Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2022/09/14
Update

ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド|2022映画の新場面写真が解禁!リンゴ・スターが記録した幻の映像とは

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

『ホワイト・アルバム』誕生に遭遇した監督が導く
ビートルズとインドをめぐるミステリーツアー!

2022年9月23日(金・祝)よりヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺ほかにて全国順次ロードショーされる映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』

『ホワイト・アルバム』の通称で知られる伝説のアルバム『ザ・ビートルズ』の楽曲の多くが生まれたとされる、インド滞在期におけるザ・ビートルズのメンバーの素顔と創作過程に迫ったドキュメンタリーです。

このたび、「インド滞在中は常にカメラを手にしていた」というリンゴ・スターの姿を捉えた新たな場面写真が解禁

本記事では本作の内容、そして新たに解禁された場面写真をご紹介致します。

スポンサーリンク

映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』とは?


B6B-II FILMS INC. 2020. All rights reserved

1968年、当時23歳のポール・サルツマンは、失恋の傷を癒しに北インドのガンジス川のほとりにあるマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーのアシュラム(僧院)の門を叩く。

そこで思いがけず出逢ったのは、世界的ロックバンド「ザ・ビートルズ」のジョン、ポール、ジョージ、リンゴの4人だった。彼はそこで瞑想を学びながら、ビートルズと共に過ごした奇跡のような8日間を多くの写真に残した……。


B6B-II FILMS INC. 2020. All rights reserved

1962年のデビュー以来、誰もが認めるロック史上最高のバンドとして、半世紀以上経った今でも、音楽の枠を超えて様々な文化的影響を世界中に与え続けているザ・ビートルズ。

インド音楽や東洋思想に影響を受け、やがて超越瞑想運動の創始者マハリシに招かれて訪れたインドでは、彼らの代表作にして「最高傑作」と謳われるアルバム『ザ・ビートルズ』……通称『ホワイト・アルバム』の楽曲の多くが生まれたとされています。

映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』は、ザ・ビートルズのデビュー60周年を経て、インド滞在期のビートルズを写し出した本邦初公開の貴重な未公開写真をはじめ、関係者からの貴重なインタビューを通して、ここでしか見られないビートルズの新たな素顔が垣間見えるファン垂涎のドキュメンタリーです。


B6B-II FILMS INC. 2020. All rights reserved

サルツマン監督が記録した貴重な写真の数々、当時のメンバーのパートナーの女性たち、「ビーチ・ボーイズ」マイク・ラヴやドノヴァン、俳優ミア・ファローの姿も捉えながら、ベールに包まれていたインド滞在期のビートルズの素顔と、その楽曲制作のプロセスが紐解かれます。

サルツマン監督はビートルズ研究の第一人者マーク・ルイソンとともに、インド・リシケシュを訪れ、今は“ビートルズ・アシュラム”として一般公開されている思い出の場所を再訪。実際に創作の瞬間に立ち会った視点から貴重なエピソードも語られます。

さらに、本作の製作総指揮の一人で超越瞑想の推奨財団の創設者でもある映画監督デヴィッド・リンチも登場し、ナレーションとして俳優モーガン・フリーマンも出演しています。

リンゴ・スターの新・場面写真解禁!


B6B-II FILMS INC. 2020. All rights reserved

そしてこのたび、「インド滞在中は常にカメラを手にしていた」というリンゴ・スターの姿を捉えた新たな場面写真が解禁されました。

ジョージやジョンがマハリシの超越瞑想にのめり込んでいく傍らで、あくまでもクールに事の成り行きを見つめていたリンゴ。

瞑想のため白装束に身を包んだ他のメンバーをよそに、普段着姿が多かったリンゴはいつもカメラを手にし、リシケシュで行われている瞑想体験の風景を撮影していたとのこと。またメンバーと集団行動する際は、自身のカメラを青年に託して撮影を依頼し、常にインドでの日々を記録していたのです。


B6B-II FILMS INC. 2020. All rights reserved

実はリンゴ・スター夫妻はインドの食と慣習にもなじめず、インドへの滞在期間はわずか11日。特に当時の妻のモリーンは虫が嫌いで、リンゴはリシケシュを後にする際に「子どもたちに会いたいし、妻はハエが嫌いなんだ」と言葉を残したというエピソードもありますが、のちに「インドでの体験は楽しかった」とも語っています。

今回解禁された場面写真は、白装束でカメラを覗きながらピントを合わせているリンゴと、若きサルツマン監督とカメラをチェックしている彼の姿を捉えたスペシャルショット。さらにガンジス川に到着した夫妻がマハリシのアシュラムに向かって吊り橋を渡る姿の写真も解禁されました。

インド滞在中、カメラに夢中だったリンゴが撮影した幻の映像には何を捉えていたのか。映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』の内容への興味をさらに掻き立てられる場面写真となっています。

スポンサーリンク

映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』の作品情報


B6B-II FILMS INC. 2020. All rights reserved

【日本公開】
2022年(カナダ映画)

【原題】
Meeting The Beatles in India

【製作総指揮】
デヴィッド・リンチ

【監督・脚本・製作】
ポール・サルツマン 

【ナレーション】
モーガン・フリーマン 

【キャスト】
デヴィッド・リンチ、パティ・ボイド、ジェニー・ボイド、マーク・ルイソン、ルイス・ラファム、ローレンス・ローゼンタール、リッキ・クック、ハリプラサード・チョウラシア、デヴィアニ・サルツマン

映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』のあらすじ


B6B-II FILMS INC. 2020. All rights reserved

1968年、23歳のポール・サルツマン監督は、失恋の傷を癒しに北インドのガンジス川のほとりにあるマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーのアシュラム(僧院)の門を叩く。

そこで思いがけず出逢ったのは、世界的ロックバンド「ザ・ビートルズ」のジョン、ポール、ジョージ、リンゴの4人だった。

サルツマンが瞑想を学びながら、カメラに収めたビートルズと過ごした奇跡の8日間が、50年以上の時を経て初めて明かされる。

スポンサーリンク

まとめ


B6B-II FILMS INC. 2020. All rights reserved

『ホワイト・アルバム』の楽曲の数々は、どのようにし生み出されたのか」……ビートルズのファンなら誰しもが知りたい当時の創作過程とメンバーの素顔に迫ったドキュメンタリー『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』。

当時23歳のポール・サルツマン監督が撮影した貴重な写真、そして「奇跡の8日間」に立ち会った一人だからこそ知る貴重な「記憶」を映画で語っています。

そして今回解禁された新たな場面写真では、インド滞在時にはカメラでの記録にいそしんでいたリンゴ・スターの姿が明らかに。レンズ越しに彼は何を見ていたのか、映画の全容への興味はさらに掻き立てられます。

映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』は2022年9月23日(金・祝)よりヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺ほかにて全国順次ロードショー!



関連記事

新作映画ニュース

映画『アメリカン・ユートピア』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。スパイクリー×デイヴィッドバーンがブロードウェイの舞台を映像化

デイヴィッド・バーン×スパイク・リーによる、一生に一度の至福の体験! 元トーキング・ヘッズのフロントマンで、グラミー賞受賞アーティストのデイヴィッド・バーンと『ブラック・クランズマン』でオスカーを受賞 …

新作映画ニュース

映画『再会の夏』あらすじとキャスト。実話を基に犬がつなぐ絆をジャンベッケルが描く

“愛犬”だけが真実を叫び続けた。 © ICE3 – KJB PRODUCTION – APOLLO FILMS – FRANCE 3 CINEMA – UMEDIA 『最強のふたり』のフラ …

新作映画ニュース

映画『狂猿』公開日/上映館/予告動画/内容解説。プロレスラー葛西純の“現在”をとらえたドキュメンタリー

デスマッチのカリスマ葛西純の揺れ動く一年と壮絶な半生を追う。 デスマッチのカリスマと呼ばれ、国内外における知名度・人気・カリスマ性の全てにおいてトップの座に君臨し続けるプロレスラー“葛西純”。 (C) …

新作映画ニュース

映画『デニス・ホー ビカミング・ザ・ソング』上映館/予告動画。劇場公開が世界初となる香港の歌手で運動家の姿を捉えたドキュメンタリー

香港に自由を!願いが、一つの歌になる。 香港ポップス界のスター歌手デニス・ホーを追ったドキュメンタリー映画『デニス・ホー ビカミング・ザ・ソング』(原題:DENISE HO: BECOMING THE …

新作映画ニュース

映画『そしてキアロスタミはつづく デジタル・リマスター版特集上映』公開日/開催劇場情報/作品内容紹介!

キアロスタミ監督の傑作7作品がデジタル・リマスター版で蘇る。 イラン映画の巨匠アッバス・キアロスタミ監督。 キアロスタミ監督の初期7作品を、デジタル・リマスター版特集上映『そしてキアロスタミはつづく …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学