Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/03/22
Update

原作者かわぐちかいじが映画『空母いぶき』にコメント。本ポスタービジュアル&新予告編解禁も

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『空母いぶき』は2019年5月24日(金)より全国公開

圧倒的なスケールで贈る超ド級のエンタテインメント『空母いぶき』の新たな予告編と本ポスター・ビジュアルが初解禁となりました。


©かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ

また、原作者である、かわぐちかいじ氏から絶賛コメントも到着しましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『空母いぶき』本ポスター・ビジュアル

真っ赤に染まる空母「いぶき」を背景にオールスターキャストが並ぶ本ポスター。

「運命の、24時間。」というコピーと共に、戦後最大の危機に立ち向かう人間達の緊張状態が表現されています。

大胆に配置されたタイトルが“規格外の大作感”を醸し出すポスタービジュアルです。

映画『空母いぶき』新予告編

新たに解禁となった予告編では、日本が侵略を受けた状況下「これは訓練ではない!」という空母「いぶき」秋津艦長(西島秀俊)からの言葉により、第5護衛隊群の各艦隊員はかつて経験したことのない緊張感におそわれます。

攻撃か、防御か。

自身の信念の元で激しく葛藤する「いぶき」副長の新波(佐々木蔵之介)。

たまたま取材目的で「いぶき」に乗艦していたニュース・サイトの記者、本多裕子(本田翼)は、この事態にどう立ち向かうのか。

垂水内閣総理大臣(佐藤浩市)を中心とする政府は、究極の選択を迫られます。

想定を超えた戦闘状態へと突入していく第5護衛隊群。

「対空戦闘用意!」海の向こうでは各艦長(髙嶋政宏、玉木宏)の号令がこだまし、中野店長(中井貴一)のコンビニエンス・ストアには、事態を知り食料や水を求める市民の長蛇の列が。

クリスマス・イブ前日、この国が保ち続けた平和を終わらせないために、それぞれの戦いが今、始まります。

スポンサーリンク

映画『空母いぶき』原作者かわぐちかいじコメント

2018年3月に撮影が始まった本作は、長きに渡る撮影とポストプロダクションを経て2019年1月に完成。

いち早く試写で鑑賞した原作者のかわぐちかいじ氏は、本作の感想を次のように語っています。

「優れたアクセルとブレーキ、この二つが機能しなければ動力を備えた運動体は上手く機能しない。それはあらゆる組織・国家も同じだろう。映画は原作以上に秋津と新波が自衛官としてクッキリ描かれていて、国を守るとはどういうことかというテーマが二人の確執を通して浮び上ってくる。秋津と新波は国を守り戦う自衛隊の優れたアクセルとブレーキなのだ。」

かわぐち氏は完成した本作を観て、原作以上に秋津と新波がクッキリ描かれ、二人の確執を通してテーマが浮かび上がってくると絶賛

原作ファン、西島秀俊ファン、佐々木蔵之介ファン、全ての人びとが歓喜するコメントですね。

これはますます期待値が上がります。

映画『空母いぶき』の作品情報


©かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ

【公開】
2019年(日本映画)

【原作・監修】
かわぐちかいじ「空母いぶき」(小学館「ビッグコミック」連載中・協力:惠谷治)

【監督】
若松節朗

【企画】
福井晴敏

【脚本】
伊藤和典、長谷川康夫

【音楽】
岩代太郎

【キャスト】
西島秀俊、佐々木蔵之介、本田翼 、小倉久寛、髙嶋政宏、玉木宏、戸次重幸、市原隼人、堂珍嘉邦、片桐仁、和田正人、石田法嗣、平埜生成、土村芳、深川麻衣、山内圭哉 、中井貴一、村上淳、吉田栄作、佐々木勝彦、中村育二、益岡徹、斉藤由貴、藤竜也、佐藤浩市

【作品概要】
「沈黙の艦隊」「ジパング」のかわぐちかいじによる累計400万部突破のベストセラーコミックを実写映画化。

日本映画界を牽引する西島秀俊(秋津竜太役)と佐々木蔵之介(新波歳也役)が共演。

監督は『ホワイトアウト』(2000)『沈まぬ太陽』(2009)などで知られる若松節朗です。

スポンサーリンク

映画『空母いぶき』のあらすじ


©かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ

20XX年、世界は再び「空母の時代」へと突入していました。

日本の最南端沖で起こった国籍不明の軍事勢力による突然の襲撃。

日本領土の島が占領され、未曾有の緊張が走る中、政府は自衛隊初の 航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心とする護衛隊群を現場に向かわせます。

空がうっすらと白み始めた午前6時23分。

日本は経験したことのない一日を迎えようとしていましたが…。

まとめ


©かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ

戦後、日本が経験したことのない 24時間を描くクライシス超大作の映画『空母いぶき』

本作公開を前に、新予告編と本ポスター解禁されました。

完成した映画を観た、原作者のかわぐち氏も「映画は原作以上に秋津と新波が自衛官としてクッキリ描かれ」「テーマが二人の確執を通して浮び上ってくる」と絶賛のコメントを寄せ、公開まで期待は高まるばかりですね。

映画『空母いぶき』は2019年5月24日(金)より全国ロードショーです。




関連記事

新作映画ニュース

『おかえり、ブルゴーニュへ』の映画感想を石丸幹二ほか評価コメント!豪華タイアップ情報紹介も

『猫が行方不明』『スパニッシュ・アパートメント』のセドリック・クラピッシュ監督4年ぶりの新作は、フランス・ブルゴーニュのワイナリーを舞台に描く珠玉のヒューマンドラマ。 映画『おかえり、ブルゴーニュへ』 …

新作映画ニュース

オゾン監督来日!新作『2重螺旋の恋人』のティーチインのインタビュー内容とは

フランソワ・オゾン監督の『2重螺旋(らせん)の恋人』は、8月4日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開。 オゾン監督が、アメリカの女性作家ジョイス・キャロル・オーツの短編小説を大胆に翻案 …

新作映画ニュース

【城定秀夫監督特集】上映作品一覧とイベント情報。ポレポレ東中野にて10月19日より開催

全作品劇場 “初” 公開! 天才・城定秀夫が紡ぐ、(約)2日撮りの世界をご堪能あれ。 2003年にピンク映画『味見したい人妻たち(別題:押入れ)』で監督デビュー以降、ピンクはもちろん、一般劇場公開作、 …

新作映画ニュース

デニス・ホッパー映画『ラストムービー』4K修復版がリバイバル上映!公開日は12月20日に決定

ハリウッドの異端者にして鬼才デニス・ホッパーによる革命的傑作。 31年ぶりの劇場公開! 1969年にアメリカ文化の記念碑ともいえる初監督作『イージー★ライダー』を発表したデニス・ホッパー。 監督第2作 …

新作映画ニュース

樋口真嗣×大庭功睦『キュクロプス』トークショーinテアトル新宿。映画監督としての信念とは

大庭功睦監督の和製ノワール作品『キュクロプス』。 大庭功睦監督(左)樋口真嗣監督(右)©︎Cinemarche 現在、テアトル新宿においてレイトショー上映されている大庭功睦監督作品『キュクロプス』。 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP