Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/09/10
Update

【下北沢映画祭2020情報】オンライン配信で10月2日から開催!上映作品プログラム第1弾も発表

  • Writer :
  • 大塚まき

第12回下北沢映画祭は10月2日(金)~4日(日)オンライン開催決定!

ジャンルを問わないコンペティションをメインプログラムに、音楽や演劇、ファッション、グルメなど下北沢を彩るさまざまなカルチャーを切り口にしたプログラムを行う下北沢映画祭。

12回目を迎える2020年は、10月2日(金)~4日(日)の3日間、新型コロナウイルス感染拡大防止およびお客様とゲスト、スタッフの安全確保のため、配信プラットフォーム「STAY HOME MINI-THEATER powered by mu-mo Live Theater」と連携し、オンラインにて開催されます。

開催決定に伴い、ヨーロッパ企画の角田貴志によるポスタービジュアルとプログラム第1弾が解禁されました。

スポンサーリンク

「第12回下北沢映画祭」について

第12回下北沢映画祭のテーマは「映画は、いつもの街で待っている」

世の中が大きく変化しているなか、新たな常識に翻弄されている「いま」のことを考えたというテーマ。

日常はいま、ものすごいスピードで変わっていきます。しかしながら、映画は手の届くところにあります。 “変わらないもの”がいつもの街=下北沢にはあるという想いがテーマに込められています。

そして、オンラインにて開催であっても「新たな才能を発掘する」「多様な自主映画の表現の場を守る」「下北沢の特性を活かした企画を届ける」という、下北沢映画祭本来の目的は実現できることでしょう。

メインプログラムのコンペティションは、全国から応募のあった237作品の中からノミネート作品10作品をオンライン配信。

ゲスト審査員に『Red』の三島有紀子監督を迎え、授賞式、審査員とノミネート監督とのトークセッションは下北沢から生配信でお届けします。

そして、“演劇の街”下北沢を舞台にした芥川賞作家、又吉直樹の原作小説を映画化した『劇場』など、下北沢ともゆかりの深い行定勲監督と、ミュージシャンの曽我部恵一のトークイベントや、観客動員数1万人突破、スマッシュヒット中のヨーロッパ企画初の長編映画『ドロステのはてで僕ら』初のコメンタリー上映も開催です。

「第12回下北沢映画祭」の開催概要

画像:上映作品『覚めぬ夢などあるじゃなし』

【会期】
2020年10月2日(金)~4日(日)の3日間

【配信サイト】
配信プラットフォーム「STAY HOME MINI-THEATER powere by mu-mo Live Theater」

【料金】
A program:2,000円
B program/C program:1,800円
※オンライン上映配信券の販売期間は、2020年9月12(土)午前10時〜各プログラム開始5分前まで

【上映作品】
『愛をたむけるよ』『覚めぬ夢などあるじゃなし』『形をとって』『SHADE』『蝸牛』『ストレスフルスイング』『curfew』『多日想果』『杭を打て』『ナイトライダー』『ドロステのはてで僕ら』

※タイムテーブルは9月下旬に公式サイトにて発表

詳しくは「下北沢映画祭」公式ウェブサイトにて!

スポンサーリンク

A Programからおすすめ作品をピックアップ!

画像:上映作品『多日想果』

A Program・コペンティションは、実写、アニメーション、ドキュメンタリーなどジャンルを問わずに公募を行うコンペティション。

応募総数237作品の中からスタッフによる選定を通過した全10作品を上映します。

ゲスト審査員によるグランプリと準グランプリのほか、観客の皆さまの投票による観客賞、下北沢商店連合会会長賞が決定します。授賞式、トークは下北沢から生配信を行います。

映画『愛をたむけるよ』の作品情報

【製作】
2019年(日本映画)

【監督・脚本】
団塚唯我

【キャスト】
金澤卓哉、鶴田理紗、団塚唯我、五十嵐勇、岡田彩、日向子、和田華子、大原えり、ゆにば、山口篤志

【あらすじ】
14年前に母を亡くした三戸兄弟は東京の小さなアパートに二人で暮らしています。

ある日、兄の佑介は母に良く似た女性木下菜月と運命的な出会いを果たす。弟の章大はその様子をアパートのベランダからじっと見つめて…。

映画『蝸牛』の作品情報

【製作】
2019年(日本映画)

【監督・脚本】
都楳勝

【キャスト】
小日向ひなた、諏訪珠理、弓ライカ、小川未祐、西本まりん

【あらすじ】
中学三年生の日比野千帆は幼馴染の美男子、沼田信平と付き合っていました。

信平は歳を重ねる度に自分の身体が男である事に違和感を覚え始めます。それを知っている千帆は、いつか嫌われてしまうのではないかと不安でいっぱいに。

自分の性を変えたい信平とこのまま変わらずに信平と過ごしたい千帆の性春のひととき。

B Program・行定勲監督スペシャル対談

back numberの楽曲を元にしたショートムービー『世田谷ラブストーリー』を手がけるなど、以前より下北沢にゆかりのある行定勲監督

今年7月には又吉直樹原作で下北沢を舞台にした『劇場』が公開され、配信と劇場公開を同時に行うなど新しい挑戦が話題になりました。

またコロナ禍ではいち早く、リモート映画『きょうのできごと a day in the home』を制作し、映画界へ大きな影響を与えました。

行定監督と『劇場』で音楽を手がけられたミュージシャンの曽我部恵一さんをゲストにお迎えし、下北沢への想いや、コロナ以後の創作活動の変化について対談形式で存分に語っていただきます。

世田谷サービス公社×下北沢映画祭ならではのプログラムです。

スポンサーリンク

C Program・『ドロステのはてで僕ら』上映

ヨーロッパ企画×下北沢トリウッド×下北沢映画祭で製作された『ドロステのはてで僕ら』。

昨年10月の第11回下北沢映画祭で製作発表を行い、今年2月にヨーロッパ企画の本拠地・京都で撮影、6月にトリウッドと京都シネマの2館から上映をスタートした後、じわじわと全国に広がり、現在も絶賛ロングラン上映中。

パズル的な構造、群像による長回し、秒単位でテレビ画面と絡み続ける役者たち、息もつかせぬ展開、臨場感あるカメラワークでスマッシュヒットを飛ばし、リピーター続出な本作を凱旋上映します。

さらにゲストによるコメンタリーを併せて上映します。

まとめ

画像:上映作品『ストレスフルスイング』

下北沢映画祭実行委員会は、新型コロナウィルス感染拡大防止およびお客様とゲスト、関係者、スタッフの安全確保を最優先するため、スタッフと協議を重ねた結果、2020年の映画祭に付きましては、オンラインでの開催になります。

これまで「映画を観る」「映画を届ける」ための“場所”を作り出すことにこだわりたいと考えてきた映画祭実行委員にとって、オンラインでの開催は苦渋の決断でした。

ただ、先の見えない状況の中で、映画文化の灯を消さないため、そして下北沢の街に再びにぎわいを取り戻すため、いまできることは何かを考えた結果、「中止」という選択肢だけは無かったそう。

これまでインディペンデント映画に触れてこなかった方たち、下北沢に来たことがない方たちにとっての「発見」の場になって欲しいとの願いが込められた開催となります。

「下北沢映画祭」は、10月2日(金)~4日(日)の3日間より配信プラットフォーム「STAY HOME MINI-THEATER powered by mu-mo Live Theater」にてオンライン開催です。



関連記事

新作映画ニュース

映画『おろかもの』キャスト主演女優の笠松七海は高校生の洋子役を熱演【演技評価とプロフィール】

映画『おろかもの』は2020年劇場公開予定 若手監督の登竜門として知られる田辺・弁慶映画祭の2019年(第13回)のコンペティション部門でグランプリを受賞した長編『おろかもの』が、2020年「田辺・弁 …

新作映画ニュース

映画『いつくしみふかき』あらすじ。キャストの渡辺いっけい初主演作は2月先行上映・6月19日公開!

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019で観客賞受賞作。 2018年の『カメラを止めるな!』に続き、2019年のゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019で観客賞である「ゆうばりファンタランド大 …

新作映画ニュース

映画『レプリカズ』キアヌ・リーブスの狂気を醸し出すビジュアル解禁!公開日は高血圧の日!?

映画『レプリカズ』は5月17日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかで全国公開 愛する家族のために暴走する天才科学者をキアヌリーブスが演じるノンストップSFアクション映画『レプリカズ』は2019年5月1 …

新作映画ニュース

ジャン=リュック・ゴダールが語る未来への希望とは。映画『イメージの本』日本公開日決定と予告解禁

映画『イメージの本』予告解禁 © Casa Azul Films – Ecran Noir Productions – 2018 ジャン=リュック・ゴダール監督『イメージの本』が2019年 …

新作映画ニュース

『泣くな赤鬼』小説ネタバレあらすじ。映画化された重松清の原作とキャストはマッチングしているか?

映画『泣くな赤鬼』は2019年6月14日(金)全国ロードショー ベストセラー作家・重松清の短編小説が待望の映画化。 “赤鬼”と呼ばれた教師と、余命半年の元生徒の交流を描きます。 映画公開に先立ち、原作 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学