Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/04/11
Update

【大林宣彦監督の訃報】最新作の映画公開を前に逝去『海辺の映画館-キネマの玉手箱』

  • Writer :
  • 石井夏子

昨年(2019年)11月、文化功労者に選ばれた映画作家・大林宣彦氏が、2020年4月10日に82歳で死去。

肺がんのため東京都世田谷区の自宅で4月10日(金)19時23分に、息を引き取りました。

葬儀・告別式は、家族葬(密葬)を執り行い、後日、お別れの会を予定しているそうです。なお喪主は、妻で映画プロデューサーの、大林恭子氏が務めます。

スポンサーリンク

大林宣彦監督について

参考画像:東京国際映画祭での大林監督


(C)Cinemarche

1938年広島県尾道市生まれの大林宣彦監督は、3歳の時に自宅の納戸で見付けた活動写真機と戯れるうちに映画をつくり始めました。テレビCM草創期にはチャールズ・ブロンソンの『マンダム』をはじめ、カトリーヌ・ドヌーヴなど多くの外国人スターを起用し、CM作品数は3000本を超えます。

1977年に『HOUSE/ハウス』で商業映画に進出。自身の古里・尾道を舞台にした『転校生』(1982)『時をかける少女』(1983)『さびしんぼう』(1985)は“尾道三部作”と称され、世代を超え親しまれ、今も新世代のクリエイターへ大きな影響を与えつづけています。

近年には“大林的戦争三部作”となる『この空の花-長岡花火物語』(2011)、『野のなななのか』(2014)、『花筐/HANAGATAMI』(2017)を発表。『花筐/HANAGATAMI』は、第72回毎日映画コンクール日本映画大賞、第33回高崎映画祭特別大賞など様々な賞を受賞し、第91回キネマ旬報ベスト・テンでは日本映画ベスト・テン第2位に選ばれ、監督賞を受賞しました。

大林宣彦監督個人では、2004年春の紫綬褒章受章、2009年秋の旭日小綬章受章。2019年、令和初の文化功労者に選ばれています。

肺がんと診断され、余命の宣告を受けたのは、2016年8月。

転移を繰り返すがんと闘いながら、みずからの命を削って、平和をたぐり寄せる映画を完成させた大林宣彦監督の最新作『海辺の映画館-キネマの玉手箱』は、2020年4月10日(金)に公開を予定していましたが、コロナウィルスの影響により映画館が休館し、公開延期となっていました。

参考映像:『海辺の映画館-キネマの玉手箱』本編動画

本作は『尾道映画祭2020』のオープニング作品として上映予定で、大林宣彦監督もゲストとして登壇予定だったものの、コロナウィルスの影響で中止となり、2019年11月24日開催の広島国際映画祭が、大林宣彦監督が公の場で姿を見せた最後の場となりました。

『海辺の映画館-キネマの玉手箱』は、2020年7月31日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開を予定しています。

『海辺の映画館-キネマの玉手箱』公開に向けての大林宣彦監督のコメント

『海辺の映画館-キネマの玉手箱』のメイキング画像


(c)2020「海辺の映画館-キネマの玉手箱」製作委員会/PSC

「自由に生きよ、それが平和の証だ」と父に言われ、当て所も無く18歳で上京した僕に、形見代りに持た せてくれた8ミリ映画を用い、銀座の画廊の一角で自作の8ミリ映画を上映した所、「新しきフィルム・アーチスト誕生」と世界から認定され、以降 60年間テレビCM演出を資金に個人映画を創り続けて来ました。

東宝映画からの招きで、門外漢が初めてメジャーの撮影所内で撮った『HOUSE/ハウス』から、ジャンル を選択すれば如何なる純文学も商業映画になり得ると学び、あの太平洋戦争の純真な軍国少年であった体験を元に、様々なジャンルの映画にその思いを潜めつつ「厭戦映画」を作り続けて来ました。「売れない作家の女房になる覚悟」で61年間、僕の映画を支え「私が最初の観客よ」と世界と僕の映画を結びながら共に生きて来た大林恭子と、11歳で『HOUSE/ハウス』の原案者に名を連ねた長女千茱萸、
ご亭主の絵の作家森泉岳土、そして親しい旧・新の世代の仲間たちと、今日も映画作りに励んでおります。

