Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

室井滋がトークショーでドキュメンタリー映画『山懐に抱かれて』への思いを語る【ポレポレ東中野】

  • Writer :
  • 石井夏子

『山懐に抱かれて』は2019年4月27日(土)よりポレポレ東中野にて上映

ドキュメンタリー映画『山懐に抱かれて』が2019年4月27日(土)からポレポレ東中野にて公開となりました。

それを記念しまして4月29日(月・祝)に、本作のナレーションを担当した室井滋と遠藤隆監督によるトークショーが開催。

本記事ではトークショーの模様をお伝えして参ります。

スポンサーリンク

映画『山懐に抱かれて』トークショー概要

【開催日時】
2019年4月29日(月・祝)

【開催場所】
ポレポレ東中野

【登壇者】
室井滋(本作ナレーション)、遠藤隆監督

映画『山懐に抱かれて』トークショーレポート


©テレビ岩手

タイトルに込めた思いとは

27日(土)より公開されたドキュメンタリー映画『山懐に抱かれて』。

本作公開を記念して、て4月29日(月・祝)にナレーションを担当した女優の室井滋と遠藤隆監督が登壇しトークショーが行われました。

本作は、岩手県田野畑村で、自らの手で山に牧場を切り拓き、四季を通じて牛を完全放牧し、草だけを餌に育てる“山地酪農(やまちらくのう)”を営む父・吉塚公雄さんを中心とする大家族を、地元・テレビ岩手が24年にわたり追いかけたドキュメンタリー映画です。

まず遠藤監督より、「テレビ放送では<ガンコ親父と7人の子ども達>というタイトルで放送していたが、映画化に辺り、家族だけなく、大いなる自然に包まれて暮らしている家族という意味を込めて<山懐に抱かれて>というタイトルに変更した」とタイトルに込めた思いが明かされました。

続けて、牛をイメージした白黒模様の衣裳を纏い、朗らかに登壇した室井滋

なんと20年前にそのテレビ放送を観ていたと告白。

「最初は“山地酪農”の意味も分からずに観ていましたが、子どもたちが学校に行く前に乳しぼりをして出かけていく姿や、幼子を世話する人もいないので猫が遊び相手になっていたり、とても今の時代とは思えない、酪農に家族全員で取り組む姿を、仕事から疲れて帰ってきた時に見て、胸がいっぱいに感激しました」と語りました。

テレビを観た後、吉塚一家の牛乳を取り寄せるようになり、そこから実に20年間牛乳を飲み続けてきた室井滋。

そのため、映画化にあたりナレーションのオファーが来たときは、他の仕事の時と違い、なかなか冷静にできなかったと感慨深げにその胸のうちを明かします。

店と客という関係性の変化


©テレビ岩手

それからも室井滋は、あんまり牛乳が美味しいので、テレビ番組などで吉塚一家の牛乳を紹介したこともあったそう。

ただ、吉塚さんとは、直接個人的なコンタクトを取っていたわけではなかったそうですが、東日本大震災が起こった時に、吉塚一家の事が心配になりました。

室井滋は居ても立ってもいられず、吉塚さんの奥さまとコンタクトを取って、震災の影響や家族の安否を確かめたことを語ります。

一時中止になっていた牛乳の宅配。再開後はそれまでと変わらずに、また牛乳を頼めるようになったとのことでした。

加えて、日本テレビ『news every.』の「トク4」コーナーで放送された特集《岩手の大家族 室井滋が酪農生活を体験》で、田野畑村を訪れて吉塚一家と初めて実際にお会いした室井滋は、その時のことを「何せ20年飲み続けていますから、初めてご家族のみなさんに会っても、他人とは思えない、親戚と会ったような気分でした」と振り返りました。

その他、吉塚一家についてのエピソードは尽きぬように話は続き、会場があたたかい雰囲気に包まれるトークショーとなりました。

スポンサーリンク

映画『山懐に抱かれて』の作品情報


©テレビ岩手

【公開】
2019年(日本映画)

