Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『科捜研の女-劇場版』キャスト内藤剛志は土門薫役!演技力の評価とプロフィール

  • Writer :
  • 谷川裕美子

映画『科捜研の女-劇場版-』は2021年9月3日よりロードショー

20年以上続くテレビ朝日の人気ドラマシリーズ『科捜研の女』が初の映画化。2021年9月3日(金)より公開されます。

最新の科学捜査テクニックと豊饒な人間ドラマが絡みあう極上ミステリーとして、1999年のスタート以来根強い人気を誇るドラマ『科捜研の女』シリーズ。

京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・榊マリコを中心に、ひと癖もふた癖もある研究員たちが、科学を駆使して事件の真相解明に挑むストーリーです。

2019年には1年間のシリーズ放送という偉業にチャレンジし、全話平均視聴率11.6%という好成績を収め話題となりました。

シリーズ初となる本作劇場版では、「世界同時多発“科学者”不審死事件」という難事件に挑みます。

一直線な性格の主人公・榊マリコ役を20年間演じてきた沢口靖子、マリコのバディである土門薫刑事役の内藤剛志をはじめとする、若村麻由美、風間トオルらテレビシリーズのキャスト陣が集結。

史上最強の敵となる天才科学者役で佐々木蔵之介が参加するほか、渡辺いっけいなど歴代のレギュラーキャスト9名も出演します。

ドラマシリーズのメインライターの1人で、『劇場版 名探偵コナン』シリーズなども手がける櫻井武晴が脚本を担当。

監督は、2009年からドラマシリーズの監督を務める、『相棒』『刑事7人』などの演出もしてきた兼崎涼介が務めます。

この記事では土門薫役の内藤剛志(たかし)について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『科捜研の女-劇場版-』の作品情報


(C)2021「科捜研の女 劇場版」製作委員会

【日本公開】
2021年(日本映画)

【監督】
兼崎涼介

【脚本】
櫻井武晴

【キャスト】
沢口靖子、内藤剛志、佐々木蔵之介、若村麻由美、風間トオル、金田明夫、渡辺いっけい、小野武彦、戸田菜穂、佐津川愛美、野村宏伸

【作品情報】

1999年の放送開始から20年以上にわたり、世代を問わず愛されてきたテレビ朝日の人気ドラマ『科捜研の女』シリーズ初の劇場版。

シリーズメインライターの一人・櫻井武晴が脚本をてがけ、テレビシリーズの中心的存在であった兼﨑涼介が監督を務めます。

本作・劇場版では、“科捜研”のスペシャリストである主人公の榊マリコをはじめ、捜査一課の土門刑事、解剖医の風丘教授らが「世界同時多発不審死事件」に挑みます。

京都を皮切りに世界中に拡がる死の連鎖。現代最新科学では絶対に解き明かせないトリックを操る史上最強の敵とマリコたちが対決します。

科学捜査オタクで一直線な性格のヒロイン・マリコを熱演するのは、シリーズ通して20年間演じてきた沢口靖子。

テレビシリーズに続き、内藤剛志がマリコのバディで京都府警捜査一課のたたき上げの刑事・土門に扮します。

シリーズ最強の敵として『超高速!参覲交代』の佐々木蔵之介が参戦。

共演には若村麻由美、風間トオル、金田明夫、渡辺いっけい、小野武彦、戸田菜穂、佐津川愛美、野村宏伸ら豪華キャストが顔を揃えます。

映画『科捜研の女-劇場版-』のあらすじ


(C)2021「科捜研の女 劇場版」製作委員会

京都、ロンドン、トロントの各都市で、「助けて」と叫びながら科学者たちが転落死する事件が発生。

殺人である証拠が一切なく、自殺として処理されようとしていましたが、榊マリコら科捜研のメンバーは半ば強引に捜査を進めます。

やがてマリコたちの捜査線上に、細菌研究で世界から脚光を浴びる科学者・加賀野亘が浮かび上がりますが、彼には鉄壁のアリバイがありました。

死の連鎖を止めるため、マリコたちは難解な謎に挑みますが…。

スポンサーリンク

映画『科捜研の女-劇場版-』土門薫役は内藤剛志(たかし)

参考映像:『山本慈昭 望郷の鐘 満蒙開拓団の落日』(2015)

映画『科捜研の女-劇場版-』で土門薫役を演じる内藤剛志(たかし)は1955年5月27日生まれの俳優、声優、タレント、司会者。大阪府出身。阪口京子事務所所属。

幼少期は両親の意向でピアノ教室や児童劇団に通い、小学生の時には在阪テレビ局及び映画各社製作品に子役として出演。

日本大学芸術学部映画学科へ入学し、同級の長崎俊一と自主映画の制作を開始。長崎作品の主演を多数務めました。

文学座研究所を経て、1980年『ヒポクラテスたち』で映画デビュー。

1995年是枝裕和監督のデビュー作『幻の光』に出演し映画賞を受賞。

『ホテルウーマン』『家なき子』などに出演後、1995年1月『味いちもんめ』から 2001年9月『金田一少年の事件簿』にかけて、27クール(6年9か月)連続で連続ドラマに出演という日本新記録を樹立

マルチな才能を発揮し、タレントや司会としても活躍を重ねます。

人気ドラマ『科捜研の女』シリーズでは、京都府警捜査一課刑事の土門薫役で準主役格として長期レギュラー出演しています。

映画『山本慈昭 望郷の鐘 満蒙開拓団の落日』『瀬戸内海賊物語』、ドラマ『水戸黄門』『警視庁・捜査一課長』『西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ』などで活躍。

ジブリの名作映画『千と千尋の神隠し』では千尋の父親役を演じています。

映画『科捜研の女-劇場版-』はどんな役?


