2021年3月1日より「読み放題」の雑誌34誌を新規追加し、計114誌となったことを発表しました。 また、4ヶ月連続で開催されるGLAYの4つのライブをいずれ …

新作映画ニュース

『アイネクライネナハトムジーク』キャストの織田美緒役は恒松祐里【演技力の評価とプロフィール】

映画『アイネクライネナハトムジーク』が2019年9月20日より全国ロードショー! 『アヒルと鴨のコインロッカー』『重力ピエロ』など数多くの作品が映像化されている大人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎。 伊 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学