Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/06/20
Update

【あらののはて】映画特報動画とキャスト舞木ひと美×髙橋雄祐のコメント紹介

  • Writer :
  • 石井夏子

さよなら、初恋の成れの果て。

カメラを止めるな!』の主人公の妻役で大ブレイクしたしゅはまはるみ、映画『イソップの思うツボ』などに出演の藤田健彦、1980年代より数々の舞台演出を手がける長谷川朋史の3人が結成した自主映画制作ユニット「ルネシネマ」。

2019年、しゅはまと藤田が主演のルネシネマ第1弾、映画『かぞくあわせ』が池袋シネマ・ロサで記録的な動員を達成。

ルネシネマ第2弾として企画・製作された本作『あらののはて』(は、門真国際映画祭2020で最優秀作品賞、優秀助演男優賞、優秀助演女優賞の三冠を達成し、うえだ城下町映画祭第18回自主映画コンテストでは、審査員特別賞(古廐智之賞)を受賞。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020、日本芸術センター第12回映像グランプリでは入選を果たしました。

2021年8月21日(土)〜9月10日(金)の池袋シネマ・ロサにて3週間のレイトショー公開を前に、特報動画、場面写真、キャストの舞木ひと美&髙橋雄祐のコメントが解禁となります。

スポンサーリンク

風子役:舞木ひと美のコメント

(C)ルネシネマ

高校時代と8年後を演じ分けるにあたり、風子の掴みどころのない不思議な雰囲気はそのまま残したかったので、時間は経過しても子供のような自由奔放さを相手役の方が感じられるように役作りをしました。
劇中で私の食べかけのガムを気になっている男性に食べられるというシーンがあるのですが、現場でリハーサルをした時に実際に相手が食べている姿を目の当たりにして正直ドキドキしましたし、思春期には刺激的すぎて体の底から気持ちが溢れ出てくるのを体感しました。
風子を通して、価値観の積み重ねを感じながら楽しく演じることができました。
本作品はキャスティングのところから関わらせて頂きましたので、自信を持って素敵な俳優さんたちと作品作りを共にできました!
是非、劇場に足を運んで頂けますと幸いです。

荒野役:髙橋雄祐のコメント

(C)ルネシネマ

長谷川監督に風子と荒野はクラスに1人2人いる不思議ちゃん不思議君なんだと最初に言われました。高校時代と8年後を演じるにあたって、一般的に歳を重ね社会に出ると喋り方や振る舞いに落ち着きがでてくるかと思うのですが、その逆へ逆への発想で荒野という人物をつくっていきました。
朝早くから風子を学校に呼び出し荒野は一体なにを考えているのだろうか、異性としての好意なのかはたして8年後もその思いはあるのか、自分で自分を掴めない瞬間の不思議さと楽しさがそこにはありました。
完成した作品を見たときは、リアルな時間空間が独特に切り取られた世界にどんどん惹きつけられました。これからご覧になるみなさまにも素敵な体験をしていただけると思います。ぜひ公開を楽しみにしていただけると嬉しいです!

スポンサーリンク

映画『あらののはて』の作品情報

(C)ルネシネマ

【日本公開】
2021年(日本映画)

【監督・脚本・撮影・編集】
長谷川朋史

【キャスト】
舞木ひと美、髙橋雄祐、眞嶋優、成瀬美希、藤田健彦、しゅはまはるみ、政岡泰志、小林けんいち、山田伊久磨、兼尾洋泰、行永浩信、小谷愛美、才藤えみ、佐藤千青、藤井杏朱夏

映画『あらののはて』のあらすじ

(C)ルネシネマ

25歳フリーターの野々宮風子(舞木ひと美)は、高校2年の冬にクラスメートで美術部の大谷荒野(髙橋雄祐)に頼まれ、絵画モデルをした時に感じた理由のわからない絶頂感が今も忘れられないでいました。

絶頂の末に失神した風子を見つけた担任教師(藤田健彦)の誤解により荒野は退学となり、以来、風子は荒野と会っていません。

(C)ルネシネマ

8年の月日が流れました。

あの日以来感じたことがない風子は、友人の珠美(しゅはまはるみ)にそそのかされ、マリア(眞嶋優)と同棲している荒野を訪ね、もう一度自分をモデルに絵を描けと迫りますが……。

スポンサーリンク

まとめ

(C)ルネシネマ

監督の長谷川朋史、俳優のしゅはまはるみと藤田健彦による「ルネシネマ」が制作した映画『あらののはて』が、数々の映画祭を経て、ついに劇場公開です。

映画『あらののはて』は、2021年8月21日(土)から9月10日(金)まで、池袋シネマ・ロサにてレイトショー公開




関連記事

新作映画ニュース

映画『ココ・シャネル 時代と闘った女』あらすじ/公開日/上映館。生涯に迫ったドキュメンタリーが没後50年にロードショー

ココ・シャネル没後50年、そしてNo.5誕生100年記念公開 2021年はココ・シャネル没後50年、そして女性のための永遠の香り「No.5」誕生100年にあたります。 (c)Slow Producti …

新作映画ニュース

ドキュメンタリー映画『太陽がほしい 劇場版』あらすじ。戦時中に性被害を受けた中国人女性の証言とは

「私は慰安婦ではない」 中国人女性のことばに耳を傾け、寄り添い、支え、記録を続けた20年。 「慰安婦」という言葉からは想像できない過酷な人生がそこにありました。 ©2018 Ban Zhongyi 班 …

新作映画ニュース

映画『LETO-レト-』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。キリル・セレブレンニコフがロックの代表曲で綴る青春ムービー!

あの夏、ぼくらが追い求めたロックと自由と淡い恋。 公開決定&第一弾ポスタービジュアル解禁。 第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品され<カンヌ・サウンドトラック賞最優秀作曲家 …

新作映画ニュース

森崎ウィン「東南アジア映画の巨匠たち」オープニングセレモニーに登壇!上映は7月10日まで開催

特集上映「東南アジア映画の巨匠たち」は2019年7月4日から7月10日にかけて開催中! 国際交流基金アジアセンターと公益財団法人ユニジャパン(東京国際映画祭)が共催し、躍進が目覚ましい東南アジア映画界 …

新作映画ニュース

映画『タリーと私の秘密の時間』マッケンジー・デイヴィス魅惑のコスプレ姿披露!

『JUNO/ジュノ』『マイレージ、マイライフ』でアカデミー賞®に2度ノミネートされた名匠ジェイソン・ライトマン監督が、『ヤング≒アダルト』で主演に迎えたシャーリーズ・セロンと再びタッグを組んだ最新作『 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学