Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/10/05
Update

映画『初恋(2020)』の監督は三池崇史。代表作の評価とプロフィール紹介

  • Writer :
  • YUMIKO

映画『初恋』は2020年2月28日より全国公開!

日本での公開に先駆けて、2019年9月27日から全米で公開されました映画『初恋』。

監督を務めるのは『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』『十三人の刺客』『クローズZERO』などで知られ、海外でも高く評価されている三池崇史。

主人公の孤高のボクサー役を、映画『ふがいない僕は空を見た』やドラマ『デスノート』『僕たちがやりました』の演技派・窪田正孝が演じます。

共演には大森南朋、染谷将太、内野聖陽ら実力派俳優陣が集結。

この記事では、本作の監督を務める三池崇史について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『初恋』の作品情報


(C)2020「初恋」製作委員会

【日本公開】
2020年2月28日(日本映画)

【監督】
三池崇史

【脚本】
中村雅

【キャスト】
窪田正孝、大森南朋、染谷将太、小西桜子、ベッキー、三浦貴大、藤岡麻美、顏正國、段鈞豪、矢島舞美、出合正幸、村上淳、滝藤賢一、ベンガル、塩見三省、内野聖陽

【作品概要】
本作の主人公である孤高のボクサー・レオを演じるのはドラマ『デスノート』(2015)『僕たちがやりました』(2017)や映画『ふがいない僕は空を見た』(2012)『HiGH&LOW』シリーズで知られる人気俳優、窪田正孝。

裏社会とつながりのある刑事を演じるのは『ヘルタースケルター』(2012)『まほろ駅前狂騒曲』(2014)『アウトレイジ 最終章』(2017)など幅広いジャンルの作品にて存在感を発揮する大森南朋。

マフィアの若いメンバー・加瀬に扮するのは、園子温監督作品『ヒミズ』(2012)でヴェネツィア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞し、『ヒミズ』と『悪の教典』(2012)で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した染谷将太。

他にもドラマ『きのう何食べた?』(2019)でおなじみ、大河ドラマから舞台まで活躍する内野聖陽、『犬神家の一族』(2004)『嫌われ松子の一生』(2006)『この世界の片隅に』(2018)の塩見三省など、豪華俳優たちがマフィアメンバーを演じています。

加えてベッキー、三浦貴大、小西桜子、滝藤賢一、ベンガルらが共演。

監督を務めるのは、ベネチア国際映画祭コンペティション部門で上映された『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』『十三人の刺客』や、『DEAD OR ALIVE』『クローズZERO』などで知られ、海外でも高く評価されている三池崇史。

プロデューサーを務めるのは巨匠ベルナルド・ベルトルッチの『ラストエンペラー』(1987)、デヴィッド・クローネンバーグの『裸のランチ』(1991)『危険なメソッド』(2011)を製作したジェレミー・トーマス。

本作は第72回カンヌ国際映画祭「監督週間」に選出されました。

映画『初恋』のあらすじ


(C)2020「初恋」製作委員会

両親の顔も知らない孤独な青年・葛城レオ。

現在はボクサーで、期待の若手として注目されています。

しかしある日、負けるはずのない相手のパンチをくらってそのまま失神。病院で検査を受けた彼は脳腫瘍と診断され、余命は長くないことを宣告されます。

絶望して夜の街を徘徊するレオ。その場にいた占い師に占ってもらうと、「まだ若いし、あなたは健康そのもの」と大外れなことを言われます。

一方、モニカという少女が、父の借金の代わりにマフィアに売春をさせられ、自身も薬物中毒で苦しんでいました。

アンダーグラウンドの世界に足を突っ込んでいる刑事の大伴と繁華街を歩いていたモニカは、幻覚を見て走り出し、レオとすれ違います。

「助けて」という声を聞き取ったレオは、大伴にパンチを食らわせますが、彼の警察手帳を見て焦ります。

レオを「リュウジくん」と呼ぶモニカ。訳のわからないままレオはモニカと2人で逃げ出しますが…。

スポンサーリンク

映画『初恋』監督は三池崇史

参考映像:『無限の住人』(2017)

映画『初恋』で監督を務める三池崇史は1960年8月24日生まれの映画監督。大阪府出身

横濱放送映画専門学院(現・日本映画大学)に進学し、横浜の今村昌平の私塾で映画を学びました。

しかし、大師匠の大庭秀雄の「脚本とは芸術である」という言葉に、自分が場違いだと気づいて挫折します。

専門学校を卒業するものの、ほとんど中退状態となり、ディスコでアルバイトをしていました。

2年生の時に、先輩からテレビの仕事の手伝いを頼まれて引き受け、その縁で卒業後その先輩の手伝いをするようになります。

フリーの助監督として、今村昌平、恩地日出夫、野田幸男、西村潔、井上梅次らの現場に着いた後、1991年ビデオ映画『突風!ミニパト隊』で監督デビュー。

1995年『新宿黒社会』で初の劇場用オリジナル作品を手がけます。

コメディからバイオレンス、ホラーなど様々なジャンルでの制作活動を続け、1998年『TIME』誌で、「これから活躍が期待される非英語圏の監督」としてジョン・ウーと並び10位に選出されます。

クエンティン・タランティーノやイーライ・ロス、パク・チャヌクなど、海外の監督にも影響を与える存在となりました。

『極道恐怖大劇場 牛頭』はVシネマとして、初めてカンヌ国際映画祭に出品されました。

激しい暴力描写のためにしばしば論争を巻き起こしていますが、海外では高く評価されています。

『極道戦国志 不動』でポルト国際映画祭審査員特別賞を、『オーディション』でロッテルダム国際映画祭の国際批評家連盟賞とオランダジャーナリズム連盟賞など、ほかにも数多くの映画賞を海外でも受賞しています。

2007年、『TIME』誌調査による「ホラー映画ベスト25」に唯一の日本映画として『オーディション』が選出

2014年第9回ローマ国際映画祭ガラ部門で『神さまの言うとおり』が日本人初のマーベリック賞受賞。

2015年には第6回オアハカ映画祭で『極道大戦争』で最優秀監督賞を受賞しています。

近年では、一般層向けのほかに、マンガやアニメ原作の作品や、女児向け特撮ドラマなど、特定の需要に応えた作品にも積極的に取り組んでいます。

『殺し屋1』『着信アリ』『スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ』「クローズZERO」シリーズ、『十三人の刺客』『悪の経典』『無限の住人』など、多数の作品を制作。

『パートタイム探偵』『QP』『ガールズx戦士シリーズ』など、テレビドラマ作品も手掛けています。

三池崇史の監督作品の評価は

参考映像:『悪の経典』(2012)

コメディからバイオレンス、ホラーなど様々なジャンルでの制作活動を行い、国内外で高い評価されている鬼才・三池崇史監督

「仕事は来た順に受ける」「映像化可能であればまず何でもやってみる」と公言し、多作であることでも知られています。

1年に2~3本作り上げるというハイペースぶりです。

巨匠でありながら、自身の評価を下げるようなテーマであってもとにかく作品を作り上げていくというスタンスを大切にしている監督です。

『極道戦国志 不動』でポルト国際映画祭審査員特別賞を、『オーディション』でロッテルダム国際映画祭の国際批評家連盟賞とオランダジャーナリズム連盟賞受賞

作品の鮮烈な暴力描写、グロテスクな描写でも知られています。

『オーディション』の内容があまりにも残虐でグロテスクだったため、映画祭では記録的な人数の途中退席があったと言われています。『オーディション』は2007年、『TIME』誌調査による「ホラー映画ベスト25」にも唯一の日本映画として選出されています。

『殺し屋1』がトロント国際映画祭に出品された際には、そのグロテスク描写のために、観客にエチケット袋を配布したそうです。

2006年にアメリカテレビ局企画の、ホラー映画巨匠13人によるオムニバステレビシリーズに、『インプリント~ぼっけえ、きょうてえ~』で参加したものの、アメリカのテレビで最も表現規制が緩い有料チャンネル放送コードにさえ引っかかってしまい、放映が見送られて話題となりました。

しかし、その後も作品への海外での評価は高く、2014年第9回ローマ国際映画祭ガラ部門で『神さまの言うとおり』が日本人初のマーベリック賞受賞

2015年には第6回オアハカ映画祭で『極道大戦争』で最優秀監督賞を受賞しています。

『十三人の刺客』は、当時の北米での邦画実写興行としては異例の好成績をおさめました。

スポンサーリンク

三池崇史の公式SNSの紹介

三池崇史の公式SNSは残念ながらみつけられませんでした。

まとめ

(C)2020「初恋」製作委員会

日本での公開に先駆けて、2019年9月27日から全米で公開された話題作『初恋』。

『オーディション』『十三人の刺客』『クローズZERO』などで知られ、海外でも高く評価されている巨匠・三池崇史が監督を務めます。

余命宣告を受けた天才ボクサーが、アンダーグラウンドの世界で体験した濃密な一晩を描きます。

主人公の天才ボクサー役には、映画『東京喰種 トーキョーグール』やドラマ『デスノート』の人気実力派俳優・窪田正孝。

共演にも大森南朋、染谷将太、内野聖陽らビッグネームが並び、大きな期待が寄せられています。

豪華な監督・キャストで贈る映画『初恋』は、2020年2月28日より全国ロードショーです。








関連記事

新作映画ニュース

映画『異端の鳥』あらすじ/キャスト/公開日/特報予告編。原作本はホロコーストの本質を描いた発禁の書

第76回ヴェネツィア国際映画祭ユニセフ賞受賞。 第92回アカデミー賞チェコ代表作品。 ホロコーストの本質に迫る、美しくも残酷な異端の問題作が日本に上陸します。 2019年のヴェネツィア国際映画祭におい …

新作映画ニュース

【死霊館のシスター:映画グッズプレゼント】恐怖の悪魔尼僧メモパッド!限定5名様に当たる

「死霊館」「アナベル」シリーズの恐怖はここから始まった…。 全世界興行収入1,350億円超えの大ヒットを記録したジェームズ・ワンが贈る「死霊館」シリーズ最新作。 映画『死霊館のシスター』9月21日(金 …

新作映画ニュース

バウティスタがスタローンを称える映画『大脱出2』メイキング映像解禁!前作の同時視聴祭り情報も

あの脱獄のプロが帰ってきた シルヴェスター・スタローン主演、全世界待望のプリズン・ブレイク・アクション第2弾『大脱出2』。 2019年3月29日(金)の 全国ロードショーに向け、共演者およびスタッフが …

新作映画ニュース

ネタバレ?映画『アングスト/不安』本編特別動画配信!重要キャラである犬の生死を問う衝撃映像

異常すぎる予告編にホラー映画ファンも驚愕。 不安に駆られた殺人鬼が一家を襲う“犬だけは無事”な特別映像が解禁! 2020年7月3日(金)よりシネマート新宿ほか全国にて順次公開の映画『アングスト/不安』 …

新作映画ニュース

映画『愛のまなざしを』あらすじ/キャスト。仲村トオル×杉野希妃×斎藤工の愛の復讐劇が2021年公開!

『接吻』で各賞を受賞した鬼才・万田邦敏監督 待望の新作。 これまでも強烈な自我を持つ女性を軸に、狂気ともいえる愛を描いてきた鬼才・万田邦敏監督が、亡き妻への思いを捨てきれない男とその男に恋をする女の嫉 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学