Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2022/02/18
Update

映画『三姉妹』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ソニョン×ソリ×ヨンジュで烈しくも“温かい三姉妹”を描く

  • Writer :
  • 谷川裕美子

ギリギリの女たちを描く、烈しくもあたたかい超ド級人間ドラマ『三姉妹』が2022年6月17日(金)に日本公開決定!

第42回青龍映画祭をはじめとした韓国の主要映画賞で女優部門の受賞を軒並み果たし、第25回釜山映画祭パノラマ部門にも出品された『Three Sisters』(英題)を『三姉妹』の邦題で2022年6月17日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開することが決定しました。

真正面から自らと対峙し、もがき、苦しみながらも新たな希望を見出していく三姉妹の姿を、ユーモアを交えながらも激しく活写した作品『三姉妹』。

情報とともに場面写真が解禁となります。

スポンサーリンク

映画『三姉妹』について

第16回大阪アジアン映画祭の特別注視部門に出品され、上映後にはSNS上で絶賛のコメントが並び、映画祭の観客の心を掴んだ現代を生きる烈しくも温かい三姉妹の絆の物語『三姉妹』。

監督は長編デビュー作『Communication & Lies』(15)で第20回釜山国際映画祭NETPAC賞に輝き、本作が長編3作目となるイ・スンウォン。イ・チャンドン監督がその手腕を激賞する鬼才監督です。

『オアシス』(02/イ・チャンドン監督)で第59回ヴェネツィア映画祭の新人賞であるマルチェロ・マストロヤンニ賞に輝き、以後もパク・チャヌクやホン・サンスといった韓国の名匠監督たちとタッグを組み世界を魅了してきた名優ムン・ソリが主演。その脚本に感銘を受け、主演を務めるとともに共同プロデュースを買って出ました。

韓国の主要映画祭である、第42回青龍映画祭(最優秀主演女優賞・最優秀助演女優賞)、第57回百想芸術大賞(最優秀助演女優賞)、第41回韓国映画評論家協会賞(最優秀主演女優賞・最優秀助演女優賞)、第30回釜日映画賞(最優秀助演女優賞)の女優部門で次々に受賞を果たし、韓国映画界を席捲。

またイ・チャンドン監督は「非凡な映画。何を想像しても、それ以上。」と絶賛のコメントを寄せています

長女ヒスクを演じたのは、韓国の名バイプレイヤーであるキム・ソニョン。日本でも一大ブームとなったドラマ『愛の不時着』で、北朝鮮の人民班長ナ・ウォルスク役を人情味あふれながらもコミカルに演じたことで話題となりました。今回も悲哀に満ちながらもどこか可笑しみを感じさせる熱演を披露しています。

ムン・ソリは完璧な人間として気丈に振る舞いながらも徐々に仮面が剥がれていく次女ミヨンを演じます。

三女ミオクには、長年トップモデルとして第一線で活躍し、2015年の韓国で年間一位の興行収入を記録した『ベテラン』で映画デビューを果たしたチャン・ヨンジュが抜擢されました。自暴自棄になり感情を爆発させる劇作家ミオクを体当たりで演じています。

映画『三姉妹』の場面写真

三姉妹たちが印象的な表情で、同じ何かをみつめている場面写真が公開されました。

高級感あるドレスを着て手を胸に当てた美しい女性、金髪にチェックのジャケットを羽織った自由人的な女性、奥にいるほつれ髪に苦労のあとが見える女性。

成長してそれぞれ個性が分かれた三姉妹たちですが、その誰もが驚いてなにかをみつめているように見えます。

彼女たちが思わず同じ表情となってみつめずにはいられないものとは一体何なのでしょうか。

おそらくは物語の核心に迫るショットに違いありません。三姉妹たちの絆がどのように描かれるのか期待が高まります。

スポンサーリンク

映画『三姉妹』の作品情報


(C)2020 Studio Up. All rights reserved.

【日本公開】
2022年(韓国映画)

【英題】
Three Sisters

【監督・脚本】
イ・スンウォン

【キャスト】
ムン・ソリ、キム・ソニョン、チャン・ユンジュ、チョン・ハンチョル

映画『三姉妹』のあらすじ


(C)2020 Studio Up. All rights reserved.

韓国・ソウルに暮らす三姉妹。

長女のヒスクは別れた夫の借金を返しながら、しがない花屋を営み、一人娘には疎まれ相手にされなくても“大丈夫なフリ”をして日々をやり過ごしています。

次女ミヨンは熱心に教会に通い聖歌隊の指揮者も務める模範的な信徒。高級マンションに暮らし“完璧に”家庭でも振舞いますが、そんな日常は次第にほころびを見せ始めます。

三女ミオクは劇作家としてスランプに陥り自暴自棄となって昼夜問わず酒浸りの日々を送り、夫の連れ子である息子の保護者面談に“酔っていないフリ”で乗り込む始末。

性格、仕事、生活スタイル、全てが異なる人生を送る彼女たちは、父親の誕生日を祝うために久しぶりに一堂に会し、蓋をしていた幼少期の心の傷と向き合うことになりますが…。

スポンサーリンク

まとめ

三姉妹の姿を、ユーモアを交えながらも激しく映し出す韓国映画『三姉妹』。

それぞれあがきながらも自らに向き合い、新たな明日へと踏み出していく姿が綴られます。

脚本に感銘を受けた名優ムン・ソリが、主人公の次女・ミヨンを演じるとともに、共同プロデュースも務めています。

映画『三姉妹』は、6月17日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開です。


関連記事

新作映画ニュース

映画『パーフェクト・ケア』あらすじ/キャスト/解説考察。ロザムンド・パイクが高齢者を搾取する悪徳後見人を怪演!

『パーフェクト・ケア』は2021年12月3日(金)、全国劇場3週間限定公開と同時にデジタル配信開始決定! イギリスの映画・ドラマ・舞台で様々な役柄に挑み、体当たり演技を披露していたロザムンド・パイク。 …

新作映画ニュース

映画『プレイモービル マーラとチャーリーの大冒険』あらすじ/公開日/上映館。ドイツの人形がアニメになって日本上陸!

困難に立ち向かうたった一つの武器。それは信じる心。 『アナと雪の女王』のヘッド・アニメーターが監督を務める映画『Playmobil:THE MOVIE』がいよいよ日本上陸します。 映画『プレイモービル …

新作映画ニュース

映画『初恋』キャストのマフィアの核弾頭・市川役は村上淳【演技評価とプロフィール】

映画『初恋』は2020年2月28日より全国公開! 日本での公開に先駆けて、2019年9月27日から全米で公開されました映画『初恋』。 監督を務めるのは『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』『十三人の刺客』 …

新作映画ニュース

真田幹也映画『ミドリムシの夢』が11月16日より池袋の映画館シネマロサにてレイトショー上映決定!

誰もが街で一度は見たことのある、「駐車監視員」が映画の主人公に!! 2019年7月に開催されたSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019の国内コンペティション正式上映作『ミドリムシの夢』。 日本初の駐禁 …

新作映画ニュース

映画あらすじ動画解説『横須賀綺譚』の感想紹介。見どころと内容をシネマダイバー糸魚川悟が紹介!

映画『横須賀綺譚』は、いよいよ、2020年8月29日(土)より、大阪・シアターセブン、兵庫・元町映画館での公開スタート! 大塚信一監督の劇場デビュー作品となる映画『横須賀綺譚』は、7月に東京・新宿K’ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学