時代はいつか、個人映画ばかりになり、僕が願った映画作りの世になりました。その個人の自由と権力者の不自由の証を、愉しんで下されば、と。僕の正体が炙り出されれば、愉しいかな。 映画作家 大林宣彦

スポンサーリンク

大林宣彦監督のプロフィール


(c)2020「海辺の映画館-キネマの玉手箱」製作委員会/PSC

1938年広島県尾道市生まれ。 3歳の時に自宅の納戸で見付けた活動写真機と戯れるうちに映画をつくり始める。自主製作映画『EMOTION=伝説の午後・いつか見たドラキュラ』(1967/16mm)は全国の画廊や大学で上映され高評価を得る。『喰べた人』(1963)はベルギー国際実験映画祭審査員特別賞を受賞。

テレビCM草創期にはチャールズ・ブロンソンの「マンダム」をはじめ、カトリーヌ・ドヌーヴなど多くの外国人スターを起用。CM作品数は3000本を超える。1977年『HOUSE/ハウス』で商業映画に進出。自身の古里・尾道を舞台にした『転校生』(1982)『時をかける少女』 (1983)『さびしんぼう』(1985)は“尾道三部作”と称され世代を超え親しまれている。

『異人たちとの夏』(1988)で毎日映画コンクール監督賞、『北京的西瓜』(1989)山路ふみ子監督賞、『青春デンデケデケデケ』(1992)平成4年度文化庁優秀映画作品賞、『SADA』(1998)でベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞、『理由』(2004)は日本映画批評家大賞・監督賞、 藤本賞奨励賞を受賞。

『この空の花-長岡花火物語』(2011)、『野のなななのか』(2014)、『花筐/HANAGATAMI』(2017) は“大林的戦争三部作”となる。『花筐/HANAGATAMI』は、第72回毎日映画コンクール日本映画大賞、第33回高崎映画祭特別大賞など様々な賞を受賞し、第91回キネマ旬報ベスト・テンでは日本映画ベスト・テン第2位に選ばれ、監督賞を受賞を受賞した。2004年春の紫綬褒章受章、2009年秋の旭日小綬章受章。2019年、令和初の文化功労者に選ばれる。






関連記事

新作映画ニュース

映画『楽園』キャストの藤木五郎役は柄本明。【演技力の評価とプロフィール】 

映画『楽園』が2019年10月18日より全国で公開。 『悪人』『怒り』など映像化が続くベストセラー作家・吉田修一。 その最高傑作と評される『犯罪小説集』が、『64-ロクヨン-』を大ヒットさせた名匠・瀬 …

新作映画ニュース

予告ナレーションは遠藤憲一!ドキュメンタリー映画『マックイーン:モードの反逆児』シーン写真も解禁

『マックイーン:モードの反逆児』は4月5日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開! 前衛的なデザインと独自の美学、ずば抜けた想像力から生み出される数々のショーで世界を魅了しながらも、その成功の影 …

新作映画ニュース

『劇場版プラシド・ドミンゴ』日本公開日/上映館/内容解説/予告動画。アレーナ・ディ・ヴェローナ音楽祭2020を映画化

奇跡の歌声が古代ローマの円形闘技場に響き渡る。 オペラ界のレジェンド、プラシド・ドミンゴ。 世界最大規模の屋外オペラ会場アレーナ・ディ・ヴェローナで行われた、プラシド・ドミンゴによるナイトコンサートの …

新作映画ニュース

俳優TAKAHIROが演技力で魅せる映画『僕に、会いたかった』本編映像解禁。親子の葛藤を寡黙に体現!

TAKAHIROが俳優として新境地! 寡黙な演技で魅せる記憶喪失の苦悩と葛藤とは。 (C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会 日本の音楽シーンをリードするダンス&ヴォーカルグループ「EXILE」 …

新作映画ニュース

『東南アジア映画の巨匠たち』有楽町スバル座にて開催!7月3日より文化交流の祭典【響きあうアジア2019】の関連イベント情報

ワールドクラスの巨匠監督が集結! 国際交流基金アジアセンター主催、公益財団法人ユニジャパン(東京国際映画祭)共催で、2019年7月3日(水)から10日(水)まで、躍進が目覚ましい東南アジアの巨匠にスポ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学