Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

【大阪アジアン映画祭2021】オープニングは『映画をつづける』/クロージングは『アジアの天使』に決定!

  • Writer :
  • 大塚まき

オープニング作品とクロージング作品が発表!

2021年で16回目を迎える大阪アジアン映画祭。この度、オープニング作品とクロージング作品が発表されました。

オープニング作品に、香港映画界の巨匠、アン・ホイ監督の素顔を通して、生きることの⼒を描き出したドキュメンタリー『映画をつづける』(原題:好好拍電影/英題:Keep Rolling)が決定し、2021年3月5⽇(⾦)梅田ブルク7にて⽇本初上映します。

また、クロージング作品には、池松壮亮主演、石井裕也監督・脚本の日本映画『アジアの天使』が決定。2021年内の全国公開に先がけ、3月14日(日)に世界初上映します。

スポンサーリンク

オープニング作品『映画をつづける』について

香港のアカデミー賞である香港電影⾦像奨で『桃さんのしあわせ』(2011)、『⻩⾦時代』(2014)などの作品により最優秀監督賞に6度輝くなど、香港映画界の代表的存在であるアン・ホイ

本作では、70年に及ぶ彼⼥の⼈生を、豊富な映像資料と、家族や映画界の錚々たる⾯々へのインタビューで振り返り、彼⼥の素顔を通して生きることの⼒を描き出します

キャリアの中で多くの浮き沈みを経験してきたアン・ホイですが映画への愛と信念は変わりません。常に市場の⼈々と同じ目線でいるアン・ホイは、これからも香港の⼈々のため“映画をつづける”と決意を語ります。

1947年、中国⼈の⽗、日本⼈の⺟のもと中国東北地⽅で生まれたアン・ホイは、祖⽗⺟の住むマカオで幼少時代を過ごした後、1952年、家族で香港に移住。

イギリスで映画を学んだ後、香港に戻り、武侠映画の巨匠、キン・フー(胡⾦銓)の助監督を務めます。その後、テレビ局で手がけた社会派ドラマなどで頭角を現し、⻑編映画初監督作『シークレット』(瘋劫/1979)が香港映画界に衝撃を与え、香港ニューウェイブの旗手の1⼈となります。

以後、幅広いジャンルで数々の作品を手がけ、2020年ヴェネチア映画祭では生涯功労賞の⾦獅⼦賞を受賞。

本作は、エネルギッシュに指導する彼⼥の撮影現場の姿を追う一⽅で、⺟親との慎ましやかな日常生活を映し出します。

またインタビューでは、ツイ・ハーク(徐克)、ホウ・シャオシェン(侯孝賢)、フルーツ・チャン(陳果)、ティエン・チュアンチュアン(田壮壮)、ジャ・ジャンクー(賈樟柯)など中華映画界の重鎮のほか、シルヴィア・チャン(張艾嘉)、アンディ・ラウ(劉徳華)などアン・ホイの作品には初期から出演し、彼⼥と親交の深い俳優が登場。

監督を務めるのは、ベテランの美術監督・衣装デザイナーとして、ツイ・ハーク、スタンリー・クワン(關錦鵬)、シルビア・チャン、パン・ホーチョン(彭浩翔)などの作品に参加してきたマン・リムチョン

アン・ホイ監督とは『⻩⾦時代』を含めた3作で 2002年からタッグを組み、本作で監督デビューを果たしました。

⾳楽には大友良英も名を連ねています。なお、本作は 2020年香港国際電影節オープニング作品に選出されていましたが、当映画祭は現地での感染再拡大を受け、開催中止に追い込まれました。

映画『映画をつづける』の作品情報

【日本公開】
2021年(香港映画)

【原題】
好好拍電影

【監督】
マン・リムチョン(⽂念中)

【キャスト】
アン・ホイ(許鞍華)

スポンサーリンク

クロージング作品『アジアの天使』について


(c) 2021 The Asian Angel Film Partners

監督を務めるのは、『舟を編む』(2013)で日本アカデミー賞監督賞を最年少で受賞、『夜空はいつでも最⾼密度の⻘⾊だ』(2017)でアジア・フィルム・アワードのアジア最優秀監督賞を受賞するなど国内外から⾼い評価を受けている石井裕也

本作では、石井監督が絶対的な信頼を置く池松壮亮を『映画 夜空はいつでも最⾼密度の⻘⾊だ』に続いて主演に起用

そして池松の兄役を、石井監督作を含む数々の作品に個性派俳優として出演し、韓国でも絶大な人気を誇るオダギリジョーが演じます。

韓国映画界からは、⻑編初主演作『⾦子⽂子と朴烈』(2017)で圧倒的な演技を披露し、『アワ・ボディ』(2018)で第23回釜⼭国際映画祭「今年の俳優賞」を受賞した実⼒派⼥優、チェ・ヒソが参画。

また、撮影監督にキム・ジョンソン(『ムサン日記〜⽩い⽝』(2010))、音楽監督にパク・イニョン(『嘆きのピエタ』(2012))が参加するなど、95%以上のスタッフ・キャストが韓国チーム、オール韓国ロケに挑んだオリジナル作品となります。

2020年2月から3月にかけての撮影では、コロナによる懸念事項が次々生まれるなか、スタッフたちの努⼒により奇跡的に無事クランクアップできたという。

それぞれが心に傷を持つ、日本と韓国の家族がソウルで出会い、新しい家族の形を模索する人間ドラマ。誰も⾒たことのない「アジアの家族映画」が誕生しました。

映画『アジアの天使』の作品情報

【日本公開】
2021年(日本映画)

【監督・脚本】
石井裕也

【キャスト】
池松壮亮、チェ・ヒソ、オダギリジョー、キム・ミンジェ、キム・イェウン

【あらすじ】
ひとり息子の学(8)を持つ⻘⽊剛(池松壮亮)は、病気で妻を亡くし、疎遠になっていた兄(オダギリジョー)が住むソウルへ日本から逃げるように渡りました。

「韓国で仕事がある」と兄から告げられていた剛だったが、兄の生活はその日暮らしで貧しく、想像していたものとは違っていました。

ほとんど韓国語も話せない中、剛は怪しい化粧品の輸入販売を手伝う羽目に。

⼀⽅、ソウルでタレント活動を⾏っているが、市場のステージで誰も聞いていない歌を歌う仕事しかないチェ・ソル(チェ・ヒソ)は、所属事務所の社⻑と関係を持ちながら、⾃分の歌を歌えない環境やうまくいかない兄や妹との関係に心を悩ませていました。

しかし、その時彼らはまだ知りません。事業に失敗した⻘⽊と兄、学たちと、資本主義社会に弾かれたソルと兄、妹たち、どん底に落ちた2つの家族が共に運命を歩んでいき、奇跡を目の当たりにすることを…。

スポンサーリンク

まとめ

2021年2月28日(日)から3月20日まで開催される第16回大阪アジアン映画祭

オープニング作品のドキュメンタリー『映画をつづける』は、2021年3月5⽇(⾦)梅田ブルク7にて⽇本初上映です。

また、クロージング作品の映画『アジアの天使』は、2021年3月14日(日)に世界初上映します。

関連記事

新作映画ニュース

アカデミー賞オスカー授与はシリーズ初。映画『スパイダーマン:スパイダーバース』が快挙

『スパイダーマン:スパイダーバース』長編アニメーション賞受賞!! 全米初登場第1位を獲得し、各国メディアから「スパイダーマン映画史上、最高傑作!」と空前の大絶賛を受けた新たなるスパイダーマンの誕生を描 …

新作映画ニュース

映画『イメージの本』日本公開版のポスター解禁。ジャン=リュック・ゴダールの最新作の内容は

2018年12月3日(月)に88歳の誕生日を迎えたジャン=リュック・ゴダール監督。 世界の最先端でエネルギッシュに映画を作り続けるゴダールの最新作が2019年GWに日本で公開決定! 『勝⼿にしやがれ』 …

新作映画ニュース

映画『いつも月夜に米の飯』あらすじとキャスト。主題歌は吉澤嘉代子に決定

(C)2018「いつも月夜に米の飯」製作委員会 加藤綾佳監督×山田愛奈主演の映画『いつも月夜に米の飯』は、9月8日よりシネマカリテほか全国順次ロードショー。 新潟県を舞台にした、おいしそうでちょっぴ焦 …

新作映画ニュース

映画『search/サーチ』あらすじとキャスト。サンダンス映画祭観客賞受賞作の予告編解禁!

映画『search/サーチ』は、10月26日(金)より全国ロードショー。 まったく新しい映画体験、100%すべてPC画面の映像で展開するサスペンス・スリラー! サンダンス映画祭観客賞受賞した新感覚スリ …

新作映画ニュース

ネクストブレイク俳優のジョー・アルウィン!映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』インタビュー動画も

あのイケメンは誰? シアーシャ・ローナンとマーゴット・ロビーというアカデミー賞ノミネート女優ふたりが、激動の16世紀英国を生きるふたりの女王を演じる映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』が2019 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学