Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『初恋』キャストのモニカ・桜井ユリ役は小西桜子【演技評価とプロフィール】

  • Writer :
  • 谷川裕美子

映画『初恋』は2020年2月28日より全国公開!

日本での公開に先駆けて、2019年9月27日から全米で公開されました映画『初恋』。

監督を務めるのは『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』『十三人の刺客』『クローズZERO』などで知られ、海外でも高く評価されている三池崇史。

主人公の孤高のボクサー役を、映画『ふがいない僕は空を見た』やドラマ『デスノート』『僕たちがやりました』の演技派・窪田正孝が演じます。

共演には大森南朋、染谷将太、内野聖陽ら実力派俳優陣が集結。

この記事では、ヒロイン・モニカ役を演じる小西桜子について詳しくお伝えしていきます。

映画『初恋』の作品情報


(C)2020「初恋」製作委員会

【日本公開】
2020年(日本映画)

【監督】
三池崇史

【脚本】
中村雅

【キャスト】
窪田正孝、大森南朋、染谷将太、小西桜子、ベッキー、三浦貴大、藤岡麻美、顏正國、段鈞豪、矢島舞美、出合正幸、村上淳、滝藤賢一、ベンガル、塩見三省、内野聖陽

【作品概要】

本作の主人公である孤高のボクサー・レオを演じるのはドラマ『デスノート』(2015)『僕たちがやりました』(2017)や映画『ふがいない僕は空を見た』(2012)『HiGH&LOW』シリーズで知られる人気俳優、窪田正孝。

裏社会とつながりのある刑事を演じるのは『ヘルタースケルター』(2012)『まほろ駅前狂騒曲』(2014)『アウトレイジ 最終章』(2017)など幅広いジャンルの作品にて存在感を発揮する大森南朋。

極道の若いメンバー・加瀬に扮するのは、園子温監督作品『ヒミズ』(2012)でヴェネツィア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞し、『ヒミズ』と『悪の教典』(2012)で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した染谷将太。

他にもドラマ「きのう何食べた?」(2019)でおなじみ、大河ドラマから舞台まで活躍する内野聖陽、『犬神家の一族』(2004)『嫌われ松子の一生』(2006)『この世界の片隅に』(2018)の塩見三省など、豪華俳優たちがマフィアメンバーを演じています。

加えてベッキー、三浦貴大、小西桜子、滝藤賢一、ベンガルらが共演。

監督を務めるのは、ベネチア国際映画祭コンペティション部門で上映された『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』『十三人の刺客』や、『DEAD OR ALIVE』『クローズZERO』などで知られ、海外でも高く評価されている三池崇史。

プロデューサーを務めるのは巨匠ベルナルド・ベルトルッチの『ラストエンペラー』(1987)、デヴィッド・クローネンバーグの『裸のランチ』(1991)『危険なメソッド』(2011)を製作したジェレミー・トーマス。

本作は第72回カンヌ国際映画祭「監督週間」に選出されました。

映画『初恋』のあらすじ


(C)2020「初恋」製作委員会

両親の顔も知らない孤独な青年・葛城レオ。

現在はボクサーで、期待の若手として注目されています。

しかしある日、負けるはずのない相手のパンチをくらってそのまま失神。病院で検査を受けた彼は脳腫瘍と診断され、余命は長くないことを宣告されます。

絶望して夜の街を徘徊するレオ。その場にいた占い師に占ってもらうと、「まだ若いし、あなたは健康そのもの」と大外れなことを言われます。

一方、モニカという少女が、父の借金の代わりに極道に売春をさせられ、自身も薬物中毒で苦しんでいました。

アンダーグラウンドの世界に足を突っ込んでいる刑事の大伴と繁華街を歩いていたモニカは、幻覚を見て走り出し、レオとすれ違います。

「助けて」という声を聞き取ったレオは、大伴にパンチを食らわせますが、彼の警察手帳を見て焦ります。

レオを「リュウジくん」と呼ぶモニカ。訳のわからないままレオはモニカと二人で逃げ出しますが…。

映画『初恋』モニカ役は小西桜子

参考映像:『ayU tokiO「あさがお」MV』

映画『初恋』でモニカ役を演じる小西桜子は1998年3月29日生まれの新進女優です。埼玉県出身。

2019年に21歳でデビューしてまだ1年ながら、本作『初恋』のヒロインに大抜擢された期待の新人です。

スカウトされて芸能界入り。映画が好きで、もともと芸能活動に興味があり、女優以外はやりたくないと思っていたそうです。

初めはモデル活動から入り、アパレルブランドのMVなどに出演。

個人としてその後に自主映画『一晩中』で主演を務めました。

本作『初恋』のヒロインに、3000人の中から三池監督により大抜擢

オーディションの日は、別作品のクランプアップの翌日で、自分の演技に納得できずヤケクソ気味だったそうです。

思いきりぶつけたメラメラした気持ちを、三池監督がよく聞いてくれたことが印象的だったと語っています。

映画『初恋』モニカはどんな役?


