Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『さらば青春の光』デジタルリマスター版が10月11日公開。予告編とビジュアルも解禁!

  • Writer :
  • 石井夏子

“モッズ・ブーム“を巻き起こし、全世界が熱狂した青春映画の金字塔!

このたび、青春映画の金字塔『さらば青春の光』デジタルリマスター版が、2019年10月11日(金)より、シネマート新宿、立川シネマシティを皮切りに全国で公開する運びとなりました。

Design: ©2006 Universal Studios. All Rights Reserved. Film ©1979 Who Films, Inc. All Rights Reserved.

1979年の初公開以来、40年ぶりにスクリーンに鮮やかに蘇ります。

典型的なモッズ・スタイルに身を包んだ主人公ジミーの姿が映し出されたビジュアル、そしてオリジナル予告編も一緒に解禁されましたのでご紹介します。

映画『さらば青春の光』について

本作は停滞するイギリス社会に生きる若者たちの行き場のない怒りと疎外感、刹那的な生き様を鮮烈に描きだしました。

モッズ・ブームを引き起こし、青春映画の金字塔としてミュージシャンやアーティストたちに多大なる影響を与え続けています。

デコレーションしたベスパ(イタリアのスクーター)やフレッドペリーのポロシャツ、サイドベンツの細身のスーツに、アメリカ製のモッズコート、デザートブーツ、そして、クラブで流れるロネッツやジェームス・ブラウン、キングスメンといったR&Bなど、ファッションや音楽で自己主張したモッズたちのライフスタイルをリアルに再現。

ザ・ジャムを始め再びモッズ・シーンが盛り上がってきた最中の1979年に公開され、ザ・ポリスのスティングも映画初出演を飾ったことでも話題を呼んだ本作は、公開されるや若者たちのバイブルとなり、全世界でカルト的熱狂を呼び、大ヒットを記録しました。

モッズとは?

Design: ©2006 Universal Studios. All Rights Reserved. Film ©1979 Who Films, Inc. All Rights Reserved.

1960年代のイギリス。

細身のスーツにミリタリーコートを重ね、ミラーやライトで飾り付けたスクーターに跨ってロンドン近郊を走り回る“怒れる若者たち”

古い道徳を振りかざす大人たちに「NO!」を突きつけ、街を彷徨う彼らは“モッズ”と呼ばれ、全世界に広がっていきました。

そんな“モッズ”たちの代表的存在だったのが、ロックバンド「ザ・フー」。

ギタリストのピート・タウンゼントが当時のことを振り返って、ファンの中にいたであろう一人の孤独なモッズ少年の物語を綴った1973年のロック・オペラ・アルバム「四重人格」(Quadrophenia=映画の原題でもある)をモチーフにした本作。

ザ・フーのメンバーもエグゼクティヴ・プロデューサーとして参加しています。

映画『さらば青春の光』の作品情報

Design: ©2006 Universal Studios. All Rights Reserved. Film ©1979 Who Films, Inc. All Rights Reserved.

【製作】
1979年(イギリス映画)

【デジタルリマスター版日本公開】
2019年

【原題】
QUADRENNIAL

【原作】
ザ・フー「四重人格」(QUADROPHENIA)

【監督】
フランク・ロッダム

【製作】
ロイ・ベアード、ビル・カービシュリー

【製作総指揮・主題歌】
ザ・フー

【脚本】
デイヴ・ハンフリーズ、マーティン・スティルマン、フランク・ロッダム

【音楽】
ロジャー・ダルトリー、ジョン・エントウィッスル、ピート・タウンゼント

【キャスト】
フィル・ダニエルズ、マーク・ウィンゲット、フィリップ・デイヴィス、レスリー・アッシュ、ゲイリー・クーパー、トーヤ・ウィルコックス、スティング(ポリス)

【作品概要】
ザ・フーによる1973年にリリースされた同タイトルのロックオペラを原作としたイギリス映画。

舞台は1960年代初期のロンドンで、ダンスやパーティー、アンフェタミン、スクーター、敵対するロッカーズたちとのケンカによって郵便係の仕事を失い、活気のない生活から逃避するモッズの青年ジミーをフィル・ダニエルズが演じました。

映画『さらば青春の光』のあらすじ

Design: ©2006 Universal Studios. All Rights Reserved. Film ©1979 Who Films, Inc. All Rights Reserved.

1965年、ロンドン。

広告代理店のメッセンジャーとして働くジミーは、今夜もクラブでどんちゃん騒ぎ。

両親はガミガミうるさいし仕事だって大して面白くないけど、ドラッグキメて仲間とつるんでればそれで十分。

ナンパやダンスに明け暮れ、街に出れば革ジャンにリーゼントのダサい格好をしたロッカーズたちと度々衝突。

そんな日々を送るジミーでしたが、週末に訪れたリゾート地、ブライトンでロッカーズとの全面衝突が勃発し…。

まとめ


Design: ©2006 Universal Studios. All Rights Reserved. Film ©1979 Who Films, Inc. All Rights Reserved.

『トレインスポッティング』(1996)、『THIS ISENGLAND』(2006)、『ノーザン・ソウル』(2014)に連なる英国ユースカルチャー・ムービーの原点も言える伝説的名作が、1979年の初公開以来、実に40年ぶりにスクリーンで上映されることとなります。

青春映画の金字塔『さらば青春の光』のデジタルリマスター版は2019年10月11日(金)よりシネマート新宿、立川シネマシティほか全国公開です。

関連記事

新作映画ニュース

韓国映画『工作 黒金星と呼ばれた男』あらすじとキャスト。日本公開オリジナルポスターのビジュアル解禁!

カンヌ国際映画祭執行委員長も称賛! 第71回カンヌ国際映画祭ミッドナイトスクリーニングに公式招待された韓国映画『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』が2019年7月19日(金)よりシネマ …

新作映画ニュース

映画『永遠の1分。』あらすじ/キャスト/公開はいつ?曽根剛×上田慎一郎が東日本大震災を笑いと涙で描き出す

アメリカ人が3.11を題材にしたコメディ映画を撮る⁉ 不謹慎!?笑いを武器に東日本大震災と向き合う! 2018年に大旋風を巻き起こし、映画界に衝撃を与えた映画『カメラを止めるな!』。 『 …

新作映画ニュース

森田健作と島田陽子が映画『砂の器』の思い出を振り返る【シネマ・コンサート2019】

森田健作×島田陽子44年ぶりの再会 ©1974・2005 松竹株式会社/橋本プロダクション 2017年8月に東京で初演されて以来、2018年4月、同年9月と公演が行われてきた映画『砂の器』シネマ・コン …

新作映画ニュース

未体験ゾーンの映画たち2019で公開決定!韓国映画『マリオネット 私が殺された日』あらすじとキャストの見どころは⁈

「未体験ゾーンの映画たち2019」情報! ヒューマントラストシネマ渋谷にて開催中の「未体験ゾーンの映画たち2019」で、韓国映画『マリオネット 私が殺された日』が3月15日 (金)より公開することが決 …

新作映画ニュース

映画『ホロコーストの罪人』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。実話を基にノルウェー最大の罪を描く

家族を引き裂いたノルウェー最大の罪とは。 ホロコーストに加担したノルウェー最大の罪を描いた衝撃の実話『Betrayed』。 (C)2020 FANTEFILM FIKSJON AS. ALL RIGH …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学