【監督・プロデューサー】
遠藤隆

【ナレーション】
室井滋

【作品概要】
美しい岩手の自然を背景に綴る、酪農大家族の24年。

地元ローカル局“テレビ岩手”が24年にわたり独自に追いかけた、人気TVドキュメンタリーシリーズ待望の映画化です。

映画化にあたってナレーションは、その牛乳を長年愛飲し、一家を温かく見守っている室井滋が務めます。

地方発TVドキュメンタリーの映画化が注目を集めるなか、NNNドキュメント映画化シリーズでは2012年『放射線を浴びたX年後』(+2015年『X年後2』/愛媛・南海放送)、2014年『夢は牛のお医者さん』(新潟・テレビ新潟)、2016年『ふたりの桃源郷』(山口・山口放送)に次ぐ、第4弾となります。

映画『山懐に抱かれて』のあらすじ


©テレビ岩手

岩手県下閉伊郡田野畑村。

5男2女の子どもと夫婦、9人家族の吉塚一家。

山を切り拓き、牛を完全放牧し、限りなく自然に近い環境で育む 安心安全の酪農“山地酪農”。

「山も、牛も、人も、みんなの幸せを」と、実現に困難を極める酪農に挑む、そのひたむきな日々を、子どもたちの育ちと豊かな自然の四季とともに丹念に追いました。

プレハブの家でのランプ生活、みんなで囲む楽しい食卓、大自然を駆け回り牛たちの世話をする子どもたち、新しい“いのち”の誕生、成長した子どもたちと父との衝突と葛藤、周囲の支え…。

そして仲間とともに踏み出したプライベートブランド設立への挑戦、第二牧場への夢。

雨の日も雪の日も、泣いた日も笑った日も、その歳月はいつも、家族とともにありました。

山懐に抱かれて、365日24時間“いのち”と向き合いながら、愛情いっぱいに育まれるその「いとなみ」の24年を追って行きます。

スポンサーリンク

まとめ


©テレビ岩手

室井滋の朗らかな人柄と、吉塚家との20年に渡る不思議な縁により、4月29日(月・祝)に開催された本作のトークショーは、あたたかい雰囲気に包まれ終了。

家族の固い繋がりと、そこから拡がって行く他人との繋がりの“輪”を感じさせる映画『山懐に抱かれて』はポレポレ東中野にて2019年4月27日(土)より公開

以降、5月10日(金)11日(土)12日(日)には、吉塚一家の住む田野畑村で完成披露上映5月24日(金)よりフォーラム盛岡ほか全国順次公開となります。

是非、足をお運びください。

関連記事

新作映画ニュース

東京国際映画祭2019の新作紹介イベントリポート!矢田部吉彦と石坂健治によるプレビュートーク

東京国際映画祭の知られざる魅力を発掘! “ナカ”の人が本音で語る絶対ハズせない2019年の新作映画たちを紹介。 2018年より新たに開催されている東京国際映画祭プレビューショー。 画像:矢田部吉彦(左 …

新作映画ニュース

映画『メカニカル・テレパシー』あらすじ/キャスト/公開日。可視化する心たちの特報予告動画紹介!

「心を可視化する機械」を巡る3人の男女の物語。 「もしも心を可視化できたら?」という着想から始まり、SF的要素と恋愛感情を掛け合わせ、観客の認識を静かに揺らす、不思議な「心」の恋愛映画『メカニカル・テ …

新作映画ニュース

映画『朝が来る』キャストの平原テツはひかりの父・片倉勝を演じる【演技評価とプロフィール】

辻村深月の原作を河瀬直美監督が映画化した『朝が来る』キャスト紹介 映画『朝が来る』は、2020年10月23日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。 世界で高い評価を受け、東京2020オリンピッ …

新作映画ニュース

ドキュメンタリー『ようこそ映画音響の世界へ』日本公開日/上映館。ハリウッドの作り方や仕組みが明らかに!

あの音はどうやって作られたのか? ハリウッド100年の音の歴史がすべてある! 音楽、声、効果音など、映画を彩る様々な“音”はどのように作られ、どういった効果を生んでいるのか、映画音響の歴史を網羅した世 …

新作映画ニュース

『眉村ちあきのすべて(仮)』映画上映館ホワイトシネクイントにて舞台挨拶!続編とキャスト・ファンへの感謝を伝える

眉村ちあき、漸く迎えた主演作の劇場公開初日に登壇! 一緒に作り上げた「自慢のファン」たちに感謝。 2020年7月17日(金)に、映画『眉村ちあきのすべて(仮)』が当初の4月公開予定から3ヶ月遅れで漸く …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学