(C)2020「初恋」製作委員会

小西桜子演じるモニカは、幼少期のトラウマを抱える薬物中毒者

不幸な家庭環境から、アンダーグラウンドと関わるようになります。

小西桜子の演技力の評価は

デビュー間もない新人ながら、本作『初恋』のヒロインに大抜擢された小西桜子

三池崇史監督は、「実力のある男たちが集まるので、リアリティを感じるためには見たことのない女性がどうしても必要だった」とコメント。

なんと3000人の中から小西桜子をヒロイン・モニカ役に選んだそうです。

演技経験はなくても、それはそれで魅力がでると思ったと語っています。

また、小西が無所属であったことも大抜擢につながったそうです。無名・新人・フリーランスの3つの要素が重なった小西だからこそ、三池監督の目に留まったんです。

モニカの中の、普通の女の子の部分を大切に演じたという小西。

三池監督からは、「僕は監督の視点からしかモニカを見ることはできない。モニカの気持ちはここまで演じてきたあなたにしか分からないんだよ」とアドバイスを受け、励みになったそうです。

小西は「ほとんど初めての映画出演の中、周囲に助けられて、自分のまっさらな状態を引き出してもらえたので、当時の自分にしか出せないものが出せたと思うので本当に光栄」と涙を流してコメント。

共演の窪田に対しても、フォローしてもらい、演技を引き出してもらえてとても心強かったと感謝の思いを語っています。

原石そのもので三池監督に見いだされた小西桜子。実力派俳優の中でもまれてどんな輝きを放つのかに、大きな注目が集まっています

小西桜子の公式SNSの紹介

小西桜子の公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ

(C)2020「初恋」製作委員会

日本での公開に先駆けて、2019年9月27日から全米で公開された話題作『初恋』。

『オーディション』『十三人の刺客』『クローズZERO』などで知られ、海外でも高く評価されている巨匠・三池崇史が監督を務めます。

余命宣告を受けた天才ボクサーが、アンダーグラウンドの世界で体験した濃密な一晩を描きます。

主人公の天才ボクサー役には、映画『東京喰種 トーキョーグール』やドラマ『デスノート』の人気実力派俳優・窪田正孝。

ヒロイン・モニカ役に選ばれたのは、デビュー1年で彗星のごとく現れた新星・小西桜子。3000人の中から三池崇史監督に見いだされた期待の新人です。

共演にも大森南朋、染谷将太、内野聖陽らビッグネームが並び、大きな期待が寄せられています。

豪華な監督・キャストで贈る映画『初恋』は、2020年2月28日より全国ロードショーです。





関連記事

新作映画ニュース

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020全配信ラインナップ発表!動画サイト「シネマディスカバリーズ」にて開催

全ラインナップ発表!!2020年はオンライン! 2004年に埼玉県川口市で始まった「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」は、国際コンペティション、国内コンペティション(長編部門、短編部門)で構成されるコ …

新作映画ニュース

【映画支援クラウドファンディング】日比合作に挑む若手監督カルロ・エンシーソ・カトゥへの応援企画スタートへ!

各国の映画祭で注目のフィリピン人監督カルロ・エンシーソ・カトゥが、 フィリピンのトップスターと日本の実力派女優を起用し合作映画製作。 コロナで撮影延期になった日比合作映画『Purple Sun』を支援 …

新作映画ニュース

第10回ちば映画祭の開催情報!2019年3月29日より清原惟(きよはらゆい)をはじめ新進監督のラインナップが光る

全国的にも貴重な上映機会の作品が多数 千葉県初上映のフレッシュな若手監督の上映作品がメインの『ちば映画祭』。 一度聞いたら脳内リピート確実なテーマソング、『ちば映画祭のテーマ~初期衝動~』もインパクト …

新作映画ニュース

ポーランド映画『メモリーズ・オブ・サマー』の日本公開日は6月1日!アダム・グジンスキ監督が描く夏の記憶

ポーランドの風景のなか紡がれる新しい夏休み映画 日本初劇場公開となる、ポーランド映画界の新たな才能アダム・グジンスキ監督の映画『メモリーズ・オブ・サマー』。 本作の日本公開初日が、2019年6月1日( …

新作映画ニュース

【岩田剛典&杉咲花】映画の画像解禁!『パーフェクトワールド 君といる奇跡』

岩田剛典&杉咲花のダブル主演で贈る、この秋、最高のラブストーリー! 映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』は、2018年10月5日(金)より全国公開。 この度、本作の全貌が覗ける、場面画 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学