Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/11/22
Update

映画『相対性浪漫飛行』あらすじ/キャスト/公開日/上映館/予告編。坂田航監督手掛ける16mmフィルムのコメディに昭和モダンが炸裂

  • Writer :
  • 大塚まき

第4回池袋みらい国際映画祭 特別審査員賞 受賞作品
濃すぎる個性の大渋滞ドタバタ劇!?昭和モダン炸裂なコメディ映画の誕生

第4回池袋みらい国際映画祭における、現役で映画を制作しているプロの映画監督やプロデューサーなどで構成される特別審査員による特別審査員賞を受賞した映画『相対性浪漫飛行』。


(C)2021 by Soutaisei Roman Hikou

この度、映画『相対性浪漫飛行』が、池袋シネマ・ロサ劇場にて2022年1月15日(土)~21日(金)の1週間公開されることが決定しました。

また、メインビジュアル、予告編と場面写真が解禁となります。

スポンサーリンク

映画『相対性浪漫飛行』について


(C)2021 by Soutaisei Roman Hikou

本作の監督を務めたのは、CM制作会社に勤める若手クリエイターの坂田航

撮影が行われたのは坂田が学生時代であった2018年。

既にスマートフォンでも作品が撮れるという時代において坂田が興行デビュー作として選んだのは16mmフィルムで撮影・編集したコメディ劇でした。

平成生まれの若手クリエイターがフィルム風編集ではなく、実際にフィルム映画を撮り切ったのは興味深く、坂田の猛烈な映画愛が伺えます。

さらに今回、劇場公開に向けて再度本作と向き合い音楽を中心に再編集を試みました。

CM制作会社でキャリアを積んだ坂田の現在が集約された作品となります。

アナログな手段のコミュニケーションの連続で話は展開しますが、設定は現代です。よく見るとスマートフォンを操作する人物も描かれ、ここにも作り手の拘りが見え隠れします。

息つく暇もなく訪れる状況の変化に踊らされる青木の早口ナレーションは実に独特であり、この物語のコミカルさを引き出しています。

冴えない大学生・青木を演じたのは美南宏樹。本作の主人公として最適解とも言える彼の演技、そして「私は今、異様に○○が食べたいのだ!」というセリフは映画祭で上映される度に映画ファンの心を鷲掴みにしました。

映画『相対性浪漫飛行』の予告編

この度解禁された予告動画では、主人公・青木に人生最大のモテ期が訪れた様子が映し出されます。

青木を取り巻くのは、明るく元気な後輩・さやか、 大学で姉さんと親しまれる大人の女性・静香、文通相手の留学生・リリーの3人とかつて短くも付き合っていた元彼女・輿水の姿が。

そして、「私は今、異様に○○が食べたいのだ!」というセリフも明かされます。

青木が満身創痍に3つの“愛の世界”へと走り出す様子がコミカルに描かれ、ドタバタコメディ劇の結末に期待が高まる予告となっています。

スポンサーリンク

映画『相対性浪漫飛行』の作品情報


(C)2021 by Soutaisei Roman Hikou

【日本公開】
2022年(日本映画)

【監督】
坂田航

【脚本】
江越亮介

【キャスト】
美南宏樹、藤村拓矢、上田うた、神門実里、堀井綾香

映画『相対性浪漫飛行』のあらすじ


(C)2021 by Soutaisei Roman Hikou

三浪の末に大学への入学を果たした主人公・青木。

ところが、青春を謳歌しようと“かくれんぼサークル”に所属するも不調、同じサークルの女子・輿水とやっとのことで交際するものの、すぐに破局。

思うような青春を送れないでいました。輿水より良い恋人を作ろうと必死な青木に、人生最大のモテ期が訪れます。

元気で気さくな後輩・さやか、留年3年の姉御肌な先輩・静香、突如始まった文通で繋がる留学生・リリーの3 人に迫られます。

学内のゴシップに詳しい親友の石田(通称『天狗』)からそれぞれの女性についての怪しい噂を耳にした青木は、満身創痍に3つの“愛の世界”へと走り出します。

青木が気づいた“愛”とは……。そこで青木が決断した選択とは……。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2021 by Soutaisei Roman Hikou

映画館上映のリクエストが多かった『相対性浪漫飛行』がついに劇場公開となります。

本作は、撮影から編集までを16mmフィルムで制作。フィルムならではの味のある風合いと、それにぴったりな昭和の世界観が描かれます。

後加工ではない本物のフィルム作品は、フィルムに馴染み深い世代には懐かしさを、デジタルな若者には新しさを感じさせることでしょう。

ぜひスクリーンで見届けてください。

濃すぎる個性の大渋滞!ドタバタコメディ劇!映画『相対性浪漫飛行』は、池袋シネマ・ロサ劇場にて2022年1月15日(土)~21日(金)の1週間限定上映です。

関連記事

新作映画ニュース

石井裕也映画『生きちゃった』あらすじ。キャストに仲野太賀と若葉竜也を迎え2020年公開!

日本映画界を牽引する石井裕也監督の最新作 国内外の数々の映画賞を受賞してきた石井裕也監督待望のオリジナル脚本による新作『生きちゃった』。 映画『生きちゃった』 映画『生きちゃった』が2020年に全国公 …

新作映画ニュース

映画『多日想果(タピオカ)』あらすじ。台湾オーガニックカフェ【atea茶舗】お店情報も

台湾と日本のかけ橋を目指す。 俳優の大門嵩が監督・プロ―デュース・出演を務めた短編映画『多日想果(タピオカ)』が、現在上映会に向けたクラウドファンディングを行っています。 台湾の魅力が詰まった本作につ …

新作映画ニュース

映画『グッドバイ』キャストの青木保子役は緒川たまき【演技評価とプロフィール】

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇』は2020年2月14日より全国公開! 『走れメロス』、『人間失格』などの代表作を発表し、2019年に生誕110年を迎えた昭和の文豪・太宰治。 太宰治の未完の遺 …

新作映画ニュース

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020全配信ラインナップ発表!動画サイト「シネマディスカバリーズ」にて開催

全ラインナップ発表!!2020年はオンライン! 2004年に埼玉県川口市で始まった「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」は、国際コンペティション、国内コンペティション(長編部門、短編部門)で構成されるコ …

新作映画ニュース

中江裕司『盆唄』から『ボヘミアン・ラプソディ』まで傑作音楽映画を紹介!

『ナビィの恋』中江裕司監督6年ぶりの最新作『盆唄』が2月15日(金)にテアトル新宿ほかで全国順次公開します。 (C)2018テレコムスタッフ 2018年11月に封切られ、興収100億円突破と大ヒットを …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学