(C)2021「科捜研の女 劇場版」製作委員会

内藤剛志演じる土門薫は京都府警・捜査一課に所属する現場たたき上げの刑事。沢口靖子演じる主人公・マリコのベストパートナー。

突き進む熱い性格が災いして、過去にはたびたび危険な目に。

本作でも土門刑事の強行捜査が、思わぬ事態を引き起こしてしまい…。

スポンサーリンク

内藤剛志(たかし)の演技力の評価は

参考映像:『瀬戸内海賊物語』(2014)

幅広い演技をこなす実力派としてオファーの絶えない人気俳優・内藤剛志。

1995年には世界の是枝裕和監督のデビュー作『幻の光』に出演。作品はヴェネツィア国際映画祭で金オゼッラ賞を受賞するなど国内外で高く評価され、内藤も第10回高崎映画祭最優秀助演男優賞を受賞しました。

人気ドラマ『警視庁・捜査一課長』では主演。締めるときは締める決め台詞「必ず!ホシを!あげるっ!」で大人気です。

デビュー以来長く下積みを続け、刑事ドラマものでは犯人役ばかりだったのが、『家なき子』でどうしようもない父親役を演じて一気に知られるように。

その後、『水戸黄門』の里見浩太朗さんのご隠居時代に、2代目“風車の弥七”を地上波でのレギュラーが終了するまで演じました。ベタの現場を知り尽くしている内藤ならではの味が好評を博しています。

6年以上をかけて27クール連続で連続ドラマに出演するという偉業を達成。同時期に2つのドラマを掛け持ちするなど、「連ドラの鉄人」の異名を持つドラマ界では欠かせない存在となりました。

本作『科捜研の女』シリーズでは、実は第2シリーズから第4シリーズまでプロファイラーの武藤要役で登場していました。その後、2004年の第5シリーズから現在の準主役格・京都府警捜査一課刑事の土門薫として再登場。人気キャラクターとして活躍しています。

内藤剛志(たかし)の公式SNSの紹介

残念ながら内藤剛志の公式SNSはみつけられませんでした。

まとめ


(C)2021「科捜研の女 劇場版」製作委員会

1999年の放送スタートから20年以上もの間大きな人気を誇るテレビドラマシリーズ『科捜研の女』が、『科捜研の女-劇場版-』となってスクリーンに初登場。

監督の兼崎涼介、脚本の櫻井武晴はじめ、ドラマシリーズのスタッフが集結。

ドラマスタート時から主演を務める沢口靖子が本作でもヒロイン・榊マリコを熱演。

マリコの最高のバディ・土門刑事を、連ドラ界に欠かせない俳優・内藤剛志が演じます。

シリーズ最強の敵を演じるのは、実力派俳優・佐々木蔵之介。

若村麻由美、風間トオルらおなじみキャストに加え、渡辺いっけい、戸田菜穂ら歴代レギュラー陣も一丸となって作品を盛り上げます。

注目の映画『科捜研の女-劇場版-』は、2021年9月3日よりロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

映画『あ・く・あ ~ふたりだけの部屋~』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。小泉ひなたがエッチなSFブラックコメディに主演

ドアを開けると⼤嫌いな男と謎の“部屋”でふたりきり︕︖ 不思議な現象に苛まれる⼥の苦悩と愛を描く、ちょっとエッチなSFブラックコメディ。 園子温監督の助監督を経て異端映像作家として活躍する監督・中川究 …

新作映画ニュース

《動画で見る渡辺紘文監督インタビュー》大田原から“他にはない映画制作”と批判受けても“新しい面白さ”を追求【映画『蒲田前奏曲』】

動画で見る渡辺紘文監督インタビュー映画『蒲田前奏曲』 中川龍太郎、穐山茉由、安川有果、渡辺紘文という4人の監督による連作スタイルの長編映画『蒲田前奏曲』。新しいスタイルのこの作品が、2020年9月25 …

新作映画ニュース

今週公開・上映中おすすめ映画をCinemarcheが厳選【毎週更新】

常日頃より「Cinemarche」をご愛読くださり、誠にありがとうございます。 2020年現在、映画ファンのみなさまにとって、劇場鑑賞を気軽にできない状況が続いております。この度の新型コロナウイルス感 …

新作映画ニュース

映画特集上映『ミシェル・ルグランとヌーヴェルヴァーグの監督たち』公開日は2月21日!シェルブールの雨傘など7作上映

巨星ミシェル・ルグラン没後1年、生誕88年特別企画。 アンナ・カリーナ主演『女と男のいる舗道 4Kデジタル・リマスター版』がスクリーンに初登場。 2019年1月26日に逝去したフランス音楽界の巨星ミシ …

新作映画ニュース

実写映画化『リスタートはただいまのあとで』あらすじ/キャスト/公開日。竜星涼×古川雄輝がキス寸前の特報動画紹介!

ポスタービジュル&キス寸前の特報解禁。 佐野岳など追加キャストも発表! 古川雄輝×竜星涼のダブル主演映画『リスタートはただいまのあとで』が、2020年9月4日(金)よりシネ・リーブル池袋ほか …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学