Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/06/25
Update

映画『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』あらすじ/キャスト/公開日。実在する演奏家の実話を映像化!

  • Writer :
  • 石井夏子

バッハに愛されたピアニストが失った両腕。
不屈の実話が完全映画化。

20世紀最高のバッハの演奏家、ジョアン・カルロス・マルティンスの不屈の人生を描いた物語『João, o Maestro』。

邦題を『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』とし、2020年9月11日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で公開されることが決定しました。

併せて解禁されたビジュアル場面写真と共に、本作をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』について

“20世紀最高のバッハの演奏家”と称される本作の主人公ジョアン・カルロス・マルティンス

リオパラリンピックの開会式で行われた彼の国歌演奏の模様は日本でも話題となり、ハンディキャップを持った両手で奏でられた美しい旋律は世界中の人々を虜にしました。

当初クリント・イーストウッドが映像化を切望したジョアンの物語でしたが、プロデューサーのブルーノ・レザビシャスの直談判による熱い想いがジョアン本人の心を動かし、本作は映像化権を掴み取ったんです。

若くして世界的な活躍をしていたピアニストであるジョアンを襲った不幸、その苦難を幾度も乗り越えていく彼の物語は、ブラジルで公開されるやいなや、週をまたいでボックスオフィスの順位をあげるスマッシュヒットとなりました。

映画で使用される音源は、全てジョアン自身の演奏によるもので、困難を乗り越え⻤気迫る演奏シーンは迫力に満ちた仕上がりとなっています。

映画『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』のビジュアル

この度解禁されたビジュアルは、片腕でピアノの鍵盤をたたく主人公ジョアンの姿が印象的なもの。

「その手を動かしているのは天使か悪魔かー」というコピーとともに、コンサートホールのステージ上でじっと想いにふけるように自らの指先を見つめるジョアンの表情からは栄光と苦難に満ちた壮絶な人生の物語を想像させます。

スポンサーリンク

映画『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』の場面写真

併せて解禁となった場面写真では、一流の演奏家としてオーケストラを抱えるジョアンの姿をはじめ、ピアノとの運命的な出会いを果たした幼少期鮮烈なデビューを飾り瞬く間に注目を集めるようになった20代病に見舞われながらも不屈の精神で困難へと立ち向かった輝かしくも過酷な運命の逢着の様子が切り取られています。

映画『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』の作品情報

【日本公開】
2020年(ブラジル映画)

【原題】
João, o Maestro 2017

【監督・脚本】
マウロ・リマ

【キャスト】
アレクサンドロ・ネロ、ダヴィ・カンポロンゴ、アリーン・モラエス、フェルナンダ・ノーブル

【日本語字幕翻訳】
原田りえ

スポンサーリンク

映画『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』のあらすじ

幼い頃から病弱で家の中で過ごすことが多かったジョアン・カルロスでしたが、ピアノを習い始めるとその才能が大きく開花。

めきめきとその才能を伸ばした彼は、20歳でクラシック音楽の殿堂として知られるカーネギーホールでの演奏デビューを飾り、“20世紀の最も偉大なバッハの奏者”として世界的に活躍するまでになりました。

一流の演奏家として世界を飛び回っていたジョアンでしたが、不慮の事故により右手の3本の指に障害を抱えてしまいます。

ピアニストとして生命線である指が動かせなくなった彼は、不屈の闘志でリハビリに励み再びピアニストして活動できるまでになりました。

復帰を果たし自身の代名詞ともいえるバッハの全ピアノ曲収録という偉業に挑戦をしていた彼に、さらなる不幸がのしかかり…。

まとめ

2016年に開催されたリオパラリンピック開会式で、ブラジル国家のピアノ独奏をしたジョアン・カルロス・マルティンスの姿が印象に残っている方も多いんではないでしょうか。

彼の壮絶な半生と、音楽への情熱を描いた本作がついに日本に上陸です。

映画『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』は2020年9月11日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

【映画祭のむコレ情報】ドニー・イェン新作からLGBTQ作品まで11月15日よりシネマート新宿・心斎橋にて

劇場発信型映画祭「のむらコレクション」(通称:のむコレ)。 2019年もスケールアップして開催! 2018年、超速で日本公開を実現し大ヒットした『魔女/The Witch』や、個人の自主配給ながら全回 …

新作映画ニュース

オムニバス映画『おっさんず・ぶるーす』七人の監督のプロフィール。挑戦する内容とは⁈

7人のおっさん監督が21世紀に生きるおっさんたちを描くオムニバス映画 自分の人生や社会に対しての様々な「違和感」を抱えている、今のおっさんたちの姿を撮りたい…そんな想いを胸に、作風やフィールドの違う4 …

新作映画ニュース

セドリック・クラピッシュ最新作『おかえり、ブルゴーニュへ』予告編とポスター解禁

現代フランスを代表する人気監督セドリック・クラピッシュ、4年ぶりの新作映画『おかえり、ブルゴーニュへ』。 11月17日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEAほ …

新作映画ニュース

映画『キリング・ガンサー』あらすじ。キャストの殺し屋のキャラクター紹介も。

映画『キリング・ガンサー』は7月14日(土)より新宿バルト9、梅田ブルク7にてロードショー。 主演のアーノルド・シュワルツェネッガー自ら製作総指揮に名乗り出た本作の彼の役柄は、伝説の世界最強の殺し屋ガ …

新作映画ニュース

渋谷ユーロライブにて映画同時公開決定!いまおかしんじ監督『こえをきかせて』&髙原秀和監督『焦燥』『グラグラ』

2019年4月6日(土)~8日(月)渋谷ユーロライブにて限定公開決定!! いまおかしんじが監督した映画『こえをきかせて』、髙原秀和の監督映画『焦燥』と『グラグラ』が、2019年4月6日(土)~8日(月 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP