Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/02/01
Update

大阪アジアン映画祭2021年の開催日はいつ?オンライン配信の実施とスクリーン上映の双方で作品の魅力を届ける

  • Writer :
  • 大塚まき

16回目を迎える大阪アジアン映画祭が2021年も開催。

「⼤阪発。日本全国、そしてアジアへ!」をテーマにお届けする⼤阪アジアン映画祭。2021年で16回目となる同映画祭の開催概要、プログラム概要が決定しました。

今回は、トークやサイン会など交流の場については設けませんが、例年のスクリーン上映に加え、過去に⼤阪アジアン映画祭で上映された作品を「⼤阪アジアン映画祭オンライン座」としてオンライン上映します。

コロナ禍で映画鑑賞を取り巻く状況が変化するなか、より幅広い層に対して映画文化およびアジア映画の魅⼒を伝えます。

※上映作品ラインナップ、上映スケジュール等については、2月上旬より映画祭ウェブサイト上で順次発表を予定しています。なお、実施プログラムについては、新型コロナウイルス感染症の影響等により中⽌または変更する場合があります。最新情報は映画祭ウェブサイトにてお知らせします。

【連載コラム】『OAFF大阪アジアン映画祭2020見聞録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

第16回大阪アジアン映画祭の開催概要

【名称】
第16回⼤阪アジアン映画祭(OSAKA ASIAN FILM FESTIVAL 2021)

スクリーン上映(第16回⼤阪アジアン映画祭入選作品)
【会期】
2021年3月5日(⾦)〜14日(日)

【場所】
梅田ブルク7、シネ・リーブル梅田、ABC ホール他

【料金】
一般1,300円/⻘春22切符(22歳までの方)、当日券500円 全席指定席

【販売方法】
梅田ブルク7、シネ・リーブル梅田上映分は各劇場ウェブサイト及び劇場窓口にて販売。
ABCホール上映分は映画祭ウェブサイト、及び会場窓口(上映当日分のみ)にて販売。
※チケット発売開始日時等の詳細については、2月中旬以降、映画祭ウェブサイトにてお知らせします。

⼤阪アジアン映画祭オンライン座(過去の⼤阪アジアン映画祭上映作品)
【会期】
2021年2月28日(日)〜3月20日(土)

【配信サイト】
映画祭ウェブサイト上の特設ページ

【料金】
⻑編1作品1,000円/短編1作品500円他
※視聴方法など詳細については、2月中旬以降、映画祭ウェブサイトにてお知らせします。

詳しくは第16回大阪アジアン映画祭公式ウェブサイトにてご覧ください。

スクリーン上映プログラム概要

【コンペティション部門】
本映画祭の中核となる部門。ジャパンプレミア以上となるアジア映画(日本映画を含む)の最新作を上映します。国際審査委員(3〜5名予定)により、グランプリ(最優秀作品賞)、来るべき才能賞等が授与されます。

【インディ・フォーラム部門】
気鋭の作家によるインディペンデント作品の上映を⾏います。日本映画は原則英語字幕付きで上映、⽶国ニューヨーク市の文化団体ジャパン・ソサエティーより贈られるJAPAN CUTS Awardの対象とし、映画人の世界への飛躍を⽀援していきます。

【その他特集企画・部門】
(※詳細は上映作品ラインナップ発表時に発表)
アジアの新しい潮流に光を当てた特集、新世代監督の台頭で⼤きく姿を変えた⾹港映画、台湾映画の特集等、新作から旧作まで、より多彩で多様なアジア映画の発掘・紹介を⾏います。

なお、全部門にわたり、一定の条件を満たした作品を対象に、観客の投票による観客賞、スポンサーアワード(朝日放送テレビによる ABC テレビ賞、薬師真珠による薬師真珠賞、芳泉文化財団による芳泉短編賞)が授与されます。

スポンサーリンク

「大阪アジアン映画祭オンライン座」プログラム概要

過去に⼤阪アジアン映画祭で上映された作品から、特に好評を博した作品を中心に選定し、2月28日(日)から3月20日(土)までの期間限定でオンライン上映「⼤阪アジアン映画祭オンライン座」を実施します。

【オンライン座・オープニング作品】
2019 年開催の第 14 回大阪アジアン映画祭で JAPAN CUTS Award スペシャル・メンションを獲得した日本映画『WHOLE』に決定しました。

監督は、『波と共に』が第69回カンヌ国際映画祭のショートフィルムコーナーに選出された神⼾市出⾝の川添ビイラル。関⻄を舞台に、ミックス・ルーツの⻘年が⾃⾝のアイデンティティを探し求める姿を描いたドラマです。

本作を「大阪アジアン映画祭オンライン座」初日の2月28日(日)からオンラインで上映します。

映画『WHOLE』の作品情報

【製作】
2019年(日本映画)

【監督】
川添ビイラル

【キャスト】
海・星野・サンディー、川添ウスマン、伊吹葵、菊池明明、尾崎紅

【あらすじ】
⼤学⽣の春樹は⼤学を辞めて、彼の⽣まれ故郷日本で⾃分探しをするために帰国します。

春樹は日本に着くとすぐ周囲から違うものを⾒るような目に晒され、⻑年会っていなかった両親との関係にも馴染めず苦しみます。

ある日、春樹は関⻄の団地に住む建築作業員のハーフの⻘年、誠に出会います。春樹と誠は性格や経済的なステータスは完全に正反対ですが日に日に友情を築いてゆきます。

様々な出来事を通して、春樹と誠はより親しくなり、そして彼らは「ハーフ」から「ホール」になる旅を始め…。

スポンサーリンク

プレイベント紹介

映画祭の他にプレイベントも開催されます。

「大阪アジアン映画祭ポスター展」

大阪アジアン映画祭ポスター展として、今回、⼤阪アジアン映画祭で上映する作品のポスターを、会期前から展示します。

【会期】
2月24日(水)〜3月12日(⾦)(土日除く)/3 月1日(月)〜3月14日(日)

【場所】
⼤阪市役所正面玄関ホール(淀屋橋)/あべのキューズモール3階スカイコート横

「アジア映画ブックフェア」

第16回⼤阪アジアン映画祭に協賛して、⼤阪を代表する⼤型書店「MARUZEN & ジュンク堂書店 梅田店」にてアジア映画ブックフェアを開催します。

世界から注目されるアジア映画の多様で多彩な魅⼒が一堂に⼤集結します。

【会期】
2月15日(月)〜3月30日(火)

【場所】
MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店5階 芸術書フロア

まとめ

「⼤阪発。日本全国、そしてアジアへ!」をテーマにお届けする第16回大阪アジアン映画祭は、2021年2月28日(日)より開催です

ラインナップ決定にもご注目ください。
【連載コラム】『OAFF大阪アジアン映画祭2020見聞録』記事一覧はこちら

関連記事

新作映画ニュース

シアーシャ・ローナン映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』あらすじとキャスト。2020年初夏公開のグレタ・ガーウィグ監督作とは

アカデミー賞5部⾨にノミネートされた『レディ・バード』の監督とアカデミー賞受賞の豪華キャストが集結︕ 19世紀を代表する⼥性作家、ルイザ・メイ・オルコットの⾃伝的⼩説「若草物語」。 あのマーチ家四姉妹 …

新作映画ニュース

映画『インディペンデントリビング』あらすじと公開情報。2020年春に障害者の自立生活を描くドキメンタリー上映

“生きづらさ”を抱えた人たちが“自分らしさ“を取り戻すドキュメンタリー 重い障害を持つ者に、一人暮らしはできるのだろうか? ©ぶんぶんフィルムズ 自立生活を希望する障害者たちに密着したドキュメンタリー …

新作映画ニュース

『東南アジア映画の巨匠たち』有楽町スバル座にて開催!7月3日より文化交流の祭典【響きあうアジア2019】の関連イベント情報

ワールドクラスの巨匠監督が集結! 国際交流基金アジアセンター主催、公益財団法人ユニジャパン(東京国際映画祭)共催で、2019年7月3日(水)から10日(水)まで、躍進が目覚ましい東南アジアの巨匠にスポ …

新作映画ニュース

映画『Dinerダイナー』キャストのカウボーイ役は斎藤工(たくみ)。演技力の評価とプロフィール

店主も客も、全員殺し屋の<ダイナー(食堂)>を舞台に繰り広げられる衝撃のサスペンス映画『Diner ダイナー』が2019年7月5日に公開されます。 原作は平山夢明による人気小説。第28回日本冒険小説教 …

新作映画ニュース

松本動監督の映画一挙上映!『WiFiを捨てよ 渋谷へ出よう』2月18日に渋谷ユーロライブにて開催

全世界累計139の映画祭を席巻!! グランプリ11冠を含む全50冠の作品群!! 2021年2月18日(木)渋谷のユーロライブにて、国内外の映画祭を席巻して来た実力派の新鋭、松本動(ゆるぐ) 監督の作品 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学