Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/09/25
Update

『バグダッド・スキャンダル』あらすじとキャスト。テオ・ジェームズの筋肉美も見られる⁈

  • Writer :
  • かりごめあき

実話に基づくベストセラー小説を英国イケメン俳優テオ・ジェームズ主演で映画化。

200億ドル(約2兆2000億円)が消えた史上最悪の汚職事件を描く!

映画『バグダッド・スキャンダル』は11月3日(土)シネマカリテほか全国順次公開です。

この度、鍛え抜かれたテオ・ジェームズの肉体美に釘付けな場面画像が解禁されました。

スポンサーリンク

映画『バグダッド・スキャンダル』の主演テオ・ジェームズ


©2016 CREATIVE ALLIANCE P IVS/ BFB PRODUCTIONS CANADA INC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画『バグダッド・スキャンダル』の主演を務めるのは、女性ファンも多い英国イケメン俳優のテオ・ジェームズ

「ダイバージェント」シリーズ(2014-16)で、シャイリーン・ウッドリーの恋人役で人気を博し、一躍有名となりました。

難民キャンプに赴くなど社会問題解決にも関心が高く、本作ではエグゼクティブ・プロデューサーも兼ねています。

本作でテオは、外交官だった父の跡を継ぎたいという想いのもと国連に入り、希望に胸を膨らませる若き青年マイケルを演じています。

イラクの人道支援「石油・食料交換プログラム」に携わることになり、熱い想いで人道支援に取り組みますが、そこで目にしたのは理想とは程遠い現実…。

大物政治家や大企業の政治的思惑に翻弄され、希望と現実の間で揺れ動く様をテオは見事に演じています。

また、フセイン政権下で追われていたクルド人女性ナシーム(ベルシム・ビルギン)を懸命に守る姿、そして2人の恋愛模様にも注目です。

解禁された場面画像はこちら


©2016 CREATIVE ALLIANCE P IVS/ BFB PRODUCTIONS CANADA INC. ALL RIGHTS RESERVED.


©2016 CREATIVE ALLIANCE P IVS/ BFB PRODUCTIONS CANADA INC. ALL RIGHTS RESERVED.


©2016 CREATIVE ALLIANCE P IVS/ BFB PRODUCTIONS CANADA INC. ALL RIGHTS RESERVED.


©2016 CREATIVE ALLIANCE P IVS/ BFB PRODUCTIONS CANADA INC. ALL RIGHTS RESERVED.

冒頭でご紹介したテオの肉体美が堪能できるショットのほか、ナシームを見つめる甘いマスク、敵対する相手と向き合う凛々しい目をしたテオといった、様々な表情を見ることができる場面画像が解禁されました。

映画『バグダッド・スキャンダル』の作品情報


©2016 CREATIVE ALLIANCE P IVS/ BFB PRODUCTIONS CANADA INC. ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
2018年(デンマーク、カナダ、アメリカ合作映画)

【原作】
マイケル・スーサン『Backstabbing for Beginners』

【原題】
Backstabbing for Beginners

【監督】
ペール・フライ

【脚本】
ペール・フライ、ダニエル・パイン

【キャスト】
テオ・ジェームズ、ベン・キングズレー、ジャクリーン・ビセット、ベルシム・ビルギン

【作品概要】
国連史上最悪のスキャンダルとなった「石油・食料交換プログラム」国連職員として働いた経験のあるマイケル・スーサンが、自身の体験を基に書いた2008年の小説『Backstabbing for Beginners』を映画化。

監督は、『ストックホルムでワルツを』(2013)でスウェーデン映画界最高の栄誉である第49回ゴールデン・ビートル賞で監督賞を受賞し、劇場でもヒットを記録したペール・フライ。

「ダイバージェント」シリーズ(2014-16)や『アンダーワールド』(2003-17)で知られる英国の若手スター、テオ・ジェームズが主演を務めた。

スポンサーリンク

映画『バグダッド・スキャンダル』のあらすじ


©2016 CREATIVE ALLIANCE P IVS/ BFB PRODUCTIONS CANADA INC. ALL RIGHTS RESERVED.

2002年。24歳のアメリカ人青年マイケルは、念願だった国連事務次長の特別補佐官に任命され、国連が主導する「石油・食料交換プログラム」を担当することになりました。

「石油・食料交換プログラム」とは、イラクがクウェートに侵攻したことによる経済制裁の影響を受け貧困にあえぐイラクの民間人を救う人道支援計画であり、国連の管理の元でイラクの石油を販売し、食料に変えてイラクの国民に配るというプロジェクトです。

一見理想的な政策に見えるこのプロジェクトですが、実はフセイン自身が関与し、国連を中心とした世界各国の企業や官僚機構が関わっていることが判明します。

やがて世界に例を見ない巨額の汚職事件に発展していき…。


©2016 CREATIVE ALLIANCE P IVS/ BFB PRODUCTIONS CANADA INC. ALL RIGHTS RESERVED.

まとめ


©2016 CREATIVE ALLIANCE P IVS/ BFB PRODUCTIONS CANADA INC. ALL RIGHTS RESERVED.

国連史上最悪の政治スキャンダルを描いたポリティカル・サスペンス映画『バグダッド・スキャンダル』。

主演のテオ・ジェームズは、「アンダーワールド」シリーズ(2003-17)や『ローズの秘密の頁』(2016)に出演し、近年ではNetflixによるスリラー『すべての終わり』(2018)で主演を務めています。

『ホンモノの気持ち』(2018)ではゾーイ(レア・セドゥ)に観察されるアンドロイドを演じ話題になりました。

待機作には、カーラ・デルヴィーニュ&アンバー・ハード出演作『London Fields』(原題)も控えている、注目の英国イケメン俳優です。

私生活では2018年8月に女優のルース・カーニーとの結婚が報じられ、公私ともに絶好調のテオ・ジェームズ。

彼の雄姿をぜひ劇場の大スクリーンでご覧ください!

映画『バグダッド・スキャンダル』は、11月3日(土)よりシネマカリテ他全国順次公開です。


©2016 CREATIVE ALLIANCE P IVS/ BFB PRODUCTIONS CANADA INC. ALL RIGHTS RESERVED.

関連記事

新作映画ニュース

映画『オンネリとアンネリのふゆ』あらすじとキャスト。北欧の夢のようなクリスマスをふたりの少女とともに

映画『オンネリとアンネリのふゆ』は、2018年11月24日 YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国順次公開。 フィンランドで長く愛され続けるマリヤッタ・クレンニエミの児童文学原作の『オンネ …

新作映画ニュース

ジャン=リュック・ゴダールが語る未来への希望とは。映画『イメージの本』日本公開日決定と予告解禁

映画『イメージの本』予告解禁 © Casa Azul Films – Ecran Noir Productions – 2018 ジャン=リュック・ゴダール監督『イメージの本』が2019年 …

新作映画ニュース

イ・ビョンホン映画『それだけが、僕の世界』あらすじとキャスト。兄弟の絆を描いた感動作品とは

母に捨てられ、拳だけを信じて生きてきた元プロボクサーの兄。母だけを信じて生きる、サヴァン症候群の弟。兄弟の思いがけない再会は、やがて家族の絆を紡ぎだす…。 韓国を代表する俳優イ・ビョンホンと、注目度N …

新作映画ニュース

五十嵐大介原作『 リトル・フォレスト 春夏秋冬』映画のあらすじキャスト。公開日決定!

2014年に橋本愛主演で映画化され、大自然に囲まれた小さな集落で暮らす一人の女性の姿を描いた、“読んで美味しい”と話題の五十嵐大介の大人気コミック『リトル・フォレスト』がついに海を越え韓国で映画化! …

新作映画ニュース

韓国映画『リトル・フォレスト 春夏秋冬』劇場情報。特報とティザービジュアル解禁

『お嬢さん』のキム・テリと『タクシー運転手 約束は海を越えて』のリュ・ジュンヨルの共演で贈るヒューマンドラマ。 映画『リトル・フォレスト 春夏秋冬』の2019年初夏日本公開が決定しました。 五十嵐大介 …

【完成披露試写会プレゼント】映画『空母いぶき』50組100名様ご招待(4/22東京国際フォーラム ホールA)
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP